インフルエンザ 致死率。 新型コロナの致死率は新型インフルの10倍 WHO見解

インフルエンザの致死率…日本は低いってホント?

インフルエンザ 致死率

エボラ出血熱の死亡率は? 「エボラ出血熱の死亡率は50-90%と高く、・・・」というような記述を見かけることがあります。 この記述は誤りで、正しくは、「エボラ出血熱の致死率(致命率)は50-90%と高く、・・・」です。 ある病気Aの死亡率、あるいは、ある病気Aの致死率(致命率)といった場合、死亡率も致死率(致命率)も、割り算で、「ある病気Aの死亡者数」を割ることにより算出しますが、何で割るかが違います。 死亡率の場合は、総人口で割ります。 致死率(致命率)の場合は、「ある病気Aの患者数」で割ります。 ですから、例えば、「B国でエボラ出血熱の死亡率は50%だった。 」という場合には、「B国国民の総人口の半数がエボラ出血熱で死んでしまった。 」ということになってしまいます。 「B国でエボラ出血熱の致死率(致命率)は50%だった。 」ということであれば、「B国ではエボラ出血熱患者の半数が死亡した」ということになります。 日本では、2002年において死亡率が高いのは、死因の上位を占める悪性新生物 癌 、心疾患 心臓病 、脳血管疾患 脳卒中 といった死因です。 日本では、2002年においてエボラ出血熱による患者も死者も発生していません。 ですから、日本では、2002年においてエボラ出血熱の死亡率は、0%です。 死亡者数を使って算出する、公衆衛生の指標はいくつかあります。 ここでは、死亡率、致死率(致命率)、死亡割合について、触れます。 死亡率について 「死亡率」=「一定期間における死亡者数」/「総人口」 上記の死亡率(death rate、mortality rate)は、粗死亡率(crude death rate)とも言います。 総人口としては、日本・アメリカ合衆国といった国々のこともあれば、東京都や横浜市、川崎市といった行政単位のこともあります。 一定期間としては、1年間が用いられるのが通常です。 人口1000人あたりの率として、表示することが多いです。 平成13(2001)年の日本における死亡率を計算してみましょう。 日本の総人口としては、平成13(2001)年10月1日の推計人口125908000人を用います。 平成13年1年間の日本の死亡者数は、970331人です。 計算すると 「死亡率」=970331人/125908000人=0. 007707=7. 707人/1000人 となり、平成13(2001)年の日本における死亡率は、7. 707(人口1000対)となります。 さて、どんな病気で亡くなる人が多いのかということを考える場合には、病気別の死亡者数を数えて、病気別の死亡率を計算します。 「ある病気Cの死亡率」=「一定期間におけるある病気Cによる死亡者数」/「総人口」 この死亡率は、死因別死亡率と呼ばれます。 総人口としては、日本・アメリカ合衆国といった国々のこともあれば、東京都や横浜市、川崎市といった行政単位のこともあります。 一定期間としては、1年間が用いられるのが通常です。 人口10万人あたりの率として、表示することが多いです。 近年、日本での死因の1位を独走しているガン(悪性新生物)について、平成13(2001)年の死因別死亡率を計算してみましょう。 平成13年1年間の日本のガンによる死亡者数は、300658人です。 日本の総人口としては、平成13(2001)年10月1日の推計人口125908000人を用います。 計算すると、 「ガンの死亡率」=300658人/125908000人=0. 002388=238. 8人/100000人 となり、平成13(2001)年の日本におけるガンの死亡率は、238. 8(人口10万対)となります。 さて、この死亡率ですが、国際間の比較に使おうと思うと不便な点があります。 計算する際に総人口を必要とすることです。 世界には、総人口がよくわからない国が少なくありません。 総人口がわからないと、死亡率もわからないということになります。 そこで、総人口がわからない場合でも計算できる、死亡割合が、発展途上国も含めた国際間の比較ではよく使われています。 死亡割合について 死亡割合は、死亡者の統計によって計算されます。 死亡者の死因や年齢などによって、分類して死亡者数を数えます。 