お悔やみ の 言葉 返事。 英語で【お悔やみ】の言葉や慰めの返事の例文厳選フレーズ31

「ご愁傷様です」と言われたら?返事や返し方の言葉とメールでの返信方法

お悔やみ の 言葉 返事

お悔やみの言葉 ・"I'm sorry for your loss. " (あなたが(身内を)亡くされたことにお悔やみを申し上げます ・"I'm very sorry for your loss. " (あなたが(身内を)亡くされたことに心からお悔やみを申し上げます ・"I'm sorry to hear about your loss. " (あなたが(身内を)亡くされたことを聞いてお悔やみを申し上げます ・"Please accept my condolences. " (お悔やみを申し上げます) (哀悼の気持ちを受け取ってください。 condolencesの意味は「哀悼」で、condolence「弔詞。 お悔やみの言葉」の複数形。 ) ・"My deepest sympathies. " (お悔やみを申し上げます) (心から同情いたします。 sympathiesは sympathy「同情、思いやり、あわれみ」の複数形。 " を述べれば失礼にはあたりません。 相手がsorryと言ったりするとお礼を言うのが正しいのかどうか戸惑うかもしれませんが、お悔みのことばをかけて頂いたお礼を述べます。 下記のどの言葉でもOKです。 [お悔やみの言葉に対する英語の返事の例] ・ "Thank you. "(ありがとう) ・ "Thank you for your concern. "(心配してくれてありがとう) ・ "I appreciate your concern. "(心配してくれたことに感謝します) 英語・英文メールで使えるメッセージの例 "Please accept my condolences. " 哀悼の気持ちを受け取ってください=お悔やみを申し上げます。 "Please accept my deepest sympathies for your loss. " あなたが(身内を)亡くされたことについて私の深い同情をお受け取り下さい。 "I express deeply condolences to your loss. " 私はあなたが(身内を)亡くされたことについて深く哀悼の意を表します。 (話し言葉よりも、メールであれば、こういった表現も使います) "My prayers are with you. " (この大変な時に、私もあなたと一緒にお祈りします。 ) 英語・英文メールの例 Dear Mr. Smith: (スミス様) I am deeply sorry to hear of your loss. Brown's passing. (私達は彼が時として厳格な人であることを知っています。 しかし彼は人間として素晴らしくて温かい人でした。 ) His passing will be great loss for you and us. Not only for you but also for us, his passing will be great loss. (彼の死はあなたと私たちにとっての大きな喪失となるでしょう。 ) (あなただけでなく私たちにとっても、彼の逝去は大きな損失となるでしょう。 ) Please accept our sincere condolences. (心からお悔やみ申し上げます) In deepest sympathy, (心から同情します=ご冥福をお祈りします) Souta Imaizumi (差出人の氏名) R. P ・R. とは「Rest In Peace」の頭文字。 葬儀の弔辞などの際に故人の遺影に対して呼びかけるなら使えますが、葬儀の席で会う遺族に対するお悔やみの言葉としては使えません。 略語についてのマナー 例文中に出てきた単語の中で、例えば、 SRYとは、sorryのこと。 PLSとは、pleaseのこと。 …などのように、SNSで良く出てくる略語を使いたくなることがあるかと思いますが、お悔やみの言葉として略語を使うのはあまりおすすめしません。 心をこめた言い方ではないと受け取られてしまう可能性がありますので注意しましょう。

