ユダヤ 人 定義。 ユダヤ人(ユダヤじん)とは

ユダヤ人の定義って?

ユダヤ 人 定義

総人口 1,400-1,500 万人 2014年現在 居住地域 6,135,000 5,425,000 478,000 380,000 375,000 190,000 181,500 118,000 112,500 95,200 77,500 65,000 48,000 40,000 30,000 31,200 29,900 28,600 26,196 25,000 20,700 18,000 18,000 17,800 12,000-30,000 12,000 9,000 6,800 6,400 言語 宗教 関連する民族 および他の [ ] では中ごろまでは、イスラエル民族としての用法以外には主としての信者というとらえ方がなされていたが、近代的が成立してからは宗教的としてのとらえ方が広まった。 では、ユダヤ人の母親から生まれた者、あるいは正式な手続きを経てユダヤ教に入信した者がユダヤ人であると規定されている。 現在の調査では、全世界に1,340万を超えるユダヤ教徒が存在する。 民族独自の国家としてがあるほか、各国に移民が生活している。 ヘブライ人やセム人と表記されることもある。 ユダヤ人は以降、世界各地で共同体を形成し、固有の宗教や歴史を有するのとして定着した。 しかし、それらを総体的に歴史と文化を共有するひとつのとして分類することはできない。 言語の面をみても、の話者もいればの話者もいる。 歴史的にはユダヤ人とはユダヤ教徒のことであったが、現状では国籍、言語、人種の枠を超えた、ひとつの尺度だけでは定義しえない文化的集団としか言いようのないものとなっている。 定義 「ユダヤ人はユダヤ教を信仰する人々である」という定義は古代・中世にはあてはまるが、近代以降ではユダヤ教徒の家系でに改宗した人々(や、、)や者の人々(やなど)も「ユダヤ人」とみなされることが多い。 なお、国内においてを信仰していない者は、Israeli()である。 イスラエルの国内法であるは「ユダヤ人の母から産まれた者、もしくはユダヤ教にし他のを一切信じない者」をユダヤ人と定義している。 また、ユダヤ人社会内や国内においては、「ユダヤ人の母を持つ者」をユダヤ人と呼ぶのに対し、ヨーロッパなどでは、母親がユダヤ人でなくともユダヤ人の血統を持った者(たとえば母親が非ユダヤ人で父親がユダヤ人という場合)もユダヤ人として扱うことが多い。 のユダヤ系人の旗(1453年 - 1793年) 過去の人種学ではユダヤ人という人種が存在しているという考え方もあった。 はアラブ人とユダヤ人をあわせてセム人種と呼び、これを白人の中でも他人種との混血度の高い二級集団と断じた。 はユダヤ人を人種として扱っているが、による分類では、形式的にユダヤ教組織に属した人間も「人種としてのユダヤ人」になるとされた。 こうした見方からはユダヤ人特有の外見の特徴が存在するとされ、これに基づいた差別的検査も行われていた。 しかし、ユダヤ人を身体的形質によって他と区別しうる集団としてとらえることはできず 、すでに白人のみならず多数のがともにユダヤ人として認められている。 現代社会ではユダヤ人はおおむね居住地のほかの住民と同化しており、これを血統主義的観点からのみ区分することはできない。 そのため、ユダヤ人のとかクオーターとかいう形容は、まず用いられない。 の文芸評論家は、自伝『』(柏書房)の中で「私は、半分のポーランド人、半分のドイツ人、そして丸ごとのユダヤ人だ」と冗談めかした言い方でこのあたりの機微を突いている。 は「歴史的な見地から『ユダヤ人』をユダヤ教を信じる人々と規定するなら『ユダヤ教徒』と呼ぶべきであり、単に『ユダヤ人』と呼称するのは適当ではない」とし、ユダヤ人をやと規定する見方は、以降の、、の産物であり、またを示す用語でもないという。 「ユダヤ人」は、キリスト教文化圏では一種の宗教的差別概念、また少数派、無国籍放浪者としての社会的差別概念を含む言葉として用いられてきた。 現在、イスラエル人やユダヤ教徒、またはユダヤ教がもたらした伝統や文化を堅持している人々を指して、ユダヤ人と呼ぶとする。 は、英語であれば "Jew" や "Jewish" の一語で表せるが、日本語では単に「ユダヤ」とは呼ばず、その後に「〜人」「〜民族」「〜教徒」とつけて呼び習わしているが、「教徒」では宗教的な意味合いだけで考慮されることが多く、「〜人」「〜民族」という表現から(民族と人種の概念を混同して)「ユダヤ人」がひとつの「人種」であるという誤った印象を受けてしまう人もいるが、実際にはユダヤ人とほかの民族集団とを区別しうる有意な人種的特徴はないという。 同化ユダヤ人 - 全世界に散らばり、現地に「同化」した状態のユダヤ人。 ユダヤ教以外の宗教を信仰する、(ユダヤ教の会堂)以外で結婚式を挙げる、非ユダヤ人と結婚するなど。 両属性ユダヤ人 - ユダヤ教に興味がない、または無神論者でユダヤ教の生活習慣に従わないため、ユダヤ人からは「非ユダヤ人」と見なされるが、ユダヤのアイデンティティーを強く持っているユダヤ人。 ユダヤ人と非ユダヤ人の境界線上にあるユダヤ人。 東欧系ユダヤ人() - ユダヤ系ののうちドイツ語圏や諸国などに定住した人々、およびその子孫。 言語は(ユダヤドイツ語)。 西方ユダヤ人 - やドイツ語圏に居住し、イディッシュ語を話すアシュケナジム。 東方ユダヤ人 - 非ドイツ語圏に居住し、イディッシュ語を話すアシュケナジム。 スペイン系ユダヤ人() - ユダヤ系のディアスポラのうち、おもに・または・などの諸国に前後に定住した人々、およびその子孫。 言語は(ユダヤスペイン語)。 による定義• ユダヤ人 - 両親・祖父母のうち一人でもユダヤ教を信仰したことがある人。 完全ユダヤ人 - 祖父母のうち3人以上が「人種上の全ユダヤ人」である人。 信仰によらない。 非ユダヤ教徒ユダヤ人 - ユダヤ人と婚姻していた人。 古代ユダヤ人の生物学的子孫はパレスチナに住むユダヤ教徒やキリスト教徒やイスラム教徒である。 民族性 歴史上、ヨーロッパのキリスト教社会で多くの中傷や迫害を受けたが、現在でもユダヤ人は民族(コミュニティ・ユダヤ教徒)として存続している。 ユダヤ教徒は教義上をと認めなかった(は視された)。 また、イエスに従ったもユダヤ人であったにもかかわらず、キリストはユダヤ人によってにかけられたという俗説が古代から中世にかけて流布し、それまで「」だったユダヤ人は一転して「神(イエス)を殺した」と差別されるようになった。 こうした宗教的な理由や、ユダヤ人はキリスト教社会で疎まれていたが多かったという経済的理由が歴史的な反ユダヤ感情の要因としてしばしば挙げられる。 ごろから宗教的迫害が薄れていったことで、ユダヤ人は自由な信仰、活動が可能になり、さまざまな商工業分野でユダヤ人が活躍するようになった。 近現代には企業の創業者やを多数輩出している。 ユダヤ人はに従って行動すると思われているが、それはラビ的ユダヤ教徒の場合に限られる。 ただし、一般的なユダヤ人の宗教はラビ的ユダヤ教である。 ユダヤ人は何よりもを重視すると言われる。 紀元にによりイスラエルが一度滅びたときもラビ・ヨハナンが10人が入れるを残すことを交渉し、ローマ皇帝がこれを許したため、ユダヤ人は絶滅を免れた。 今ではもっとも知的な民族集団のひとつと考えられており、民族別では世界でもっとも高く 、一例としての22%、の30%、の世界チャンピオンの54%がユダヤ人であるとも言われる。 、、など、近現代の・方面のキーパーソンを輩出しているほか、業界にもユダヤ人が多いことが知られている。 を中心とした地域に住みつき、・東欧へ拡散したユダヤ人は、アシュケナージ()と呼ばれ、のであるを話していた。 近代のドイツ語圏では彼らはある程度ドイツ文化に同化してドイツ語を使用するようになった。 