引越し 単身パック ヤマト。 単身パックS・L(WEB割引き実施中)

ヤマト単身パック

引越し 単身パック ヤマト

引越しの単身パックの料金相場 まずは、引っ越し業者に依頼する方法から料金の相場を見てみましょう。 一人暮らしの人が格安で引越しするには、 「単身引越しパック」と呼ばれるサービスの利用がおすすめです。 単身引越しパックはコンテナに荷物を積みきりで運ぶため、運ぶことができる荷物量は制限されますが その分、引越しの見積もり料金は安く済ませることができます。 以下の表をご覧ください。 84㎥ 17,000円~ 引用: このように、約1. 5万円からの格安料金で引っ越しをすることが可能になります。 注意点としては、コンテナボックスに載せきれない大型の家具・家電は別途で配送する必要があることです。 お持ちの荷物が単身パックで運ぶことができるか不安な方は、引越し業者へ問い合わせるか、 下記のページを参考にしてください。 クロネコヤマトの宅急便を引越しに利用する料金 つづいては、ヤマト運輸の提供する「宅急便」を引越しに利用する際の料金を見ていきましょう。 宅急便の料金は、主に「荷物を入れた箱の大きさ」と「輸送距離」2つの条件によって決まります。 引っ越しによく使用されるダンボール箱は、 「120サイズ」・ 「140サイズ」・ 「160サイズ」といった大きさです。 3サイズの箱を輸送する際に、発地~着地の直線距離別で必要な送料の目安は以下の通りです。 東京から西は近畿圏以降、北は北東北以降になると料金は少しずつ上がっていきます。 仮に2,000km以上離れた沖縄を着地とする場合は、最大で4,000円程度の送料が必要です。 注意したいのは、箱の各サイズについて重量の制限が定められており、これを超過すると次のサイズの料金として扱われるという点です。 以下の表をご覧ください。 送料を気にする方は、それぞれの荷物の重さにも気を配って、1つの箱に荷物を詰め過ぎないなどの工夫が必要です。 宅急便を利用した引越しでダンボールに入る荷物 前述のとおり、引越しでは120~160サイズの段ボール箱が頻繁に使用されます。 これらの箱に様々な荷物を入れることが可能か、検証した内容を以下で紹介しますので参考にしてください。 らくらく家財宅急便では、ベッドやソファーなどの家財を一つずつ輸送できます。 参考: 宅配便を引越しに使う場合の料金 最後に、「ゆうパック」を例に宅配便の料金を見てみましょう。 120~160サイズの段ボール箱を送る場合の、距離別の送料は以下の通りです。 一体、どの方法を利用すれば単身者は安く引っ越しができるのでしょうか? 比較検証をしていきたいと思います! 一人暮らしの引越しで一番安い輸送手段はどれ? 荷物が少ない引越しでは宅配便か単身パックのどちらの運送方法を利用すれば安く引越しができるのか検証データを紹介します。 比較には、と「ヤマト運輸の宅急便」、「ゆうパック」の3つの料金データを使用します。 ただし、今回の試算では荷物の容量の合計値が単身パックの積載可能容量に収まることを条件に計算していますので、あくまで目安として利用して下さい。 まとめ 今回は宅急便や宅配便を利用すると、単身者のを安くできるかどうか検証しました。 単身の引越しの場合、宅急便などを利用する方法の他に、以下の手段でも料金を格安にできる場合があるのでオススメです。 これらの中から、みなさんが一番安く引越しができる方法を見つけて、お得に新生活をはじめてください! また、「引越し業者は利用したいけれど、格安で引越しをしたい」と思っている人には、引越し比較サイトの利用がおすすめです。 なぜ引越し比較サイトを利用しただけでお得に引越しができるかというと、 引越し業者によって引越し料金に大きな差が出ることがあるためです。 引越しの見積もり料金には定価がなく、引越し業者が独自の基準で金額を決めています。 同じ荷物の量や移動距離で見積もりを依頼しても、「A社の見積額は3万円」「B社の見積額は5万円」「C者の見積額は6. 5万円」といった具合に、 見積もり料金の差が2倍以上になることもしばしばあります。 そこで便利なのが、引越し比較サイトです。 引越し比較サイトでは、一度の登録で複数社に、引越しの見積もりを取ることができます。 引越し比較サイトを利用することで、 自分の引越しを一番安く請け負ってくれる引越し業者を見つけることができるのです。 引越し侍では、 一度に最大10社の見積もりを取ることができます! ぜひ利用してみてください! 引っ越しの費用を安くするポイントは複数の見積もりを比較して最安値の引越し業者を見つけることです。 引っ越しの費用が足りない場合には 「クレジットカード」払いに対応した引越し業者もあります。 一人暮らしの引っ越しにかかる初期費用の総額は、家賃の6か月分を目安として計算しておくと良いでしょう!(家賃が7万であれば42万) また、引っ越しの料金を抑えるには 「単身専用パック」や「長距離プラン」など自分にあったサービスを利用しましょう。 敷金や礼金なしの物件を選ぶことでも初期費用を安く済ませられます。 引越し業者の選び方に迷ったら「料金」「口コミ・評判」「サービス内容」「満足度ランキング」を参考にしてください。 サービスの利用後には「引っ越しの準備・手続きやることリスト」もプレゼント特典や各種キャンペーンをご用意しています。

