ハングアウト マイクが見つかりません。 【Windows】ハングアウトで自分の声が相手に届かない場合の解決方法

デスクトップアプリがカメラ・マイクにアクセスできるようにする

ハングアウト マイクが見つかりません

Chrome でアクセスしたサイトでカメラとマイクを使用することができます。 Chrome を開きます。 カメラとマイクを使用するサイトに移動します。 メッセージが表示されたら、[ 許可] または [ ブロック] を選択します。 許可したサイト: サイトではアクセス時に録音・録画を開始できます。 別の Chrome タブまたは別のアプリを使用している場合、サイトでは録音・録画を開始することはできません。 ブロックしたサイト: サイトによっては、ブロックすると利用できなくなる場合があります(ビデオ会議に参加できなくなるなど)。 Chrome を開きます。 右上のその他アイコン [設定] をクリックします。 下の [ 詳細設定] をクリックします。 [プライバシーとセキュリティ] の [ サイトの設定] をクリックします。 [ カメラ] または [ マイク] をクリックします。 [ アクセスする前に確認する] をオンまたはオフにします。 すでに行った例外や許可の設定を取り消すには、対象のサイトの右にある削除 をクリックします。 職場や学校で Chrome デバイスを使用している場合: ネットワーク管理者がカメラとマイクの設定を行っていることがあります。 その場合、この設定は変更できません。 Mac OS Mojave を使用していて、カメラまたはマイクがシステム設定で有効になっていない場合は、Chrome でカメラまたはマイクの使用許可を求められることがあります。 Chrome でカメラやマイクを使用するには、次のように操作します。 ダイアログで、[ "システム環境設定" を開く] を選択します。 カメラまたはマイクのアクセス許可をオンにします。 カメラ: [ カメラ] をクリック 「Google Chrome」の横のチェックボックスをオンにします。 マイク: [ マイク] をクリック 「Google Chrome」の横のチェックボックスをオンにします。 変更を保存するために今すぐ終了するかどうかを尋ねられた場合、保存するには [ 今すぐ終了] をクリックします。 Adobe Flash Player を使用しているサイトでも、マイクとカメラの使用許可を求められることがあります。 Flash によるカメラとマイクの使用を 許可または 拒否することができます。 マイク : 使用するマイクを選択したり、音量を調節したりできます。 カメラ : 使用するカメラを選択できます。 職場や学校で Chrome デバイスを使用している場合: ネットワーク管理者がカメラとマイクの設定を行っていることがあります。 その場合、この設定は変更できません。 マイクに関する問題を解決する マイクが機能しない場合は、次の手順をお試しください。 ステップ 1: ミュートになっていないことを確認する ヘッドセットを使用している場合は、コードに付いているミュート スイッチがオフになっていることを確認します。 また、ウェブサイト(Google ハングアウトや Skype など)でもミュートがオフになっていることを確認します。 ステップ 2: システムの設定を確認する デフォルトの録音デバイスとして正しいマイクが選択されていて、録音レベルが適切であることを確認します。 ステップ 3: 製造元に問い合わせる 上記を行っても問題が解決しない場合は、マイクの製造元にお問い合わせください。 カメラの問題を解決する ステップ 1: Chrome でサイトの権限を確認する カメラを使用するサイトにカメラへのアクセスを許可していることを確認します。 すべてのサイトにカメラの使用を許可することや、特定のサイトにのみ許可することができます。 ステップ 2: システムの設定を確認する 使用するカメラとレベルを適切に選択していることを確認します。 ステップ 3: Hangouts Meet に関する問題を解決する Hangouts Meet で問題が発生した場合は、をご覧ください。 ステップ 4: 通話とパソコンを再起動する• ビデオ通話を終了して再参加します。 パソコンを再起動します。 ステップ 5: 製造元に問い合わせる カメラの製造元に問い合わせます。