中世前期のヨーロッパでは、ユダヤ人は農業、商業、職人などさまざまな職業に従事することができた。 ではユダヤ人は聖書の民として保護され、頃までは国際的な交易の担い手でもあった。 イタリア商人に東方貿易のお株を奪われると、ユダヤ人は専門の貸金業に活路を見出した。 中世後半期には、土地所有の禁止、ギルドからの締め出し、公職追放等により次第にユダヤ人の活動は制限されるようになり、やに従事することが困難になったユダヤ人は、、、黄金の管理人、古物商、行商や市場での無店舗販売、芸能などで生計を立てていた。 また、世界的に散らばり独自の情報ネットワークを持っていた。 は「でユダヤ人の足を踏んだらからまで情報が行き渡る」と指摘していた。 こうしたことから、現在でもユダヤ人にはメディア関係が多いとされる。 または銀行業で成功したユダヤ系財閥として知られる。 末ののユダヤ系移民もまた、や、流通業などの間隙的な業種以外の業界への参入が難しかった。 の映画産業にはユダヤ人が創業したものが多い。 スファラディ()系ユダヤ人は、圏や・フランス・・などに多く、かつてはを話していた。 キリスト教に改宗した人々はと呼ばれた。 アシュケナージや、スファラディといったヨーロッパに移り住んだユダヤ人に対して、地域、地域に移り住んだユダヤ人は(ミズラヒ)と呼ばれていた。 ほかにも、(おもに3集団)・・・・などを含んだ大きな観念であるミズラヒム、、、などのユダヤ人のほか、インド( ())・( ())・アメリカ()などの新たな改宗者、イスラエル建国はメシア到来まで待つべきだとする・、キリスト教関連の、など多くの分派もある。 ・のユダヤ人は孤立して発展し、を持たない。 現在世界に散らばるユダヤ人は、すべてがユダヤ教徒というわけではないが、ユダヤ人にとってユダヤ教は切り離せない宗教である。 写真はユダヤ人の言語()から各国語に翻訳されたの一部である。 世界のユダヤ民や宗教的集団 世界に散らばるユダヤ教徒のコミュニティーや宗教的集団には以下がある。 (イスラエル()の地のユダヤ教徒)• のユダヤ人( ())• のユダヤ人• のユダヤ人 フランス植民地統治下のアルジェリアでは、原住民のイスラム教徒が参政権を持たない下級市民とされたのに対し、ユダヤ教徒(セファルディム、ミズラヒム)に対してはフランスの完全市民権が付与された。 このため、ユダヤ教徒はフランス本国からの () と同化し、を母語とするようになり、自らをヨーロッパ人と考えるようになった。 このため、アルジェリアの独立時には多くのユダヤ教徒がとしてコロンとともにフランス本国に引き揚げコロンとひとまとめに「」と呼ばれるようになった。 ただし、独立以前にもフランス内地へ移住するユダヤ教徒がいなかったわけではない。 これらの人々の中からはフランスで著名な・なども多く輩出されている(、(セファルディム)など)。 ( Persian Jews)• ()(のユダヤ人)• ( ()・ユダヤ人。 ダゲスタン、アゼルバイジャン、アルメニアのタート人社会の内部)• (タジキスタンから中央アジア全土)• ()(キリスト教徒)• ()(イラク系)• (集団改宗者)• (「ローマ人」、ユダヤ系)• ()(北部にはアシュケナジムが多い)• ツァルファーティー( ())消滅した世代と残留者、新しい世代(諸地域・諸国からの移民)• ()(ツァルファーティー・セファルディムとアシュケナジム)• ()()• のユダヤ人• (、) []()• (英語版の記事「 」も参照) (エジプト、メソポタミア、モロッコ、トルコ、ペルシアなどのコミュニティーに関しては英語版の記事「」も参照) 詳細は「」を参照 によると、民族の始祖が、の(現在の南部)から部族を引き連れて「の地」(現在の、付近)に移住したとされる。 ヘブライ人と呼ばれる彼らは、この付近で遊牧生活を続けた(ヘブライの原義は不明で諸説あるが、一説には「渡り歩く人」の意 )。 ごろ 、ヘブライ人はカナンの地から古代エジプトに集団移住した。 古代エジプトの地で奴隷とされた。 その後、の時代に、再び大きな気候変動が起こり 、エジプトのヘブライ人指導者が中心となり、約60万人の人々がエジプトからに脱出を果たす()。 彼らは神から与えられた「約束の地」と信じられたカナンの地(パレスチナ)にたどり着き、この地の先住民であったやを、長年にわたる拮抗の末に駆逐または同化させて、カナンの地に定着した。 このころから イスラエル人を自称するようになり、もこの頃にカナン人の言葉を取り入れて成立したと考えられる。 紀元前10世紀ごろ、古代イスラエル人は信仰(ユダヤ教の原型)を国教とするをカナン(パレスチナ)に建国した。 ユダヤ人は、紀元前1000年ごろと推定されるダビデ王の時代には、推定500万の人口を持っていたとされる。 ちなみに、ある統計によれば同時代の世界人口は約5,000万人 、だった日本列島の人口は推定で10数万である。 の死後、紀元前930年ごろ、北のと南のに分裂した(「ユダヤ」とは元来、ユダ王国のあったパレスチナ南部を指す)。 北のイスラエル王国は紀元前721年にによって滅ぼされ、多くの人民が捕虜としてにとらわれるか離散した(、)。 南のユダ王国は、にでエジプトに敗北し、エジプトの支配下に入ったが、にでエジプトがに敗れた。 にの侵攻に会い( ())、翌年にはユダ王国が滅亡して ()が置かれ、多くの人民が捕虜としてにとらわれた()。 彼らはユダ王国の遺民という意味で ユダヤ人と呼ばれるようになった。 ので、ペルシアによって新バビロニア王国が滅亡すると、捕囚のユダヤ人はによって解放されてエルサレムに帰還し、ペルシア帝国の支配下で統一イスラエルの領域で自治国 ()として復興された。 の教義も、このころにほぼ確立された。 アケメネス朝の滅亡後、王国、シリアなどにが引き継がれ、最終的には領のとされる。 このころにはヘブライ語はすでに古典語となり、日常語としては系統の近いにほぼ取って代わり、のちに国際語としても浸透した。 また、諸国の各地に商人などとして移住したユダヤ人移民()の活動も、このころに始まる。 ローマ支配下の紀元20年代ごろ、ユダヤ属州北部の民から出た()が活動したと伝えられる。 からに対し反乱を起こすが()、鎮圧されてユダヤ人による自治は完全に廃止され、厳しい民族的弾圧を受けた。 、が起こったが鎮圧され、ユダヤ人の自称である「イスラエル」という名や、ユダヤ属州という地名も廃され、かつて古代イスラエル人の敵であったペリシテ人に由来する パレスチナという地名があえて復活された。 以来ユダヤ人は2000年近く統一した民族集団を持たず、多くの人民がを中心に世界各国へ移住して離散した( ())。 以降、ユダヤ教徒として宗教的結束を保ちつつ、各地への定着が進む。 その後もパレスチナの地に残ったユダヤ人の子孫は、多くは民族としての独自性を失い、のちにはアラブ人の支配下でイスラム教徒として同化し、いわゆる現在のになったと考えられる。 古代末期から中世 のソフトウェアによる解析結果に基づく、J2 DNA の3000年間の民族移動を示す地図 - に、カスピ海北部にが出現し、ユダヤ教を国教としたが、その後相次いだロシア、ルースィ、ブルガール、オグズとの戦争により王国は滅んでいる。 残党のハザール人も、結局はイスラム教に改宗したが、ユダヤ教カライ派の信仰を保っているハザール人の集落が東ヨーロッパにわずかに現存している。 後の( - )、ほとんどのユダヤ人は依然として地中海沿岸に住んでいた。 にがとの抗争で疲弊していたのおよびを征服し、のでを滅ぼしに進出した。 を話すもに定住し、8世紀から9世紀には北フランスにも定住し、その後ヨーロッパ各地に散ったが、ユダヤ人はユダヤ教の信仰を堅持した。 ・時代に、の社会では、「キリスト殺し」の罪を背負うとされていたユダヤ人はムスリムとともに常に迫害された。 