ゲゲゲ の 鬼太郎 チン。 珍妖怪、南方より来たる!『ゲゲゲの鬼太郎』第84話に登場の妖怪・チンさん役は杉田智和

「ゲゲゲの鬼太郎」杉田智和が南方妖怪・チンさん役で出演! 第84話先行カット

ゲゲゲ の 鬼太郎 チン

Contents• ゲゲゲの鬼太郎! 第84話の「外国人労働者チンさん」のネタバレ 南方の山奥で、とある妖怪がある事を決意する。 日本に向かい故郷の村の為に働こうと・・・ 「オレ、みんなに楽チンな生活させたい! 」というそんな妖怪の名はとは!? 三本の生殖器から噴射や風ジェットを出して、空を飛びます。 ガス爆発級のオナラを出して空を飛ぶこともあります。 下ネタがそのまま妖怪として具現化したような存在で、トリビアの泉で「恥ずかしい名前」と紹介されたこともあります。 「ゲゲゲの鬼太郎」第3期の劇場版では、終盤で衝撃的なワンシーンを炸裂させました。 攻撃方法も、口からリング状の「ポービーム」なるものを吐き出すように変更されています。 オナラはアニメでも描かれています。 南方妖怪たちと鬼太郎たちの戦いの行方は!?妖怪横丁を南国化してもらった 「ゲゲゲの鬼太郎」第5期第71話では、南方妖怪五人衆が、日本に上陸して日本を南国化していきます。 南方妖怪五人衆は、東京を南国化しようと企てますが、誤って北海道に到着します。 雪男たちに北海道だと教えられた南方妖怪五人衆は、雪男たちを倒します。 北海道にヤシの木を植えた南方妖怪五人衆は、雪男たちを従えて南国気分を満喫します。 そこに、鬼太郎が目玉おやじとネコ娘を連れて調査にやって来ました。 南方妖怪五人衆は、鬼太郎たちに襲いかかり、妖怪樹脂で固めてしまいます。 事の成り行きに心を痛めたのが、妖怪大運動会で鬼太郎と仲良くなったアカマタでした。 アカマタは、南方妖怪たちをごまかして鬼太郎たちを持ち出します。 鬼太郎は南方妖怪たちと戦いますが、一計を案じて妖怪横丁を南国化してもらい、南方妖怪たちと宴会を繰り広げました。 スポンサーリンク 南方妖怪一覧と特徴!チンさんの他にはどんな妖怪がいたのか? 南方妖怪五人衆の中で、特に印象的なのが「アカマタ」と「やし落とし」です。 「アカマタ」は、国内・国外の両勢として別個に登場することもあります。 南方妖怪たちは、徒党を組んで日本を襲撃しますが、アカマタは単独行動を取ることがあります。 アカマタは、ほかの生物や妖怪に寄生する能力を持つ赤い顔の妖怪です。 「ゲゲゲの鬼太郎」第4期以降は、人間型の姿が基本となります。 アニメ第5期では蛇の要素が強調されています。 「やし落とし」は、頭にヤシの木が生えています。 そのヤシの木から実を落として攻撃します。 第5期ではデフォルメが進み、言葉を話さなくなっています。 肌の色はシリーズごとに大きく異なっています。 「キジムナー」は、ガジュマルの木の精で、ヒヨコのような姿をしています。 作品ごとに姿は大きく異なり、喋るのはリーダーのみです。 第4期では空を飛び、火を吹いていました。 「シーサー」は、南方妖怪の中では珍しく、一貫して鬼太郎の味方です。 なお、南方妖怪に厳密には含まれないものの、第4期で南方妖怪とつながりがあるように描かれていたのが「大海獣」です。 大海獣は、巨大な海獣です。 ゲゲゲの鬼太郎! 第84話の「外国人労働者チンさん」の感想 貧しい村。。。 一人の妖怪が豊かな日本に行き、貧しい村を救う決意をする。 日本に驚く妖怪チン 日本に来た妖怪チンは、日本の裕福さに驚く!? 食べ物はおいしく水は無料。 そんな中、飲食店で店員に絡む客をぶっ飛ばすのだが。。。 あまりにも無茶苦茶な行動に、警察に逮捕されてしまう。 事情聴取をするもなんとも言えない回答に、警察も困ってしまう! そんな中、鬼太郎が身元引き受け人としてやってくる。 妖怪は自分の名前を話そうとするも「チン」の後、口を封じられてしまう。 しかも全裸のチンに服を着る様に話すも抵抗をする。 