お 元気 です か 敬語。 上司や目上の人を褒める5つの言葉!失礼にならない上手な敬語とは [手紙の書き方・文例] All About

知っておきたい!よく使う敬語変換表【尊敬語・謙譲語・丁寧語】│タウンワークマガジン

お 元気 です か 敬語

「過ごす」という言葉の敬語表現と聞かれて、皆さんはどんな表現を浮かべるでしょうか。 一般的に「お過ごしになる・お過ごしになられる」や「お過ごしください」などと「過ごす」という言葉に敬語になる表記をつけての表現でしょうか。 一般的な「過ごす」の敬語表現例では上記の「お過ごしください」や「お過ごしになられます」などの表現によって「過ごす」の敬語表現が認められ、この例はビジネス上でもプライベートでも多くの場面で使われています。 お過ごしください 一般的に「過ごす」という言葉の敬語表現を相手に伝える場合は、「お過ごしください」という表現がよく使われます。 この他にも「ごゆっくりお過ごしください」や「お気兼ねなくお過ごしください」などと「過ごす」という言葉に別の表記をつけ添えて敬語表現にすることもよくあります。 旅行などに行くときに、滞在先のホテルの案内でも見られる「ごゆっくりお過ごしください」や「ごゆっくりどうぞ」といった不特定多数に向けての敬語表現の多くは、特にビジネス上で使用される「過ごす」という旨を相手に伝える最適な表現として認められます。 「お過ごしください」という表現は「過ごすこと」を相手に伝える際にとてもわかりやすい言葉でもあり、そのため多くの分野で普通に使われる「過ごす」の敬語表現としては非常に都合の良い言葉でもあります。 「過ごす」の敬語での使い方 先述しましたように「過ごす」の敬語表現として特に多いのが「お過ごしください」という、相手への配慮を含めた上で伝えられる「満足した生活・時間の過ごし方」を提供する文句と言えます。 旅行会社やホテル企業、またレストランやショッピングモールのさまざまな会社に至るまで、この「お過ごしください」という「過ごす」の敬語表現は専門用語として使われています。 この「過ごす」の敬語表現を伝える際でも、敬語の種類に見られる尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つの言い方に分けて表現される場合が一般的です。 まずはこの一般的な「過ごす」の敬語表現とその用法を覚えることが大切です。 敬語の種類 日本語の敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類があり、この3つの敬語表現の分野においてどの言葉も、その場面や流れに適当な敬語表現として置き換えられます。 この「過ごす」という言葉も伝える相手や場面によって変容し、その話者と伝えられる相手との関係によって、いくつもの敬語表現の使い分けがなされます。 尊敬語は「目上の相手に対する敬意を示した敬語表現」を意味し、ビジネス上では頻繁に使われる敬語表現となるでしょう。 謙譲語は「相手と自分の立場や関係性を問わず、話者が自発的に自分の立場や姿勢を低めて相手に敬意を示す敬語表現」で、これはビジネス上・プライベートを問わず、非常に多くの場面で使用されます。 丁寧語は「不特定多数に公示する相手への敬意を示す敬語表現」を言い、主に「です・ます調」などで締めくくられる丁寧な言葉遣いによって公示される表現となります。 「過ごす」の尊敬語での敬語表現 尊敬語で「過ごす」という敬語表現をする場合は、主にビジネス上などで相手への敬意を示す敬語表現となるため、上司に向けて「過ごす」という言葉の敬語を使う場面となります。 ・ご休暇中、どうぞごゆっくりとお過ごしくださいませ。 ・お幸せにお過ごしください。 ・お元気で末長くお過ごしください。 ・季節も寒くなってまいりました。 どうかお体をご自愛くださいますよう心よりお祈り申し上げます。 ・年末のご多忙のこととは存じますが、どうぞごゆっくりお過ごしください。 