封建制度に内属していなかった彼らはヨーロッパの多くの国で土地所有を禁じられての道を断たれ、商工業に加入することができなかったため、の道も閉ざされ、店舗を構える商売や国際商取引も制限されていた。 しばしば追放処分を受け、住居も安定しないユダヤ人がつける仕事は事実上消費者金融や無店舗の行商、芸能以外には存在しなかった。 、イスラム支配下ので ()が起こり、多数の ()が犠牲となった。 のユダヤ人はこのころに主にからイングランドに渡った一群が最初とされる(ユダヤ人は王の所有物として農奴や金融を生業として13世紀末までその数を増やしていったが、十字軍精神の高まりにより追放され、一部を除きいったん姿を消し、17世紀半ばに再びフランス、スペイン、ポルトガルから流入し繁栄した)。 末頃にはすでにユダヤ人は「」の代名詞になっていた。 被差別民でありながら裕福になったユダヤ人は妬まれ、ユダヤ人迫害はますます強まっていった。 が西方に領土を拡大し、領のを占領すると、はに救援を求めた。 11月にが開催され、翌年にとが開始され、が設立された。 これ以後、約200年にわたって、は7回の遠征を行った。 ごろ、にユダヤ人が居住した記録が残っている。 になってキリスト教徒とユダヤ教徒との交際が禁止されるなど、ユダヤ人は迫害を受けるようになり、社会不安が高まるごとにユダヤ人は迫害の対象とされていき、職の追放なども行われた。 のユダヤ人は、神聖ローマ帝国一般臣民とは区別される存在で、「王庫の従属民」と呼ばれる法的地位を与えられて皇帝の保護を受け、皇帝に () [](ユーデンシュトイアー)の納税義務を負っていた。 のちのにおいても()の納税義務を負っていたが、ほぼ同じ制度である。 時代( - )にはで人口が減少したへ進出し、を話すが定住を始めた。 のによって権利および安全をおよび(ポーランドの貴族共和政を担った階級)の庇護のもとに保障され、にによる ()でを追放されると、ユダヤ人はポーランドに集まり生活し、ユダヤ人社会「」を形成した。 ()のころから弾圧として、ヨーロッパ中で隔離政策が取られるようになっていき、市街地中心から離れた場所に設けられたと呼ばれる居住区に強制隔離されることが一般化した。 にフランクフルトのユダヤ人はに居住するようになった。 、イタリアのに逃れたユダヤ人によって "Casa degli Stampatori"()で(、)が印刷され、印刷技術が世界中に広がるきっかけとなった。 16世紀にはにも居住するようになった。 にでが完了し、の治世に制度によるが始まると、によっての多くがに追放され、に逃れたユダヤ人もカトリックへの改宗を迫られ、と呼ばれるユダヤ人が誕生した。 初期近代 にの作家が発表した『』では、主人公の友人を借金の形としたユダヤ人高利貸という設定のシャイロックという人物が登場した。 にで起こったでは、 ()によるによって多くの犠牲者を出した。 にユダヤ人の追放をが解除し、ユダヤ人がイングランドへ367年ぶりに帰還した。 ハスカーラーに抵抗のあった人たちの中からごろ、でがを開始した。 に(・・)が実施され、が消滅して東部(旧公国領)がロシアに併合された。 ポーランドが消滅してその庇護を失ったユダヤ人は、へ庇護を求めたが、ウクライナ人・ベラルーシ人から裏切り行為と受け取られた。 7月、が解体され、にがをもとにフランクフルトのユダヤ人に市民権を認めた。 しかし、ナポレオンが敗退すると、にはユダヤ人の市民権と選挙権が再び剥奪された。 、のでが発生し、瞬く間にドイツ文化圏全域で ()が起こった。 にはウクライナで ()が起こった。 、に参加した ()(: Hungarian Jews)が弾圧された。 これをきっかけにによってハンガリーもからにかけてが進行した。 、フランクフルトのユダヤ人に再び市民権が認められ、にが建国された際、ユダヤ人は正式にドイツ国民としての権利を与えられた。 「」、「 ()」、「」、および「」も参照 19世紀後半になると、主に旧公国の領域(・・)で、ウクライナ人・ベラルーシ人農民、などの一揆の際にユダヤ人が襲撃の巻き添えとなった。 にが暗殺されると、帝政政府は社会的な不満の解決をユダヤ人排斥主義に誘導したため反ユダヤ運動が助長されることになり、( - )が起こった。 ユダヤ人はへ大量に脱出したため町が混乱すると、にが発布され、ユダヤ人への締めつけが実施された。 、がに「ヘブライ語委員会」(「」の前身)を設立。 にでが起こり、同年には「 ()」を代表する作家、による『 ()』(『』の項を参照)が発表された。 、が「 ()」を発表。 にはが結成され、からにかけてロシアで度重なるユダヤ人襲撃が起こった( ())。 各国でポグロムやユダヤ人襲撃が行われたことが引き金となり、古代に祖先が暮らしていたイスラエルの地に帰還してユダヤ人国家を作ろうとするによるが起きた。 「ユダヤ人」は世界に離散後もそのほとんどがユダヤ教徒であり(やに改宗した途端、現地の「民族」に「同化」してしまう)、ユダヤ教の宗教的聖地のひとつであるイスラエルの地に帰還することもその理由のひとつである。 第一次世界大戦 11月にイギリスがに宣戦布告すると、ユダヤ人シオニストの閣僚・が「」を閣僚に回覧した。 当時、パレスチナは南西部にあったが、ののこの部分に関する解釈がのちに大論争となった。 が始まると大量のが必要になったが、その原料の供給を握っていたのはの化学者でシオニストのであった。 このことでイギリス政府閣僚との知古を得たヴァイツマンはにを働きかけた。 にはが締結された。 (6月 - 10月)。 に熱心なシオニストのはイギリス政府からを取りつけ、イギリス政府はシオニズム支持を表明することになった。 この条約はとのや( - )につながっていった。 には ()が調印され、パレスチナへのユダヤ人入植を促進させることで合意している。 の決議で設置されたイギリス委任統治領パレスチナで公用語のひとつはになり、ハーバート・サミュエルは初代高等弁務官となった。 イスラエル建国以前の中東では、イスラム教徒とユダヤ教徒は共存してはいたが、しばしば大規模な反ユダヤ暴動が起きた。 7月の暴動(ユダヤ人216人死傷)、の暴動があった。 、が成立。 、の暴動、にはがきっかけとなってには ()(ユダヤ人133人死亡、339人負傷、アラブ人439人死傷)があった。 、の民族政策により、沿岸の中ソ国境地帯に「」が設置され、 ()から ()にまたがる「」と呼ばれた地域、すなわち ()()・()・・などのから多数のユダヤ人が移住した。 社会主義的な枠組みの中でユダヤ人の文化的自治をめざすもので、の学校や新聞が作られた。 同時期の戦間期には、ガリツィアなどからの難民がへも押し寄せ、のコミュニティーを形成したことが知られている。 第二次世界大戦 にが政権を握ると、ドイツにおいてユダヤ人迫害政策は公的なものとなり、さまざまな扱いで圧迫されるようになった。 からのでは、エルサレムでの暴動があった。 なお1936年の時点でエルサレムの人口は12万5,000人、うちユダヤ人が7万5,000人を占めていた。 、ドイツ全土で『』(: Reichskristallnacht)事件が発生し、その後ユダヤ人に対する迫害政策がさらに進展した。 、第二次世界大戦が勃発し、ナチスは占領地域におけるユダヤ人の隔離を開始した。 はユダヤ人難民のへの流入を禁止した。 、がのを脱出。 杉原千畝は、7月からドイツ占領下のポーランドを脱出してきたユダヤ難民に「命のビザ」を発給したことで知られているが、1947年に責任をとらされ、依願退職した。 、ソ連はを廃止し、をやへ追放し、 ()と呼ばれた。 、のにが設置された。 ナチスは当初隔離したユダヤ人をマダガスカル島などに追放する計画()を立てていたが、その後への収容・絶滅計画に方針を切り替えた。 これらは と呼ばれる。 