なんとか布を一枚股間にあて、釈放となるのだが。。。 妖怪チンが語る自分の村の事 チンは自分の村が貧しい事を話、日本でお金を稼ぐ事を望むも全裸では捕まってしまうので、布を取らない様に約束をする。 そしてチンは早速面接に望みに向かう。 その姿はほぼ全裸で。。。 しかしことごとく不採用!? しかも「チン」の後、名前を言うだけで不採用に。 まなは名前を言うだけで落とされる事を不思議に思い訪ねると、なぜか皆が名前を聞くのを食い止める。 そして次の面接は本名ではなく通称名「チン」で面接に向かうと、あっさりと合格に!? 服を着て一生懸命働くチンさん チンさんは一生懸命働いた。 そんな中、外国人だけは残業をして働けと上司の日本人が命令する。 一緒に働く外国人労働者は、そんな現状を受け入れるしか無かった!? チンさんは日本がストレス社会だと言い、次第にチンさんもストレスが溜まって行く。 鬼太郎に相談すると別の所で働くか?我慢する言うのだが、チンさんはどこか納得がいかない。 村の為に働くチンさんだが、怒りが一向に収まらないでいた。 そんな中、まなが就職祝いでお菓子を持ってくる。 まなの優しさに触れもう一度頑張る決意をするのだが。。。 給料を貰うチンさんだが!? 初めての給料日、求人の金額と違う事に頭に着たチンさんだが、遂にブチキレて手を出そうとする。 しかしまなの事が脳裏に浮かび、拳を引っ込める。 一緒に働くパウロに、安い賃金で働く理由を尋ねると、大学に通うという夢を語る。 そんな中、パウロは体調不良から遂に倒れてしまう。 病院に連れて行こうとするも、職場の仲間達は誰も手を貸そうとしない。 それ所か逆に働けと暴言と暴力でチンさん達を追いつめていく。 遂にブチキレたチンさんは、遂に手を出してしまう。 チンさん最大のピンチ ブチキレたチンさんは、遂に手を出してしまう。 その様子がSNSにアップされてしまう。 ブチキレたチンさんは、自分たちがやられる前にやってしまおうとすると、まなが駆けつける。 まなはチンさんを大切な友人だと思い、駆けつけたのだ! チンさんはまなの言葉に改心し、職場の上司もチンさん達の事を虐めないと約束する。 そして新たな職場に向かいチンさんは旅立つ。 村が豊かになったら、もう一度会いに来る約束をし、次の職場へと向かうのだった。 結局まなは「チン」さんの本名を聞けずに別れる事になった。 スポンサーリンク.

次の

珍妖怪、南方より来たる!『ゲゲゲの鬼太郎』第84話に登場の妖怪・チンさん役は杉田智和

ゲゲゲ の 鬼太郎 チン

「オレ、村のみんなに楽チンな生活させたい!」 日本に降り立ったチンさんだったが、全裸を理由に捕まってしまう。 しかし、鬼太郎(声:沢城みゆき)と共にやって来たまな(声:藤井ゆきよ)がタオルを渡すことで、事なきを得る。 彼は腰にタオルを巻いて懸命に仕事先を探す。 そんな努力の末に、とある職場に採用され、チンさんはまなと共に喜ぶ。 しかし新しい職場で働く外国人たちに笑顔はない。 その理由を知った時、チンさんは怒り、腰に巻いたタオルに手をかける!? 果たしてその結末は!? そしてチンさんの本名とは……!? 】 貧しい村にチンさんが居ると、日本は豊かだと知り、村のみんなに楽チンな生活させたいと決意。 日本のラーメン屋「珍沈鎮」でラーメンを食べるチンさんは、美味しくて水もタダだと喜ぶが、そこで水が無くなった客に水を入れる店員を見て客に水がかかって服が汚れて怒る姿を目撃してしまう。 『服汚れたくらいで暴力よくない』と言ってチンさんはその客を追い出すが、服も着てねえ奴に言われたくないと言ってその客は逃げてくのだった。 そんななか、偶然歩いていたまなはもしかして妖怪かと思うが、チンさんは警官が来て捕まり調布駅前交番に連れて行かれる。 そこで名前を聞く警官に『チン…』と言うと電話が鳴り出す。 