大きな分類Dの中に小さな分類Eが含まれる場合、 「大分類Dに占める小分類Eの死亡割合」=「小分類Eの死亡者数」/「大分類Dの死亡者数」 となります。 %で表示することが多いです。 日本の平成13(2001)年の全死因に占めるガン(悪性新生物)の死亡割合を計算してみましょう。 平成13年1年間の日本のガンによる死亡者数は、300658人です。 平成13年1年間の日本の死亡者数は、970331人です。 計算すると、 「全死因に占めるガン(悪性新生物)の死亡割合」=300658人/970331人=0. 310=31. 0人/100人 となり、平成13(2001)年の日本における全死因に占めるガン(悪性新生物)の死亡割合は、31. 0%となります。 平成13(2001)年の日本における全死因に占める死因別の死亡割合は、1位(悪性新生物)から10位までで、下の表1の通りです。 また、日本では、どこの部位のガンで亡くなる人が多いかということで、全ガン(悪性新生物)に占める部位別ガン(悪性新生物)の死亡割合が計算されることがあります。 1位が気管,気管支及び肺の悪性新生物で18. 3%、2位が胃の悪性新生物で16. 6%となっています。 タバコを吸うのは、控えましょう。 平成13年(2001)年の日本における全死因に占める死因別の死亡割合 死因 死亡者数 死亡率(人口10万対) 全死因に占める死亡割合(%) 全死因 970,331 770. 7 100. 0 悪性新生物 300,658 238. 8 31. 0 心疾患 148,292 117. 8 15. 3 脳血管疾患 131,856 104. 7 13. 6 肺炎 85,305 67. 8 8. 8 不慮の事故 39,496 31. 4 4. 1 自殺 29,375 23. 3 3. 0 老衰 22,145 17. 6 2. 3 腎不全 17,690 14. 0 1. 8 肝疾患 15,848 12. 6 1. 6 慢性閉塞性肺疾患 13,069 10. 4 1. 3 さて、年齢で分類して死亡者数を数え、算出する死亡割合があります。 死因がわからなくても年齢がわかれば良いです。 どこの国でも比較的算出されやすい公衆衛生の指標です。 死亡総数に占める50歳以上の死亡割合(PMI 50:Proportional Mortality Indicator 50)です。 %で表示することが多いです。 PMI 50=「50歳以上の死亡者数」/死亡総数 PMI 60=「60歳以上の死亡者数」/死亡総数 PMI 80=「80歳以上の死亡者数」/死亡総数 PMI 85=「85歳以上の死亡者数」/死亡総数 公衆衛生の状態が良ければ良いほど、長生きし、死亡者の年齢は高い人が多くなると考えられます。 100%に近いほど公衆衛生の状態は良好と考えられます。 日本のPMI 50は、2000年で93. 6%で世界的にも高いレベルです。 致死率(致命率)について 「ある病気Cの致死率」=「一定期間におけるある病気Cによる死亡者数」/「一定期間におけるある病気Cの患者数」 致死率(case-fatality rate)は、死因ともなりえる急性の病気の流行が起こったときに、よく使われます。 一定期間とは、流行期間に留まらず、ある病気Cによるすべての死亡を見届けるのに十分な期間です。 すべての患者は、病気Cが原因で死亡するかしないかが、はっきりするまで経過を追われます。 エボラ出血熱の致死率は50-90%、新型肺炎SARSの致死率は14-15%とされています。 致死率(致命率)と死亡率とは、違います。 間違いのないように、用語を使い分けましょう。 [増補 1] 平成23(2011)年の日本における死亡割合について 平成24年 2012年 9月6日発表の厚生労働省「平成23年 人口動態統計(確定数)の概況」によります。 日本の総人口としては、平成23(2011)年10月1日の推計人口126,180,000人 総務省統計局 を用いています。 平成23(2011)年の日本における全死因に占める死因別の死亡割合は、下の表2のとおりです。 表2. 平成23年(2011)年の日本における全死因に占める死因別の死亡割合 死因 死亡者数 死亡率(人口10万対) 全死因に占める死亡割合(%) 全死因 1,253,066 993. 