イスラエルの建国とパレスチナ問題 詳細は「」、「」、「」、および「」を参照 の実態が西側諸国に伝わると、パレスチナの地にユダヤ人国家を建設するというがさかんになり、にアメリカで ()が組織された。 しかしこの運動はパレスチナに住んでいたアラブ人およびそれを同胞と見るアラブ諸国との軋轢を生み出した。 にはシオニズムを奉じるユダヤ系組織によるやの指導者( Fawzi Darwish al-Husseini)暗殺が起こった。 、でアメリカとソ連などの支持を受けて『(国連総会決議181号)』が採択されると、から ()が始まり、4月にはによるなどが起こったが、同年5月14日の建国のが行われると、翌日の5月15日のにつながっていった。 ()がに設置され、がとなると、が多発した。 7月のによってパレスチナ地域のうち、大部分をイスラエルが獲得。 はを獲得し、(1949年6月にから名称変更した)はおよびを獲得した。 一方、寸土も獲得できなかった全パレスチナ政府が4か月で崩壊すると、にアミーン・フサイニーは、親イスラエルとみなしたヨルダンのを暗殺した。 にが起こり、にエジプト共和国が成立すると、第2代大統領は建設の協力をアメリカに求めた。 しかし、になって国務長官のがエジプトへの協力に反対した。 そのためナーセルはを利用してソ連側に接近し、さらにを掲げ、(: Nationalisation of the Suez Canal)を断行した。 当時は、( - )でをエジプト共和国が支援していると考えたため、英仏は第一次中東戦争でエジプトと敵対したイスラエルを支援する形でが勃発した。 の大統領は、 ()下にソ連が介入する事態を懸念し、で即時停戦を求める総会決議997を採択した。 1957年3月16日にイスラエルは撤退し、エジプトはスエズ運河の国有化に成功した。 ダレスの戦略は完全に裏目に出て、中東でのソ連の影響力は一気に高まり、第三次中東戦争につながった。 米国がで ()に手が回らなくなると、ソ連のはイスラエルのの諜報活動を逆手にとった。 におけるユダヤ人入植地の建設をめぐる紛争で、ソ連はエジプトとシリアを情報操作で開戦準備に誘導し、モサッドの入手する情報から先制攻撃を恐れたイスラエルはに逆に先制攻撃を行い、を開始した。 第三次中東戦争は、イスラエル領土の拡張運動「 ()」( - )が活発になった時期であることから、パレスチナ人およびアラブ人とユダヤ人入植者との対立がその政策の結果として建国以降一貫して引き起こされてきたと拡大解釈する立場もあらわれた。 1964年にアラブ連盟により(PLO)が結成されていたが、1969年2月に第三次中東戦争で活躍したのが議長に就任すると、PLOが事実上のパレスチナ亡命政府と看做されるようになった。 にが急死すると、がエジプト大統領に就任した。 サーダートは、ナーセルのイスラエル強硬路線を踏襲し、アラブ同士の結束を固めるために9月にシリアとリビアとのを結成した。 1972年4月には、のでPLOを追放していたヨルダンは国交を断絶された。 一連の主導権争いにイスラエルが巻き込まれる形で、1973年10月のが勃発した。 (OPEC)は、イスラエル援助国に対して石油戦略を発動し、世界でを引き起こした。 和平締結を模索する中で、サーダートはナーセルの反イスラエル反米路線からの転換を図った。 6月にサーダートがイスラエルへ首相を公式訪問し、9月のはサーダートが単独で締結した。 しかし、10月にサーダートはエジプトのによって暗殺された。 にが始まり、にはイスラエルとPLOのによりパレスチナ自治政府が設立された。 - (で、これまで弾圧を受けていたキリスト教が公認される)• - ローマ帝国が以外の宗教を禁止。 - 、の哲学院()を閉鎖。 - が成立。 - ごろ - 東ローマとササン朝が全面戦争。 ユダヤ人の一部が大挙してアラビアに移住。 新都市の建設に協力するが、イスラム教への改宗は拒絶した。 そのため、短期間のあいだ迫害を受ける。 以降 - イスラム教徒がイベリア半島に進出するに伴い、メソポタミア地方、シリア、小アジア、エジプト、そしてマグリブのユダヤ教徒がイベリア半島に移住(、を参照)。 - アシュケナジムがライン地方に定着(詳細は、、を参照)。 、分裂の結果、のユダヤ教徒が弾圧され、多くがに移住。 カトリック教会がユダヤ教徒をほとんどの職業から追放。 ユダヤ人は中世のヨーロッパ大陸でさまざまな商工農業に従事し、東方貿易の担い手でもあったが、教会法と世俗法による職業制限の結果、商業、特に貸金業などの業に従事する割合が増大した。 教会法はキリスト教徒の利子つき貸借を禁じていたが、ユダヤ教は異教徒から利子を受け取ることを許しているためである(ただし、キリスト教会によって名目上あらゆる利子取得は非難されていたにもかかわらず、実際には聖職者や修道院さえも金銭貸借を行っていた)。 11 - 12世紀にイタリア商人が地中海貿易の覇権を握るとユダヤ人は遠隔地貿易から締め出され、貸金業に活路を見出した。 13世紀頃から北イタリアを中心としてキリスト教徒の商人が大々的に金融業を営むようになると、金貸しはユダヤ人の独占市場ではなくなり、ユダヤ人は質屋などの消費者金融専門となった。 こうした経済的社会状況を背景とした反ユダヤ感情が11世紀末ごろから芽生える。 によるユダヤ人の受け入れが本格化する。 - 、として即位。 - 「」が発布され、これ以降ポーランドではユダヤ人の権利と安全が制度的に保障される。 初め - によってポーランド再統一。 - ポーランド、非キリスト教国であったから大公ヨガイラ()を国王に迎え入れ、リトアニアと連合()。 - 、の首都(現在の)を陥落させる。 では、この後、ユダヤ難民を受け入れ、とは異なり、基本的には非ムスリムに対する差別を禁止する、国家による平等社会が整備された。 - の進展によりのイスラム勢力がキリスト教勢力に追われ、イスラム教国に協力したとされたユダヤ教徒が弾圧される。 一部はキリスト教に改宗し、改宗を拒否したユダヤ人は追放され、多数が地中海周辺の都市に移住。 改宗したユダヤ人は、スペインにおいては差別はなくならず、と呼ばれ蔑まれた。 - ()の反乱• ・・ -• - ()設置• 末 - :ユダヤ教徒の権利向上の動きもあり、ユダヤ教徒への弾圧が弱まっていったが、逆に新反ユダヤ主義が芽生える面もあった。 1800年代 -• - 即位。 ユダヤ教徒弾圧始まる。 - ロシア、の上演禁止(ではこのようなことはない)。 19世紀末• で続く弾圧から逃げるため、東欧のユダヤ教徒が(イスラエルの地)に移住し始める。 から移住の費用が補助されたといわれる。 これが、のちのイスラエル建国へとつながる。 の都市建設などが始まる。 が起き、が活発になる。 フランス軍のユダヤ人大尉がスパイの冤罪を着せられた事件。 - (ユダヤ系)、アメリカのアイデンティティに対し「論」(それぞれの形の色と形を留めたままで共生する社会)を唱え、を提案する。 - ポーランドがを武力で滅ぼし、東(ハルィチナー)をはじめとする一帯を。 - 1933年のにより、ドイツにおいてに基づく反ユダヤ政策が実行される。 期 - 反ユダヤ政策がドイツの占領地域に拡大し、ユダヤ人の隔離、強制収容が行われる。 勃発以降にはヨーロッパからのユダヤ人種の根絶をはかるが行われ、600万人とも言われるユダヤ人が犠牲になったとされる。 戦中、戦後の時期においてヨーロッパを離れパレスチナなどに移住するユダヤ人が発生。 - に基づきの独立宣言。 - が提唱される。 - の崩壊によりソ連に住んでいたユダヤ人が大量にイスラエルに移住。 反ユダヤ主義 文化遺産 ユダヤ人関連の文化遺産として以下がある。 (イスラエル管理地域)旧市街と城壁(世界遺産登録)• (世界遺産登録)• 旧市街(2001年世界遺産登録)• (世界遺産登録)• 旧市街(登録)• 旧市街(世界遺産登録)• のユダヤ人地区と(2003年世界遺産登録)• 旧市街(1986年世界遺産登録) - ユダヤ人の先祖が作ったとされ、と関係のあったがあったとされる。 歴史地区(世界遺産登録)• - - ユダヤ人墓地• - の• - の交易路 The Frankinsence Trail ()• 日本と関わりの深いユダヤ人• - 1846年から8年間沖縄に滞在したプロテスタント系キリスト教伝道師。 - 、能などを英訳したイギリスのユダヤ人。 - など日本建築の美しさを欧米に伝えたユダヤ系ドイツ人。 - の広島県物産陳列館(のちの)などを設計したユダヤ系チェコ人。 - の際、日本のに協力したドイツ生まれのユダヤ系アメリカ人。 - の詳細を日本に伝えたユダヤ系ののジャーナリスト。 - ソ連(NKVD)の極東におけるチーフであり、時にへと亡命して日本軍に協力したユダヤ系ソ連人。 - を書いたリトアニア系ユダヤ人のアメリカ外交官。 - 執筆者。 - 日本史研究者。 - 日本文学翻訳家。 - 著述家。 - 映画監督。 - 元駐日イスラエル大使。 - ピアニスト、当時高い評価を西欧で得ていたが、来日し多くの日本人音楽家を育てた。 - の娘で、日本国憲法の人権条項作成に携わり、女性の権利の明記に尽力した。 日本国憲法の作成に携わった足跡が『ベアテの贈りもの』として2005年に映画化された。 - ユダヤ系ウクライナ人の創業者。 日本のメディアに登場するユダヤ人 関連書籍 初歩的入門書・紹介書• 『わかるユダヤ学』(手島勲矢 編著、、2002年9月、)• 『図解ユダヤ社会のしくみ 現代ユダヤ人の本当の姿がここにある』(滝川義人 著、、2001年3月、)• 『ユダヤを知る事典』(滝川義人 著、、1994年04月、)• 『イスラエル VS. 大澤武男 『ユダヤ人とドイツ』 講談社〈講談社現代新書〉、1991年。 ユダヤ教• 『現代人のためのユダヤ教入門』( 、 著、松宮克昌・松江伊佐子 訳、、)- ユダヤ教への入門・再入門書。 ユダヤ教の本質について論じている。 中央大学人文科学研究所研究叢書 29『ツァロートの道 ユダヤ歴史・文化研究』(出版部、2002年3月、)• 『彼ら抜きでいられるか 二十世紀ドイツ・ユダヤ精神史の肖像』(ハンス・ユルゲン・シュルツ 編、山下公子・他 訳、、2004年8月、)• 『表現主義論争とユートピア』(船戸満之 著、情況出版、2002年5月、)• 『パリ・貧困と街路の詩学 1930年代外国人芸術家たち』(今橋映子 著、都市出版、1998年5月、)• 『フロイトのウィーン』( 著、 訳、みすず書房、1992年3月、)• ジャニク 著、 訳、、2001年3月、)• りぶらりあ選書『取り消された関係 ドイツ人とユダヤ人』(ハンス・マイヤー 著、宇京早苗 訳、出版局、2003年8月、)• 叢書・ウニベルシタス 510『ユダヤ人とドイツ 「ユダヤ・ドイツの共生」からアウシュヴィッツの記憶まで』( 著、宇京頼三 訳、出版局、1996年2月、)• 『 ()』(著)• 『』(著)• 『』(著) アメリカ文学• 作品(児童文学):• 『魔女ジェニファとわたし ベーグル・チームの作戦(カニグズバーグ作品集 2)』(松永ふみ子 訳、、2002年1月、)• 『ブーバーに学ぶ 「他者」と本当にわかり合うための30章』(斉藤啓一 著、、2003年12月、)• 『なるほど! 『ユダヤ人が語った親バカ教育のレシピ』(アンドリュー・J・サター ユキコ・サター 著、、2006年3月、) その他• 『にせユダヤ人と日本人』( 著、、1983年12月、)• 『にせユダヤ人と日本人』(朝日文庫、1986年12月、)• 『ユダヤ移民のニューヨーク 移民の生活と労働の世界』(野村達朗 著、、1995年10月、)• 『ニューヨーク知識人 ユダヤ的知性とアメリカ文化』(堀邦維 著、、2000年6月、)• 中田晶子、南山大学紀要第37号、2009年• : Yehudim• : Jidn• には、がエジプトへ移住し、(頃 - 頃)を興している。 にはので ()が起こり、が原因で気候が大きく変動し、カナンに居住し続けるのが困難になった。 頃に、・の ()が原因と考えられる世界的な気温低下によるが起こった。 この問題でダレスは、にロンドン会談で日本の外相にもソ連とを二島返還で妥結するなら沖縄返還は無いと圧力をかけた。 当時の日本は、がに休戦したことを受け、ソ連とも講和条約締結と北方領土の返還を協議していた。 日本はにで路線を選択した後だったことから、ダレスの圧力を受け入れ、の首相との首脳会談で、国交回復を先行させ、平和条約締結後にとを返還する前提で平和条約の交渉を行う事が合意された。 その結果、ので北方領土は返還されなかった。 は「聖に する民」と訳している。 11章45節を参照。 11 , [ ], sourced from. 106. American Jewish Committee. 2006. [ — ]• ZSIDO. 2019年3月3日閲覧。 Jewishtucson. org. United Jewish Communities.. 2014年1月13日時点のよりアーカイブ。 2019年3月3日閲覧。 Jewish Virtual Library. 2009年10月6日閲覧。 , sourced from. 106. American Jewish Committee. 2006. SSEJ. 2019年3月3日閲覧。 Jewish Virtual Library• 2011年11月5日時点のよりアーカイブ。 2019年3月3日閲覧。 , p. , p. 佐藤唯行 『英国ユダヤ人』 講談社〈講談社選書メチエ〉、1995年、16頁。 杉本淑彦「白人の形成. 白色人種論とアラブ人 - フランス植民地主義のまなざし」『白人とは何か? ホワイトネス・スタディーズ入門』藤川隆男、刀水書房、2005年10月、64-65頁。 , p. , p. ,43-47頁• ラビ・マービン・トケイヤー『ユダヤ5000年の教え』実業之日本社、2004年4月。 [ ]• Herrnstein and Murray 1994; Richard Lynn 1991a; Lynn 2006 [ ]• ,176-177頁• , p. 175. 『』大貫隆ほか、岩波書店、2002年6月、1014頁。 (「ヘブライ人」の項目。 著者:月本昭男)• Colin McEvedy and Richard Jones, 1978, "Atlas of World Population History," Facts on File, New York,. [ ]• 加藤徹『貝と羊の中国人』新潮社〈〉、2006年、78頁。 Marcus Roberts 2007年. National Anglo-Jewish Heritage Trail. 2019年3月3日閲覧。 , p. , p. メンデル・ノイグレッシェル『イディッシュのウィーン』野村真理解説、野村真理訳、松籟社、1997年10月。 [ ]• , pp. 41-43. , p. 200. 参考文献• 『私家版・ユダヤ文化論』文藝春秋〈文春文庫〉、2006年。 大澤武男『ユダヤ人とドイツ』講談社〈講談社現代新書〉、1991年。 大澤武男『ユダヤ人ゲットー』講談社〈講談社現代新書〉、1996年11月。 関哲行『スペインのユダヤ人』山川出版社〈世界史リブレット〉、2003年4月。 『イスラエルvs. アラブ 誤解と真実』、滝川義人訳、ミルトス、1991年4月。 「民族共同体と法 17 :NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』43 3 ,、、1994年11月、 31-69頁、。 シュロモー・サンド『ユダヤ人の起源』.