住所は南方だと聞き、もう一度名前を聞くと『チン…』と言うため怒りに任せて電話に出る警官。 すると身元引き受け人が見つかったと聞き、鬼太郎がチンさんを迎えに来ます。 ねこ娘とまなも一緒で名前を聞くまなに応えようとするチンさんだが、警官が止めに入る。 鬼太郎は目玉おやじに確認すると、 『チン……チン……』 と考えては、珍妙な名前だった気がするが思い出せないと答え、ホッとするねこ娘。 チンさんは悪い奴をやっつけただけなぜ捕まると言うと目玉おやじが裸はイカンと力説。 日本では裸で人前に出るなど言語道断。 非常に重たい罪に問われるのじゃと言うのですが。 (親父さんは…(笑)) そんななか、チンさんが動くとまなに見せないようにする一同は、チンさんが生まれたままの姿だと聞いて赤面するまなだった。 それから、せめて何か履きなさいと言われると、俺の国では普通なのにと言うチンさん。 そんなチンさんにまなは、きっと悪い人じゃありませんと言って腰に巻くためのタオルを渡します。 その後、話を聞く鬼太郎たちは、チンさんの村はとても貧乏で綺麗な水も少なく食べ物もたくさん取れないことを知る。 みんなに楽チンな生活をさせたいため日本で金を稼ぐチンさんだった。 だが、もうタオルを取っちゃダメだよ、また捕まっちゃうからとまなに言われると約束するチンさん。 鬼太郎はそんなチンさんをどうしようか相談と…チンさんは明日、面接に行くと言うため気を付けろよというのでした。 翌日、面接に行くチンさん。 面接官が名前を聞くと『チン……』と答えてはハトがポッポッポーと鳴く…。 結果は不採用。 次々と不採用。 なんと20社連続不採用。 自分の名前を言っただけで落とされると聞き、まなは名前で落とされるなんておかしくない?と言うが、ねこ娘は頬を赤らめつつ、それは……と困惑。 そんななか、まなは改めて名前を聞こうとするが、よく聞き取れず、チンさんだと呼ぶと、ねこ娘がチンさんで面接を受けてみたらとアドバイス。 目玉おやじもいい考えじゃとし通称名で働いている外国人もおるしのうと助言。 それから、まなも一緒に仕事を探してあげるよと言うと、後日チンさんは面接に受かります。 これには、名前変えただけで受かるんだとねこ娘もビックリ! チンさんは、まなのおかげだと言うと、まなは理由なんてないよ、頑張ってる人って応援したくなるじゃんと言い鬼太郎もチンさんを応援する事にします。 そしてチンさんはいよいよ仕事を開始。 だが、同僚のパウロの顔色が悪く手伝うことに。 終業時間にパウロと帰ろうとし、仕事がもう終わりだと言うチンさんに、何サボっているのだと責任者と思われる大黒田に怒鳴られてしまう。 チンさんはもう5時、日本人は帰っているのになぜ俺たち働くと抗議。 すると大黒田はお前らは帰れない、徹夜してでも働けと言うためチンさんはそんなことしてもスピード落ちるだけ、明日やった方が効率的だと反論。 それに対して、生意気抜かすな、嫌なやめろと言われるとチンさんは嫌じゃないと言い、パウロが止めに入るとチンさんは残業を追加されてしまうのだった。 パウロは無駄だよ、僕たちは黙って働くしかないと言うため、チンさんはお前もおかしいと思ってるだろと聞くのだが…。 それから夜遅くに鬼太郎の家に行くと、日本はストレス社会だと嘆くチンさん。 あそこのやり方はおかしいと言うと、目玉おやじも外国人というだけでそんな目にあわされるなんてのうと心配。 チンさんは鬼太郎にどう思うか聞くと、鬼太郎はそんな愚かなやつの相手なんかしていてもしょうがないから別の所を探すか我慢するしかないんじゃないかなと言う。 また後日、村の為に働くチンさんは責任者には腹を立てている。 そこにチンさんを見かけたまなが声をかけると渡したい物があるんだと言って、南方の妖怪だから、南国フルーツグミとちんすこうを渡す。 就職祝いというほど大したものじゃないけどこれを食べて頑張ってねと言うまなに感謝するチンさんは、怒らない、挫けない、頑張ると決めて職場へ。 