次の

「お悔やみメール」お悔やみの言葉や挨拶の文例!返信例文も紹介

お悔やみ の 言葉 返事

通夜・葬式葬儀の席で お悔やみのことばを言われたら? 忙しい中を時間を割いて通夜や葬儀に来て頂いたお礼や、お悔みの言葉をかけて頂いたお礼を述べます。 一礼をしたあとで下記の言葉を述べます。 通夜や葬儀には多くのお客様が来られますが、いくつかの決まった言葉を使えばOK。 下記は相手を選ばずに使える言葉です[ビジネスの相手にも使えます] ・本日はわざわざありがとうございます。 ・本日はお忙しい中をありがとうございます。 ・お気遣いを頂きましてありがとうございます。 ・お気遣いをありがとうございます。 ・お気遣いを頂き恐れ入ります。 ・色々とお気遣いを頂き申し訳ございません。 ・(前半を省略して)ありがとうございます。 ・(前半を省略して)恐れ入ります。 相手が故人とのご縁とお礼を述べたら[(カッコ)の中は変えて使います] ・(父)が大変お世話になりました。 本日はありがとうございます。 ・こちらこそありがとうございました。 本日はお忙しい中申し訳ございません。 本当にお世話になりありがとうございました。 ・(父)がお世話になりました。 本日はわざわざありがとうございます。 【ワンポイント!「お気遣い」と「お心遣い」に注意】 「お気遣い」と似た言葉で「お心遣い」があります。 通夜や葬儀で、ついうっかり「お心遣いありがとうございます」と言ってしまいそうですが、通夜や葬儀での「お心遣い」は、香典やお供物などを指すことがあります。 香典などを頂いていない相手や、まだ受け取っていない時点で「お心遣いありがとうございます」と述べるのはまるで催促をしているかのように受け取られる可能性があります。 逆に、通夜や葬儀に参列していただいた相手や、香典を送って頂いた相手へのお礼状などでは「お香典ありがとうございます。 」とダイレクトに伝える代わりに「お心遣いありがとうございます」と書くのがマナーです。 お悔やみの言葉の返事で「お心遣いありがとうございます」と述べるのは、いきなり香典のお礼を述べているようで不自然だと受け取られることもありますので注意しましょう。 訃報を伝える電話で お悔やみの言葉への返事は? A2. お悔みのことばをかけて頂いたお礼を述べます。 下記の言葉を述べます。 下記は相手を選ばずに使える言葉です[ビジネスの相手にも使えます] ・お気遣いを頂きましてありがとうございます。 ・お気遣いをありがとうございます。 ・お気遣いありがとうございます。 ・お気遣いを頂き恐れ入ります。 ・色々とお気遣いを頂き申し訳ございません。 ・(前半を省略して)ありがとうございます。 ・(前半を省略して)恐れ入ります。 【ワンポイント!「お気遣い」と「お心遣い」に注意】 通夜や葬儀での「お心遣い」は、香典やお供物などを指すことがあります。 香典などを頂いていない相手や、まだ受け取っていない時点で「お心遣いありがとうございます」と述べるのはまるで催促をしているかのように受け取られる可能性があります。 詳細は Q3. 英語でお悔やみの言葉を言われた時の返事は? A3. お悔みのことばをかけて頂いたお礼を述べます。 " を述べれば失礼にはあたりません。 [お悔やみの言葉に対する英語の返事の例] ・ "Thank you. "(ありがとう) ・ "Thank you for your concern. "(心配してくれてありがとう) ・ "I appreciate your concern. "(心配してくれたことに感謝します) 詳しくは「お悔やみの言葉 英語」のページへ 2-2)お悔やみメールへの返信 文例・例文 メールはあくまでも略式なのですが、親しい間柄の相手からお悔やみ状の代わりとしてお悔やみメールが届くことがあります。 お悔やみメールが届いた場合の返信の例文を紹介します。 ・メールありがとう。 おかげで元気が出ました。 ・心配してくれてありがとう。 細やかなお気遣いに涙が出ました。 ・メールありがとう。 お知らせできずにすみませんでした。 葬儀ではバタバタしていましたが、今は少し落ち着いたところです。 お気遣いに感謝します。 ありがとうございました。 ・メールありがとう。 やっぱり友達はありがたい…と心から思いました。 おかげさまで葬儀も無事終わりました。 お気遣いに感謝します。 ありがとうございました。