次の

イスラエル人とユダヤ人の違い〜イスラエル人とユダヤ人の違いを簡単解説

ユダヤ 人 定義

ユダヤ人の定義は、 ユダヤ教を信仰している事、 ユダヤ人の母親から生まれた子などがあります。 なので、父親がユダヤ人でも母親がユダヤ人じゃない場合は、当然ユダヤ人にはならないんです。 また、正式な手続きを経て改宗した人も、ユダヤ人と定義されます。 なので、イスラエル人でもユダヤ教を信仰していない人は定義上 「イスラエル人」となりますが、イスラエル人のほとんどはユダヤ人の両親を持っているので定義上ユダヤ人にもなりますね。 なぜ父親がユダヤ人でも子供はユダヤ人にならない? 仮に父親がユダヤ人で、母親がユダヤ人でない場合、子供はユダヤ人と認められないんです。 なぜでしょう?遺伝子的なものでしょうか? これは、「子供の父親が誰かというのは、正確には母親本人しか分からない」からと言われています。 そうですね。 女性の場合であればお腹が大きくなるので、他人から見ても本当に血の繋がりがあると見て取れますが、父親の場合は証拠がないですよね。 ただし最近ではDNAテストで血の繋がりが分かるので、父親の場合も認められてもよさそうなんですけどね。 東欧系ユダヤ人(アシュケナジム)・・・ドイツ語圏や東欧諸国に定住したユダヤ人• スペイン系ユダヤ人(セファルディム)・・・主にスペインやイタリア、ポルトガル、トルコなどの南欧諸国に15世紀前後に定住したユダヤ人• で有名なユダヤ系アメリカ人を特集しているので、こちらも読んでみて下さい。 改宗者はユダヤ人になれる ユダヤ人の定義で「ユダヤ教を信仰している事」がありますが、では改宗者全員が全員ユダヤ人かというとそうでもないようなんですね。 というのもユダヤ教には正統派・保守派・改革派など色々な宗派がありますが、正統派ユダヤ教以外のユダヤ教に改宗した場合は基本的にユダヤ人と認められないんです。 だって正統派じゃないから。 これって暗に、「正統派以外はユダヤ教じゃない」ってイスラエルが言っているようなものですよね。 政治でも同じですが、派閥があるともめ事が絶えないですね。 ユダヤ人以外に帰還法の適用 2011年6月10日に、同性愛者の結婚しているカップルがイスラエルに移民として移住する申請をしました。 ただしこのカップルは一人がユダヤ人男性、もう一人はカトリック(キリスト教)の男性です。 イスラエル国外で結婚した同性カップルの帰還法の申請だったので、大きくニュースになりましたね。 ユダヤ人の男性はすぐに市民権を得たのですが、カトリック男性はユダヤ人じゃなかったのでちょっと時間がかかったんですね。 政府内でかなり話し合われたんだと思います。 結果は、2か月後の8月10日に配偶者男性も帰還法により市民権を得たんです。 革新的な判断でした。 海外で結婚し、同性婚、カトリック教徒とそもそもユダヤ人でないのに、ユダヤ人のための帰還法が適用されたんです。 2014年にはイスラエルの内務大臣が、「帰還法の定義で、海外で同性婚した人でパートナーがユダヤ人でなくても、イスラエルの市民権を取得できる」と発表しました。 ちなみにユダヤ教の定義上、カトリック教徒の配偶者はユダヤ人とは定義されないです。 イスラエルは血統主義 イスラエルでは日本と同様に、父親か母親のどちらかがイスラエル国民であれば子供もイスラエル国民と規定されます(イスラエル国籍が取得できる)。 先ほど述べたように「母親がユダヤ人であれば子供もユダヤ人」となりますが、イスラエル人として定義されるには片方の親がイスラエル人であればよいです。 イスラエルに住むユダヤ人 ユダヤ人は「母親がユダヤ人もしくはユダヤ教を信仰している」事が定義なので、イスラエルにはいろんな人種のユダヤ人がいます。 に「2010年までに帰還法を申請してイスラエルに移住した人とその子供」の国籍・出身地を調べたリストがあったので上位10ヵ国をご紹介します。 1万人 24. 1万人 89. 2万人 モロッコ 15. 3万人 33. 9万人 49. 3万人 ルーマニア 8. 8万人 12. 5万人 21. 4万人 エチオピア 8. 1万人 3. 8万人 11万人 イラク 6. 2万人 17. 3万人 23. 5万人 ポーランド 5. 1万人 15. 1万人 20. 9万人 9. 2万人 14. 1万人 アルジェリア・チュニジア 4. 3万人 9. 1万人 13. 4万人 フランス 4. 1万人 2. 6万人 6. 8万人 アルゼンチン 3. 5万人 2. 6万人 6. 1万人 このほかにも、イエメン、トルコ、ドイツ、イギリス、チェコ、エジプトなど出身者もいました。 日本人のユダヤ人もいますね。 これを見て分かるように、イスラエル人・ユダヤ人と言ってもいろんな人種がいるので、見た目では判断できません。 を別記事で紹介しているので、あわせて読んでみて下さい。 まとめ ユダヤ人と一言で言っても、人種も違うし、宗派も違うし、国も違うのでいろいろな人がいますね。 古代から世界各地に離散した集団なので、そう考えると納得できますね。 改宗してユダヤ人になった人も多くいるのですが、アメリカ大統領トランプさんの娘・イバンカさんも改宗してユダヤ人になりましたね。 古くはマリリンモンローもアーサーミラーとの結婚を機にユダヤ教に改宗したし。 まとめとして、「改宗は大変だが誰でも(?)ユダヤ人になれる」ってことですね。 ただし、改宗者の多くは結婚相手がユダヤ人だから改宗した人が多いみたいです。

次の

DNAでわかった 日本人とユダヤ人の親戚関係

ユダヤ 人 定義

DNAでわかった 日本人とユダヤ人の親戚関係 DNAでわかった 日本人とユダヤ人の 親戚関係 久保有政 40%の日本人DNAはユダヤ人との強いつながりを示す 男性の細胞の中には、Y染色体というものがあります。 それは遺伝子DNAの格納庫のようなものです。 Y染色体の遺伝子情報は、父から息子へ、男系でのみ伝えられます。 日本人男性のY染色体には、中国人や韓国人にはほとんどみられない、非常に重要な特長があります。 それは日本人の40%近くに及ぶ人々のY染色体DNAには、「YAP」(ヤップ)と呼ばれる特殊な遺伝子配列があることです。 日本人のY染色体の系統 約40% D系統(YAP) 約50% O系統(典型的アジア系) 残り 他系統 YAP遺伝子は、中国人にも韓国人にもほとんどみられないものです。 アジアの中で大変珍しいのです。 それが日本人の40%近くもの人々にみられます。 Y染色体のDNAには、いろいろな系統(ハプログループ)があります。 その中でも、YAPという遺伝子配列を持っているのは、D系統とE系統のみです。 DとEです。 これを覚えて下さい。 D系統とE系統だけが、YAP遺伝子を持ち、同じ先祖から来ています。 つまり親戚関係にあります。 日本人の40%近い人々はD系統。 D系統には、YAP遺伝子配列が含まれています。 もともと中近東にDE系統というものがありました。 それがのちにD系統とE系統に分かれたのです。 では、D系統と親戚関係にあるE系統は、どのようなものでしょうか? それはユダヤ人にたいへん特長的なものです。 全世界のユダヤ人の20~30%は、E系統なのです。 日本人と同じく、YAP遺伝子配列を持っています。 つまり遺伝子的にみて親戚関係にあります。 このE系統は、いわゆる「イスラエルの失われた10部族」の故郷サマリヤの地にもみられます。 今日サマリヤの地には、古代イスラエル人の末裔が住んでいます。 その多くは異邦人と混血しています。 しかし聖書によると、彼らの中にいる祭司はレビ族の人々で、古代から男系をしっかり受け継いできました。 そして彼らサマリヤのレビ族祭司たちもE系統なのです。 