ブルー プロトコル wiki。 プロトコル

最新情報

ブルー プロトコル wiki

差分チェッカー『通報くん』 Ver. 17 搭載 荒らしが対策に効果がある機能です。 閲覧者の通報数が任意の規定値に達すると、通報された編集者はロックがかかります。 更に管理者にはメールで通知されます。 (通知OFFもできます) 荒らされてないか、毎日見に行く必要がなくなります。 もちろん複数人での管理も可能です。 ブラックリスト制限時間設定機能 荒らし君をどれだけの期間、編集不可にするか設定できる機能です。 軽い荒らし者は短い期間だけ、悪い荒らし者は永久追放などの使い方ができます。 また、期間を設けることでIPが変わった場合に全くの別人が被害を受ける可能性を減らせます。 ホスト制限機能 ホスト指定での編集ブロックができます。 NGワード機能 健全なWiki運営を行うためにNGワードを登録できます。 宣伝行為、荒らし行為などのブロックや、コメント欄での他閲覧者が不快に思う単語などを登録できます。 海外IPからの編集ブロック 海外IPからの編集ブロック機能があります。 海外プロキシを使用した荒らし行為への対策に利用できます。

次の

【BLUE PROTOCOL】「ブループロトコル」海外版ウィキの行方

ブルー プロトコル wiki

その後、草稿、議事録という意味を経て議定書 、外交儀礼といった意味へと発展した。 プロトコルの「プロト」は「最初の」、「コル」は「」という意味で、表紙に糊付けした紙を表している。 の一人、の1932年の論文「プロトコル命題」において、「プロトコル」を含む用語が用いられている。 1968年に大型コンピュータを共有するために世界で最初に作られたインターネットであるが稼働し、これが「プロトコル」という用語および手順がインターネットで使われた最初となった。 その後、最初期のパケット交換技術の方式のひとつであるが登場し、研究者のみの利用であったARPANETから成長し一般ユーザも利用出来るものを目指し作成された結果、世界中のパケット交換技術者間でプロトコルという用語が定着し、共通語となった。 政治 [ ] 、その中でも特にの用語として、 複数の用法が存在する。 プロトコルの成立当初よりも排他的な用語である。 外交儀礼 [ ] としてのプロトコルとは、の場や国際的催しで、その実務やの場における公式なや手順などを、ひとつの典拠として利用できるようまとめた基本原則ともなるもの。 歴史的外交事例に基づいた慣行やを整理し成文化したものであり、法的な拘束力はもたない。 具体例としては、列席者の序列、の取扱い、式例の進行手順、参列者の服装、物事の言い表し方などについて、その一般的な運用法をあらかじめ決めて明示するものだが、そもそも成文化されていない純粋な慣例も多く、その内容は時と必要に応じてさまざまに変化する。 また国際的に尊重されるべき大枠での合意ではあるものの、運用国の実情や慣習に応じてその内容が変化する場合もある。 例えば国旗の取扱いでは、国際的には自国旗を他国旗よりも上位(左側)に掲揚または配置するのが一般的なプロトコルだが、日本では相手国に敬意を表する意味で逆に他国旗をの上位に持ってくる場合も多い。 なお外交関係者の中には、この外交儀礼の「プロトコル」を「プロトコール」と延ばして書いたり言ったりする者が多い。 これはかつてのいわゆる「外交共通語」がではなくだった時代の名残でもある。 世界共通の一般的マナーとして活用されることもあるが 誤りであり [ ]、あくまでも国家間の儀礼上のルールである。 国際法 [ ] 国際法におけるの一種であるは、英語の protocol の訳語であることから、外交関係者の間ではこれを プロトコルと呼ぶこともある。 情報工学 [ ] 「」も参照 コンピュータにおける「プロトコル」とは通信規約を意味する。 たとえ異なる企業どうしの装置であっても通信が行えるよう、用語を含めて厳密に規定されている。 一度定められたプロトコルを変更することは容易ではないため、情報通信技術が今後どのように開発されるかを見据えながらプロトコルの作成が行われる。 工学におけるシステムの設計は階層によって行われることが多く、コンピュータにおけるプロトコルも厳密な階層的設計が行われる。 とがを定めているが、多くのプロトコルがこれをモデルとして作られている。 におけるプロトコルはRFC()で技術仕様が公開されている。 実験プロトコル [ ] 実験プロトコルは分子生物学や生化学などの実験において、実験の手順、及び条件等について記述したものである。 脚注 [ ] [].

