水虫治療 通販。 爪水虫(爪白癬)を治すために皮膚科に行ってきた感想と治療画像

Amazon

水虫治療 通販

爪の先端など一部が白く濁っている• 爪の表面に今までなかった白い筋がある これらの症状が見受けられる場合は爪水虫である可能性があります。 この段階では明らかな爪の変化とまでではないので、気づきにくいものです。 しかし、初期段階で爪水虫と診断されれば 治療期間も短くて済みます。 爪水虫の治療方法:初期 爪が白く濁っていたり、今までなかった筋が見られたりした段階で爪水虫であると分かると、比較的短期間で完治できます。 治療方法としては塗り薬が主流となります。 病院にかかって顕微鏡検査をしながら 塗り薬で治療を進めるのが一番確実に爪水虫を治療する方法です。 しかしながら、仕事が忙しくて病院へ行く時間がない、病院へ行くことに抵抗がある場合には、市販の爪水虫用の塗り薬で治すこともできます。 以前は、市販の水虫用塗り薬は爪水虫には効かないと言われていました。 爪の中まで塗り薬の薬効成分が浸透しないからです。 ところが、最近爪の中まで薬効成分が浸透する新たな塗り薬が発売されるようになりました。 誰にも知られずに水虫を治したい方には朗報ですね。 爪水虫の症状:中期 爪水虫の初期症状に気づかず、そのまま進行した場合は著しい外形の変化が現れます。 爪の周りにかゆみや腫れがある• 爪が明らかに黄色く濁っている• 爪の先端がボロボロと崩れている• 他の爪も同じように白くあるいは黄色く濁っている 上記のような症状が現れると爪水虫が進行した状態です。 爪水虫の症状:末期 爪水虫の中期の状態がさらに進行した場合、もう誰にも見せられないような外見になってしまいます。 爪と皮膚の間に血がにじみ、爪全体が赤黒く変色する• 新しい爪が変形して生えてくる• 爪が剥がれ落ちてしまう このような状態になると、治療期間も非常に長くかかってしまいます。 爪水虫の治療方法:中期・末期 この段階になると残念ながら塗り薬だけでは治すことはできません。 白癬菌を根本的に退治するために 飲み薬を服用する必要があるからです。 爪水虫用の飲み薬は市販されていません。 ですから病院へかかるのが一番確実に爪水虫を治す方法だと言えるでしょう。 飲み薬には主に2種類あり、毎日服用するタイプのものと1週間服用し、3週間休むというタイプのものがあります。 飲み薬の場合は副作用の心配があるため、高齢者や妊婦には処方できません。 毎日服用するタイプの場合、肝機能障害を起こす可能性があるため、1カ月に1度肝機能検査をする必要があります。 また、この薬は肝機能障害がある患者さんには処方できません。 塗り薬だけでは治らない中期~末期の爪水虫の治療法として、レーザー治療という選択肢もあります。 これは副作用の心配がないので安心して治療が受けられるという利点があります。 ただし、日本では保険適用にならないため、自費での治療となります。 それでも1回の治療が10~20分程度、1回~数回のレーザー治療で爪水虫が治るならメリットは大きいのかもしれません。 まとめ 爪水虫の症状と治療法についてご紹介しました。 爪水虫は早期発見がとても重要であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。 そうすれば治療期間も治療費用も最低限で済みますね。 入浴後などに、時々自分の爪を観察して少しでも変化があれば早めに受診することをおすすめします。