YAP遺伝子配列を持っています。 また、中国のチベット近くに、チャン族(チャン・ミン族)という少数民族がいます。 彼らは日本人と同じような顔をしています。 彼らはイスラエルの失われた10部族の末裔として、「アミシャーブ」というイスラエルの失われた10部族調査機関によって認められた人々です。 彼らにも、日本人と同じくD系統が23%みられます。 彼らもYAP遺伝子配列を持っているのです。 つまり彼らも、D系統の日本人と遺伝子的に親戚関係にあります。 現代ユダヤ人のDNA さて、これらのことをもう少し掘り下げてみてみましょう。 ユダヤ人のYAP遺伝子配列についてみてみましょう。 ユダヤ人は20~30%が、YAP遺伝子配列からなるE系統なのだとお話ししました。 これはじつは、アシュケナージ・ユダヤ人(北欧系)においても、スファラディ・ユダヤ人(南欧系)においても同様に当てはまります。 かつて日本では、「アシュケナージ・ユダヤ人は偽のユダヤ人」という説がはやりましたね。 しかしこれは遺伝学から言うと、全くの間違いなのです。 アシュケナージもスファラディも、全遺伝子の88%は共通しています。 ですから遺伝学者の中に、「アシュケナージ・ユダヤ人は偽ユダヤ人」という説を支持する人は一人もおりません。 アシュケナージ・ユダヤ人も、スファラディ・ユダヤ人も、同じくアブラハム、イサク、ヤコブの子孫です。 両者とも本当のユダヤ人です。 現代ユダヤ人のY染色体の系統 20-30% E系統(YAP) 約30% J系統 20-30% R系統 残り その他 (上記はアシュケナージ・ユダヤ人およびセファルディ・ユダヤ人に共通) 今日のユダヤ人は、アシュケナージでもスファラディでも、その20~30%は日本人と同じくYAP遺伝子配列からなるE系統です。 そのほか今日のユダヤ人には、J系統やR系統なども同じくらいの割合でみられます。 しかしJ系統やR系統は、混血によって入ったものと思われるのです。 ユダヤ人も混血しています。 とくに、西暦70年のエルサレム滅亡のあと、ユダヤ人は祖国を失い、世界に離散しました。 それ以前のユダヤ人の定義は、「父がユダヤ人であること」でした。 しかしその後ユダヤ人の定義は、「母がユダヤ人であること」に変わっていきました。 これはユダヤ人は迫害を受け、レイプされるユダヤ人女性も少なくなかったからです。 その場合、本当の父親が誰であるかわからないことも多く、「母がユダヤ人であること」という定義に変わりました。 そういう悲しい歴史がありました。 こうして、男系で伝えられるY染色体遺伝子は薄まり、そのためにユダヤ人男性のY染色体DNAには、いくつかの系統が入るようになりました。 このようにユダヤ人は遺伝子的には混血しています。 それでも彼らは、宗教的にユダヤ人としてのアイデンティティを保ってきたのです。 古代イスラエル人のDNA 今日のユダヤ人の遺伝子については以上のようです。 では古代イスラエル人の基本的なY染色体DNAは、何系統であったでしょうか? それはDE系統もしくはE系統であったでしょう。 YAP遺伝子の系統です。 つまり日本人のD系統と遺伝子的な親戚関係にあたります。 そのことは、古代から男系を守ってきたサマリヤのレビ族祭司たちが、先に述べたようにE系統であることからもわかります。 また今日も、全世界のユダヤ人グループには必ず、E系統が顕著な形で存在するのです。 たとえば、E系統の中でも特にE1b1b1というさらに細分化されたタイプの遺伝子について、「ファミリー・ツリーDNA」という遺伝子調査会社のホームページには、こう述べられています。 「これは世界中のあらゆるユダヤ人の間にみられる。 アシュケナージ系、スファラディ系、またクルド系やイェメン系のユダヤ人、またサマリア人、さらには北アフリカ・チュニジアのジャーバのユダヤ人にさえみられる」 つまりE系統は、全世界のユダヤ人グループに普遍的に顕著にみられるものなのです。 さらにE系統またはD系統として、YAP遺伝子配列は今日のユダヤ人だけでなく、いわゆるイスラエルの失われた10部族の末裔といわれる人々にも顕著な形でみられます。 かつて古代イスラエルの統一王国は、紀元前10世紀に北イスラエル王国と南ユダ王国に分裂しました。 南ユダ王国の子孫がいわゆるユダヤ人です。 一方、北イスラエル王国にはイスラエルの10部族がついたのですが、のちにアッシリヤ捕囚というものがあり、彼らは異国の地に連れ去られ、のちに離散しました。 ですからユダヤ人と、このイスラエルの失われた10部族とは兄弟なのです。 イスラエルの失われた10部族は、長く「失われた」と言われてきました。 しかし20世紀以降の調査で、その末裔が特にシルクロード付近の各地に散らばって今日も生きていることがわかりました。 彼ら10部族は、顕著な形でE系統あるいはD系統を持っているのです。 つまりYAP遺伝子配列を持っています。 たとえばE系統は、「イスラエルの失われた10部族」の末裔といわれる「パタン族」(アフガニスタン、パキスタン)にも顕著にみられます。 イスラエルの失われた10部族中の「ナフタリ族」「イッサカル族」の末裔との伝承がある「ウズベク・ユダヤ人」(ウズベキスタン)も、約28%がE系統です。 10部族中「ダン族」に属するといわれる「エチオピア・ユダヤ人」(ファラシャ)も、約50%がE系統です。 さらに中国のチベット付近に住むチャン族(チャンミン族)も、イスラエルの失われた10部族の末裔ですが、日本人と同じような顔を持ち、また日本人と同じようにD系統を顕著な形で持っています。 彼らの23%はD系統で、日本人と同じくYAP遺伝子配列を持っているのです。 このように、今日の全世界のユダヤ人グループ、またサマリヤの祭司レビ族、イスラエルの失われた10部族の末裔たち、そして日本人を互いに強く結びつけているのが、YAP遺伝子です。 これらのことから、日本人の40%近いD系統の人々は、古代イスラエル人の末裔であり、またユダヤ人の親戚であるということがいえます。 D系統とE系統が分かれた時期 以上簡単に述べました。 ここで、もう少し補足して述べたいと思います。 Y染色体のDE系統は、中近東でDNAのD系統とE系統に分かれたと述べました。 しかしその時期について、よく疑問が出されます。。 一般に遺伝子学者の間では、D系統とE系統の分離は5万年~6万年前と言われています。 しかし歴史学の上では、北イスラエル王国の10支族がアッシリア捕囚によりイスラエルの地から引き裂かれ、南王国のユダヤ人と分断されたのは、今から「約2700年前」です。 ずいぶん時間的な差があるようにみえるでしょう。 けれども5万~6万年前というのは、実際に測った実測値ではないのです。 これは「分子時計(分子進化時計)仮説」に基づく推定年代です。 これは進化論が提示する年代に基づき、それに合わせて遺伝子の変化時間を推定して算出したものです。 しかし推定であり仮説ですから、実際こうした推定年代は、過去から現在に至るまで、かなり変化してきています。 しかも、進化論に基づく「何万年前」「何十万年」といった大きな年数は、事実上、今日では根拠を失ってしまっているのです。 進化論者が「何万年前」というとき、本当は「数千年前」にすぎないということがほとんどです。 これは、年代のわかっている考古学的史料などと照らし合わせて、その正確さが明らかになっているものです。 それで測ると、進化論が「何万年前」と主張しているものも、実際はたいてい「数千年前」にすぎません。 「そんなばかな」と思うかもしれないが、実際そうなのです。 これについては進化論に立つ科学者と、創造論に立つ科学者たちとの間に激しい論争が交わされています。 