インスタメッセージリクエストとは。 インスタでDMメッセージリクエストの拒否解除はできない!?|インスタグラム使い方

【インスタ】ストーリーのメッセージ機能とは?芸能人ともやり取りできる?

インスタメッセージリクエストとは

撮影またはライブラリからアップロードした写真や動画• GIFアニメ• 消える写真と動画• プロフィール• テキスト• ハッシュタグ• 地域(位置情報)• いいね(ハートマーク)• ライブ動画• ボイスメッセージ フォローしていない・されていない人にも送れるので、インスタ上で交流を深めるのに活用している人も多いでしょう。 LINEのような「既読」機能もついており、相手が読んでくれたことをすぐに確認できます。 DMを使ってメッセージを送る方法 DMで新規メッセージを送るには、まずフィード画面右上の紙飛行機アイコンをタップし、右上の新規作成ボタンを押します。 上の検索欄にアカウント名を入力するか、「おすすめ」に表示されたアカウントの中からメッセージを送る相手を決定し、[チャット]をタップすればOKです。 あるいは、相手のプロフィール画面の[メッセージ]を選択することでも、DMでチャットを開始できます。 インスタDMで使える8つの便利な機能 DMではメッセージの送受信だけでなく、写真・動画やインスタの投稿のシェア、複数人でのチャットやビデオ通話といった機能も利用できます。 DMのおすすめ機能を紹介していきます。 ストーリーや投稿、プロフィールのシェア 他人のアカウントプロフィールや投稿、ストーリーをDMでシェアができます。 プロフィールのシェア 相手のプロフィール画面右上にあるメニューボタン[ ]から[このプロフィールをシェアする]をタップし、送る相手を選び[送信]します。 フィード投稿のシェア フィード投稿の場合は、投稿のすぐ下にある紙飛行機マークをタップして、送る相手を選んで[送信]します。 ストーリーのシェア ストーリーをシェアするには、再生中に右下に表示される紙飛行機マークをタップし、送る相手を選択後に[送信]します。 それぞれ、送信した相手のDMにシェアされるようになります。 なお、非公開アカウント(鍵アカウント)のフィード投稿・ストーリーのシェアに関しては、シェアする相手(DMの受信者)も当該アカウントをフォローしていないと内容が表示されません。 「消える」写真・動画の送信 DMでは、相手が一度閲覧すると削除される「消える写真・動画」を送ることができます。 相手とのDMスレッド内の左下にあるカメラアイコンをタップし、画面下部の白いシャッターボタンを1回押せば写真が、長押しすれば動画が撮影されます。 左にある小さいサムネイルボタンからは、端末内にある画像や動画も選択可能です。 撮影(選択)した写真や動画をどのように送るかについて、画面下にある設定を左右に切り替えて選びます。 消える写真・動画はDMのスレッド一覧画面の下からも送れる 右:1回表示やリプレイ表示、チャット保存の選択ができない ダイレクトを開いたすぐの画面の一番下にあるカメラアイコンからも、消える写真・動画は同じく送ることができます。 ただし、「一回表示」「リプレイ許可」といった選択ができません。 デフォルトで「一回表示」の設定になるため、相手が一度見ると写真・動画はDMから消えてしまいます。 メッセージへのいいね(ハート) 写真や動画などを含むあらゆるメッセージには、ダブルタップで「いいね」のハートマークが付けられます。 相手のメッセージに「いいね」すると、その通知がDMに届くようになっています。 GIFアニメスタンプやボイスメッセージの送信 メッセージ入力欄の横にあるボタンから、GIFアニメスタンプやボイスメッセージも送れます。 