あまつ様 整形。 《口コミ7件》 まつむら整形外科(浜松市東区

まつかわ整形外科クリニック│リハビリ科

あまつ様 整形

基本情報• クリニックがある地域全体、来院患者さん、そして働く職員全てが笑顔になれるようなクリニックにしていきたいと考えています。 患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の向上を第一に考えた治療とケアを目指しています。 腰痛、肩こり、関節痛、骨折、脱臼、スポーツ障害など、痛い時にはまずはご来院ください。 日常的な医療管理で予防可能な病気はたくさんあり整形外科疾患も決して例外ではありません。 当院ではこの「予防」という観点から皆さんのお役に立てるよう様々なご提案を行っていきたいと思います。 ご高齢の方の骨粗鬆症治療については特に注力し「転んでも折れにくい骨」さらには「転びにくい身体」を作って頂けるようにして参ります。 当院の予約方法について 当院は時間予約の患者様を優先して診察を行っております。 予約なしにご来院された患者様につきましては待ち時間が非常に長くなることがありますので、可能な限りご予約を取ってからご来院ください。 ・Webページでは3ヶ月先から当日の時間予約をお取りいただけます。 初診の方もお取りいただけます) ・ご希望の日時が表示されない場合は当院までご連絡を頂きますようお願い致します。

次の

《口コミ7件》 まつむら整形外科(浜松市東区

あまつ様 整形

電話再診での処方箋発行を開始します 慢性疾患等を有する定期受診患者様を対象に、臨時的に電話再診で処方箋を発行できる体制を整えましたので、お知らせします。 【実施期間】 厚生労働省の特例措置終了まで 手順はこちらからご確認ください。 ご協力よろしくお願いいたします。 その他クリニックでの取り組み 1、当院では厚生労働省が感染防御のため大いに役立つと判断・期待されている次亜塩素酸水(カンファスイ)を使用し消毒を行っております。 カンファスイは強力な殺菌効果がありウイルスの不活性化(死滅)効果があります。 2、理学療法の治療用ベッドは患者様毎にカンファスイを使用して消毒しております。 3、待合室にウイルスや細菌を分解除菌する、 オゾン除菌・脱臭器エアバスターを設置いたしました。 4、スタッフは出勤前に体温測定をし、発熱のある場合は自宅待機するなど感染予防を行っております。 5、来院される全ての患者様ならびに、お付き添いの方には、検温と味覚、嗅覚の確認を実施しております。 6、待合室での密集・密接・密閉を避けるために、お車でお越しの患者様には診察までのお時間をお車でお待ちいただき、3密を防いでおります。 専門外来について 頭痛外来を行っています 頭痛外来の事をご存知ですか? 「頭痛外来とは?」という疑問にお答えすると共に、当院で頭痛外来を受診する予約について、ご紹介していきます。 「頭痛」は誰もが経験したことのある病気 季節の変わり目や気温差やストレスなど私達はちょっとした変化で経験したことのある頭痛。 しかし大半の方は「頭痛くらいで…」とか「そのうち治るから」という思いから病院には受診せず、「市販薬」を服薬して暗々のうちに、頭痛に悩まされて生活していませんか? 頭痛外来は、そのような頭痛に悩まされている患者さまの為に設けられた窓口です。 様々な症状に対して、その患者さまにあった方法で、医師の診察、検査、診断、お薬の処方をとおして医学的に治療を行います。 頭痛の原因はその患者さまによって様々です。 中には脳の中に腫瘍や微細な出血のため頭痛がする危険な場合もあります。 頭痛は我慢せず一度、脳のMRIや脳ドックをうけ脳神経外科医の受診をお勧めします。 ご希望の方は受付にお声がけください。 完全予約制のため、 ご希望のかたはお早目に受付にお声がけください。 【祝10周年】 まつだ整形外科クリニックは、2020年5月で10周年を迎えることができました。 これからも、レベルの高い医療の提供を目指します! 今後とも宜しくお願い申し上げます。 早期・初期膝OAの症状 症状の主体は動作時の痛みです。 特に、動き始め(立ち上がり歩き始め)や階段昇降時の疼痛を訴え、平地での歩行や自転車動作では痛みは軽減することが多くみられます。 また安静時や夜間の痛みの頻度は高くないのが特徴です。 疼痛発症のメカニズムは神経感作 単純X線で同じような変形を呈していても、膝に痛みを有する人とそうでない人といるのはなぜでしょうか。 その違いは 「神経系の感作」だと考えられています。 神経の感作を引き起こす病態は、滑膜炎を代表とする炎症や、損傷した半月板の不安定な動きによる機械的刺激、そして軟骨、靭帯、関節包に生じる変性など多種多様です。 膝OAの疼痛は侵害受容性疼痛 膝OAの疼痛を発生させる要因は、局所の異常による侵害入力と考えられます。 そのメカニズムですが、まず軟骨の変性や摩耗が起こると遊離した軟骨片によって局所的に滑膜炎が惹起されます。 その結果、関節への侵害刺激に対する閾値が低下してしまいます。 これを末梢性感作といいます。 閾値が低下するため、通常では感じない程度の運動や負荷でも膝に痛みを感じてしまいます。 院長よりメッセージ 膝に痛みを有すると、ADLに支障をきたし、QOL 生活の質 が低下します。 つまり寿命を全うするまでの最後10年間は何らかの不健康な状態または介護が必要になっているということになります。 また、介護が必要になる要因としては、脳血管障害が一番になりますが、高齢による衰弱、それによる転倒・骨折・関節疾患は、整形外科領域の問題ですので合わせると 約36%となり、整形外科疾患が一番の原因と考えることもできます。 特に高齢者に多い『骨折』についてですが、 転倒による受傷がほとんどです。 ある調査では、65歳以上の方では、 約4人に1人が過去1年間に転倒経験しているといわれています。 そこで今回は、転倒予防と歯についてお話ししたい思います。 様々な研究で平均寿命と歯の数には、深い相関関係があると言われています。 実際に国際的に日本は長寿国とされていますが、それと同様に65~74歳の歯がない人の割合も他国とは比べて日本は良好な結果となっています。 健康な歯が揃って、しっかり噛めるということで様々な効果が得られるとされています。 歯が19本以下で義歯を使用していない人は、歯が20本以上ある人と比較して 転倒リスクが最大で2. 5倍違うと報告されています。 歯が少なく、義歯も使用していない人は、歯を20本以上(義歯も含めて)残っている人に比べ、 認知症のリスクが1. 9倍違うと報告されています。 自宅で歯をしっかり磨き、定期的に歯科で歯垢などの口腔ケア行い、歯が抜けてしまった場合は入れ歯やインプラントなどでしっかり対応することで介護予防に繋がります。 歯も体の一部ですので、メンテナンスが必要です。

