ネット麻雀。 天鳳(てんほう)

有名ネット麻雀の特徴とおすすめポイント

ネット麻雀

最大同時接続人数、対戦者レベル、いずれも最高水準。 麻雀大会の運営に最適なロビー機能も充実。 プレイ料金は基本無料。 次の機能は有料 IDごとに30日で月額540円または720円 になります。 製品本体を&インストール 2. NoNameでログインし、観戦機能などが正常に機能することを確認 3. 新規ID登録 持っていない場合のみ 4. プレーヤIDで入場後、「対戦の利用開始はこちらから」のリンクで支払いページへ 5. 支払いが完了したら一度ログアウトして再度ログイン 6. 対戦開始!.

次の

無料で遊べるオンライン麻雀ゲームのオススメ!人気ランキング

ネット麻雀

牌の質感が良く大きくて見やすいですし、卓の感じも好きですね。 闘争心をそそられるイベントも多いので打ち甲斐が高く、雀力を上げようと思って登録しているユーザーも多いのでかなりやりがいもあります。 と同時に途中抜けするプレイヤーが非常に少ない印象ですね。 卓はNINJAを研究して再現しており、 混ざり方や積み方の法則・クセを再現しています。 なので上下で同じ牌が積まれていたりってのを読んで単騎でリーチ、一発ロン!とかもハマります。 またガチ対局データをベースにした級・段位システムや、客観的な麻力数値も見ることができます。 更に更に、 フリーと同じ感覚でポイントを0. 5レートで賭けることができる卓もありますので、 ネット上だけではなく対人として強くなる要素を一番持っているオンライン麻雀だと確信しています。 直観的で且つリアルなので打つのが楽しいですし、雀荘的なわくわく感もものすごいです。 追記:2017年に会員数が100万人を超えたそうです! なので深夜帯でも普通に卓が立ちますし、打ちたい時に打てるのもストレスフリーで非常におすすめな要素となっています。 ゲームセンターでの麻雀で人気になったMJ。 こういう実況麻雀が好きな方は良いと思いますが、人によっては演出が過ぎる、と逆に嫌な場合も。 全てはそこだと思います。 リアル感はMaru-Janと比較してしまうとやや下がりますが合格ラインは十分に満たしてしますし、ゲームとしての機能等は一級品でありオンライン麻雀としては申し分ないでしょう。 一応無料でも打てるという触れ込みですが、その場合は東南戦が打てないので実質的には有料と考えていいです。 アーケード版でのアカウントとネット上でのゲームのアカウントを連動させることも可能なので、 ゲームセンターに通いながらオンライン上でも楽しみたいという方にはいいと思います。 (無料ユーザーは1日1回しか打てないようになっています) プレイヤーと同じレベル(現在の段位)の相手を自動で見つけて同卓にするので均衡したゲームになりやすいです。 段位を上げれば更に上の卓で打てるようになりますし、 有料ですが必ずプロ雀士(70名以上登録)と打てるモードも存在します。 但し 東風戦が多くその分運の要素も強くなりやすいです。 とは言え無料である程度打てるのでそれでいい方は良いかと。 かなりシンプルで派手な演出がないのは逆に好感が持てますし、牌も大きくて見やすいですね。 尚、 有料会員はプレミアム会員と言って月に540円です。 これを払うといろんな機能が追加されたり、対局によって得られるポイントがアップしたりします。 特に 牌譜再生や戦績表示は有料でも活用して雀力アップに繋げたいところです。 ただし何かを賭けて戦うわけではないので各ユーザーの本気度や熱量には差があるかもしれません。 PCでオンライン上にいる誰か(あくまで人間)と、低価格で、でもちゃんとデータも取りながら麻雀力上げながら打ちたいという方におすすめのネット麻雀かと思います。 また近代麻雀とか各種プロ団体とイベントをやっていたりもするのでその辺は評価できます。 尚、本気で打つならやっぱり有料課金ですね。 月540円か720円で牌譜保存や鳳凰卓での対局ができるようになります。 ただこれも雀REVO同様、何かが賭かっているわけではないのでそこでのガチ度はMaru-janほどではないかと。 結局のところ、アプリでの無料対局(暇つぶし)として利用しているユーザーが一番多いでしょう。 ・お金を賭けられるオンライン麻雀はあるのか? まず 日本国内ではお金を賭けるオンライン、ネット麻雀はありません。 もしそういうのがあれば確実に法律に違反してしまうためですね。 厳密にいうとフリー麻雀も違反となりますが、雀荘は基本人目にそんなには触れませんしよほどのことが無いと摘発されませんからね。 ですがオンライン麻雀となると不特定多数のプレイヤーに賭けをさせてしまうのでアウトです。 目立ってしまってすぐに当局にやられるのは間違いなさそうです。 