半額 サポート プラス。 ソフトバンク 端末「半額」プラン見直し 政府批判受け :日本経済新聞

ソフトバンク 端末「半額」プラン見直し 政府批判受け :日本経済新聞

半額 サポート プラス

ソフトバンクが半額サポート+(プラス)で端末単独販売 2019年9月9日に,ソフトバンクは半額サポート+(プラス)を発表しました。 加入条件• 対象機種を48回割賦で購入すること。 回線契約とは関係なく,ソフトバンクが端末を 単独販売するというもので,48回分割支払いで25ヶ月目に買い換えた場合,残債を免除されるというものです。 ただし,プログラム利用料が390円/月かかるので,この分を加味すると上記の図の通り純粋に半額にはなりません。 ちなみに,2019年9月12日までの旧「」は,プログラム利用料(390円/月)がかかりませんでした。 ソフトバンクユーザーには普通に改悪ですね。 「1年買い換えオプション」で2年未満の機種変更も可能 半額サポート+(プラス)は,基本的に48回払い(4年)で24回支払いまで(2年)の利用が基本とされていますが,それよりも短くても買い換えは可能です。 「1年買い換えオプション」では,13ヶ月目以降なら24回払いまでの差額を払えば買い換えを前倒しできるとのことです。 …しかし,機種代金の差額はともかく,プログラム利用料(390円/月)も24回目の分まで払わされるというのは,何となくしっくりきませんね。 25ヶ月目の買い換え時にスマホがボロボロになっていたら2万円お支払い 半額サポート+(プラス)を利用して,25回目の支払い時に「さて買い換え…」と思ったとき,スマホが上記のような状態だと, 20,000円(不課税)を一括で支払わないといけません。 お客さまの割賦残債務が完済済みである場合または回収する旧機種が査定基準を満たしていないときにお客さまの割賦残債務が20,000円(あんしん保証パックwith AppleCare Services、あんしん保証パックプラスまたはあんしん保証パックにご加入の方は2,000円)以下の場合は、本特典を利用できません。 ただ,残債(2年経ったときに支払わないと行けないお金)が2万円以下の場合は,実費でOKです(当たり前ですが)。 製造番号(IMEI)を当社が確認できない場合は、20,000円(不課税)の支払いの有無に関係なく、本特典を一切利用できませんのでご注意ください。 製造番号(IMEI)を確認できないと一切駄目だそうです。 これは購入直後に転売して,2年後に中古端末を仕入れて適用というワザを防止しようとしているんでしょうね。 端末単独販売は2万円ルールをクリアするための方便 なぜ,ソフトバンクが回線の契約を伴わない端末販売施策を打ち出したのか。 それは上記の「」配付資料にある「利益の提供の禁止」に従うためです。 上記の資料に「2万円(税抜)を超えるものを禁止」とありますが,これは「通信役務の利用及び 端末の購入等を条件として行う利益の提供」とされています。 つまり,端末購入を条件としない 端末単独販売であれば規制なしという解釈なわけです。 端末単独販売です!(キリッ)…でもSIMロック解除はありまぁす このソフトバンクの半額サポート+(プラス)が端末単独販売だというのは実は「形だけ」です。 総務省の言いなりになったポーズに過ぎません。 そもそも半額サポート+(プラス)は,上記の図の通り48回分割支払いを前提にしています。 対象機種を48回割賦で購入すること。 この二つが半額サポート+(プラス)の必須条件ですね。 しかし,ソフトバンクのSIMロック解除の条件は, 2015年5月以降に発売された機種(SIMロック解除機能を搭載したものに限ります)のSIMロック解除は、購入日(当社システムにて記録されている販売日など)より101日目以降の場合に受付可能です。 基本的にSIMロックがかかっていることが前提で, 製品の分割支払金/賦払金を一括精算した場合や、製品を一括購入された場合は、 機種購入日から100日以内でも受付可能です。 ただし、下記キャンペーンを利用して購入した製品の場合、機種購入日より100日間は、SIMロック解除のお手続きができません。 一括購入割引• 機種購入サポート 分割支払いの場合は,一括精算しないと100日以内のSIMロック解除はできません(101日目以降は可能ですが…)。 ということは,.