次の

函館あかまつ通り整形外科クリニック

あまつ様 整形

まつやま整形外科クリニック 院長 松山悦啓 骨粗しょう症 骨粗しょう症 は自覚症状が乏しい病気です。 骨量の減少、骨の微細構造の劣化(骨がスカスカになる)の2つの特徴がある全身性の骨の病気で、この2つの原因で骨の脆弱(ぜいじゃく)性が増し、骨折の危険性が増加した状態です。 高齢者が発症することが多く、近年では寝たきりになる主要因の一つです。 原因は色々とありますが、バランスの取れていない食事と運動不足によるものが多いと推測されます。 この病気はだんだんと悪くなるので、早めの診断と対策が不可欠です。 最近、身長が縮んでいる、背が曲がってきた、腰痛等の症状があれば一度検査をおすすめします。 当院では骨粗鬆症の診断および治療効果の判定に最も多く使用されているDXA法を用いた最新の骨密度測定装置を導入しており、詳細な診断と的確な治療・指導が可能となっております。 奈良県生駒市東菜畑1-310-6サニーハイツ1F まつやま整形外科クリニック 院長 松山 悦啓 TEL:0743-71-8280 まつやま整形外科クリニック 院長 松山悦啓 巻き爪について 何らかの要因(小さな靴を履く等)により、爪の左右両端が巻き込んだ状態です。 痛みがでてくるまでそのままにする方が多いのですが、化膿したりして痛くて歩けなくなったりと、生活にも支障がでてきます。 ネイルサロンなどが巻き爪治療をメニューにしていることもありますが、巻き爪治療は立派な医療行為です。 医師資格の無い方が治療した場合、逆に大変悪化してしまうことがあります。 (当医院にもそれで訪れて来ています)きちんと病院で治療を行なうことをオススメします。 当然ながら当医院も巻き爪治療を行なっております。 当医院では基本的にワイヤー装着治療を中心に治療を行なっています。 巻き爪でお悩みの方はお気軽にご相談ください。 初診の方の電話予約開始 2016年2月から初診の方は電話での予約も受け付けます。 待ち時間の短縮を目指して初診の方は時間予約を試みます。 その為、再診で来られていると順番が異なることがあります。 また、初診の方でも予約時間から多少の遅れがあります。 待ち時間短縮の試みですからご了承のほどお願い申し上げます。

次の