しかし、初めての給料日… 頑張って働いたから楽しみだと言うチンさんに渡されたのは2200円。 これには少なすぎると抗議し、求人情報に載っていたのと違うと言って賃上げを要求するチンさん。 だが話を聞かない大黒田に殴りかかろうとするとパウロが止めに入り、まなの応援も頭をよぎるため止める。 そんなチンさんに向かって大黒田は金がもらえるだけ有難く思えと言ってチンさんを投げ飛ばすのだった。 その後、パウロはチンさんにコーヒーを貰い、チンさんは日本人より働いているのに給料が安いと嘆く。 そこでパウロに何故我慢できるのか聞くと、パウロはこの国では僕たちみたいな外国人が働ける場所が少ないがそれでもやっていけるのは夢があるからだと語る。 パウロは早く沢山のお金を稼ぎたい、国に帰って大学に通って勉強したいと語るとチンさんにも夢があるだろうと、お互い夢のために頑張ろうと言う。 けれどもパウロは咳き込んでおり弱々しい姿。 それからも仕事は続くと、パウロは凄い熱で倒れ込んでしまい、チンさんは誰か病院にと頼むが誰も助けてくれない。 パウロが熱だと主張するが、『知るか、働け、それが出来なければ死ね』と言われてしまう。 これに怒るチンさんは大黒田の胸ぐらを掴むが、ビザとパスポートが失効しても良いのかと脅される。 そして逆に、外国人は黙って働いていれば良いと投げ飛ばされてしまうため、ゴメンと謝るチンさん。 約束破ると言っては服を脱ぎ捨てて殴りかかるため、工場の人間たちも束なって立ち向かってきて、チンさんは鎮魂歌だと言って暴走。 そんななか、鬼太郎が平和ですねと和んでいるとねこ娘がやってきてネットニュースを見せる。 そこには「珍事件発生!?裸の男が50人を連続暴行」とチンさんの記事があり、ネットニュースを見たまなも急いでチンさんのもとに走る。 鬼太郎がチンさんのもとに着くと、大黒田に迫るチンさんに何故こんな事をしたのか聞く。 さらに、まなが到着すると、暴力はダメだよと言うが、チンさんは友達が侮辱された暴力を振るわれたと説明。 まなは、だからってその人を傷つけて良いことにならないよと言うとチンさんが何故止めると言うので、まなは友達だからと答える。 村の為に頑張るチンさんを見て友達になりたいと思った。 これからもっと仲良くなりたいと思っているとまなが言い、これ以上は取り返しがつかなくなるからもう怒らないで、人間を嫌いにならないでと説得するとチンさんは大人しくなるのでした。 そして鬼太郎が彼らを傷付けないと約束しますかと、大黒田に言うと、大黒田は約束しますと言って逃げてくのだった…。 それからチンさんは、もっと楽しく稼げると思った、もっとみんなと仲良くできると思っていた。 でも優しくしてくれる人にも出会えた、まなに出会えたと感謝すると、勇気と力を貰ったと言ってこの国も人間も嫌いにはならないと誓います。 それを聞き、目玉おやじは『まなちゃんやチンさんのように世界中がみんなに少しでも歩み寄ろうとする心があれば争いも起こらんのにのお』と呟くのでした。 その後、パウロは入院しチンさんはお見舞いに。 ブラック物流倉庫は労働基準法違反で閉鎖へ。 チンさんは少し遠いけど日本で違う職場を見つけたと言うとまなたちとお別れをすることに。 チンさんは給料で買ったとマフラーをまなにプレゼントすると、タオルのお礼だと言って旅立って行きます。 そんなチンさんに、まなは最後に本当の名前を聞くも、飛行機の音にかき消され結局聞けずじまい。 それで良かったと言うねこ娘と、チンさんが心配な鬼太郎を尻目に、空には虹が三本も出て珍妙なことが!! チンさんの未来を祝福しているようだった…。 という事で今回は「チンさん」のお話! 原作では「鬼太郎の世界お化け旅行」に登場! 今作では結局最後まで本当の名前は明かされませんでしたが「チンポ」ですね! 水木しげる先生が創作したオリジナル妖怪で自画自賛された程の力作と言われてます。 