次の

「お悔やみ申し上げます」への返事はなんて言えばいいのか解説します

お悔やみ の 言葉 返事

訃報が届いたときや葬儀に参列したときには、お悔やみの言葉を伝えます。 お悔やみの言葉には、 故人の死に対する悲しみや 故人の親族に対する気遣いが込められています。 お悔やみの言葉の伝え方は様々ですが、近年ではメールを使うこともあります。 メールでお悔やみの言葉を送る場合には、どのように伝えることができるのでしょうか。 今回は、訃報に対するお悔やみの言葉の伝え方とお悔やみの言葉に対する返事の伝え方についてご紹介していきます。 お悔やみの言葉に関するマナーをご紹介した上で、英語でのお悔やみの言葉の伝え方・返事の仕方までご紹介します。 葬儀の価値観が変化する中で、葬儀の形式や訃報の伝え方が多様化しています。 新しい形式に変わりつつも、守らなければならないマナーはあります。 メールなどを使う場合のマナーに不安のある方は、参考にしていただければ幸いです。 お通夜や葬儀には、参列者の方が来場されます。 喪主やご遺族の方は会場で参列者の方と挨拶をする場面があり、そこでお悔やみの言葉を頂くことが多いです。 対面でお悔やみの言葉を伝える場合は、 参列・弔問への感謝と お悔やみの言葉への感謝を伝えます。 お悔やみの言葉の返事の具体例は、「ご丁寧にありがとうございます。 」や「お忙しい中お越しいただきありがとうございます。 」などがあります。 仲の良い友人と対面する場合は、もう少し楽に話しても問題ありません。 友人と話す場合も、参列への感謝は述べるようにしましょう。 また、香典受け取りを担当する方もお悔やみの言葉を頂くことがあります。 多くの場合、香典を渡す際にお悔やみの言葉を伝えます。 その場合も丁寧に返事をするようにしましょう。 「恐れ入ります。 」など簡潔に返事をすると良いでしょう。 訃報を連絡する場合には、まず電話で連絡をとります。 電話で連絡が取れなかった場合や相手の都合が悪い場合にはメールで訃報を伝えることがあります。 訃報の返事をメールで頂いた場合、お悔やみの言葉をメールで返信します。 メールでの返信は、件名と本文があります。 件名には「お気遣いいただきありがとうございます。 」や「御弔意感謝いたします。 」などと書き、 件名はメールの内容が伝わるようにしましょう。 メールの本文は以下のような例文があります。 「この度は、お気遣いいただきありがとうございます。 おかげさまで葬儀を無事終了することができました。 この度はご迷惑をおかけして申し訳ございません。 」 メールの言葉遣いは、送信する相手によって使い分けをしましょう。 友人や会社の同僚の場合は、最低限のマナーを守りつつ自由に書いても良いですが、取引先の相手や上司の場合には丁寧な文章を書くように心がけましょう。 また、 メールで送る場合は紙に一度書き起こしてみると、丁寧な文章を書くことができます。 葬儀に参列した場合には、2回ほどお悔やみの言葉を伝える機会があります。 葬儀の会場に着いたらまず受付に行きます。 受付を済ませたら、香典を渡します。 香典を渡す際に、一般的にお悔やみの言葉を一言添えて渡します。 お悔やみの言葉は、「ご愁傷様です。 」や「お悔やみ申し上げます。 」など簡潔に済ませましょう。 会場で喪主やご遺族の方とあった場合にも、お悔やみの言葉を伝えます。 お悔やみの言葉は、「お悔やみ申し上げます。 」や「この度はご愁傷様です。 」などと伝えましょう。 交友が深い場合は、「突然のことで大変ですね。 どうか気を落とさないで。 」など寄り添う言葉を伝えるとよいでしょう。 また、お悔やみの言葉を伝える際には声のトーンに注意しましょう。 ご遺族は大切な方を亡くされて深く悲しみを感じています。 そのため、 普段より声のトーンを落として話すようにしましょう。 お悔やみの言葉を伝える際には、末尾は聞こえない程度の大きさでもよいです。 故人と親しい関係にある方や会社の上司である場合には、すぐに訃報を受け取る場合はあります。 