次の

Androidでハングアウトの着信音が鳴らない症状

ハングアウト マイクが見つかりません

進行中の健康危機と社会的距離の必要性を考えると、ビデオ会議アプリの使用が大幅に増加したことは当然のことです。 仕事でも、友人や家族との連絡でも、Googleハングアウトは従来の形式であり、Hangouts Meet for Businessであり、多くの人に人気のオプションです。 残念ながら、他のアプリやソフトウェアと同様に、ハングアウトには多くの問題があります。 いくつかの一般的な問題とそれらを修正するための回避策を見ていきます。 メッセージまたは通話の受信時に通知音が鳴らない ユーザーは、ハングアウトでメッセージまたは通話を受信したときに通知音を受信せず、このエラーが原因で重要なメッセージを見逃しました。 ハングアウトChrome拡張機能を使用すると、この問題はスマートフォンとPCまたはMacの両方で発生しました。 スマートフォンでこの問題が発生した場合、明らかに多くの人に有効であった単純な回避策があります。 Googleハングアウトの通知音の問題を修正します• アプリを開いて、左下隅にある3本の縦線のあるアイコンをタップします。 [設定]をタップしてから、プライマリアカウント名をタップします。 [通知]セクションで[メッセージ]を選択し、サウンド設定を開きます。 そのためには、最初に[詳細設定]をタップする必要がある場合があります。 通知トーンは「デフォルトの通知トーン」に設定できます。 その場合は、このセクションを開いて、アラームトーンを別のトーンに変更してください。 これで、期待どおりに通知を受け取るはずです。 着信の問題を解決するには、通知セクションでメッセージの代わりに着信を選択した後、同じ手順を繰り返します。 残念ながら、コンピューターでこの問題が発生した場合、同様の回避策はありません。 一部のユーザーは、Hangouts Chrome拡張機能を削除して再インストールするだけで問題が解決するようです。 カメラが機能しない ビデオ通話中にラップトップまたはPCのカメラが機能しない場合、かなりの数のユーザーがこの問題に直面します。 通常、アプリは「カメラが起動しました」というメッセージでハングします。 さまざまな人のために働いてきた多くの回避策があります。 残念ながら、一部はこの問題に直面し続けており、唯一の現実的な選択肢はソフトウェアの更新を待つことです。 ビデオハングアウト中のカメラの問題を修正しました• カメラの問題の修正はほとんどのGoogle Chromeアップデートの定期的な部分でした。 ブラウザーを最新バージョンに更新することが役立つと判断した人もいます。 一部のユーザーは、PCまたはラップトップに2つの統合された個別のグラフィックスカードがあるため、この問題に直面します。 たとえば、Nvidiaグラフィックカードを使用している場合は、Nvidiaコントロールパネルを開き、3D設定に移動します。 Chromeを選択し、Nvidia高性能GPUをアクティブにします。 Nvidiaグラフィックカードへの切り替えは機能しているようです。 これを念頭に置いて、グラフィックスドライバーが更新されていることを確認してください(システムに2つのグラフィックスカードがない場合でも)。 多くのユーザーがChromeが原因であると考えています。 あまり実用的ではありませんが、別のブラウザを使用するだけで機能します。 FirefoxはHangouts Meetのみをサポートしており、従来の拡張機能はサポートしていません。 後者の場合、Microsoft Edgeを使用する必要があります。 Google Chromeがオーディオとビデオの問題を引き起こす オーディオとビデオの問題はすべてのビデオチャットアプリで発生し、ハングアウトも同じです。 Chrome拡張機能の使用中にこのような問題が発生した場合は、インストールした他の拡張機能が原因である可能性があります。 たとえば、一部のユーザーは、通話中に他の人の声は聞こえるが、誰も聞こえないことに気付きました。 多くの拡張機能がインストールされている場合は、一度に1つずつ削除して、問題が解決されたかどうかを確認します。 残念ながら、ソフトウェアアップデートが利用可能になるまで、この問題の原因が判明した場合は、ハングアウトとこの拡張機能のどちらかを選択する必要があります。 場合によっては、マイクと音声が通話の5分後に機能しなくなることがわかりました。 通話を再開しても、問題は一時的に解決されます。 