レクサス 中古 安い。 なぜこんなに安い?!レクサスの中古が安い6つの理由

レクサスで価格が一番安いグレードは?実際の支払額は?

レクサス 中古 安い

日本のラグジュアリーブランド「レクサス」ですが、国内での立ち上げから10年以上が経過し、お手頃な中古車も多く出回ってきました。 「レクサスに乗っている」=「レクサスオーナー」というのは間違っていませんが、レクサスディーラーにおける「レクサスオーナー」には当てはまらない場合があります。 今回は、元レクサスディーラー営業マンが認定中古車を購入すべき理由を解説していきます。 中には認定中古車のみを扱うお店もあり、この認定中古車の事をレクサスは「CPO」と呼びます。 CPOにはいくつかの基準があり、すべての基準を満たしたもののみを、レクサスの正規ディーラーでCPOとして販売します。 レクサスの中古車を買う場合は注意点があります! 基準の主なものは…。 車両本体価格が200万円以上。 事故修復歴なし。 走行距離10万km以内。 初度登録から7年以内。 ペット臭、タバコ臭なし。 外装に大きなキズ、ヘコミなし(ホイールは除く)。 基本点検整備項目に不良なし。 といったものです この基準に合致しないクルマは、レクサスディーラーで下取り及び買い取りをしても認定はできず、CPOとして販売できません。 基準外のクルマは系列のトヨタディーラーでT-Valueとして販売されたり、オークションに流れて一般の中古車販売店で販売されます。 中古車情報誌に載っていたり、中古車情報サイトに載っているクルマたちは多くが基準外のクルマです。 これは新車でもCPOでも同じです。 レクサスオーナーズカードを持って初めて、ディーラーで「お客様扱い」される…って? レクサス販売店でこのカードを見せることによって、購入した店舗以外でもレクサスの最高級のサービスが受けられます。 レクサスオーナーズラウンジの利用や、G-linkという通信サービスの契約によるレクサスオーナーズデスクの利用などが目に見えるものですが、一番の違いは、レクサスで働いている人たちが「オーナー」として扱ってくれるかどうかです。 レクサス販売店へ単にレクサス車で入っていっても、お店の扱いは「レクサスオーナー」ではありません。 普通に他社のクルマに乗ってきた人や、歩いて販売店に来た人と同じです。 レクサスに勤めるセールスや受付スタッフ、ひいてはエンジニアに至るまで、徹底した「オーナー第一主義」を教育されています。 ここで言うオーナーは、「オーナーズカードを持っている人」です。 すべての行動にオーナー最優先が求められ、オーナー様は神様です。 たとえ目の前で壊れる寸前のレクサスのクルマが入庫してきても、オーナーでなければ診断でさえ後回しになります。 したがって一般の中古車販売店でレクサスを買うときには、きちんと整備をしてくれる場所を確保する必要があります。 レクサス車だからいつでもレクサス店が快く診てくれると思っていると大目玉を食らうことになります。 実体験として、程度の悪いレクサスの中古車を、中古車販売店から販売され、何度も不具合をレクサス店に訴える方がいましたが、この中古車の販売元は、レクサス店ではないので、不調に対する責任は中古車販売店が負います。 このようなクルマを購入してレクサス店に相談されても、何もしてあげられないのが実情です。 これはブランドを売っていることに他なりません。 腕時計の世界にも正規輸入と並行輸入の違いがあるように、レクサスでも同じような違いがあります。 価格の安いクルマを買って、あとは自分でなんとかするというスタンスなのか、やはりレクサスに乗るのだからレクサスのすべてを体感したいと思うのか。 もし後者を選ぶのなら絶対に認定中古車を買いましょう。 国産他メーカーではありえないオーナーか否かの区別が存在し、後々苦い思いをすることは確実です。 レクサススタッフが世界一のサービスを提供し続けるのは、オーナーズカードを持っている、レクサスオーナーに対してだということです。 レクサスオーナーになるとプレミアムな体験もできるんです。 クルマの所有期間は平均5年ほどですし、その5年間を「レクサスを買ってよかった」と思えるには、レクサスオーナーズカードは必須の持ち物になると思います。 認定中古車を購入して、楽しいカーライフとレクサスライフを楽しみましょう。 (文:佐々木 亘) by カテゴリー : , タグ : ,.

