スズキ ロッキー。 『ロッキー&ライズとスズキのクロスビー。人気になりそうな...』 スズキ クロスビー のみんなの質問

最新の先進安全装備を完備したロッキー、静かで乗り心地の良いクロスビー【ロッキー&クロスビー・その3】

スズキ ロッキー

この記事に書かれている内容• それは 今乗っている車を下取りしないことです。 車を購入するお店に下取りしてもらうと、下取り額と値引き額を自由に調整できてしまうため、下取り額を安く設定して値引き額を大きく見せることもできてしまいます。 しかし、購入するお店とは別のお店に車を売ることで、購入するお店とは純粋に値引き額だけの交渉が可能になります。 そこで おすすめなのが車買取専門店です。 その名のとおり車の買取に特化しているので、下取りよりも高く買い取ってもらえます。 車買取専門店によっては数十万円の差がありますので、一括査定で複数業者から見積もりをとるようにしましょう。 トヨタ ライズとダイハツ ロッキーをエクステリアで比較! トヨタ ライズとダイハツ ロッキーのエクステリア 外観 の違いを比較していきます。 フロントマスクは全く別物!好みが分かれそう フロントマスクを見比べてみると、ダイハツ ロッキーは小さめのグリルでシンプルな見た目、トヨタ ライズはメッシュ状グリルで大きく口を開けているようなトヨタらしいデザインになっています。 SNSなどで口コミではダイハツ ロッキーのフロントマスクの方が人気が高いようです。 リアビューは大きな違いなし リアビューはトヨタ ライズとダイハツ ロッキーで大きな違いはありませんので、どちらを選んでもOKです。 トヨタ ライズとダイハツ ロッキーをインテリアで比較! トヨタ ライズとダイハツ ロッキーのインテリア 内装 はほぼ同じで、赤いバイピング付きのフルファブリックシートを採用。 ドアグリップやレジスター加飾としてアクセントに赤をポイントとして取り入れていれており、インパクトのあるデザインに仕上がっています。 内装がちょっと派手で抵抗がある、という場合は最上位グレード「Premium」がおすすめです。 ステッチの色はシルバーに変更されている他、本革巻きのステアリングホイールやシフトノブ、ドアグリップやレジスター加飾もシルバーに変更されているなどシックで高級感のあるインテリアが魅力的です。 トヨタ ライズとダイハツ ロッキーを燃費で比較! トヨタ ライズとダイハツ ロッキーの走行性能は全く同じなので、燃費性能も変わりません。 また、2019年11月現在、1. 5L以下のコンパクトSUVクラスでナンバーワン低燃費を自負している通り、WLTCモードで2WD:18. スズキ エスクードは乗用車タイプSUVの先駆けとなった一台で、海外ではシボレーやGMCなどへOEM供給され世界的にもヒットしています。 燃費もWLTCモードで16. もちろん安全性能面でもスズキの誇る先進安全技術「スズキ セーフティーサポート」を搭載していますので、事故を未然に防ぎ、万が一の時には被害軽減をサポートします。 下取り・買取価格は中古車の需要により決まりますが、ダイハツ車よりもトヨタ車の方が値崩れしにくい傾向がありますので、高く売りたいならトヨタ ライズの方がおすすめです。 知ってますか?車は値引きより今乗っている車を高く売る方が簡単です 車を買うときに値引き額に目が行きがちですが、 下取り額も気にしていますか? 車を購入したお店にそのまま下取りに出すと、購入する車の値引き額と下取り額で金額調整することができますので損してしまいます。 管理人も愛車だったヴィッツをディーラーに下取りした後に、 あと30万円高く売れることに気がつき後悔しました。 車を高く売るためには、複数の業者から見積もりを集めて買取価格を比較することが一番大切です。 申し込みも簡単で3分で終わりますよ。

次の

トヨタ ライズとダイハツ ロッキーを徹底比較!買うならどっち?