次の

引越し単身パックでクロネコヤマトを使ってみました!上手な引越しのコツは?

引越し 単身パック ヤマト

荷物の量に合わせたサービスが用意されていて、しかも少ない人程、料金が安くなってお得なんですよ。 クロネコヤマトの単身パックは、用途に合わせたサービスとなっています。 単身の方とはいえ、荷物量が異なるため少なければ少ない分、料金を抑えられるのが利用者としても嬉しいサービスです。 まずは分かりやすく、クロネコヤマトの単身パックを、種類別にまとめたのが以下の表になります。 料金 BOXサイズ 積める荷物量 単身引越サービス 12,000円~ 1. 70m=1. 83㎥ ・冷蔵庫(2ドア) ・洗濯機(4㎏) ・電子レンジ・ダンボール箱 約10箱 ・衣装ケース 3個 布団袋 1袋 ・スーツケース 1個 単身引越サービスmini 11,000円~ 1. 30=1. 尚、料金については荷物量の他、距離や期間によっても異なる為、上記の料金は近場の最安値料金となります。 ではそれぞれの単身パックについての特徴を見ていきましょう。 単身引越サービス 単身パックでもっとも標準と言えるのが、このサービスになります。 1人暮らし用の冷蔵庫や洗濯機といった家電から小物まで、一通り運ぶことができるボリュームとなっています。 荷物量が多すぎない、単身の方には安価で嬉しいパックです。 単身引越サービスmini こちらは単身引越サービスよりも、少量の方向けのサービスです。 家具や家電が全くない方や、備え付けの住宅に住んでいる方の利用が多いです。 当然、荷物量も少ない為、料金もより抑えることができ断然お得です。 単身引越ジャストサービス 単身引越ジャストサービスは、これまで説明してきた単身パックとは、特徴が異なります。 簡単に言うと、引越業者が行うトラック1台で運ぶ引越と単身パックの間を取ったようなプランになります。 単身の方が、引越業者への通常のプランを頼んだ場合に、荷物量が少ない為、1台のトラックに無駄なスペースが生まれ、さらに値段も高くなります。 一方で、 単身パックでは入りきれない、という状況に利用できるサービスが、このサービスになります。 表にも記載の通り、2? 以内であれば、自転車や大型家具、家電も運ぶことができます。 また、600km以内の引越であれば、翌日には配達できるという、臨時の転勤などにも使われるサービスになっています。 荷物量が多い、急いで引越したい方におすすめの単身パックプランになります。 楽々家財宅急便 単身引越サービスとminiでは、ベッドや自転車といった大きめの荷物が運べません。 ですが、ベッドなどを運びたい場合には、このサービスが利用できます。 この楽々家財宅急便とは、 ベッドやソファーなどを1つから運んでくれるサービスになります。 例えば、単身引越サービスで、ほとんどの荷物は収納できるけど、ベッドだけが運べない場合には、ベッド1つをこのサービスで運ぶことが可能です。 そうすることで、単身パック+楽々家財宅急便の料金で引越が可能になります。 料金は、運ぶものによって値段が違うこと、また、距離によって料金が追加となる為、お見積りを取ることをお勧めしますが、同じ圏内でベッドであれば1万~3万円ぐらいの費用相場になっています。 このサービスでは、単身パックで運べない荷物が、いくつもある場合には、反対に高く付くケースもある為、注意が必要です。 そうですね。 では実際メリットの他に、どういったデメリットや注意点があるかについて知りましょう。 クロネコヤマトの単身パックは、なんと言っても値段が安く抑えられることが、最大のメリットになります。 単身の方の引越しの場合は、高くて5万円前後が相場になりますが、相見積もりを取ったことで1万円程金額が浮くことは、結構ある話です。 特に前述した通り、 荷物量が少なければ少ないほど、その恩恵を受けやすくなるため、引越業者に頼むより、はるかに安く引越できるのが、クロネコヤマトの単身パックのメリットです。 