この問題はChromeブラウザが原因で発生し、今後のソフトウェアアップデートで修正される予定です。 一部のユーザーは、Chrome Betaへの切り替えも同様にうまくいくことに気づきました。 通話中に緑色の画面がビデオに置き換わります。 一部のユーザーは、通話中にビデオが緑色の画面に置き換えられたと不満を述べています。 オーディオは安定していて使用可能ですが、どちらの側も他方を見ることができません。 この問題は、コンピューターでハングアウトを使用する人にのみ発生します。 幸い、ほとんどの場合に有効な回避策があります。 ビデオハングアウト中にグリーンスクリーンの問題を解決する方法• Chromeブラウザを開きます。 右上隅にある縦に並んだ3つのドットアイコンをタップし、[設定]ページを開きます。 下にスクロールして、[詳細]をクリックします。 下にスクロールして 使用可能な場合はハードウェアアクセラレーションを使用を検索し、この機能を無効にします。 下にスクロールするか、 Hardware Accelerated Video Encoding を検索して無効にします。 最近、多くのユーザーがMacでこの問題に遭遇しています。 Mac OSのアップデートが問題の原因であると思われ、唯一の方法はソフトウェアの修正を待つことです。 手順-アプリのキャッシュとデータをクリアする アプリのキャッシュ、データ、ブラウザのCookieをクリアすることは、一般的なトラブルシューティングの良い最初のステップです。 このようにして、ハングアウトの多くの問題を解決できます。 スマートフォンのハングアウトキャッシュとデータをクリアします• 記載されている手順は、電話によって異なる場合があることに注意してください。 下にスクロールするか、ハングアウトを検索してタップします。 ストレージとキャッシュをタップし、 ストレージのクリアと キャッシュのクリアの両方を選択します。 Chromeでキャッシュとデータをクリアする方法• ブラウザーを開き、右上隅にある縦に並んだ3つのドットアイコンをクリックします。 時間範囲を選択できますが、 すべての時間を選択することをお勧めします。 Cookieおよびその他のサイトデータおよび のキャッシュされた画像およびファイルのチェックボックスをオンにします。 データのクリアをクリックします。 この場合、ハングアウト拡張機能だけでなく、Chromeブラウザのキャッシュとデータをクリアしてください。 パスワードを再入力して、特定のサイトに再度ログインする必要がある場合があります。 手順-ビデオ設定を調整してデータを保存する あなたまたは他の当事者が途切れ途切れ、途切れ途切れ、またはピクセル化されたビデオを見る場合、それは遅いインターネット接続である可能性があります。 ビデオには、音声通話よりも多くのデータが必要です。 したがって、データ制限のあるインターネットプランがある場合、または帯域幅を節約したい場合は、ビデオ設定を減らすことをお勧めします。 ハングアウトでビデオ設定を調整する方法• これらの設定は、通話期間中にのみ到達できます。 通話を開始した後、通話コントロールが表示されるまでマウスを通話ウィンドウの上に移動します。 歯車アイコンをクリックして設定を開きます。 表示されるポップアップで Bandwidth をクリックします。 着信ストリームと発信ストリームの両方のビデオ品質を調整できます。 利用できるオプションは、HD(720p)とSD(360p)の2つだけです。 インターネット接続が悪い場合、またはデータを保存する場合は、低い設定を設定してください。 ユーザーには最適なビデオが表示されない場合がありますが、オーディオは安定しており、ビデオの遅延や途切れはありません。 ガイド-従来のハングアウトとHangouts Meetの違い Googleは、従来のハングアウトサポートを終了し、2017年にHangouts MeetとHangouts Chatに切り替える計画を発表しました。 2020年6月の締め切りが近づいています。 Hangouts Meetは、最近Google Meetに名前が変更されましたが、G Suiteアカウントを持つビジネスユーザーはすでに利用できます。 最後に、全員が新しいアプリに切り替えられます。 この要約が、Googleハングアウトの使用中に発生した問題の解決に役立つことを願っています。 それでも、どのビデオチャットまたは会議アプリが最適かわからない場合は、 HangoutsとSkype、Hangouts MeetとZoomのようなアプリの比較を必ずお読みください。