1 100. 0 悪性新生物 357,305 283. 2 28. 5 心疾患 194,926 154. 5 15. 6 肺炎 124,749 98. 9 10. 0 脳血管疾患 123,867 98. 2 9. 9 不慮の事故 59,416 47. 1 4. 7 老衰 52,242 41. 4 4. 2 自殺 28,896 22. 9 2. 3 腎不全 24,526 19. 4 2. 0 慢性閉塞性肺疾患 16,639 13. 2 1. 3 肝疾患 16,390 13. 0 1. 3 悪性新生物 がん は、昭和56年 1981年 以後、脳血管疾患にかわって死因第1位となりました。 全死亡者の約3. 5人に一人は、悪性新生物 がん で死亡しています。 心疾患 心筋梗塞・狭心症等 は、昭和60年 1985年 以後、脳血管疾患にかわって死因第2位となりました。 全死亡者の約6. 5人に一人は、心疾患 心筋梗塞・狭心症等 で死亡しています。 肺炎は、平成23年 2011年 、脳血管疾患にかわって死因第3位となりました。 全死亡者の約10人に一人は、肺炎で死亡しています。 脳血管疾患 脳梗塞・脳出血等 は、昭和26年 1951年 、結核にかわって死因第1位となりました。 昭和45年 1970年 をピークに低下が見られました。 昭和56年 1981年 、悪性新生物 がん にかわって死因第2位となりました。 昭和60年 1985年 、心疾患 心筋梗塞・狭心症等 にかわって死因第3位となりました。 平成23年 2011年 、肺炎にかわって死因第4位となりました。 全死亡者の約10人に一人は、脳血管疾患 脳梗塞・脳出血等 で死亡しています。 なお、結核は、平成23年 2011年 、死因第25位 死亡者数2,162人 です。 不慮の事故は、平成23年 2011年 、東日本大震災の影響で大幅増加して、老衰にかわって平成22年 2010年 の死因第6位 40,732人 から死因第5位となりました。 全死亡者の約21人に一人は、不慮の事故で死亡しています。 なお、全死亡者の約24人に一人は、老衰で死亡しています。 従来、3大死因として、悪性新生物 がん 、心疾患 心筋梗塞・狭心症等 、脳血管疾患 脳梗塞・脳出血等 の3疾患が注目されて来ました。 肺炎が、平成23年 2011年 、脳血管疾患にかわって死因第3位となったことから、今後は、肺炎も加えた4大死因として、肺炎にも注意して行く必要があります。 [増補 2] 平成23(2011)年のアメリカ合衆国における死亡割合について 平成24年 2012年 10月10日、アメリカ合衆国CDCの国立保健統計センター発行の「死亡統計:2011年 暫定数 」によります。 アメリカ合衆国の総人口としては、平成23(2011)年7月1日の推計人口311,591,917人 アメリカ合衆国商務省国勢調査局: U. Census Bureau を用いています。 平成23(2011)年のアメリカ合衆国における全死因に占める死因別の死亡割合は、下の表3のとおりです。 表3. 平成23年(2011)年のアメリカ合衆国における全死因に占める死因別の死亡割合 死因 死亡者数 死亡率(人口10万対) 全死因に占める死亡割合(%) 全死因 2,512,873 806. 5 100. 0 心疾患 596,339 191. 4 23. 7 悪性新生物 575,313 184. 6 22. 9 慢性下気道疾患 143,382 46. 0 5. 7 脳血管疾患 128,931 41. 4 5. 1 不慮の事故 122,777 39. 4 4. 9 アルツハイマー病 84,691 27. 2 3. 4 糖尿病 73,282 23. 5 2. 9 インフルエンザ及び肺炎 53,667 17. 2 2. 1 腎不全 45,731 14. 7 1. 8 自殺 38,285 12. 3 1. 5 アメリカ合衆国における死因の一位は、心疾患 心筋梗塞・狭心症等 です。 アメリカ合衆国においては、心臓病対策は大きな課題です。 表2と表3とを、死亡率(人口10万対)および全死因に占める死亡割合に注目して比較すると、アメリカ合衆国で多いのは、心疾患 心筋梗塞・狭心症等 などです。 日本で多いのは、悪性新生物 がん 、脳血管疾患 脳梗塞・脳出血等 、自殺などです。