GIFアニメスタンプ 顔マーク(スマイルボタン)からGIFアニメが選択できます。 検索欄に入力したキーワードに関連したスタンプ一覧が表示されるほか、画面下の顔マークか[GIF]を切り替えて好みのGIFスタンプを探せます。 ボイスメッセージ 音声を録音して送信できるボイスメッセージ機能もあります。 メッセージ入力欄に表示されるマイクのアイコンを長押ししながら、スマホのマイクに向かって話すと音声の録音がスタート。 マイクアイコンから指を離せば、自動的にボイスメッセージが送信されます。 DM画面右上の新規作成ボタンをタップしたら、おすすめのユーザーから選ぶか、ユーザー名を手入力してメンバーを追加します。 [次へ]を選べば、グループの作成は完了です。 グループには名前をつけることもできるので、わかりやすい名前にしておくとよいでしょう。 グループでは、誰がメッセージを既読にしたかがわかるようになっていますが、最新のメッセージにのみ適用されます。 そのため、表示されていないユーザーがどこまで読んだかは、ここからは判断できないというわけです。 appllio. com ビデオチャット(通話) DMには、互いの顔を見ながら通話できる無料のビデオチャット機能があります(通話料はかかりませんが、Wi-Fi環境以外ではモバイル通信量を消費します)。 DMのスレッドからビデオチャットを開始したい相手を選び、トークスレッド内の右上にあるビデオアイコンを押すと発信が開始されます。 相手とのスレッドがない場合、DMを開いてすぐのビデオマークから通話する相手を選び、[開始]をタップすればOKです。 6人までであれば、複数人でビデオチャットも可能です。 作成済みのグループ/複数人スレッド内でビデオアイコンをタップすると、そのスレッド内のメンバー全員とビデオチャットが楽しめます。 もちろん、前述と同じ手順でDMを開いてすぐのビデオマークから複数人を選択する方法もあります。 appllio. com DMでは「既読」や「オンライン中」が相手にバレる DMを利用する上で注意しておきたいのが、「既読」と「オンライン」の機能でしょう。 DMにおける「既読」の仕様 DMには、相手がメッセージを読んだことがわかる「既読」機能が備わっています。 LINEのようにメッセージ1つずつに付くわけではなく、最新のメッセージにのみ表示される仕様なのが特徴です。 上のように、インスタのDMの「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということがわかります。 さらにメッセージを送ると、「既読」マークは消えてしまいます。 あくまでも互いにやりとりをする場であり、どちらかが一方的に情報提供するという使い方には向いていないようです。 appllio. com オンライン表示(緑の点)の意味 ダイレクトメッセージのスレッド一覧画面では、オンライン中に緑の点(ドット)が写真アイコンの脇などに表示される仕様になっています。 相手のオンライン時間がわかるということは、裏を返せば 自分がいつインスタを使っていたのかも知られるということ。 自分のアクティビティステータス表示はデフォルトでオンになっているため、自分のオンライン状況がバレたくない人は設定から表示をオフにしておきましょう。 プロフィール画面右上のメニューボタン[ ]から設定ボタン[ ]をタップし、[プライバシー設定]へと進みます。 [アクティビティのステータス]で設定をオフにすれば、非表示にすることができます。 appllio. com DMを安全に使うためのプライバシー設定 インスタのDMでは、知らないアカウントから勝手にメッセージが送られるのを未然に阻止したり、メッセージの受信をブロックしたりと、安心して使うためのプライバシー設定がおこなえます。 