6期オープニングの運動会の綱引きシーンでずっと出ていましたが、あそこは丸毛が上手いこと隠しているという(笑)マンを辞して本編登場です! アニメでは基本的に南方妖怪として登場しており、第3期では劇場版第1作目『妖怪軍団』にて登場。 こちらはチンポ表記。 今回のAパートアイキャッチに使われている絵がこの作品。 三連チンポ噴射という技を披露していましたが、今回のラストに出た三本の虹はそれの名残かオマージュに思います。 ちなみに、こちらのチンポとは別に3期劇場版『激突!! 異次元妖怪の大反乱』には高僧チンポというのも出てます。 4期も劇場版『大海獣』での登場で名前はそのまま。 こちらはこちらで面白い作品。 ちなみに4期のチンポの声優は6期ねずみ男の古川登志夫さんだったりする(笑) 5期では第71話『南方妖怪日本上陸!! 』に登場し、名前は「ポ」に改められました。 やはりこの辺りの年代から厳しくなったのか……。 そんななか今回の第6期では南方妖怪の仲間と一緒ではなくチンさんオンリーに珍妙な物語となってました! チンさんの声優が杉田智和さんなのも今の年代の人には銀魂ネタを彷彿させるからでしょうか?とってもユニークでありつつ意外にも硬派なキャラで好印象になりました。 市川十億衛門さんの脚本という事もありとんでもなくギャグ回かと思っていたら意外にも社会派な話で更にまなちゃんとの友情も芽生える。 名前がアレだからって関係ない頑張る妖怪の生き様に心打たれました! それとは別に頑なにチン…の後をテレビでは言わせないように演出したり、股間を出さないように試行錯誤された演出が素晴らしいです!! ついでにポイント3倍と歌っていたのは5期ねこ娘の今野宏美さんなのも(笑) ちなみに、給料が2200円なのは「鬼太郎の世界お化け旅行」でドラキュラから貰う報酬がソレだったという。 さて、外国人労働者が働きすぎで効率が悪くなる問題。 これは、外国人とか関係なく日本人の働き方の問題も大きいですね。 それと外国人が働ける場所が少ない問題に関しては日本人の働ける場所も制限があったり、年齢や性別や障害の有無などさまざまな壁があるのも事実。 中には頑張って資格を取ったりしても過酷な労働環境や人間関係に恵まれないなどの可能性もあります。 それとは別に今回問題となっていたのは労働時間と給料のバランス。 現実に外国人労働のこういった実態が明らかになってますので問題ではありますね。 ただこれらは必ずしも日本だからとか、日本人か外国人の違いでは無く、根本的な働き方と労働者に対する姿勢の改善など様々な要因があると思いますので一概に答えを出すのは難しいと感じました。 それから、通称名など名前なんて関係ないという話もありましたが、昨今では日本生まれや日本育ちの海外の血筋も当たり前になってきてパッと見ではなんとも言えない時代にもなっています。 名前だけで判断してはいけないということでしょう。 ちなみに日本人でも理由があれば名前を変える事は可能です。 近年ではキラキラネームなどもありそれで就活に響くなんて事もありますので。 ただ市町村によって違うので難しいところと簡単なところの差があります。

次の

珍妖怪、南方より来たる!『ゲゲゲの鬼太郎』第84話に登場の妖怪・チンさん役は杉田智和

ゲゲゲ の 鬼太郎 チン

「オレ、村のみんなに楽チンな生活させたい!」 日本に降り立ったチンさんだったが、全裸を理由に捕まってしまう。 しかし、鬼太郎(声:沢城みゆき)と共にやって来たまな(声:藤井ゆきよ)がタオルを渡すことで、事なきを得る。 彼は腰にタオルを巻いて懸命に仕事先を探す。 そんな努力の末に、とある職場に採用され、チンさんはまなと共に喜ぶ。 しかし新しい職場で働く外国人たちに笑顔はない。 その理由を知った時、チンさんは怒り、腰に巻いたタオルに手をかける!? 果たしてその結末は!? そしてチンさんの本名とは……!? 