次の

【爪水虫】塗り薬・市販薬での自宅治療法|爪の水虫の情報サイト

水虫治療 通販

見た目も気になる足の爪。 足の爪の水虫は治療に時間がかかるのも 爪も水虫にかかることをご存知ですか? 爪水虫ではなく正式には「爪白癬」と言いますが、爪白癬は手足の皮膚に感染した白癬菌が爪の周囲から爪に侵入して起こる病気です。 時に手や足に水虫がなくても、爪の傷付いた部分に直接感染し、爪白癬が単独で起こる場合もあります。 爪には感覚がないので足の水虫のような痒みはありませんが、爪が濁ったり厚くなったりして見た目が悪くなることが特徴で、治療をしないで放っておくと他の人に移してしまうことはとても大きな問題です。 そして爪水虫のもう一つの特徴が治りにくい病気であるということ。 飲み薬による治療を3~6ヶ月以上も続ける必要があり、その薬も副作用や他の薬の飲み合わせが問題となりやすいため、治療に二の足を踏む人も多く、また高齢の方では全身状態を考えて放置せざるを得ないケースも多々あり医師を悩ませてきました。 一時はレーザーによる新しい治療が注目されたこともありましたが、現時点では治療効果はほとんどないと言って良いと思います。 新薬登場によりここ数年で大きく変化した爪白癬の治療について、解説します。 そもそも爪白癬の人はどのくらいいるの?爪白癬罹患率 日本に於いて足白癬は5人に1人、爪白癬は10人に1人が罹っていると言われています。 つまり1200万人以上の患者さんがいるということになります。 さらに爪白癬は、男女ともに年齢が高くなるに従って増加する傾向があります1 2。 米国では60歳以上の4割は爪白癬であると言われており、生活習慣や気候は異なるものの日本でも同じような状況が容易に想像できます。 爪白癬の症状 爪は白色~黄色に混濁し、分厚くなっていきます。 そして爪甲下角質増殖と言って爪の下がボロボロと脆く崩れやすくなってきます。 最初にお話をした通り実は爪単独の水虫では痒みはありません。 しかし爪水虫の多くの場合は、すでに足にも水虫があったり、一見足の水虫が治っているように見えていても実は爪をすみかに白癬菌が潜んでおり、夏になるとジクジクと足水虫を繰り返すこともしばしばあります。 同居のご家族にも、湿気たっぷりのバスマットやスリッパを介して水虫をうつしてしまうリスクがあります。 爪白癬の検査・診断法 爪の色などが悪く爪水虫の心配があれば、まずは皮膚科で顕微鏡検査を受けましょう。 見た目や症状だけでは、専門医であっても水虫かどうかの確定判断をすることは困難です。 爪が濁ったり厚くなる病気は爪水虫だけではないのです。 「水虫が治りません!」と受診される方を検査をすると、そもそも水虫ではなく他の病気であることはしばしばあります。 水虫ではないのに、水虫治療を続けても治らないのは当然です。 また水虫で通院治療中の方も、症状が治まったからと言って足水虫の治療を自己判断で中止することなく、必ず皮膚科医師に治癒したか診断を受けていただきたいと思います。 どちらも比較的新しい薬で、特にルリコナゾールは2016年に発売されたばかりですので、発売後の臨床データーは多くはありませんが、爪白癬の原因菌である皮膚糸状菌(トリコフィトロン属)に効果の高い薬で、爪(爪甲)にしっかりと浸透し、長く効果を発揮します。 薬の飲み合わせの関係や肝機能障害などで内服治療が困難な場合、今までは足白癬用の塗り薬が爪白癬にも使用されている場合もあったようですが、足白癬用の塗り薬では爪白癬には効果が低く、爪白癬単独の場合は保険適応もありません。 新しい爪白癬の外用治療薬は、局所のかぶれなどが数%認められる以外は、副作用の心配はほとんどありませんし、定期的な採血検査も必要ありません。 高齢の方や高血圧などの多数の薬を飲んでいる方、肝障害のある方にも治療ができるようになりました。 これは、爪白癬の治療を大きく変化させたと言って良いと思います。 実際の症例画像で見る爪白癬外用治療薬による治療経過 ここに登場する写真はすべて、爪白癬の塗り薬のみを用いて治療をしています。 case1 爪全体に病変が拡大しているもの 爪白癬 外用治療開始後1年 爪白癬の治癒率 治癒率(=完全治癒率=感染面積0%かつ真菌学的治癒)ですが、クレナフィン、ルコナックがそれぞれ17. 8%3 4 と、14,9%5 と少し低いようにも感じる報告となっていますが、ここでの調査期間はそれぞれ13カ月、12カ月です。 年齢が上がると爪の生え変わりはよりゆっくりになり、1年半程度かかることもありますので、もっと長い期間経過を追えばさらに高い治癒率になると考えられています。 同じ条件において、クレナフィンの日本人に於ける解析では治癒率28. 8%6 7 とより良い結果や、実際の現場でのほぼ同条件における治癒率アンケートで40%という発表もあります。 当院ではクレナフィンの発売以降、飲み薬による治療例は激減しました。 個人的な印象で恐縮ですがクレナフィンの爪白癬の治癒率は8割程度と、これらのデータよりずっと優れている様に感じております。 まだまだ今後の臨床報告に期待をしたいところです。 爪白癬治療を受ける際の注意点・心構え 注意したい点は一つ!顕微鏡による検査を受けましょうということです。 せっかくの良い薬も、そもそも水虫がいなければ効きません。 爪白癬の心配があれば、家族などに移す前に、皮膚科で検査を受けてくださいね。 あと治療をされる方に知っておいて欲しいことは、治療の効果を実感するのには少なくとも数カ月以上はかかるということです。 根元から綺麗な爪が生え、濁った爪は先に伸びていきますので、爪切りをすることで徐々にその濁った爪が体から出ていきます。 足の親指の爪が生え変わるには約1年~1年半はかかりますので、綺麗な爪で白癬菌もいなくなるには1年もしくはそれ以上の時間がかかるのです。 数日の単位で治るという訳では決してありません。 根気強く治しましょう。 真菌誌 47巻2号 69-73,2006 2 仲弥,宮川俊一,服部尚子,畑康樹:爪白癬の実態と潜在罹患率の大規模疫学調査. 日臨皮会誌, 26巻1号 27-36,2009 3 Elewski BE, et al.