「アカウントの制限」でDMだけの受信拒否ができる 「アカウントの制限」を利用すると、特定の相手からのコメントやDMをブロックできます。 アカウント自体をブロックするわけではないため、DMだけを受け取りたくない相手には有効でしょう。 DMのスレッドから相手とのメッセージ画面を開き、右上の[i]マークをタップします。 次の画面で[制限する]を選ぶとアカウント制限が適用されます。 アカウントを制限した相手からのメッセージは、DM画面右上の[メッセージリクエスト]に移されます。 そのため、スレッドとして画面上に表示されないというわけです。 ホーム・ロック画面やアクティビティにメッセージ受信通知が届くこともありません。 リクエスト画面からメッセージを開いても相手側に既読は付かず、トーク画面下で[制限を解除]を選ばない限り、DMのやりとりが開始できない仕様です。 ただしアカウント制限は、コメントやDMのオンラインマーク(緑の点)にも影響があります。 詳しくは下記記事で解説しています。 appllio. com フォローしていないアカウントからのメッセージリクエスト拒否 自分がフォローしていない人からメッセージが届いた場合、その人からのメッセージを受け取るか否かを選択できます。 DMを受け取って返信したい場合は[承認する]をタップしましょう。 もし知らない人から不快な内容やスパムが送られてきた場合は、[ブロック]を選択すると以後そのアカウントからはメッセージリクエストさえ届かなくなります。 appllio. com 知らないアカウントから勝手にグループへ追加されないようにする設定 フォローしていないアカウントから、勝手に知らないグループへ追加されるのを防ぐ設定方法です。 プロフィール画面右上のメニューボタン[ ]から設定ボタン[ ]をタップしたら[プライバシー設定]を開きます。 [メッセージ]を選択し、「あなたをグループに追加することを許可します」のチェックを[フォロー中の人のみ]にすればOKです。 メッセージのミュート(通知オフ) 特定の相手やグループDMからのメッセージ通知をオフにできるのが「ミュート」です。 iOS版では相手とのスレッドを左へスワイプ後に[ミュート]を選択し、もう一度[ミュート]をタップします。 Android版では、相手とのスレッドを長押しして[メッセージをミュート]をタップしてください。 ミュートした相手とのスレッドには、ミュートマークが付きます。 相手とのメッセージが非表示になったり、メッセージが届かなくなったりするわけではないため注意してください。 appllio. DMにおける「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、最後に送ったメッセージに既読がつけば「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということになります。 ところが、ブロックされてしまうと相手にはメッセージが届かないので、ブロック後に送ったメッセージにはいつまで経っても既読がつきません。 また、ダイレクトメッセージ内で過去に「相手の投稿」を共有していた場合、ブロックされると投稿部分に「投稿を見ることができません」と表示されるようになっています。 単純に該当の投稿を相手が削除しただけなら、右上の画像のように「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されるため、この違いからブロックの存在に気が付くユーザーも少なくないでしょう。