】 貧しい村にチンさんが居ると、日本は豊かだと知り、村のみんなに楽チンな生活させたいと決意。 日本のラーメン屋「珍沈鎮」でラーメンを食べるチンさんは、美味しくて水もタダだと喜ぶが、そこで水が無くなった客に水を入れる店員を見て客に水がかかって服が汚れて怒る姿を目撃してしまう。 『服汚れたくらいで暴力よくない』と言ってチンさんはその客を追い出すが、服も着てねえ奴に言われたくないと言ってその客は逃げてくのだった。 そんななか、偶然歩いていたまなはもしかして妖怪かと思うが、チンさんは警官が来て捕まり調布駅前交番に連れて行かれる。 そこで名前を聞く警官に『チン…』と言うと電話が鳴り出す。 住所は南方だと聞き、もう一度名前を聞くと『チン…』と言うため怒りに任せて電話に出る警官。 すると身元引き受け人が見つかったと聞き、鬼太郎がチンさんを迎えに来ます。 ねこ娘とまなも一緒で名前を聞くまなに応えようとするチンさんだが、警官が止めに入る。 鬼太郎は目玉おやじに確認すると、 『チン……チン……』 と考えては、珍妙な名前だった気がするが思い出せないと答え、ホッとするねこ娘。 チンさんは悪い奴をやっつけただけなぜ捕まると言うと目玉おやじが裸はイカンと力説。 日本では裸で人前に出るなど言語道断。 非常に重たい罪に問われるのじゃと言うのですが。 (親父さんは…(笑)) そんななか、チンさんが動くとまなに見せないようにする一同は、チンさんが生まれたままの姿だと聞いて赤面するまなだった。 それから、せめて何か履きなさいと言われると、俺の国では普通なのにと言うチンさん。 そんなチンさんにまなは、きっと悪い人じゃありませんと言って腰に巻くためのタオルを渡します。 その後、話を聞く鬼太郎たちは、チンさんの村はとても貧乏で綺麗な水も少なく食べ物もたくさん取れないことを知る。 みんなに楽チンな生活をさせたいため日本で金を稼ぐチンさんだった。 だが、もうタオルを取っちゃダメだよ、また捕まっちゃうからとまなに言われると約束するチンさん。 鬼太郎はそんなチンさんをどうしようか相談と…チンさんは明日、面接に行くと言うため気を付けろよというのでした。 翌日、面接に行くチンさん。 面接官が名前を聞くと『チン……』と答えてはハトがポッポッポーと鳴く…。 結果は不採用。 次々と不採用。 なんと20社連続不採用。 自分の名前を言っただけで落とされると聞き、まなは名前で落とされるなんておかしくない?と言うが、ねこ娘は頬を赤らめつつ、それは……と困惑。 そんななか、まなは改めて名前を聞こうとするが、よく聞き取れず、チンさんだと呼ぶと、ねこ娘がチンさんで面接を受けてみたらとアドバイス。 目玉おやじもいい考えじゃとし通称名で働いている外国人もおるしのうと助言。 それから、まなも一緒に仕事を探してあげるよと言うと、後日チンさんは面接に受かります。 これには、名前変えただけで受かるんだとねこ娘もビックリ! チンさんは、まなのおかげだと言うと、まなは理由なんてないよ、頑張ってる人って応援したくなるじゃんと言い鬼太郎もチンさんを応援する事にします。 そしてチンさんはいよいよ仕事を開始。 だが、同僚のパウロの顔色が悪く手伝うことに。 終業時間にパウロと帰ろうとし、仕事がもう終わりだと言うチンさんに、何サボっているのだと責任者と思われる大黒田に怒鳴られてしまう。 チンさんはもう5時、日本人は帰っているのになぜ俺たち働くと抗議。 すると大黒田はお前らは帰れない、徹夜してでも働けと言うためチンさんはそんなことしてもスピード落ちるだけ、明日やった方が効率的だと反論。 それに対して、生意気抜かすな、嫌なやめろと言われるとチンさんは嫌じゃないと言い、パウロが止めに入るとチンさんは残業を追加されてしまうのだった。 パウロは無駄だよ、僕たちは黙って働くしかないと言うため、チンさんはお前もおかしいと思ってるだろと聞くのだが…。 