次の

【爪水虫】塗り薬・市販薬での自宅治療法|爪の水虫の情報サイト

水虫治療 通販

もくじ• エクシブの使い方・最安の購入法 人気の水虫薬「メンソレータム・エクシブ」の使い方と、最安値での購入方法についてご紹介します。 エクシブは5種類 エクシブという名前の水虫薬は、5種類あります。 エクシブWクリーム• エクシブW液• エクシブWスプレー• エクシブWきわジェル• エクシブWディープ10クリーム 5種類に共通の特徴は、• 外用薬であること• 1日1回だけで効果があること• テルビナフィンの効力で水虫菌の細胞膜を壊して退治する つまり、 1日に1回、テルビナフィンを皮膚の表面から浸透させて水虫菌を退治する、 という薬効の原理は、5種類とも同じです。 本質的には、5つのエクシブはどれも同じ薬です。 なぜなら、皮膚科の医師が処方する水虫薬が、まず例外なく クリーム剤だからです。 わたしはかつて十数年の間に、5人の皮膚科医から合計7種類の水虫薬を処方されました。 そのすべてがクリーム剤でした。 皮膚科の医師は、クリーム剤を処方するのがセオリーのようです。 クリーム剤の長所は、• 容易に皮膚全体に塗り広げることができる。 皮膚に長時間留まるので、十分に浸透し、治療効果が高い。 一旦塗ってしまえばべたつかない。 周囲に無駄に飛散することがないので、薬を有効に使える。 コストが安い。 などです。 逆に、クリーム剤の短所は、• 指が汚れる という点です。 噴霧式の液剤や、スプレーなどは、この「指が汚れる」という点をカバーするための製品です。 しかし思うに、いまいちばん大事なことは、水虫を早く完治させること、ですよね。 指についたクリーム剤は水で洗えば簡単に落ちます。 水虫薬を塗るのは1日1回だけのこと。 自宅で塗って、そのあと人差し指をチャチャッと10秒ほど水洗いすればいいだけのことです。 医師もすすめるクリーム剤 水虫治療の専門家である皮膚科の医師の著書でも、クリーム剤が推薦されています。 以下、引用です。 私が患者さんにすすめるのは、クリーム剤です。 クリーム剤には、• 見た目がテカテカせず、きれいである• 軟膏ほどベタベタせず、石けんを使わなくても水で洗い流せる• 薬の伸びがよく、少量で広い面積をぬることができる• 角質層への浸透率がよい などのメリットがあります。 …使いやすさや効果の点を考えると、クリーム剤をおすすめします。 (「水虫を完全に治す本」比留間政太郎著) 実際に近所の皮膚科で水虫薬を処方してもらうときも、まず例外なく、クリーム剤を処方されます。 一番効果があるからです。 たぶん、セールス上の理由だと思うよ。 他社がスプレー式も販売していれば、自社だけ出さないわけにはいかないでしょう。 水虫用の外用薬は、とにかくクリーム剤を選んでおけば間違いありません。 皮膚科の医師のナマの声がそう言っています。 かかと水虫にはディープ10 5種類のエクシブから、2種類まで候補が絞れました。 エクシブWクリーム• エクシブWディープ10クリーム どちらもクリーム剤です。 この2つの違いは、成分に「尿素」を含むか含まないかだけです。 両方の薬効成分(エクシブ100gあたりの含有量)を比較してみましょう(メーカー公式サイトより)。 エクシブWクリーム テルビナフィン塩酸塩 1. 0g、イソプロピルメチルフェノール 1. 0g、リドカイン 2. 0g、ジフェンヒドラミン塩酸塩 1. 0g、グリチルレチン酸 0. 1g エクシブWディープ10クリーム テルビナフィン塩酸塩 1. 0g、イソプロピルメチルフェノール 1. 0g、 尿素 10g、リドカイン 2. 