たとえば進化論者が「数十万年前」と述べているネアンデルタール人の遺骨を炭素14法で測ると、「数千年前」としか出ません。 「数万年前」とされるクロマニョン人にしてもそうです。 創造論に絶つ科学者たちは、そうしたことを解説しています。 Y染色体DNAのD系統とE系統が分かれたのは、実際は今から数千年前でしょう。 そしてD系統の人々が初めて日本列島に渡来したのも、今から2000~2700年前頃と思われます。 縄文時代も、実際は何万年も続いたものではありません。 こうしたことは、創造論に立つ科学者たちの議論を参照してくださるといいと思います。 ユダヤ人のJ系統について つぎに、ユダヤ人のY染色体DNAのJ系統について述べたいと思います。 今日のユダヤ人の間には、コーヘンという名前を持つ人々がいます。 彼らは祭司家系の中でもとくに由緒ある人々で、大祭司アロンの子孫とされています。 祭司であるコーヘンの人々の多くは、CMH=コーヘン様式DNAと名づけられた遺伝子配列を多く持つことがわかりました。 このCMHはJ系統に属します。 そのことから、コーヘンに限らずユダヤ人固有のY染色体は、もともとJ系統なのではないか、という考えが欧米などにあります。 しかし本当に、ユダヤ人固有の遺伝子はJ系統だったのかというと、そうとも言えないのです。 なぜならCMHは、コーヘンの祭司家系に顕著にみられるものの、じつはコーヘンでなくても、またユダヤ人でなくても、しばしば見いだされるものであることが、その後の調査でわかりました。 つまり当初「コーヘン様式」と名づけられたものの、そののち調査を進めると、それは決してコーヘン特有ではなく、ユダヤ人以外の民族にもみられるものだったのです。 J系統は中近東をはじめ、広く様々な民族にみられるものです。 また、大祭司アロンはレビ族出身で、一般のレビ族も男系を保ってきましたが、彼らのDNAを調査すると、J系統は少ないことがわかりました。 J系統はアシュケナージ・レビの人々で10%、スファラディ・レビが32%程度にすぎません。 わりに少ないのです。 またJ系統は、シルクロードに沿って今も生きているいわゆるイスラエルの失われた10部族の末裔の人々には、ほとんど見られません。 パタン族の場合J系統はわずか6%ですし、イグボ・ジューズ(ナイジェリア)やベネ・エフライム(南インド)、ベタ・イスラエル(ファラシャ、エチオピア)、ブカラン・ジューズ(ペルシャ)、チャン族(中国南西部)などは、全くかほとんどJ系統を持っていません。 一方E系統は、アシュケナージ・レビで20%、スファラディ・レビで10%程度みられます。 さらに、世界中のすべてのユダヤ人グループに顕著な形でみられるものです。 これはE系統が、西暦70年のユダヤ人離散以前から広くユダヤ人の基本的DNAだったからでしょう。 この古代イスラエル人の遺伝子が何系統だったかという問題については、次のことも念頭におく必要があります。 それは、古代イスラエル人の間には生まれながらのイスラエル人だけでなく、異邦人からの「帰化人」も多くいたことです。 たとえば、古代イスラエルの指導者ヨシュアと共に活動した有名な英雄のカレブは、もともと異邦人でした。 カレブは「ケナズ人」でしたが、帰化してイスラエル人となり、ユダ族に編入されていたのです(民数記32・12、13・6)。 そして大活躍をしました。 聖書には、古代イスラエル人の出エジプトのとき、エジプトを出ていったイスラエル人のなかに沢山の「外国人」も混ざってきた、と書かれています。 彼らが、聖書で「在留異国人」と呼ばれる人々です。 モーセはイスラエル人に、「自分を愛するように在留異国人をも愛せよ」と教えました。 そして在留異国人も、もしモーセの律法を守り、割礼を受けるなら、帰化してイスラエル人となることができました。 つまり古代から、すでにイスラエル人は様々に混血していたのです。 祭司のレビ族に編入された人々もいたでしょう。 同じレビ族といわれても、遺伝子の系統が様々であることには、そのような理由があります。 イスラエル人固有のDNA このように古代イスラエル人の混血の秘密を探っていくと、そこに見えてくるのは、生まれながらのイスラエル人のY染色体DNAはJ系統ではなく、E系統あるいはその元のDE系統だったろうということです。 YAP遺伝子配列を持つ系統で、日本人男性のY染色体D系統と同様です。 この考えが正しければ、日本人の40%近い人々は、古代イスラエル人と強いつながりがあることになります。 また、しばしば、 「D系統の日本人がイスラエル人とつながりがあるのであれば、D系統でない日本人男性や女性は、イスラエル人と関係がないのか」 という質問を受けることがあります。 しかし関係がないのではありません。 今日、日本人は「単一民族」といわれるほどに深く混血しあい、とくに母系(母方)のほうでは様々な血が混ざり合っています。 先祖のミトコンドリアDNAは、男性にも女性にも受け継がれるからです。 ですからそのような意味で、日本人全体は、古代イスラエル人と強いつながりを持っているのです。 そして今日のユダヤ人とも、強い親戚関係にあります。 シンルン族になぜDもEも見出されなかったか 最後に、もう一つの質問にお答えしておきましょう。 インド北部やミャンマーに、シンルン族(メナシェ族)と呼ばれる人々がいます。 彼らは、私たち日本人と同じような顔つきをした東洋人ですが、古代からイスラエル人の文化伝統を持ち、イスラエルの失われた10部族調査機関アミシャーブによっても、10部族の子孫と認められた人々です。 彼らはユダヤ教を学び直し、すでに1000人以上がイスラエルへ帰還して、普通にユダヤ人として生活していることで有名です。 しかし、彼らの遺伝子調査の結果は意外なものでした。 彼らのY染色体を調べてもE系統もD系統も見出されませんでした。 さらにJ系統やCMHも見出されなかったのです。 彼らのほとんどはアジア人に典型的なK系統、O系統がみられるだけでした。 しかし、DNA科学者たちは、シンルン族のミトコンドリアDNAも調査しました。 Y染色体DNAが父系の遺伝情報を示すのに対し、ミトコンドリアDNAは母系の遺伝情報を示します。 その結果は、シンルン族の人々は中近東、およびウズベク(中央アジア)のユダヤ人に近縁であることを示していました。 なぜ、シンルン族の父系の遺伝情報を示すY染色体DNAの結果が、典型的なアジア人のものだったのでしょうか? じつはシンルン族のたどった歴史を知るならば、彼らのY染色体にD系統もE系統もみいだされなかった理由は、容易に理解できます。 というのは、シンルン族は中国を放浪していたとき、他民族に支配され、奴隷にされて苦役を課せられたのです。 男性は奴隷に駆り出され、村に二度と戻って来ることがなかった。 女性は中国人に犯されることが多かったのです。 したがってそこに生まれた子どもたちは、シンルン族男性のY染色体ではなく、中国人男性のY染色体を持つことになりました。 また中国では、戦争があると、征服された民族の男子は皆殺しにあうことも多くありました。 だから男系のY染色体は、きわめて残りにくかったのです。 このように、苦難の歴史があるとき、Y染色体は残りにくいのです。 消滅してしまうことさえあります。 シンルン族の父系Y染色体にD・E系統が見出されず、母系ミトコンドリアDNAにのみユダヤに近縁なものが発見されたというのは、こういう悲しい歴史を物語っています。 これを思うと、今日も日本人の40%近い人々にY染色体D系統が残っている事実は、貴重なことでしょう。 日本人も混血していますが、D系統が約40%も残ったのです。 それは現代ユダヤ人や古代イスラエル人と、日本人との強い結びつきを物語っています。 (詳しくは拙著をお読み下さい).

次の