では、メリットばかり話してきましたが、デメリットは存在するのでしょうか? デメリットとしては、クロネコヤマトの単身パックは、安さにこだわっているため、削れるサービスは削っています。 それが以下の点になります。 ダンボールなどの資材• 不用品の処理• 家電の設置、取り外し• 荷造り、荷解き 上記の点については、引越業者であってもオプションのところもありますので、共通のデメリットでもあるかもしれません。 しかし、確実に言えるのは、 ダンボールなどの梱包資材については、全く提供が無い為、ここはデメリットになります。 例えば、不用品の処理については、買い取れる家電等については、そのまま買取できるサービスもあります。 また、家電の設置や取り外しについても、オプションで対応しているので、ここは他業者も同じケースがほとんどです。 荷造りもまた、オプションにはなりますが、6,000円の追加料金で行ってくれる為、通常の料金が安い分、手間が省けるので利用される方も少なくありません。 このように、 料金が安い分、オプションとして料金がかかりますが、そこまでを含んで1つの料金として見ることもできます。 とことん料金を抑えたい方は、オプションの部分については、自分で行い費用を削ることもできるので、自分に合った選択ができるのではないでしょうか。 そうだね。 安いと分かっていても、どれくらい違うか分からないと、本当に安いか分からないよね。 そもそもクロネコヤマトの宅配サービスと、引越業者の引越しに、金額の開きが生まれるのはどうしてでしょうか? 引越業者の場合は、トラックを1台貸し切って荷物を載せて引越しをします。 それに対して、クロネコヤマトの単身パックというのは、本来行なっている宅配業務のトラックに専用ボックスを使って、一緒にトラックに乗せて運びます。 要は混載して、他の荷物と共に運んでいくことにより、業務の効率化を図る役割にもなっています。 その為、料金が安くなるという仕組みです。 1台貸しきるのと、ついでに持っていくのでは明らかに、値段が違うのは納得いきますよね。 では実際に、いくつかの業者との比較した表を以下にまとめました。 業者 単身サービス 収納可能なサイズ 料金 クロネコヤマト 単身引越サービス 1. 70m=1. 83㎥ 12,000円~ 単身引越サービスmini 1. 30m=1. 40㎥ 11,000円~ サカイ引越センター 小口引越便コース 1. 75m=1. 13㎥ 30,000円~ アート引越センター 単身引越しパック トラック1台貸切 25,000円~ アリさんマークの引越社 超ミニ引越プラン トラック1台貸切 20,000円~ ハトのマークの引越センター 小鳩パック 1. 46m=1. 55m=1. 23㎥ 15,000円~ 単身パックL 1. 75m=1. 96㎥ 16,000円~ 上記の表では、宅配業者と引越業者が行なっている単身パックについて、まとめた表になります。 まず、引越業者であっても、クロネコヤマトの単身パック同様に、1ボックス式の引越を行なっている業者と、通常のトラックを貸切って低価格で引越を行なっている業者と分かれます。 単身用の1ボックスサイズで言えば、サカイ引越センター、ハトのマークの引越センター、宅配業者の日通などが同じように行なっています。 やはり、サイズ別で見れば、荷物量が多い方にとって、トラック1台を貸切、安価な値段で提供しているアート引越センターやアリさんマークの引越社、ハトのマークの引越センターがお得になってきそうです。 特に、ハトのマークの引越センターは、貸切で11,000円の最安値からになりますので、魅力的ですね。 ただ、反対に荷物量が少ない場合で見れば、同じ1ボックスの収納であっても、収納できる量は、クロネコヤマトの方が多くても安い料金になっていて、明らかにお得なのが見て取れます。 