0g、ジフェンヒドラミン塩酸塩 1. 0g、グリチルレチン酸 0. 1g 違いは「尿素10g」という項目の有無だけですね。 尿素は、皮膚の角質を軟化させる効果のある成分です。 ハンドクリームの主成分として使われているのが尿素です。 水虫がかゆくてたまらない状態になっているとき、水虫菌は、皮膚の角質の深部まで広がっています。 その水虫菌を退治するためには、水虫薬を角質の深部まで浸透させる必要があります。 人体の皮膚の表面には、角質細胞が重なった角質層があります。 角質層は普通は10層程度で、厚さは0. 02ミリ程度。 サランラップ1枚程度の薄さです。 しかし、足の裏はこの5倍程度の厚さになっています。 さらに、かかとなど大きな力がかかる部分は角質が硬化してとくに厚くなっています。 ご自分のかかとを触ってみればわかりますよね。 この厚い角質の奥にいる水虫菌を退治するためには、尿素のパワーで角質を柔らかくし、水虫薬の薬効成分を浸透させる必要があります。 ディープ10クリームは、そのために、尿素をハンドクリーム並みの10%も含有しているのです。 おすすめはディープ10クリーム このように見てくると、足裏の水虫にもっとも効果的な水虫薬は、エクシブWディープ10クリームということになります。 価格的にも、普通のエクシブWクリームよりディープ10のほうが割安です。 無料体験の期間は30日間です。 水虫の治療期間は3ヶ月 どんなに良く効く薬を使ったとしても、水虫完治まで行き着くには、相当の根気が必要です。 どんなに優秀な水虫薬でも、数回塗った程度では水虫は決して治りません。 水虫菌は皮膚の奥まで入り込んでいるからです。 皮膚の角質がすべて新しくなるまで、少なくとも2ヶ月間。 できれば3〜4ヶ月間。 毎日薬を塗り続ける継続力が必要です。 3ヶ月継続するためのコツをお教えします。 エクシブ10は35gの大容量なので、普通はひとつで1ヶ月程度もちます。 完治までには3つ程度あれば足ります。 途中で投げ出さないためには、最初に3つまとめ買いしておくとよいと思います。 買ったからには使わないと損をしますから、治療を継続する強力なモチベーションになります。 日本の薬局では、水虫の飲み薬は売っていないのよ。 日本の法律では、薬局で自由に売ってよい市販薬と、医師の処方箋がないと購入できない処方薬のふたとおりの薬があります。 塗り薬のエクシブは市販薬なので、薬局で普通に購入できます。 しかし、塗り薬で爪水虫を治療することはできません。 爪は硬いので、表面から薬を染み込ませることが困難だからです。 爪水虫の治療には、新しい爪ができるときに内部から薬を爪に入れ込むことが必要です。 そのためには、飲み薬が必要です。 水虫用の飲み薬を購入する方法 飲み薬を入手する方法は2つあります。 皮膚科の医師に処方箋を書いてもらい、調剤薬局で購入する。 海外から通販で個人輸入する。 病院に行く時間があるなら、1の方法をおすすめします。 薬を処方してくれるだけではなく、副作用を防止するための血液検査など、総合的に対応してくれます。 しかし、その時間がない。 または、何らかの理由で病院に行きたくないという場合は、海外から通販で個人輸入することになります。 今はインターネットで、日本語で注文できる個人輸入サイトがあります。 ひとつご紹介しておきます。 個人輸入用 ここでご紹介した「ラミシール錠」という薬は、エクシブと同じく、テルビナフィン塩酸塩を主成分とする水虫薬です。 主成分が同じということで、 実質的にはエクシブと同じ薬になります。 配送はヤマトの宅急便で受け取れるので、安心です。 クレジットまたは銀行振込でも購入可能です。

次の