次の

インスタでフォローリクエストを「されたorした」時はどうすればいいの?

インスタメッセージリクエストとは

はい!お教えしますね! インスタで自分のアカウントを非公開にしている場合にリクエスト通知が来る時がありますよね。 このリクエストなんですが、出来れば削除したい、拒否したいって思うことがあります。 そもそも公開を限定しているからこそ非公開アカウントにしてるわけです。 もし削除・拒否した場合は相手にバレるのか?これも気になりますよね。 また逆にリクエストするつもりは無かったけど操作を間違えてリクエストしてしまったなんてことも良くあることです。 その場合はこちらのリクエスト削除できるのか? できれば消してしまいたいですよね。 そこで今回はインスタでフォローのリクエストを削除・拒否する方法!間違えた場合も消せる?ということで相手にバレるかどうかも含めて解説していきます。 インスタでフォローのリクエストを削除・拒否する方法 非公開アカウントにフォローリクエストが来た場合は以下の方法で削除・拒否することが可能です。 基本的にはこれでリクエストを削除・拒否することが可能です。 ただ、完全にできるわけではありません。 この方法で削除・拒否を行った場合はまた同じ人からリクエストが来る可能性があります。 と言うのも相手がリクエストした際の画面が以下のようになります。 「リクエスト済み」という表示になっています。 これを先ほどの方法で削除・拒否した場合は以下の画面のようになります。 リクエスト済みが「フォローする」に戻るだけなんです。 ですので、何度でもフォローリクエストが可能になってしまいます。 インスタのフォローリクエストが何回もくる、しつこい場合はブロック! フォローリクエストを拒否してるのに何回も申請がくる、とにかくしつこい場合はブロックが効果的です。 以下ブロックする方法です。 ブロックしたい相手のホーム画面を開いてください。 画面右上の「…」アイコンをタップして開いてください。 表示された項目から「ブロック」をタップしてください。 ~さんをブロックしますか?と確認が表示されるので問題がなければ「ブロック」をタップしてください。 「~さんがブロックされました」と表示されればブロック完了です。 「閉じる」で終了です。 ブロックすると基本的には相手は何もできません。 フォロー申請しても通知はこちらにありませんし、検索でもひっかかりません。 詳細は以下のページに詳しく解説してありますのでぜひ参考にしてみてください。 フォローリクエストを削除・拒否・ブロックしても相手にバレない? 相手には通知は一切いかないので基本的にはバレませんが、「リクエスト済み」が「フォローする」に戻ったりするので気づく人はいます。 ですが、あっ!拒否された!と思う人はほとんどいないでしょう。 不特定多数にフォローリクエストをしている人ならな気づいたとしても気にはしないでしょうし、リクエストしたこと自体忘れている可能性もあります。 一番厄介なのは知り合いですね。 友達や同僚などですが、これは気づかれたらややこしいです。 で、「フォローリクエストしたんだけど?」と直接言われるかもしれませんし、そうなると戸惑いますよね。 そうならないためには「インスタの複数アカウント」です。 裏垢(裏アカウント)ですね。 もう一つアカウントを作っておくと今回のような悩みにはすごく便利ですよ。 以下はインスタでの複数アカウントの作り方を解説したページです。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

インスタのメッセージの送り方を徹底解説!簡単にできる交流術!

