益山とわ 炎上。 2019年3月20日のヘッドラインニュース

2019年3月20日のヘッドラインニュース

益山とわ 炎上

串カツ田中が東証一部上場記念キャンペーンを6月21日(金)~6月30日(日)の10日間限定で開催しているので、行ってきました。 キャンペーンの内容は、次のどちらか好きな割引を受けられるというものです。 串カツ全品(テイクアウトも対象です):100円(税別)• ハイボール(ジムビームハイボール・角ハイボール):100円(税別) ヒロセはお酒が飲めないので、必然的に串カツ全品100円(税別)を選択することにしました。 ちなみに割引率で言えば、圧倒的にハイボールの方が高いです。 2人で28本串揚げを頼んだ 20代後半の男性と20代前半の女性とで串カツ田中に行ったのですが、ヒロセは16本、女の子は12本食べてました。 串は小刻みに頼むべき もしこの記事を読んでいるあなたが「串カツ田中に行こう!」と思ったなら、一つだけ忠告しておきます。 串カツは小ロット(6本まで)で頼むといい ということです。 なぜなら、 串カツ田中では頼んだ串が一度に全て出てくるからです。 今回串カツ田中にお邪魔したタイミングでは、8割ほど席が埋まっている状態でしたが、 一度に串カツを10本以上頼んだところ、テーブルに出てくるまで40分近くかかりました。 なので、串カツを頼むときは小ロット(6本まで)を目安に頼むと良いでしょう。 ちなみに、テーブルで30分待った時点で「次の串カツが出てくるのにも、もう30分くらいかかるんだろうな。 」と思ったので、もう一度串カツを10本以上注文しました。 すると、なんと驚くべきことに、初回に頼んだ串カツが届いてから、5分も経たないうちにテーブルに届いてしまったのです!! いや、全然食べ終わってないんですが…。 流石に串カツばかりでお腹が気持ち悪くなってきたので、肉吸いを注文しました。 串カツを食べに来たのでは… 結局2人で6,000円弱もかかってしまった なんか…キャンペーンだ!と威勢よく乞食精神を発揮して串カツ田中に駆け付けたのはよかったんですが、結局ドリンクを4杯、梅きゅうりも頼んでしまったところ、6,000円弱の出費になりました。 ディナーで6,000円だったら安いは安いんですが、串カツ田中はもっと安いイメージがあったので、あんまり安くならなかったかな?という印象。 というよりは、串カツがあんまり腹にたまらないのかもしれません…。 久しぶりに油モノを食べたので、コンビニで黒烏龍茶と体すこやか茶を買い、脂肪の排出を促しました。 キャンペーンじゃなかったとしても、2人で8,000円弱なので、お得感はあんまりなかったかな…という印象です。 むしろ、この期間だとお店が混雑しているので、平日18時までの来店限定の食べ放題コースの方が良かったんじゃないか?と思う始末でした。 平日18時までに行けるかは置いといて。 串カツ食べ放題は1,480円、ほぼ全品食べ放題は2,180円です。 ワンドリンクオーダー制ですが、2ドリンク入れても1人3,000円程度でしょう。 早い時間であればお店も混雑していないので、すぐ注文した品が届くと思いますし。 久しぶりの揚げ物はほんっとうに美味しかったのですが、なんともまあ罪悪感が残る串カツ田中のキャンペーンでした…。

次の

【カネカ】SNS炎上は株価にどんな影響があるのか?【パタハラ】

益山とわ 炎上

前回の記事に引き続き 「育児休暇明け転勤」内示で炎上したカネカと、株価への影響を経過観察しています。 web報道では検索上位になる話題ですが、テレビ・新聞での取り扱いは進んでいない。 2019年6月7日の新聞(朝刊)には関連記事なし。 6月8日からの土日に報道されなければ、鎮火の可能性もある。 カネカの炎上は鎮火するのか? SNSから始まったカネカ炎上と、その株価に注目しています。 その結果、株式売買の教訓となる興味深い推移がありました。 Twitterで炎上したカネカの株価は「値上がり」しています! Twitterで急激に拡散されたのが6月2日(日曜日) この日、前回の記事を編集しつつ株価の推移に関心が高まりました。 一般的に、企業の不祥事が報道されると翌日の株価が下落します。 株価が下落した6月3日(炎上翌日) 株式市場の取引が始まった6月3日(月曜日) 注目のカネカ、株価はどうなったのか? 終値 3660円• 前日比 -90円 -2. 出来高 278500.

次の

佛教藝術

益山とわ 炎上

企業トップページが閲覧不能になった時間帯、サイト構成項目の 育児に関する内容が閲覧不能になった時間帯があり、さらに話題になりました。 2019年6月3日22時現在、カネカ公式トップページにという説明文が掲載されています。 また昨日ワークライフバランスの項目については、HPを削除しておりません。 カネカとしては 予期せぬシステム障害だったということでしょう。 一時的に閲覧不能になった内容はこちら 当社は2009年度に、社員の子育てを支援していると認定された企業に付与される「くるみんマーク」を取得。 次世代育成支援対策推進法に基づく「行動計画」を策定し、目標達成のために取り組みを継続していきます。 当時の閲覧者がスクリーンショットで記録、Twitterで公開していたので、 「不都合な内容を削除したのではないか? 」 という疑惑が発生しました。 「くるみんマーク」という単語を調べてみた 会社員として生活していますが、初見の単語だったのでweb検索してみました。 「くるみんマーク」とは「子育てサポート企業」として 厚生労働大臣の認定を受けた証です。 【カネカ・ニュースリリースより引用】 『当社は、今後も仕事と家庭の両立を支援し、多様な人材の活躍の場の提供に積極的に取り組んでまいります。 』 発信内容と、取り組み内容が一致しないのでは?

次の