それから夜遅くに鬼太郎の家に行くと、日本はストレス社会だと嘆くチンさん。 あそこのやり方はおかしいと言うと、目玉おやじも外国人というだけでそんな目にあわされるなんてのうと心配。 チンさんは鬼太郎にどう思うか聞くと、鬼太郎はそんな愚かなやつの相手なんかしていてもしょうがないから別の所を探すか我慢するしかないんじゃないかなと言う。 また後日、村の為に働くチンさんは責任者には腹を立てている。 そこにチンさんを見かけたまなが声をかけると渡したい物があるんだと言って、南方の妖怪だから、南国フルーツグミとちんすこうを渡す。 就職祝いというほど大したものじゃないけどこれを食べて頑張ってねと言うまなに感謝するチンさんは、怒らない、挫けない、頑張ると決めて職場へ。 しかし、初めての給料日… 頑張って働いたから楽しみだと言うチンさんに渡されたのは2200円。 これには少なすぎると抗議し、求人情報に載っていたのと違うと言って賃上げを要求するチンさん。 だが話を聞かない大黒田に殴りかかろうとするとパウロが止めに入り、まなの応援も頭をよぎるため止める。 そんなチンさんに向かって大黒田は金がもらえるだけ有難く思えと言ってチンさんを投げ飛ばすのだった。 その後、パウロはチンさんにコーヒーを貰い、チンさんは日本人より働いているのに給料が安いと嘆く。 そこでパウロに何故我慢できるのか聞くと、パウロはこの国では僕たちみたいな外国人が働ける場所が少ないがそれでもやっていけるのは夢があるからだと語る。 パウロは早く沢山のお金を稼ぎたい、国に帰って大学に通って勉強したいと語るとチンさんにも夢があるだろうと、お互い夢のために頑張ろうと言う。 けれどもパウロは咳き込んでおり弱々しい姿。 それからも仕事は続くと、パウロは凄い熱で倒れ込んでしまい、チンさんは誰か病院にと頼むが誰も助けてくれない。 パウロが熱だと主張するが、『知るか、働け、それが出来なければ死ね』と言われてしまう。 これに怒るチンさんは大黒田の胸ぐらを掴むが、ビザとパスポートが失効しても良いのかと脅される。 そして逆に、外国人は黙って働いていれば良いと投げ飛ばされてしまうため、ゴメンと謝るチンさん。 約束破ると言っては服を脱ぎ捨てて殴りかかるため、工場の人間たちも束なって立ち向かってきて、チンさんは鎮魂歌だと言って暴走。 そんななか、鬼太郎が平和ですねと和んでいるとねこ娘がやってきてネットニュースを見せる。 そこには「珍事件発生!?裸の男が50人を連続暴行」とチンさんの記事があり、ネットニュースを見たまなも急いでチンさんのもとに走る。 鬼太郎がチンさんのもとに着くと、大黒田に迫るチンさんに何故こんな事をしたのか聞く。 さらに、まなが到着すると、暴力はダメだよと言うが、チンさんは友達が侮辱された暴力を振るわれたと説明。 まなは、だからってその人を傷つけて良いことにならないよと言うとチンさんが何故止めると言うので、まなは友達だからと答える。 村の為に頑張るチンさんを見て友達になりたいと思った。 これからもっと仲良くなりたいと思っているとまなが言い、これ以上は取り返しがつかなくなるからもう怒らないで、人間を嫌いにならないでと説得するとチンさんは大人しくなるのでした。 そして鬼太郎が彼らを傷付けないと約束しますかと、大黒田に言うと、大黒田は約束しますと言って逃げてくのだった…。 それからチンさんは、もっと楽しく稼げると思った、もっとみんなと仲良くできると思っていた。 でも優しくしてくれる人にも出会えた、まなに出会えたと感謝すると、勇気と力を貰ったと言ってこの国も人間も嫌いにはならないと誓います。 それを聞き、目玉おやじは『まなちゃんやチンさんのように世界中がみんなに少しでも歩み寄ろうとする心があれば争いも起こらんのにのお』と呟くのでした。 その後、パウロは入院しチンさんはお見舞いに。 ブラック物流倉庫は労働基準法違反で閉鎖へ。 