村田製作所 選考。 「村田製作所」の面接・選考情報!志望動機や企業研究のやり方なども

村田製作所のエントリーシート(ES)の書き方と回答例

村田製作所 選考

マイクロモーターやコンデンサー、センサーなどスマートフォンや携帯端末に欠かせない電子部品を手掛けている村田製作所。 ここでは村田製作所のエントリーシート ES の書き方についてさまざまな事例をまじえながら考えてみたいと思います。 村田製作所のエントリーシート ES を書くためには、村田製作所の企業研究が欠かせません。 社風や福利厚生や教育制度に至るまでちゃんと調べるようにしましょう。 また企業研究をしなかったら、志望動機も書けません。 さらに自身の大学での研究テーマや卒業論文のテーマ、日頃考えている課題などを事業内容と結びつけた書き方も大切です。 ここに挙げた村田製作所のエントリーシート ES 書き方事例を就職活動に活かしてください。 村田製作所対策:エントリーシート ES の質問例まとめ 村田製作所のエントリーシート ES の質問例には、これまでこのような質問がありました。 そのことを証明するエピソードなどもあればお書きください。 部活でもサークルでもアルバイトでもなんでもかまいません。 【回答例】 私は物を作るのが子供の頃から好きで、現在は大学で機械理工学部を専攻しています。 研究開発しているのは高度知能を備えた車輪付レスキューロボットです。 村田製作所には御社独自のテクノロジーを搭載したムラタセイサク君が配備されていますが、私は村田製作所でぜひ学習能力を備えた実用ロボット製作したいと思っています。 部活でもサークルでもアルバイトでもなんでもかまいません。 【回答例】 私は大学で空気中の二酸化炭素を吸収する素材の研究に力を注いできました。 この研究を始めたきっかけは地球の温暖化にあります。 もしもこの研究が成功して大きな成果が出たら地球を救えると思っています。 開発にあたって村田製作所のコンデンサーやショックセンサーを使用していますが、高性能であることはもちろんのこと、耐久性に大変優れています。 この事実だけで村田製作所への信頼度は不動のものとなっています。 村田製作所の最大の強みは「良いモノを作っているところ」それに尽きるのではないでしょうか。 村田製作所のエントリーシート ES の書き方は例を参考に視野を広げて自身をアピールする ファンクショナルセラミックスのテクノロジーで世界にイノベーションを巻き起こす、村田製作所のエントリーシート ES の書き方について調べてみました。 また設問例や回答例をできるだけわかりやすく解説しました。 できるだけ村田製作所の企業説明会やインターンシップには参加するようにしてください。 視野が広がり、エントリーシート ES の書き方だけでなく、面接でも有利です。

次の

グループディスカッションと面接重視の選考内容

村田製作所 選考

村田製作所のES(エントリーシート)内容、企業研究のやり方、セミナー情報、インターン・リクルーター情報、筆記試験・webテスト、志望動機、面接内容などを記載しています。 (250字以内) ・大学において取り組んでいる、または取り組む予定の研究テーマとその内容についてお書きください。 学部生の方は、今後配属を希望している研究室テーマと、なぜそこを希望しているのかをお書きください。 (800字以内) ・学生時代に力を入れて取り組んだことを2つお書きください。 ・9で記入いただいた取り組みの中で、どのような困難にぶつかりましたか。 1つだけ事例を挙げ、それをどう克服したかも含めて、具体的にお答えください。 特に商品開発では新しい商品の立ち上げのため、プロジェクトを組み、色々な人と密に関わり合いながらモノを創り出すという一連の流れを経験でき、大変やりがいのある仕事だと思いました。 個別説明会の際、社員の方から「商品開発は各関係部門の真ん中にたって、量産化を推進するのが仕事」と伺い、「商品開発」が人と人とのつながりを1番実感でき、モノづくりの楽しさを味わえる仕事だと思ったからです。 一方、納期があるため、全体の状況を把握する力や多様な知識が必要で自己成長が仕事に大きく影響すると考えます。 そこで、持ち前の積極性を活かし、多くの先輩方から仕事の進め方を学び、最終的には各専門知識を持つ人の力を最大限引き出し、相乗効果を生み出すことで、後世に残る商品や技術を開発したいと思っています。 現在、日本にはいわゆる優良企業が数多く存在していますが、そのほとんどの企業が他社と特徴に大きな違いがないように感じます。 しかしながら御社は、会社の躍進を支えた「セラミクス」という大きな力を、「セラミクス」という枠に収めずに、幅広く社会を支える方向に発展させてきました。 一つのフィールドでは満足せず、「オリジナル」の適用範囲を拡大し続けている点に大きな魅力を感じました。 現在、化学材料や使用済みデバイスなどの環境への影響が懸念されています。 御社の製品は、ユーザーには直接分からない場所から大きく社会を支えています。 御社の製品をより環境に配慮する方向に発展させることによって、陰ながら力強く社会を支えられると考えています。 お客様により良い製品を提供するために、材料から一貫生産体制をとり、そのすべての工程におけるプロセスを大切にすることで、お客様により良い製品を提供する努力をなされてきました。 私は自分の技術によって人々に喜びを与えたいと考えており、そのために一つ一つの仕事を大切にしていきたいと考えています。 貴社ならば、お客様のために100%力を注げる環境が整っており、そんな貴社で技術開発に携わりたいと考え、志願致しました。 基本的に普通のGDですが、少し違うのは役割分担をあらかじめ決めるのは禁止と言うところです。 面接よりもしかしたらこちらのほうが重要なのかもしれません。 誰かにとって有利不利があるような内容ではないので、積極的に発言していくことをおすすめします。 積極性はしっかり評価していただけるようです。 1次面接は、緊張ほぐし・自己PR・志望動機・学生時代頑張ったことへの掘り下げ・他の電子部品の企業ではなくなぜ「村田」なのかはしっかりと答えられるようにしておいた方が良いです。 無茶な質問はあまりされませんでした。 最終面接は、やや緊迫した雰囲気でしたが、基本的に志望動機を深く突っ込まれす。 村田に関するニュースを3つあげてください・・・など、頭の回転の速さを重視する傾向があった気がします。 面接官は一見怖そうに見えますが、最後の方はみなさん笑っていました。