次の

新型コロナ: 「インフルエンザでも人は死ぬ」との比較※追記あり:IT's my business:オルタナティブ・ブログ

インフルエンザ 致死率

インフルエンザに感染する人の人数は、1年間で600万人~1千数百万人にものぼると推測されていて、 致死率はそのうちの0. 05%程度になり、インフルエンザが原因で年間1万人以上の患者さんが亡くなる年もあります。 毎年寒くなってくると流行し始めるインフルエンザですが、乳幼児や高齢者は重症化しやすい傾向にあります。 高齢者がインフルエンザに感染してしまうと、合併症で肺炎を起こしてしまう人も多く、死亡してしまう原因の60%にもなります。 特に、呼吸器に慢性疾患がある方、心臓病、腎臓病、糖尿病の方は、肺炎を起こしやすくなっているため注意が必要です。 また 高齢者に次いで小さな子供の死亡率が高く、年齢の低い子はインフルエンザ脳症という合併症を起こしてしまうことがあります。 インフルエンザ脳症になってしまうと、1日~2日以内に意識障害を起こし、昏睡状態になってしまうこともあります。 短い時間で全身に症状が出て、最悪死に至ることもあります。 学校で感染が確認されると、徐々に患者数が増えていき、時にはたった1日で学級閉鎖になってしまうほどの勢いで患者が増えることがあります。 小学校からインフルエンザの流行が始まると言われていて、その後ご家族へと感染が拡大していきます。 インフルエンザに感染しやすいのは小学生ですが、死亡率が最も高いのは65歳以上の高齢者で、これは重症の合併症を起こしてしまうことが多いためです。 インフルエンザに感染しやすい小学生や、合併症を起こしてしまいやすい高齢者は、流行期が来る前に予防接種を受けるようにしましょう。 インフルエンザは高熱や頭痛、関節痛など、身体にとても辛い症状が出てしまいますが、そこから合併症を起こしてしまうことで致死率が上がっていきます。 インフルエンザが重症化して合併症を起こしやすい人達を「ハイリスク群」といいますが、このハイリスク群に当てはまる人は以下の人たちになります。 【ハイリスク群】• 年齢が65歳以上の高齢者• 乳幼児• 慢性呼吸器疾患 気管支喘息・肺気腫など• 慢性心疾患• 腎機能障害• 糖尿病などの代謝異常• ステロイド内服などで免疫機能不全になっている人 これらに当てはまる人は、日ごろから予防を心がけ、うがい・手洗いなどをしっかり行うようにしましょう。 流行時は人混みを避ける・マスクをすることも大切になります。 これは、薬を服用している場合でなくても起きることがあり、インフルエンザで発熱してから数日以内に起き、睡眠中に起こることもあります。 このため、子どもの不慮の事故を防ぐためにも、インフルエンザに感染したと診断された場合は、最低でも2日間は子供を1人にしないようにしてください。 起きている間だけでなく、寝ている間もそばを離れないようにするのが良いです。 インフルエンザの致死率は感染患者数の0. 05%程度• 致死率が高い年齢は65歳以上の高齢者、次いで乳幼児• インフルエンザに感染しやすい年齢は小学生• ハイリスク群に当てはまる人は、インフルエンザの合併症を起こしやすい• 小児や未成年はインフルエンザで異常行動を起こすことがある• 小児や未成年がインフルエンザで発熱した場合、最低でも2日は1人にしてはいけない インフルエンザに感染した場合、合併症を起こしてしまうと死亡するリスクが高くなります。 特に、65歳以上の高齢者は致死率が高く、合併症の6割が肺炎です。 次いで多いのは乳幼児になり、これらの年齢の人はインフルエンザに感染しないようにしっかり予防するのが良いでしょう。 また、慢性呼吸器疾患や慢性心疾患、腎機能障害、糖尿病などの人のようにハイリスク群に当てはまる人は、インフルエンザに感染してしまうと重症化する恐れがありますので、感染しないように予防を心がけましょう。