次の

よくある質問: Google Meet、Google Chat、ハングアウト

ハングアウト マイクが見つかりません

Googleは、Web会議アプリ「 Google Meet」を無料にしました。 以前のように有料のG-Suite利用者でなくても、Googleアカウントさえあれば誰でも使えます。 (Google Meet無料版のリリースの一環として、G-Suiteの定期利用者は9月30日までエンタープライズ版のGoogle Meetが利用できます。 ) 無料になった背景には2つの理由があります。 まず、「Zoom」という競合が頭角を表したからです。 もう1つの理由は、Googleが「Google ハングアウト」の終了に一歩近づいたから。 Google ハングアウトは、ビデオ通話ツールとしてまだ使えますが、近い将来Google Meetに吸収されるでしょう。 Zoomやほかのビデオ通話アプリとの違い Zoomの競合アプリとして、Google Meetにはと決定的な違いがあります。 無料版のGoogle Meetは、Zoom同様1回の会議に100人まで参加することができます。 しかし、Google Meetの会議にはGoogleアカウントを持つユーザーしかアクセスすることはできませんし、無料版では固定電話からのダイヤルインのアクセスができません。 一方Zoomは、適切なリンクやダイヤルインの番号があれば、誰でもアクセスできます。 また、Google Meetは 無料版のユーザーでも会議時間の制限がありません。 Googleが録音を60分に制限しようとしている9月30日までは、時間無制限で使用できます。 (G-Suiteのユーザーは、それ以降も時間無制限で利用できるはずです。 ) Image: Google Google Meetの無料版は、Googleアカウントが必要だということと、ダイヤルインのオプションがないことで、基本的にはZoomよりも使いにくくなりますが、Zoomの影響をそこまで受けてもいません。 また、ユーザーは会議の前に、ホストから参加を認められる必要もあります。 Google Meetにはアプリ間の連携というメリットもあり、 Google Meet、Googleカレンダー、Gmail(Web版/Android・iOS版)から会議の作成や参加が簡単にできます。 さらに、Google Meetは幅広いブラウザやデバイスをサポートしているので、自分が使っているプラットフォームに応じてWeb会議を始める方法がいくつもあるということになります。 Google Meetで今すぐ会議を始める、もしくは会議の予定を入れる方法を紹介していきましょう。 Google MeetでWeb会議を始める手順 デスクトップの場合• 好きなブラウザで「」を開く。 自分のGoogleアカウントにサインインする。 「 ミーティングに参加または開始」をクリックする。 会議の名前を付けることもできる。 「 続行」をクリックする。 「 今すぐ参加」をクリックし、会議を始める。 参加者の追加/招待もできます。 「 ユーザーを追加」を開く。 追加したい人の連絡先を選ぶか、連絡先の名前やメールアドレスを入力する。 「 メールを送信」をクリックする。 または「 ミーティングの詳細>参加に必要な情報をコピー」をクリックして、メールやメッセージアプリなどで会議の情報を送って招待することもできる。 Google Meetのアプリ(、)を開く。 「新しい会議」をタップする。 会議の名前を付けることもできる。 「会議に参加」をタップして始める。 他の人を招待するには「i」アイコンをタップし、「共有」をタップして、デバイスの共有メニューで会議のリンクを送る。 Google Meetの予定をカレンダーに入れる方法 Googleカレンダー(デスクトップ)• 「」を開く。 「 +作成」ボタンをクリックして、予定を作成する。 予定の時間や詳細を追加する。 「 ゲストを追加」をクリックして会議の参加者を招待する。 (必要であれば)メールアドレスを追加する。 「 Google Meetのビデオ会議を追加」をタップして、Google Meetのリンクをコピー&ペーストする。 「 保存」をクリックするとカレンダーに予定が追加し、「 送信」をクリックすると会議の参加者に招待メールが送信される。 Googleカレンダーアプリ(、)を開く。 「 +」アイコンをタップし、「 予定」をタップして、詳細を入力する。 「 ゲストを追加」をタップし、招待したい人の連絡先やメールアドレスを入力する。 「 完了」をタップする。 「 保存」をタップすると、カレンダーに予定が追加され、招待メールが送信される。 あわせて読みたい.

次の