ですが 海外にサーバーを持つ国外企業で、日本向けに賭け麻雀ができる遊びもあります。 いわゆるオンラインカジノの類ですが、これを日本でやっても実は逮捕されることがあるので絶対に手を出さないようにしましょう。 せいぜい、日本のオンライン麻雀のようにトップでゲーム代免除!くらいにしておくべきです。 このサイトを読んでいる方の中にも賭け麻雀がオンラインで出来るのでは?と期待している方もいるかもしれませんが、それは出来ないですし絶対に止めたほうがいい、と箴言しておきます。 リアルマネーでじゃないと興奮しない!という方もいるかもしれませんが、ゲーム内で使えるポイントなら賭けの対象にできます。 マルジャンで言えばトップでゲーム代が無料になりますし、フリー麻雀で言うところの点5レートでポイントそのもののやりとりができるイベントもあります。 この場合トップを取ると2500ポイントほどゲットできますし、これは東南戦1ゲーム 150P の16半荘に相当するわけです。 逆に負ければ2500ポイントほど失いますが。 ポイントは最初は円で買うわけですからまさに仮想マネーとして考え方もできます。 それが牌効率計算や待ちを一瞬でわかる技術、そしてもう1つが勘の領域です。 前者については本でもネットでも何でもいいので日々の勉強が必要ですよね。 実際に打つだけではなく、事前の学習が必須なのでそれありきの問題。 ですがそれを勉強してオンライン麻雀でできるようになれば当然それがスキルアップにつながったと言っていいと思います。 後者については対戦相手の癖を見抜いたり、牌の偏りを察知したりするなど総合的な部分ですし第六感が求められる部分でもあります。 これはもう対局を重ねて養うしかないのですが、オンライン麻雀でもある程度は可能だと思いますね。 但し条件としてはできるだけガチがプレイヤーが多く登録しており、ジャン卓のクセなどがちゃんと再現されているものに限られるでしょう。 そういう意味では最もの適しているのがMaru-Janだと思います。 あとは仲間内であったりフリーで打つリアル麻雀のために普段から腕を鈍らせない、もしくは調整の為にこういうゲームを利用する、という考え方も成立します。 何でもそうですが練習しないと腕は落ちるだけになりますが、こうやって麻雀を打っておくだけでも腕が劣化しないというメリットがありますよね。 これはけっこう大きなポイントだと私も感じます。 ・相手の癖、タイプが分からないネット麻雀だけど… 麻雀で勝つには相手の癖やタイプを知っているかどうかでだいぶ結果が違います。 例えばセットでよく打つ4人だったらそれぞれの打ち筋は大体わかってそれに応じた対応や戦略ができますし、プロの方でも対戦相手のことは事前に調べたり過去の同卓の時の様子からタイプはわかっているはずなんです。 でもネット麻雀ではこれができない、、、 のですが!! 実はMaru-janでは各プレーヤーのうち筋から6タイプの動物に分類をし、その打ち手がどういう麻雀を打っているのかという傾向がざっくり分かります。 これにより半荘(メンツ)によってこちらの攻め方や守り方も変えたりと、よりリアルに即した牌効率だけではない麻雀が打てるようになるんですね。 ちなみに私は放銃率が低い【馬】タイプであると認定されています。 麻雀は全ての情報を総合的に分析して勝つものです。 無料でできるオンライン麻雀でおすすめのもの お小遣いが厳しいからまずは無料のもので、、、という方もいると思いますが、その場合には有料サービスの無料版ではなく、最初から最後まで無料で打てる麻雀ゲームが良いです。 結局、元が有料サービスだと満足に遊べずにストレスが溜まる要因にもなりますし意味がありません。 それであれば完全無料のものに絞り、 ・暇つぶし ・スキルアップ(点数計算、ルールを憶える、など) という感じで目的意識を持ってやったほうが遥かにいいでしょうし。 なので私は無料のオンライン麻雀も捨てたものではないと思っています。 (暇つぶしも立派な目的の1つに入ると思います) 尚、私自身は昔から無料の麻雀は「麻雀 Flash」というゲームでプレイしています。 フラッシュが入っていればブラウザでサクサクと遊べるので便利ですしストレスがありません。 ・麻雀 Flash かなりシンプルですが遊びやすくて良いです。 IDなどを登録する必要もなく、サイトにアクセスしたら即プレイできる手軽さが良いですよね! 牌効率を考えた打牌、頭の中での点数計算の練習には持ってこいです。 当然ですが対戦者はコンピュータ。 でも人みたいにひっかけ待ちによく突っ込んできたりと、筋とかは考慮しているように見受けられます。 その他、日本には似たような無料のフラッシュ麻雀ゲームがいくつかあるので 代表的なものをサクッとまとめましたのでこういうのがお好きであればぜひどうぞ!.