同じ宅配業者の、日通であっても収納できる荷物量は多少違いますが、クロネコヤマトの料金の方が、料金は安いです。 先ほど述べたハトのマークの引越センターも、値段としてはクロネコヤマトの単身引越サービスminiと同等の値段になる為、断然の安さとまでは、言えませんが業界一の安さであることには変わりません。 他社と比較してみると、改めて値段にこだわったサービスを提供しているのが分かります。 そうなの? クロネコヤマトの単身パックが選ばれる理由は、安さだけではありません。 安さ+サービスを提供しているからこそ、クロネコヤマトの単身パックが選ばれています。 クロネコヤマトが行なっているサービスとしては、以下のようなものがあります。 ・割引サービス ・家具家電レンタルサービス ・配達サービス それぞれ解説していきましょう。 割引サービス クロネコヤマトが行なっている割引サービスには、4つあります。 ・WEB割引 ・平日割引 ・早期申込割引 ・複数BOX割引 WEB割引と平日割引は、適用された場合どちらも2,000円、早期申込割引と複数BOX割引は、適用でどちらも1,000円割引となります。 ですので、全て適用となれば6,000円も割引してもらえるので、かなり大きい特典となります。 ちなみに補足しておくと、早期申込割引は14日以上前に予約しておけば適用となります。 この4つの割引特典は、しっかりと念頭において、可能な限り活用していきたいところですね。 家具家電レンタルサービス 家具家電レンタルサービスとは、クロネコヤマトのでの引越しと同時に、 家具家電を2年間レンタルできるサービスになります。 冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、ベッドなどあらゆる家具家電をレンタルができるので、引越しの際にわざわざ持って行かなくていいような、家具家電を処分してそれだけレンタルする、ということも可能になります。 特に単身赴任などのサラリーマンにとっては、転勤も多く、その都度引越しするとなると、毎回の引越費用がかかるので、手間もお金ももったいないですよね。 そういった時に活用できるとサービスとなっています。 一部金額の例をあげれば、冷蔵庫であれば新品24,400円、中古15,100円、テレビであれば新品24,400円、中古20,100円といった感じで利用ができます。 配達サービス クロネコヤマトの配達は、時間指定ができるのと同様に、単身パックでも引越しの時間の指定が可能になります。 しかも、荷物の配達は、 基本的には翌日届いて、「午前中」「12時~15時」「15時~18時」「18時~21時」と時間指定もできるので、都合に合わせた引越しができます。 このように安さ+各種サービスを、様々設けているからこそ、単身の方への引越で利用されている単身パックになっているのです。 そうですね。 引越するとなると、どうしても有名な引越業者が思い浮かびますが、選択肢は1つではないので、それを知ることで得することもあるんですよ。 単身引越では、家族での引越しとは違い、荷物量の大小が分かれやすいです。 荷物量が多ければ、当然トラック1台での引越を余儀なくされますが、少量の方向けに単身パックというサービスがあります。 クロネコヤマトの単身パックは、安さ+サービスを充実させ、我々に提供してくれているわけですので、単身の方は可能な限り活用したいところです。 その為には、自分の荷物量がどれくらいなのかを、あらかじめ把握することで、適した量であれば、単身パックによる恩恵が受けられます。 なかなか引越経験がないと、引越=引越業者と思いがちですが、クロネコヤマトの単身パックのように知って得するサービスもありますので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