次の

中古で安いレクサスを手に入れよう!どれくらい安いかを調べてみました。

レクサス 中古 安い

日本の自動車メーカーが 販売している車の中でも 一番高級なのが レクサスですよね。 グレードの高い車に乗りたいと 思っている方であれば、 レクサスはいつか乗ってみたい 車なのではないでしょうか? 販売店のサービスも良ければ、 値段も高い レクサスですが、 一番安いグレードの車であれば 手が出るのでは? と考える方も多いと思います。 そこで、ここでは• レクサスのグレード一覧と 値段のランキング• レクサスの一番値段が安いグレードとは?• レクサスは 中古車市場だといくらぐらいが相場なの? について解説させて頂きたいと思います。 レクサスにいつかは乗ってみたいと 思っている方で、 レクサスの一番値段の安いグレードの価格や 中古車市場の相場について知っておきたい! と思っていらっしゃる方は、 ぜひ、以下の記事を ご覧になっておいてくださいね。 LS HYBRID・・・1,081万1千円• LS F SPORT・・・1,015万1千円• LS・・・854万8千円• GS F SPORT・・・634万6千円• GS HYBRID・・・615万3千円• RX F SPORT・・・605万円• RX HYBRID・・・602万5千円• RC F SPORT・・・583万円• RC HYBRID・・・565万円• GS・・・551万7千円• RC・・・521万円• IS F SPORT・・・509万2千円• IS HYBRID・・・499万9千円• RX・・・495万円• NX F SPORT・NX HYBRID・・・492万円• IS・・・454万4千円• CT F SPORT・・・433万1千円• NX・・・428万円• HS・HS HYBRID・・・424万4千円• CT HYBRID・・・366万2千円 レクサスで価格が一番安いグレードとは? 上記ですでにご紹介しておりますように、 レクサスの一番安いグレードは ハイブリッド車の CT HYBRIDです。 ガソリン代も節約できるうえに レクサスなのに比較的安価で購入出来て 購入者特典を享受できるのが この車の魅力ですね。 youtubeでレクサス購入者で レクサスオーナーズカードを 所有している人が無料利用できる レクサスオーナーズラウンジの様子を 撮影している動画を見つけました。 無料のドリンクや お菓子をいただくことができる このラウンジの様子を お知りになりたい方は、 ぜひ、以下の動画を ご覧になってみてくださいね。 その実際の支払い額は新車でいくら? レクサスは販売するときには 値引きを一切しません。 その代わり、 レクサスを購入して レクサスオーナーズカードを所有すれば 無料洗車や、レクサス販売店への 無料駐車サービスなど 様々な特典を享受することができます。 以下の記事で、 レクサス購入者が享受できる特典を 詳しくご紹介しておりますので、 気になる方は、 ぜひ、見ておいてくださいね。 へ移動 実際に新車のレクサスを購入する場合、 小売価格に様々な諸費用がプラスされます。 この 諸費用の価格は 車両本体価格の1割から2割ほどなので、 例えば、 一番本体価格の安い レクサスのCT HYBRIDの新車を 購入すると仮定すると 本体価格366万2千円に 諸費用が約36万円から73万円程 プラスされますので、 約400万円から440万円程 支払うことになります。 ローンで支払う場合は、この支払額に 毎月の支払金利が上乗せされます。 まとめ いかがでしたか? レクサスは新車車体価格が 1台1千万円をオーバーするものから 比較的安く購入できるものであっても 366万円程と やはり一般的な車と比較すると かなり高価な車であると言えます。 中古車市場であっても 上記でご紹介しましたように 新車価格よりは安くなっていますが、 中古車にしてはかなり 高い値段となっています。 レクサスは、新車で購入すると レクサスオーナーとして レクサスオーナーズカードを 所有することができ、 そのカードを提示すれば 様々な特典を享受することができますので、 どうせレクサスを購入するのであれば、 自分の予算に合わせた 新車を購入することをおすすめします。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには 車のネット査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバッと車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒 ・知り合いにお願いされてそのまま加入した ・昔から使って変更の手続きが面倒だから などの理由からではないでしょうか? そんなあなたには 車保険の一括見積もりがオススメです。 ・複数社で比較するから一番安く選べる ・安くなった分はプランの充実にまわせる ・無料でたった3分で申し込みができる ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる 比較することで、平均で25000円以上 中には 最大50000円お得になった という声もあります。