チンさんは少し遠いけど日本で違う職場を見つけたと言うとまなたちとお別れをすることに。 チンさんは給料で買ったとマフラーをまなにプレゼントすると、タオルのお礼だと言って旅立って行きます。 そんなチンさんに、まなは最後に本当の名前を聞くも、飛行機の音にかき消され結局聞けずじまい。 それで良かったと言うねこ娘と、チンさんが心配な鬼太郎を尻目に、空には虹が三本も出て珍妙なことが!! チンさんの未来を祝福しているようだった…。 という事で今回は「チンさん」のお話! 原作では「鬼太郎の世界お化け旅行」に登場! 今作では結局最後まで本当の名前は明かされませんでしたが「チンポ」ですね! 水木しげる先生が創作したオリジナル妖怪で自画自賛された程の力作と言われてます。 6期オープニングの運動会の綱引きシーンでずっと出ていましたが、あそこは丸毛が上手いこと隠しているという(笑)マンを辞して本編登場です! アニメでは基本的に南方妖怪として登場しており、第3期では劇場版第1作目『妖怪軍団』にて登場。 こちらはチンポ表記。 今回のAパートアイキャッチに使われている絵がこの作品。 三連チンポ噴射という技を披露していましたが、今回のラストに出た三本の虹はそれの名残かオマージュに思います。 ちなみに、こちらのチンポとは別に3期劇場版『激突!! 異次元妖怪の大反乱』には高僧チンポというのも出てます。 4期も劇場版『大海獣』での登場で名前はそのまま。 こちらはこちらで面白い作品。 ちなみに4期のチンポの声優は6期ねずみ男の古川登志夫さんだったりする(笑) 5期では第71話『南方妖怪日本上陸!! 』に登場し、名前は「ポ」に改められました。 やはりこの辺りの年代から厳しくなったのか……。 そんななか今回の第6期では南方妖怪の仲間と一緒ではなくチンさんオンリーに珍妙な物語となってました! チンさんの声優が杉田智和さんなのも今の年代の人には銀魂ネタを彷彿させるからでしょうか?とってもユニークでありつつ意外にも硬派なキャラで好印象になりました。 市川十億衛門さんの脚本という事もありとんでもなくギャグ回かと思っていたら意外にも社会派な話で更にまなちゃんとの友情も芽生える。 名前がアレだからって関係ない頑張る妖怪の生き様に心打たれました! それとは別に頑なにチン…の後をテレビでは言わせないように演出したり、股間を出さないように試行錯誤された演出が素晴らしいです!! ついでにポイント3倍と歌っていたのは5期ねこ娘の今野宏美さんなのも(笑) ちなみに、給料が2200円なのは「鬼太郎の世界お化け旅行」でドラキュラから貰う報酬がソレだったという。 さて、外国人労働者が働きすぎで効率が悪くなる問題。 これは、外国人とか関係なく日本人の働き方の問題も大きいですね。 それと外国人が働ける場所が少ない問題に関しては日本人の働ける場所も制限があったり、年齢や性別や障害の有無などさまざまな壁があるのも事実。 中には頑張って資格を取ったりしても過酷な労働環境や人間関係に恵まれないなどの可能性もあります。 それとは別に今回問題となっていたのは労働時間と給料のバランス。 現実に外国人労働のこういった実態が明らかになってますので問題ではありますね。 ただこれらは必ずしも日本だからとか、日本人か外国人の違いでは無く、根本的な働き方と労働者に対する姿勢の改善など様々な要因があると思いますので一概に答えを出すのは難しいと感じました。 それから、通称名など名前なんて関係ないという話もありましたが、昨今では日本生まれや日本育ちの海外の血筋も当たり前になってきてパッと見ではなんとも言えない時代にもなっています。 名前だけで判断してはいけないということでしょう。 ちなみに日本人でも理由があれば名前を変える事は可能です。 近年ではキラキラネームなどもありそれで就活に響くなんて事もありますので。 ただ市町村によって違うので難しいところと簡単なところの差があります。

次の