次の

オンライン麻雀(アプリも)おすすめ発表!ネット麻雀で対局して検証

ネット麻雀

新型コロナウイルスの流行で自粛期間が長引く中、人と人を結び付けるネットワークサービスにも変化が現れている。 とりわけ顕著なのが、オンライン会議システムを用いて従来のシステムを発展させたサービスだ。 ZoomをはじめURLの発行で手軽にオンラインで話ができることが周知されたことで、カメラを通じたコミュニケーションに対するハードルが下がっている。 シニア向けコミュニティーサイト「趣味人倶楽部」は35万人が登録するサービスだ。 新型コロナウイルスが流行する前は、毎月1600件ものオフラインイベントが開催されていた人気コミュニティーだったが、オフラインイベントを自粛せねばならない中、オンラインでのイベントへと軸足が移りつつあるという。 写真はイメージ(提供:ゲッティイメージズ) 企業のリファラル採用を支援するサービス「MyRefer」もオフラインイベントのサポート機能を追加。 いわゆる「オンライン飲み会」を企業側がサポートすることで、社員とその周辺コミュニティーの活性化を促す意図がある。 親子に目を向けたオンラインサービスも、今回の新型コロナウイルス流行で注目を浴びている。 Asovivit(アソビビット)はZOOMを用いて、体操や英語、お絵かき、クイズ、ゲーム等幅広いテーマからコンテンツを選び、30分500円からオンラインで遊びながら学習できるサービスだ。 多様な趣味を楽しむアクティブシニアたちが、時間や場所といった制約を超えてコミュニケーションする場として、DeNAが開発・運営していたが、2019年5月にシニア向けのアーティスト支援などを手掛けていた平均年齢20代後半という若いオースタンスに事業譲渡された。 シニア向けコミュニティーサイト「趣味人倶楽部」 趣味人倶楽部のサービス設計はmixiに近い。 実際に筆者も参加してみたが、近年のSNSにあるようなタイムラインに情報が流れていくスピード感はないものの、落ち着いた雰囲気の中で特定の趣味を持つもの同士が緩やかな連帯を作っている。 サービス名からも想像されるように、趣味ごとのサークル活動は非常に活発。 前述した通り、新型コロナウイルスの影響を受ける前までは、毎月1600件以上のイベントが開催されていた。 同社が博報堂と共同で実施したによると、新型コロナウイルスの流行以降、オンラインサービスの利用率がシニア層でも大幅に高まり、テレビに次ぐメディア、情報源になっているほか、映像配信サービスの利用率なども向上しているという結果が出ている。 こうした状況を背景に4月10日に始めたのが、オンラインでのミーティングイベントを募集可能にするサービスだった。 距離を超えたコミュニケーションの輪が広がる 趣味人倶楽部には以前からイベント告知の機能があったが、告知フォームにオンライン会議のURLを入力可能とした。 告知に対して参加が認められたメンバーにのみ、発行されたURLが見える。 オンラインイベントに参加するシニア層 開始直後はオンライン会議でのイベント、サークル活動に及び腰のユーザーが多かったようだが、オンライン飲み会などの話題が広がるにつれ増加し、開始3週間でおよそ40件のオンライン会議が開催されるようになったという。 これまでの趣味人倶楽部は、オンラインで地域を超えたコミュニティーが形成されながらも、イベントはオフラインが中心だった。 ところがオンラインイベントとなり、これまで顔を合わせなかった遠方の仲間もイベントに参加可能となり交流の幅が広がっていると佐藤氏は話す。 「ネット麻雀会やオンライン飲み会、鎌倉検定一級のメンバーが解説する歴史の会のほか、パソコンにマイクをつなぐ形でオンラインカラオケ大会なども開催されています(佐藤氏)」 4月中の参加人数はトータル1000人を超え、さらにイベントの数は増加中。 とりわけカラオケ大会の開催数は急増しているようだ。

次の