インスタメッセージリクエストとは

撮影またはライブラリからアップロードした写真や動画• GIFアニメ• 消える写真と動画• プロフィール• テキスト• ハッシュタグ• 地域(位置情報)• いいね(ハートマーク)• ライブ動画• ボイスメッセージ フォローしていない・されていない人にも送れるので、インスタ上で交流を深めるのに活用している人も多いでしょう。 LINEのような「既読」機能もついており、相手が読んでくれたことをすぐに確認できます。 DMを使ってメッセージを送る方法 DMで新規メッセージを送るには、まずフィード画面右上の紙飛行機アイコンをタップし、右上の新規作成ボタンを押します。 上の検索欄にアカウント名を入力するか、「おすすめ」に表示されたアカウントの中からメッセージを送る相手を決定し、[チャット]をタップすればOKです。 あるいは、相手のプロフィール画面の[メッセージ]を選択することでも、DMでチャットを開始できます。 インスタDMで使える8つの便利な機能 DMではメッセージの送受信だけでなく、写真・動画やインスタの投稿のシェア、複数人でのチャットやビデオ通話といった機能も利用できます。 DMのおすすめ機能を紹介していきます。 ストーリーや投稿、プロフィールのシェア 他人のアカウントプロフィールや投稿、ストーリーをDMでシェアができます。 プロフィールのシェア 相手のプロフィール画面右上にあるメニューボタン[ ]から[このプロフィールをシェアする]をタップし、送る相手を選び[送信]します。 フィード投稿のシェア フィード投稿の場合は、投稿のすぐ下にある紙飛行機マークをタップして、送る相手を選んで[送信]します。 ストーリーのシェア ストーリーをシェアするには、再生中に右下に表示される紙飛行機マークをタップし、送る相手を選択後に[送信]します。 それぞれ、送信した相手のDMにシェアされるようになります。 なお、非公開アカウント(鍵アカウント)のフィード投稿・ストーリーのシェアに関しては、シェアする相手(DMの受信者)も当該アカウントをフォローしていないと内容が表示されません。 「消える」写真・動画の送信 DMでは、相手が一度閲覧すると削除される「消える写真・動画」を送ることができます。 相手とのDMスレッド内の左下にあるカメラアイコンをタップし、画面下部の白いシャッターボタンを1回押せば写真が、長押しすれば動画が撮影されます。 左にある小さいサムネイルボタンからは、端末内にある画像や動画も選択可能です。 撮影(選択)した写真や動画をどのように送るかについて、画面下にある設定を左右に切り替えて選びます。 消える写真・動画はDMのスレッド一覧画面の下からも送れる 右:1回表示やリプレイ表示、チャット保存の選択ができない ダイレクトを開いたすぐの画面の一番下にあるカメラアイコンからも、消える写真・動画は同じく送ることができます。 ただし、「一回表示」「リプレイ許可」といった選択ができません。 デフォルトで「一回表示」の設定になるため、相手が一度見ると写真・動画はDMから消えてしまいます。 メッセージへのいいね(ハート) 写真や動画などを含むあらゆるメッセージには、ダブルタップで「いいね」のハートマークが付けられます。 相手のメッセージに「いいね」すると、その通知がDMに届くようになっています。 GIFアニメスタンプやボイスメッセージの送信 メッセージ入力欄の横にあるボタンから、GIFアニメスタンプやボイスメッセージも送れます。 GIFアニメスタンプ 顔マーク(スマイルボタン)からGIFアニメが選択できます。 検索欄に入力したキーワードに関連したスタンプ一覧が表示されるほか、画面下の顔マークか[GIF]を切り替えて好みのGIFスタンプを探せます。 ボイスメッセージ 音声を録音して送信できるボイスメッセージ機能もあります。 メッセージ入力欄に表示されるマイクのアイコンを長押ししながら、スマホのマイクに向かって話すと音声の録音がスタート。 マイクアイコンから指を離せば、自動的にボイスメッセージが送信されます。 DM画面右上の新規作成ボタンをタップしたら、おすすめのユーザーから選ぶか、ユーザー名を手入力してメンバーを追加します。 [次へ]を選べば、グループの作成は完了です。 グループには名前をつけることもできるので、わかりやすい名前にしておくとよいでしょう。 グループでは、誰がメッセージを既読にしたかがわかるようになっていますが、最新のメッセージにのみ適用されます。 そのため、表示されていないユーザーがどこまで読んだかは、ここからは判断できないというわけです。 appllio. com ビデオチャット(通話) DMには、互いの顔を見ながら通話できる無料のビデオチャット機能があります(通話料はかかりませんが、Wi-Fi環境以外ではモバイル通信量を消費します)。 DMのスレッドからビデオチャットを開始したい相手を選び、トークスレッド内の右上にあるビデオアイコンを押すと発信が開始されます。 相手とのスレッドがない場合、DMを開いてすぐのビデオマークから通話する相手を選び、[開始]をタップすればOKです。 6人までであれば、複数人でビデオチャットも可能です。 作成済みのグループ/複数人スレッド内でビデオアイコンをタップすると、そのスレッド内のメンバー全員とビデオチャットが楽しめます。 