スズキ ロッキー

東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• トヨタ 新型車ライズ G 2WD マスタードイエローマイカメタリック 2019年11月5日発表モデル• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• 東京モーターショー2019で公開されたダイハツ 新型ロッキー• ダイハツ 新型ロッキー• Dモノコック• D-CVT• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー アクティブマルチインフォメーションメーター<先進> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー アクティブマルチインフォメーションメーター<ワクワク> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー アクティブマルチインフォメーションメーター<シンプル> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー アクティブマルチインフォメーションメーター<コンベンショナル> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー スマートアシスト 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー スマートアシスト 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 全車速追従機能付ACC<定速走行> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 全車速追従機能付ACC<減速走行・停止制御> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 全車速追従機能付ACC<発信制御・追従走行> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 全車速追従機能付ACC<加速走行> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー スマートアシストプラス レーンキープコントロール 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー スマートアシストプラス ブラインドスポットモニター 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー スマートアシストプラス ブラインドスポットモニター 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー リアクロストラフィックアラート 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー 9インチスマホレンケイディスプレイオーディオ 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー アクティブマルチインフォメーションメーター<4WD作動確認イメージ> 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー オリジナルアクセサリーパッケージ「エレガンススタイル」 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー オリジナルアクセサリーパッケージ「パワフルスタイル」 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー オリジナルアクセサリーパッケージ「パワフルスタイル」 2019年11月発売• ダイハツ 新型ロッキー オリジナルアクセサリーパッケージ「エレガンススタイル」 2019年11月発売• トヨタ 新型車ライズ Z 2WD 内装色:ブラック 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ Z 2WD 内装色:ブラック 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ G 2WD ナチュラルベージュマイカメタリック 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ G 2WD ナチュラルベージュマイカメタリック 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ G 2WD 内装色:ブラック 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ G 2WD 内装色:ブラック 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ ラゲージスペース 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ ラゲージアレンジ デッキボード取り外し時 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ ラゲージアレンジ デッキボード立て掛け時 2019年11月5日発表モデル• トヨタ 新型車ライズ ブレーキ制御付誤発進抑制機能 前方・後方 2019年11月5日発表モデル.

次の

ダイハツ 新型ロッキー/トヨタ 新型ライズ 新型車解説│注目の5ナンバーサイズSUVが遂に登場!(画像ギャラリー No.3)