次の

クロネコヤマトの単身引越し料金・サービス|引越し単身パックを比較!

引越し 単身パック ヤマト

全国200以上の引越し業者と提携している引越し侍なら、最大10社まで無料で見積もり依頼ができます。 >><< 一人暮らしの引っ越しや、荷物の少ない引っ越しに便利なのが単身引っ越しパックです。 ファミリー向けの引っ越しパックよりも安く、一人では大変なセッティングなども行ってくれるため、普通の宅配便を使用するよりも楽です。 特にクロネコヤマトの単身引っ越しパックは評判がよく、人気の引っ越しサービスです。 部門別の業者比較ランキングでも1位を取っており、口コミ評価や満足度も非常に高いです。 荷物量にあわせた2つの単身引っ越しパック クロネコヤマトには「単身引越サービス」と「単身引越サービスmini」の2種類の単身向け引っ越しサービスがあります。 3m 引っ越しの料金は荷物量と移動距離によって決まります。 単身引っ越しの場合、荷物の量はコンテナの大きさで決まるのが一般的です。 引っ越しというと、トラックを丸々一台借りて家財を運ぶというイメージがありますが、一人暮らしの引越し荷物にトラック丸ごとは必要ありません。 そこで、荷物を入れる専用のコンテナを用意し、複数件の引っ越し荷物をまとめて運ぶことで効率的な輸送を行い、低価格で引っ越しが行えるシステムを実現しています。 一つのコンテナで積みきらない場合には、追加料金を支払えばコンテナの数を増やすこともできます。 単身引越サービス 標準的な一人暮らしの荷物量を想定した引っ越しパックです。 大きめの十分な量の荷物を運ぶことができるため、荷物量が多くて少し不安という人でも安心です。 洋服や日用品、小物類に加えて、冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどの家電も運ぶことができます。 コンテナの大きさは1. 7mです。 運ぶことのできる荷物の目安は以下の通りです。 3m 運ぶことのできる荷物の目安は以下の通りです。 時間指定可能 クロネコヤマトの単身引っ越しサービスでは、宅配便と同じように時間指定ができます。 指定できるのは、午前中、12時から15時、15時から18時、18時から21時の4つの時間帯です。 一般的に、引っ越しの時間指定は午前か午後の2択ということが多いです。 引っ越し業者の都合で時間が決められる場合もあり、仕事の都合で思うような引っ越しができないという人も少なくありません。 クロネコヤマトでは単身引っ越しのニーズにあわせ、時間指定に対応し、誰でも便利に引っ越ししやすいサービスを提供しています。 急な引っ越しに対応できる「単身引越ジャストサービス」 単身引越ジャストサービスとは、短時間での配送と細かな時間指定が可能な引っ越しサービスです。 時間指定ができるのは9時から18時の間で、移動距離が600km以内であれば翌日配送にも対応しています。 宅配便とは異なり、荷物の搬出・搬入や、家具家電のセッティングも行ってくれます。 また、資材の提供か回収も他の引っ越し同様に対応しています。 スピーディーな引っ越しが可能になるため、急な転勤や異動にも使いやすいです。 時間指定も可能で、仕事が忙しい人でも空き時間にあわせた引っ越しが可能になります。 大型家具には「らくらく家財宅急便」 単身引越サービスで運べる大型家財はせいぜい冷蔵庫や洗濯機まで。 コンテナに入らないソファーやベッドは運ぶことができません。 お気に入りの大型家具を運びたいときに便利なのがクロネコヤマトの「らくらく家財宅急便」です。 らくらく家財宅急便で利用できるのは、以下の条件を満たしている荷物です。 ・3辺の合計が450cm以下、かつ最長辺が250cm以下 ・高さ200cm以下 ・重さ150kg以下(100kgを超えた場合追加料金有り) 家具一点から利用可能で、申込みは電話1本でOK。 基本的な荷物は単身パックで送りたいけれど、お気に入りの家具も引っ越し先に運びたいという場合にも便利です。 引っ越し以外にも、家族や知人に家具を送るのにも利用できます。 家具の組み立てにも対応していますが、分解や組み立てにはオプション費用が発生します。 事前に内容や料金などを確認しておくようにしましょう。 また、荷物の運搬に際して運送保険をかけることもできます。 保険料は市場価格1万円につき20円、最低保険料は50円です。 保険料が非常に安く済むため、家財を運ぶなら運送保険をかけておいても損はないでしょう。 割引サービスを利用してもっとお得に引っ越し 低価格で引っ越しできる単身引っ越しサービスですが、割引を利用すればもっとお得に引っ越しできます。 よほどのことがない限り申し込みはWEBからがオススメ。 これらの割引は併用ができ、最大で7000円も引っ越し費用を抑えることができます。 ただし、3月20日から4月2日の間は繁忙期となるため、平日割引と早割の利用ができなくなります。 また、繁忙期は引っ越し料金そのものも高くなり、コンテナ1つにつき繁忙期料金として2000円上乗せされます。 ホームセンターや通販などで必要分のダンボールを購入しておきましょう。 ダンボールはスーパーやドラッグストアから無料でもらうこともできますが、こうしたお店で使用されるダンボールは強度が低いものが多く、重いものを入れるのには向きません。 大きさも揃えにくいため、コンテナに積む際にデッドスペースが生じやすくなってしまいます。 また、食品などを入れていた使用済みダンボールは汚れていることも多く、荷物や新居を汚す原因になる場合もあるため注意しましょう。 コンテナの空きスペースを減らしで効率的に荷物を運び、ダンボールの破損による荷物の傷や紛失を防ぐためには、丈夫で大きさの揃ったダンボールを用意する必要があります。 クロネコヤマトの単身引っ越しがおすすめの理由 運送業界大手であるクロネコヤマトは全国140ヶ所の直営店があり、北は北海道、南は沖縄まで日本全国の引っ越しに対応しています。 重い荷物の輸送や引っ越しに関するノウハウも豊富で、安心して大切な家財を預けられます。 単身パックは荷物の量にあわせて2種類から選択可能で、より無駄なく効率的な引っ越しができます。 また、時間指定や翌日配送など、忙しく時間の余裕がない人でも引っ越ししやすいオプションも揃っているため、非常に便利です。

次の