もちろん、前述と同じ手順でDMを開いてすぐのビデオマークから複数人を選択する方法もあります。 appllio. com DMでは「既読」や「オンライン中」が相手にバレる DMを利用する上で注意しておきたいのが、「既読」と「オンライン」の機能でしょう。 DMにおける「既読」の仕様 DMには、相手がメッセージを読んだことがわかる「既読」機能が備わっています。 LINEのようにメッセージ1つずつに付くわけではなく、最新のメッセージにのみ表示される仕様なのが特徴です。 上のように、インスタのDMの「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということがわかります。 さらにメッセージを送ると、「既読」マークは消えてしまいます。 あくまでも互いにやりとりをする場であり、どちらかが一方的に情報提供するという使い方には向いていないようです。 appllio. com オンライン表示(緑の点)の意味 ダイレクトメッセージのスレッド一覧画面では、オンライン中に緑の点(ドット)が写真アイコンの脇などに表示される仕様になっています。 相手のオンライン時間がわかるということは、裏を返せば 自分がいつインスタを使っていたのかも知られるということ。 自分のアクティビティステータス表示はデフォルトでオンになっているため、自分のオンライン状況がバレたくない人は設定から表示をオフにしておきましょう。 プロフィール画面右上のメニューボタン[ ]から設定ボタン[ ]をタップし、[プライバシー設定]へと進みます。 [アクティビティのステータス]で設定をオフにすれば、非表示にすることができます。 appllio. com DMを安全に使うためのプライバシー設定 インスタのDMでは、知らないアカウントから勝手にメッセージが送られるのを未然に阻止したり、メッセージの受信をブロックしたりと、安心して使うためのプライバシー設定がおこなえます。 「アカウントの制限」でDMだけの受信拒否ができる 「アカウントの制限」を利用すると、特定の相手からのコメントやDMをブロックできます。 アカウント自体をブロックするわけではないため、DMだけを受け取りたくない相手には有効でしょう。 DMのスレッドから相手とのメッセージ画面を開き、右上の[i]マークをタップします。 次の画面で[制限する]を選ぶとアカウント制限が適用されます。 アカウントを制限した相手からのメッセージは、DM画面右上の[メッセージリクエスト]に移されます。 そのため、スレッドとして画面上に表示されないというわけです。 ホーム・ロック画面やアクティビティにメッセージ受信通知が届くこともありません。 リクエスト画面からメッセージを開いても相手側に既読は付かず、トーク画面下で[制限を解除]を選ばない限り、DMのやりとりが開始できない仕様です。 ただしアカウント制限は、コメントやDMのオンラインマーク(緑の点)にも影響があります。 詳しくは下記記事で解説しています。 appllio. com フォローしていないアカウントからのメッセージリクエスト拒否 自分がフォローしていない人からメッセージが届いた場合、その人からのメッセージを受け取るか否かを選択できます。 DMを受け取って返信したい場合は[承認する]をタップしましょう。 もし知らない人から不快な内容やスパムが送られてきた場合は、[ブロック]を選択すると以後そのアカウントからはメッセージリクエストさえ届かなくなります。 appllio. com 知らないアカウントから勝手にグループへ追加されないようにする設定 フォローしていないアカウントから、勝手に知らないグループへ追加されるのを防ぐ設定方法です。 プロフィール画面右上のメニューボタン[ ]から設定ボタン[ ]をタップしたら[プライバシー設定]を開きます。 [メッセージ]を選択し、「あなたをグループに追加することを許可します」のチェックを[フォロー中の人のみ]にすればOKです。 メッセージのミュート(通知オフ) 特定の相手やグループDMからのメッセージ通知をオフにできるのが「ミュート」です。 iOS版では相手とのスレッドを左へスワイプ後に[ミュート]を選択し、もう一度[ミュート]をタップします。 Android版では、相手とのスレッドを長押しして[メッセージをミュート]をタップしてください。 ミュートした相手とのスレッドには、ミュートマークが付きます。 相手とのメッセージが非表示になったり、メッセージが届かなくなったりするわけではないため注意してください。 appllio. DMにおける「既読」は最新メッセージにのみ表示されるため、最後に送ったメッセージに既読がつけば「相手が自分のメッセージをここまで読んだ」ということになります。 ところが、ブロックされてしまうと相手にはメッセージが届かないので、ブロック後に送ったメッセージにはいつまで経っても既読がつきません。 また、ダイレクトメッセージ内で過去に「相手の投稿」を共有していた場合、ブロックされると投稿部分に「投稿を見ることができません」と表示されるようになっています。 単純に該当の投稿を相手が削除しただけなら、右上の画像のように「この投稿は削除されたため利用できません」と表示されるため、この違いからブロックの存在に気が付くユーザーも少なくないでしょう。

次の