次の

スマホおかえしプログラムと半額サポートはどちらがお得?比較してみた!【ドコモ・ソフトバンク】

半額 サポート プラス

私はこれまでソフトバンクで購入したiPhoneXを使用していた。 あまりよくわかっていなかった私は店員にいわれるがまま半額サポートプランという4年縛りのソフトバンクのプランに入っていた。 現在私はそのプランに入って1年3ヶ月が経っているので、あと2年と9ヵ月残っていることになる。 半額サポートプランのまだ半分も経っていない状態だ。 しかし、毎月1万円もスマホに支払うのはそろそろ我慢の限界である。 昨今、もう言ってしまえばソフトバンク・AU・ドコモのキャリアを使用している人間はいわゆる「 情弱」と言われてしまうらしい。 非常に悔しい。 しかしわたしは半額サポートプランの 4年縛りがあるので、 少なくとも2年間はこのままを継続しないと解約料や機種代金の残りなどえらく取られてしまうんじゃないかと思っていた。 しかし、ソフトバンクに電話したところ意外にも すんなりワイモバイルをお勧めされ、スマホはiPhoneXのまま月々3,000円ほどの節約に成功した。 その方法をここに記しておこうと思う。 その次は移転先キャリアを聞かれるのだが、未定というダイヤル5を押した。 するとサポートの人に電話がつながった。 私はまず電話で、「 とにかく今の毎月の料金が高いと思っている」ということと、「キャリアを変えるとなると 半額サポートプラン中だが違約金は発生するのか」「今の機種のまま他に移ることはできるのか」「残りの機種代金はどうなるのか」ということを聞いた。 その回答として、「1年10ヵ月~2年経った状態であれば、解約料は無料になが、それ以外だと 解約料10,260円が発生する」「機種代金は一活で払うと まだ10万円ほど残っている」と言われた。 しかし、「機種は24ヶ月分(半額)で買い取ることもできる」とのことで、要は2年間使用すれば機種を売ったらチャラになるということだ。 そのあと、電話サポートの人から「もし今が高いと感じてらっしゃるなら、ワイモバイルに移行してはどうか」「ソフトバンクとワイモバイルは同じ電波を使っているし、ソフトバンク傘下だから 転出事務手数料・転入事務手数料も無料にできる」「J CB1万円分が付いてくる」「ワイモバイルに オンラインで登録すると初月から1万円分の割引が適用される」「 機種代金は、残りを分割でソフトバンクに払い続けたまま基本使用料をワイモバイルのプランにできる」ということを聞いた。 最後のところがかなり重要で、今まで私はソフトバンクの基本使用料5,000円に携帯代3,110円、あとオプションでちょうど1万円ほど支払っていた。 それが、これからはワイモバイルのスマホプランMで月額2,980円(2年目から3,980円)、 機種代金が3,110円の支払い継続で、合計7,000円程度の支払いで良くなるということである。 しかもワイモバイルの電波は他の格安キャリアと比較して、電波を借りているのではなくそのまま使用しているので遅くなる心配が無いらしい。 そして私は もともと月々5GBのデータ容量に5分まで通話無料だったのが9GBまで使えて10分まで通話無料になる。 正直 ソフトバンクでいる状態よりもワイモバイルの方が良いことしかないように思えるが、それを電話サポートの人に聞くと、「 わかっている人はそうしますねえ」という回答であった。 「わかっているひとは、iPhoneXSやXRを契約してすぐにワイモバイルに移行したりしてます」とのこと。 ほんとかよと思いながらその話を信じた。 というのも、サポートしてくれた人は「安心パックつけるよりもいいケースとフィルム買って守った方がよっぽど得だ、2年間で2万円もケースとフィルムに使わないでしょう」などということも話してくれたりしてこの人は信用できると思った。 ここは 電話に出る人の当たり外れがあるかもしれない。 解除に必要な機種コードはサポートの人が教えてくれた。 「電話の後、オンラインでワイモバイルに登録するためのURLを送ります。 」とサポートの人が言ってくれていたので、電話を切った後そのURLに早速アクセスし、ワイモバイルに登録した。 そして今朝、ワイモバイルのSIMカードが届いたところだ。 あとがき 格安キャリアの中でもワイモバイルは高いところなので、もしかしたら他にもっと安くする方法があったのかもしれない。 しかし私は少しでも安くなればいいということと、 半額サポートプランという不安の種が解消されたのでかなり満足している。 たとえばこの先もっと安くしようとなると、この機種代金をもっと支払ってから機種を売るとともに他のキャリアにまた移転するなどできればと思う。 その つなぎとしては月3,000円も安くできれば上出来なんじゃないかなと思う。 今、高いなあと思っている方は、AUであれソフトバンクであれ一度電話して聞いてみればいいと思う。 その際、「もう高いから他に変えようと思っている」前提で話すと、いい方向に誘導してくれるかもしれない。 25追記 切り替えしてから半年が経過したので、実際にかかった金額をレポートしてみた。 実際にいくら節約できたかを書きましたので是非こちらもどうぞ。 コメントを書く メールアドレスが公開されることはありません。 2020. 25 随分長くブログを放置してしまったが、おかげでソフトバンクからワイモバイルに乗り換えてから実際にかかったお金をレポートできたので、実際にいくら得したかこ[…]• 2019. 03 もともと私は継続することが苦手だった。 憧れの野球選手やプロのミュージシャンはきっと天から授かった才能があり、自分たちとは違う生き物だと思っていた。 し[…]• 2019. 13 ミニマリストに言われるがまま、ものを捨ててしまっていませんか? それは勿体ない。 昨今ミニマリストというジャンルがもはや一般化し、「こん[…].

次の

[ソフトバンク榛葉氏に聞く、「半額サポート+」が狙う新たな選択肢とメリット]

半額 サポート プラス

ソフトバンクの査定基準を満たさないケース• スリープボタンが機能しない(電源が入らない等)• パスコードロックなど各種ロックが解除されていない(初期化されていない)• ガラスや筐体にヒビ割れがある• カメラやボタンが破損あるいは欠損している• 液晶に液漏れや焼付きがある• タッチパネルの操作ができない• 画面に縦線や横線がある• 画面が暗く文字が読めない• 筐体が変形している• 25ヶ月目の機種変更時に旧機種の査定条件を満たさない場合は、20,000円アップの113,360円です。 Apple StoreでiPhone XS Maxを購入した時の実質負担額 Apple StoreでSIMフリー版iPhone XS Max 256GBを一括購入し、 25ヶ月目に売却した場合の予想実質負担額は91,944円となりました。 もしSIMフリー機を購入したいものの、一括購入が厳しい場合はこちらを活用すると良さそうです。

次の