次の

LEXUS ‐ レクサス認定中古車 CPO

レクサス 中古 安い

レクサスの中古車は軽自動車より安いこともある レクサスは新車価格では安い車種でも4,000,000円、高級車になると10,000,000円越えは当たり前の、非常に価格の高い車が集まっているブランドです。 (価格の詳細は下記をご参照ください。 ) レクサスブランドの歴史は結構古く設立は1989年ですが、当初は北米のみの展開となっており、日本に入ってきたのは2005年と割と最近です。 そのため中古車といっても最も古いもので12年落ちまでとなっており、レクサスの完成度の高さも相まって状態の良い中古車が多くあります。 しかし中古車価格だけを見てみると、 他社車の値段の下落率と大きく変わらず、車によっては新車価格の半額以下の車も珍しくありません。 ではまずは、レクサスのセダンの代名詞である「IS」シリーズで、中古車価格の推移を見てみましょう。 こんなに安くなるISの中古車 レクサスISは現行車で3代目となりますが、初代は米国のみの販売で、日本で販売されたのは2代目からです。 レクサスIS自体についてどんな車か知りたい方は、まずこちらからご参照ください。 2代目レクサスIS 中古車相場 2代目ISは2005年〜2013年の7年間販売されており、モデル初期と末期では中古車価格にも結構な差があります。 新車価格は5,000,000円〜7,000,000円の間でしたが、中古車となると次の表のようにかなりの値下がりをしています。 また最終型であっても新車価格の半額以下では買えるので、かなりお得と言えるでしょう。 最新の2016年式でも新車の半額程度の出物もありますね。 年式 中古車価格 2013年 2,080,000円 〜4,480,000円 2016年 3,559,000円 〜5,980,000円 このようにレクサスとはいっても中古車ともなればかなり安くなり、購入するハードルが下がります。 MEMO さらに正しい値引き交渉をすれば、先ほどの価格から数十万円も安く購入できるので、実際はもっと購入するハードルは低いと考えていいでしょう。 このやり方を知らないと最大60万円以上も損しますよ。 詳しく知りたい方は、下記の『』のページをご覧ください。 レクサスの中古車の価格が下がる理由はいくつかありますので、次の項でご説明しましょう。 レクサスの中古が安い理由 レクサスの中古車も何の理由もなく安くなるわけではありません。 そもそも中古車価格は年式とともに安くなるものであり、一般的に次のような下落率となっていきます。 レクサスといえども例にもれず、基本的な価格の下落はこれに沿っています。 しかしそれ以外にも安くなる理由があり、次の様な事が考えられます。 走行距離が長い まず年式とともに重要な指標である走行距離が長ければ長いほど、中古車価格は下がります。 先ほどのISの場合でいえば、2005年型の最も安い車で走行距離80,000㎞程度、ほかにも100,000㎞越えの車もありました。 こちらもご参考にしてみてください。 旧モデルである これも中古車価格の下落理由としては一般的なものですが、モデルチェンジ後の旧モデルは中古車価格が大きく下がります。 前述のISの例を見ても、 2代目と3代目の切り替えのタイミングで、数十万円単位で価格変動が起こっています。 旧モデルはデザインも性能も少々時代遅れになってしまっているので、人気自体は新モデルに集中します。 その分旧モデルは価格の下落が起こるのです。 乗り換え需要が高い レクサスという車はステータスの象徴という面もある車ですので、結構新車の乗り換えが起こります。 今乗っている車を新車で買った人は、次期モデルやマイナーチェンジモデルが発売された段階で最新モデルに乗りかえることが多く、その際に下取り車が中古車として市場に流れてきます。 新車で買った車を割と早い時期に手放せるのであれば下取り価格も高いままですし、その下取り額でローンの返済や次の車の頭金の支払いなど、有利な点も多いのです。 国内の高級車市場では外車より台数の多いレクサスですので、下取り車は比較的多く、中古車の在庫も多くなります。 それが旧モデルであったりすれば、台数とモデル差でかなり中古車価格がさがることになるのです。 以下の記事でも解説していますが、ベンツもステータスを示す車のためか、乗り換え需要が高く、中古車が安いんです。 レクサスでも人気不人気がある 性能やデザインの良い車が集まっているイメージのレクサスにも、車種ごとに人気不人気があります。 不人気車は中古車市場では価格が下落する傾向にあり、不人気車に焦点を絞ると割と安くレクサスを手に入れられます。 現在レクサスには13車種がラインナップされていますが、 その中でレクサスCTなどは不人気車種と言われています。 レクサスCTはエントリー向けの小型セダンという位置づけですが、デザインはそこそこなのですが新車価格が中途半端で、あと数十万円出せばISが買えてしまうのです。 ハイブリッド車なので燃費も良く取り回しは良いのですが、レクサスブランドとして買う車にしては微妙なのでしょう。 認定中古車ではない レクサスの中古車の1形態として「認定中古車」という制度があり、レクサスのディーラー自体が認定して販売している中古車を指します。 認定中古車はディーラーが厳しい査定とメンテナンスを行うので、中古車にしては非常に状態が良いのですが、その分値段が割高です。 そのため安いレクサスを探すのであれば認定中古車以外を探すのが得策で、レクサスディーラーでも売っていますし、一般の中古車店の中古車でもOK です。 認定中古車の状態には及びませんが、一般の中古車店でもしっかり整備をしているところが多いです。 また以下の記事でも触れていますが、レクサスは元の設計が良く故障自体も少ないので、中古車としては割と安心して買えるでしょう。 レクサスの認定中古車の詳細は以下の記事で解説しています。 あわせて参考にしてみてください。 米国レクサスの逆輸入車 同じレクサスはレクサスでも、米国レクサスからの逆輸入車が中古車市場に出ていることがあります。 米国レクサスは1989年から販売開始しているので、当時から少数の業者が逆輸入して販売していました。 それらが中古車市場に出てくると、その年式の古さから中古車価格は比較的安くなっており、一見お買い得に見えます。 しかし年式の古さからくる不具合の多さもありますし、そもそも北米仕様なので左ハンドル車です。 当然人気は少ないので、同型車であっても日本仕様との中古車価格にはおのずと差が出てきます。

次の