多くの場合は、電話で訃報を受け取るためその場でお悔やみの言葉を伝えます。 お悔やみの言葉を伝える場合には、「ご愁傷様です。 」などと述べるようにしましょう。 合わせて 訃報を伝えてくれたことへの感謝も述べるとよいでしょう。 注意すべき点として、 故人の死因などは尋ねないようにしましょう。 悲しみに暮れている中で訃報の連絡をしているご遺族の方に配慮することが大事です。 また、訃報の連絡を受け取る際に葬儀の日時と会場を聞いておくと良いでしょう。 突然の連絡なので準備はできませんが、手元にメモ帳を用意できる場合は用意します。 電話を切る際には、改めて訃報を伝えてくれたことに対する感謝を伝えてから切るようにしましょう。 電話を切るタイミングは、ご遺族の方が切るのを待ってから切ります。 受話器の場合は、静かに置くようにしましょう。 お悔やみの言葉を伝える際にメールを使うことは可能です。 ご遺族は葬儀の準備や周知をするため、連絡を取る時間がない場合があります。 電話での連絡ができなかった場合や、メールで連絡を頂いた場合は、メールで連絡するようにしましょう。 メールで連絡をする場合には、いくつか注意点があります。 まず注意すべき点として、一度文章を文字に起こしてみることがあげられます。 お悔やみのメールは、言葉選びを間違えると相手を傷つけてしまうことがあります。 そのため、一度落ち着いて文章を考えることが大切です。 また葬儀に関わる場面では、使ってはいけない 忌み言葉というものがあります。 忌み言葉とは、繰り返しを表す「たびたび」や「重ね重ね」、死に関する言葉などがあります。 メールで連絡する場合には、このような忌み言葉を使わないようにしましょう。 メール本文を書き終えた際は、 メール末尾に「返信不要」の旨をつけて締めると良いでしょう。 ご遺族は、葬儀を終えるまで悲しみに暮れる中で忙しく動いています。 ご遺族への気遣いを込めて、返信不要の旨を伝えておくととても丁寧です。 件名には、 誰から送られてきたのかわかるように名前を入れておきます。 メール本文の例文は、以下のようになります。 本来であれば、直接弔問してお伝えすべきところ、略儀ながらメールにて失礼いたします。 改めて、心よりご冥福をお祈りいたします。 」 会社や取引先の方にお悔やみメールを送信する際には、友人よりも硬い表現を使って文章を考えましょう。 また、この場合もできるだけ簡潔な文章を意識します。 お悔やみの言葉を英語で伝えるには、難しい単語を使う必要はありません。 一番聞きなれた言葉でお悔やみの言葉を表すと、「 I'm so sorry. 」で表すことができます。 sorryには謝罪の意味もありますが、「残念に思う」という意味もあります。 そのため、I'm so sorry. でお悔やみを伝えることができます。 その他にも「I don't know mhat to say. 」や「My condolences to you. 」のようにつたえることができます。 突然の連絡で動揺するなか英語で伝えることは難しいですが、事前にいくつか知っておくと英語でも伝えられることができます。 condolences お悔やみ は葬儀全般で使うことができる単語なので、覚えておくと便利です。 友人や関係者に外国の方がいる場合は、英語でお悔やみの言葉をもらうことがあります。 お悔やみの言葉に対して英語で返事をする場合にも、簡単な英語で表現をすることができます。 英語でのお悔やみの言葉に対する返事には、「Thank you for your kindness. 」と表すことができます。 一番シンプルな表現は、 「Thank you. 」です。 英語でも日本語と同様に簡潔に返事をすることを意識しましょう。 形式的な表現はもちろん存在しますが、簡単な表現を一つ覚えておくといざというときに使えるため便利です。 また英語でお悔やみの言葉を頂いた場合でも、お礼を述べることを覚えておけば返事をすることができるでしょう。

次の