次の

病原性別 新型インフルエンザの違い|これからの衛生管理

インフルエンザ 致死率

インフルエンザについて インフルエンザは、 インフルエンザウイルスに感染することによって起こる感染症になります。 ウイルス自体は1年中存在しますが、特に 12月〜3月に流行します。 これは、気温が低く 乾燥した冬の時期がウイルスにとって居心地の良い環境になっているからです。 いきなり 38度以上の 高熱を出してインフルエンザを疑うケースがほとんどだと思いますが 熱以外にも風邪同様の 咳や 鼻水、のどの痛みに加え 頭痛や全身に現れる 筋肉痛・倦怠感といった症状もあります。 これらの症状を見ると風邪の延長線上だと思う人も多いようですが インフルエンザの症状は重く、乳幼児や高齢者、心臓病などの基礎疾患がある場合だと 重症化しやすく、 脳炎や 脳症などの 合併症を引き起こすことで問題となっているそうです。 インフルエンザの致死率 インフルエンザで 死亡することがあるということを知らない人が 多いのではないでしょうか? 日本国内では、一年の間に 1千数百万もの人が 季節性のインフルエンザにかかっていると推計されていて、死亡者数は 1万人を超えることもあるそうです。 直接インフルエンザの症状で亡くなる場合と 合併症によって間接的に亡くなる場合がありますが、この2つのケースを合わせた数字になります。 これを致死率にすると 0. 05%となるので、そこまで高い割合ではありませんが 先述した重症化しやすい方に当てはまる人は、注意が必要です。 インフルエンザは致死率低くても、 死ぬ病気ではあるし感染率高い。 一度感染して免疫がついたとしても、他の性質のインフルエンザウイルスには 抗体が無く感染を防ぐことができないからです。 ですから、しっかりとした予防がとても大切になります。 インフルエンザについてはこちらの記事もご参考に! インフルエンザの予防はワクチンだけではダメ? インフルエンザの予防と言うと、一番に思い浮かぶのが『 ワクチン』ですよね。 このインフルエンザワクチンは、その効果を巡って様々な意見が飛び交っていて 接種するかどうか悩んでいる人もいると思います。 毎年予防のために必ず接種しているという人もいますが、ワクチンには 少なからず 副作用というものがあり、ワクチンで死亡するケースもあります。 さらに、その効果についても疑問の声が多数出ています。 これらのことから、ワクチンの接種することをためらう人には 日々の 予防・対策を徹底することをおすすめします。 インフルエンザは 飛沫感染するので、感染者の くしゃみや 咳、空気中に含まれている ウイルスを 吸い込まないようにすることが大事になります。 飛沫感染を防ぐためには、 マスクを付け、 うがい・手洗いをしっかりと行いましょう。 手洗いうがいの後は 除菌をオススメします。 このようなインフルエンザやノロウイルスなどウイルス性の病気用の 消毒スプレーも薬局で売っているので家に1本買って置いておくといいですね。 こちらの動画は新型インフルエンザの予防法ですが、参考にしてみてください。 まとめ 今回は、日本での インフルエンザの致死率について、 その 予防に使われる ワクチンのことも踏まえて詳しく説明してきました。 私自身、ワクチンを打たなかったせいもあって一度かかったことがありましたが 高熱でまっすぐ歩くこともできないほどで、誰かに看病してもらわないと 自力で食事も何もできず、大変な思いをしました。 インフルエンザは風邪の延長線上にあるものと思われがちですが 最悪の場合、死に至るほど 危険な感染症でもあるのです。 そのことを頭に入れて、自分に適する徹底した感染の予防を行ってくださいね。 また、インフルエンザと言えば、治療薬の タミフルが問題となったこともありましたよね。 現在では治療法もどんどん進化しているので、どんな治療薬があるのか 知っておくことも大切になります。

次の