次の

グループディスカッションと面接重視の選考内容

村田製作所 選考

要旨 株式会社村田製作所は、IoTを活用した低コストで効率的な道路保全と自動運転社会への貢献を目指し、独自のセンサ情報と画像技術を組み合わせた高精度な路面検知システム(以下、「本システム」)を開発し、実証実験を開始します。 本システムは一般車両に搭載することができ、ジャイロセンサ、加速度センサ、ショックセンサやマイクなどから得られるデータをもとに、さまざまな環境下において、道路の老朽化度合いなどの路面状況を「見える化」することで、効率的な道路保全を実現するプラットフォームです。 たとえば、道路管理者である自治体などは、これらの情報を得ることにより、道路の状況を把握し、道路保全の効率化と行政サービスの向上を図ることができるようになります。 また、凍結など天候とともに変化する路面情報は、自動運転社会に必要とされる高精度マップにおいても必須の情報となります。 本システムから得られた情報をリアルタイムに提供することにより、自動運転社会に貢献することも構想しています。 現在、本システムの事業化に向け、さらなる社会実証実験などを計画しています。 今後、本システムにより得られた情報を有効活用する方法についても検討を進め、新たなサービスの創出や社会インフラサービスへの貢献を目指します。 なお、2018年7月より京都府宇治市にて本システムの社会実証実験を開始しています。 <開発中の本システムのイメージ> ご参考 各自治体にとって、橋梁・トンネル・道路などの交通インフラを維持・管理することは、住民の快適な暮らしや防災などの面から非常に重要です。 ところが、国土交通省が試算した結果によると、2013 年度の維持管理・更新費は約3. 6 兆円、10 年後は約4. 3~5. 1 兆円、20 年後は約4. 6~5. 5 兆円程度になるものと推定されており、国や各自治体の財政を圧迫する要因にもなっています。 (平成25 年12月「今後の社会資本の維持管理・更新のあり方について」答申/社会資本整備審議会・交通政策審議会) 当社のセンサを活用した本システムは、検査プロセスの低コスト化を図り、さらには雨天や降雪など悪天候時に露見する道路の欠陥情報を提供することで、効率的な予防保全の実現を支援します。 *2018年8月8日変更箇所:路面検知システム紹介動画に一部誤りがありましたので、動画リンクを削除しました。 *2018年8月29日変更箇所:路面検知システム紹介動画を再度掲載しました。 *2019年5月24日変更箇所:当システムは現在開発を凍結しています。 ムラタについて 村田製作所はセラミックスをベースとした電子部品の開発・生産・販売を行っている世界的な総合電子部品メーカーです。 独自に開発、蓄積している材料開発、プロセス開発、商品設計、生産技術、それらをサポートするソフトウェアや分析・評価などの技術基盤で独創的な製品を創出し、エレクトロニクス社会の発展に貢献していきます。 詳細はこちらのページをご覧ください。

次の