次の

FAQ

ブルー プロトコル wiki

ブループロトコルのグローバル展開について これまでの生配信や開発陣インタビューにもありましたように、「 ブループロトコル」はまず日本で成功させてからグローバル展開、というのが公式に発表されています。 以前の記事でも触れました通り、最初から「海外展開」を視野にいれて開発されているタイトルでもあります。 関連記事 ので、「 遠からず欧米でもサービスが始まるだろう」というのが海外でもようやく知られてきました。 これまでツイッターやYouTubeコメントで、結構何度も (英語で)質問されてましたけどね……。 てか、それぐらいの質問ならグーグル翻訳で日本語にしてから訊けば誰か答えてくれるのに (日本語で)、と思わなくもない……。 海外版ウィキについて さて。 そんな海外ニキやネキたちですが、こと、 Wiki(データベース)に関しては、 海外版の方に軍配が上がるなぁと思うこともしばしば。 たとえば「 黒い砂漠」では、「 」という大きなデータベースサイトがあり (以前はBlackDesertOnlineDBという名前でした)、最新情報を知りたいなと思う方は、大体利用されているのではないかと思います。 対応言語も以下の通り。 どういう方法で情報を入手しているかはちょっと触れてはいけない気もしますが……まぁ、この情報量はスゴイですよね。 もっとも、精度が高すぎるのか、まだ実装されていないアイテムにも「日本実装」マークがついてたりして、たまに「 ???」となることもあります。 こちらは他にも、以下のゲームタイトルのデータベースも運用しています。 で、その「Codex Guys」が、「 ブループロトコルのデータベースにも取り組んでいると回答した」という書き込みが、に投稿されていました。 from 日本のウィキは多くの場合、個人で始められると思いますが、個人でこの技術と管理体制までもっていくのは大変過ぎます。 ブログリンク集も同様ですね。 公式でやってもらうのが一番面倒がない……もっとも、当ブログは審査ではじかれて「黒い砂漠」公式に載せてもらえませんでしたが(笑) ただ、リプにもありますが、すでに先行の海外版ウィキは存在します。 「 Blue Protocol Database」というところです。 Blue Protocol Databaseについて 「」は以前、「blueprotocoldb. xyz」というアドレスだったところのようです。 んん~……安全性については私も自信ないので、利用されるかどうかは各個人の判断にお任せですが……💦 ・ブループロトコル海外掲示板 ・ブループロトコル海外データベース — dirae dirae01 「blueprotocoldb. xyz」が消えてしまった、と思い、Wayback Machineなどを使ってみましたが、「Blue Protocol Database」にリダイレクトされたりしたので、たぶん中の人が同じなのだと思います。 末尾がxyzの頃はかなり怪しさの漂うサイトだったのですが、ドットコムになって垢抜けましたね(笑) 「 おっ」と思ったのは、「」のコーナーがあったことです。 も行われるようです。 ディスコードに入ることが条件ですが。 いちいちディスコードに入るのは嫌なので、サイトに載せて欲しいですね。 あと、こういうコンテストには無断借用とか無断転載がつきものだと思うので、 絵師さんはファンアートにサインを入れることを強くお勧めします。 悪質なのだとサイン消して投稿してきますが……。 (と、思っていたら案の定無断転載ぽいのがありますね……) まぁ…… ファンアートコンテストはたぶん今後、公式サイトでも行われるだろうなぁ、とは思います。 で、別の意味で「 おっ?!」と思ったのはコチラ。 音楽だけ抜いて載せるのは、たぶん公式的にアウトです、よね……。 データベースサイトが複数あることについて、掲示板redditでは (あまりコメントついていませんが)、「健全な競争」として概ね歓迎のようです。 ま、日本のWikiだと結局公式サイトのモノしか生き残らないということもよくありますが。 ゲームタイトルが盛り上がる事自体は良いと思います。 ただ、規約違反はいただけません。 こちらもそれを推奨している記事ではありませんよ。 日本国内にも日本語の得意でない方もいるだろう、とは思うので、そういう人の助けになるといいですね、というお話。 違反のない範囲でね。 経費にも人的リソースにも上限があります。 違反を減らして要望実現に回してもらうのが一番です。 企業のやる気と姿勢次第の部分はありますがね(笑) それでは、今回はここまで。

次の