スズキ ロッキー

コロナの影響により半月遅れてようやく納車されました。 以下の評価は、前車 マツダ デミオ 2007年モデル 1500cc スポルト と比較した部分もあります。 【エクステリア】 ライズよりロッキーのフロントマスクが気に入っての購入なので満足してます。 コンパクトSUVなのに、それを感じさせない存在感。 前車と比べると、サイズ的には違うのは高さだけなのですが、それ以上に迫力があって大きく見えるのがいいです。 オプションのアンダーガーニッシュセットを付けているので、よりSUVらしさが出ています。 ライズがバカ売れしているから、選択肢が増えるといいのですが。。。 【インテリア】 価格相応、といったところですが、前車の内装もかなり質素 笑 な感じでしたので、十分満足しています。 オプションの革調の黒地に赤のラインの入ったシートカバーを付けているので、他の部分の赤の装飾とのマッチして落ち着いた感じがします。 【エンジン性能】 単純なスペックだけ見ると、パワー、トルクとも前車とほぼ同じ。 しかし、車重の軽さと、ターボによる低回転からのトルクもあって、こちらの方がパワーがあるように感じます。 実際、山道などを走行しても、前車より楽に登っていくのにはびっくりしました。 【走行性能】 前車も足回りがしっかりしていたのでカーブなどでロールが少なく、ハンドリングも気に入っていた車だったのですが、ロッキーも車高が高いにもかかわらずロールが少なめで運転しやすい感じです。 小回りも聞くので峠道なども余裕で行けます。 4WDも後輪がしっかり力を出してくれるので、上り坂も苦になりません。 【乗り心地】 前車も標準で16インチの45タイヤを履いていて、足回りも硬いため乗り心地がかなり固めだったのですが、それに比べるとソフトに感じますw。 しかし、フワフワしているわけではなく、しっかりとしているのを実感できます。 路面のコツコツした感じは伝わりますが、前車に比べれば全然問題ないです。 追記: 静粛性は前車に比べるとロードノイズもエンジン音もかなり静か。 まだフル加速、みたいな事をしていないのですが、それでも比較にならない感じです。 十年以上前の車とは違いますよねぇ。。 【燃費】 まだ納車したてなので、未計測。 追記: 300kmほど走って給油してみました。 内訳は、ほとんど街乗り、ちょっと山道といったところです。 メーター内の平均燃費は13. メーター内の平均燃費は、まだ納車前の消費なども含まれているので若干低い値が出たのでしょう。 【価格】 前車に比べると新車価格で比較すると50万くらい高いのですが、前車の頃の相場と、その頃にはついていない安全装備やDAなど、前車にはついてない装備の価格を含めれば妥当な価格か、安いと思います。 【総評】 まだ走行距離も少ないですが、それでも細かな部分で気になるところはあります。 しかし、全体的なバランスはとてもよく、長く乗りたい気分にさせてくれる車だと思います。 【イマイチと思うポイント】 ・アイドリングストップの始動時の振動が大きめ。 ・フロントガラスにダッシュボードの映り込みが酷い時がある。 ・オプションのステアリングカバー 高機能タイプ)がホントかぶせてあるだけでステアリングのカバー面積が中途半端、また、生地が厚く、かなりステアリングが太くなる。 ・フロントワイパーが短い• 【エクステリア】 ある意味ダイハツらしくない、かわいい方ではなくかっこいい方に振ったデザインだと思います。 少し入り組んだデザインでカッコよさもあります。 ドリンクホルダーが少しホルダーしにくいのが難ですが、それ以外はおおむね満足です。 【エンジン性能】 エンジン音は多少大きい気がしますが、そこまでうるさく感じません。 1,000ccという経済性で選んだので、高級車のような静け 続きを読む さはもともと求めていないので問題ありません。 【走行性能】 まだ100キロも走っていませんが、以前乗っていたスイフト(ZD72S)と比べるとターボが効いているおかげか、スタート時の加速が素晴らしいです。 まだ高速道路を走っていないので、100キロ巡行時の感じはまだ未体験です。 【乗り心地】 スイフトと比べると車高が高いのでふらつきは多少大きいように感じます。 16インチタイヤなのでそれほど大きな段差ショックも気になりません。 目線も高いので運転しやすく満足です。 【燃費】 車の燃費計がまだ計測途中なのでまだ評価しません。 冬とはいえ今年は小雪なのでまだ4WD性能も試せていませんので燃費は伸びると思っています。 WLTC燃費で17. 現在冬タイヤを装着していることもあるのですが、もう少し伸びるかなーと思っていましたが、山を2つ越えるとなるとこれくらいかなと。 夏タイヤに換装してもう少し燃費が伸びれば大満足です。 (5月5日追記) 納車から2か月たちました。 距離は3,000キロ超えています。 (9割5分通勤で使ってます。 不要不急の外出じゃないですよ(笑)) 燃費は15. これにはびっくり。 前に乗っていたスイフトを超しました。 WLTC燃費の9割近くにいくとは・・・。 【価格】 性能と装備から見れば十分です。 下から2番目のグレードでもスマートアシスト、アルミホイール、オートライトなど必要十分な装備がついてます。 そりゃ以前乗っていたスイフト(6年くらい前の車)と比べれば段違いですが。 【総評】 非常に満足しています。 雪国なので地上高が高く、きちんとした4WD性能で、さらに経済的な車を求めていました。 通勤距離も長いため軽自動車はもともと見ていませんでしたが、いいタイミングでロッキーが発表されたのですぐに食いつきました。 Gグレードまでの性能はいらないなと思いXグレードにしましたが、価格の割に装備が優れていたので決めました。 1,000ccターボという車も初めてですが、ターボならではの加速性がとてもいいです。 また、対応いただいたディーラーも感じがよく、安心して決められました。 なお、トヨタ・ライズとは比較していません。 顔つきはロッキーの方が好みでしたし、ライズの方が販売台数が多い=特別感が薄いという感じもありました。 選んだマスタードイエローも地元では最初の納車らしく、さらに特別感を感じています 笑 大事に乗れば10年間は楽しめる車になると思います。 (5月5日追記) ひとつ気になったのが、オートハイビーム機能です。 初めてこれが付いた車に乗ったのですが、前方に乗用車がいると反応してロービームになるのですが、トラックなどの大型車だとある程度近づかないとロービームになりません。 ブレーキランプの明るさや位置によっては反応しづらいのでしょうか。 前を走っているトラックの運転手には申し訳ないなと思ってしまうのですが、(ある程度近づいてもロービームにならないときは手動で切りかえてます)センサーの感度なのかトラック自体の改造によるものなのか?はっきりしませんが、少し気がかりです。

次の