「過ごす」の謙譲語での敬語表現 謙譲語の性質としては先述でご紹介しましたように、「話者が自発的に自分の立場や姿勢を低めて相手に敬意を示す敬語表現」となるため、「自分が過ごさせていただく」という表現をするのが一般的な表現になります。 ・日頃の度重なるご配慮をいただき、現在、わたしどもも暖かな環境の下(もと)、休暇を過ごさせていただいております。 ・先日のセミナーイベントにおきましては、大変楽しく過ごすことができましたことを心より感謝いたします。 ・ご高配をいただきながら、精力を蓄える期間をいただいております。 ・今後のお仕事におきましてご進展をさせていただくことを念頭に置き、現在は目下療養中の身にあります。 ・暖かなご配慮の下、このように休暇をいただき、誠に感謝申し上げます。 このように「過ごす」という言葉をそのまま表現してもよく、また別の敬語表現に置き換えて敬意を示してもかまいません。 「過ごす」の丁寧語での敬語表現 丁寧語で「過ごす」という言葉を伝える場合は簡単で、先述しました丁寧語の性質に配慮する上で、当たり障りのない言葉をもって「過ごすこと」、「過ごされること」を表現する形になります。 ・どうぞごゆっくりお過ごしください。 ・まったりした空間の中、季節のだいご味をご堪能ください。 ・どうぞご休暇中、ご自愛くださりながら、ゆっくりとお過ごしください。 このように、一般の旅行会社やホテル企業がホームページなどに記載している「過ごす」にまつわる敬語表現になります。 「過ごす」の敬語の使い方 先述でご紹介しましたように、「過ごす」という言葉は「自分が過ごす場合」と「相手が過ごす場合」の2つの言い換えが必要であるため、その敬語表現を言う場合にも、2種類の用途をもって使い分けておく必要があります。 メールでの「過ごす」の使い方 一般的に電子メールにはプライベート用メールとビジネスメールとがあり、いずれの用途で「過ごす」という言葉を伝える際でも「相手と自分の関係」や、その内容を伝える場面において言葉の使い分けがなされます。 ・お過ごしください。 ・過ごされたい(そのように過ごしてください)。 ・ゆっくりと羽を休めてください。 ・ゆっくりしてください。 ・まったりお過ごしください。 ・ご堪能ください。 ・お休みください。 これらの言葉が「過ごす」にまつわる関連用語(日常用語)として認められ、どの言葉もその場面や用途によって使い分けられます。 ビジネスでの「過ごす」の敬語の使い方 先にご紹介しましたビジネスメールでの「過ごす」の敬語表現について、その表現例をいくつかご紹介します。 ・先日は有給休暇をいただくことができ、ただいま羽を休めているところです。 ・どうぞご休暇中、ごゆっくりとお過ごしください。 ・先日に催されました企画コンペにおきましては、非常に貴重な時間を過ごさせていただきました。 ・先日参加いたしました社内旅行におきましては、とても充実した時間を過ごすことができ、誠に感謝申し上げます。 このように「過ごす」という言葉を別の表現に置き換えて敬語表現とするか、あるいは「過ごす」という言葉をそのまま使い、その文中全体を敬語表現に置き換える形でかまいません。 この場合でも「楽しい時間を過ごさせていただきました」という表現が一般的にされ、相手への敬意をはっきり伝える姿勢で表現されます。 この場合の注意点としては、あまり敬語がしつこくならないよう配慮しておくことです。 ・楽しい時間をご配慮いただき、誠に感謝申し上げます。 ・楽しい時間をご提供いただいたうえ過ごさせていただき このように「いただき」が重複したり、必要以上の過度な敬語表現をしてしまうと、かえって相手にとってはそれほど印象が良くない場合もありますので、敬語表現は適度にとどめておくことも大切です。 「過ごす」の別の敬語表現例 先述でいくつかご紹介しましたが、「過ごす」という言葉は「生活する」、「休暇を取る」、「休む」、「堪能する」、「楽しむ」などと、いくつもの言葉につながる意味合いを持つので、それらの関連語に注目しながら別の敬語表現を探すのも効果的です。 ・羽を休めております。 ・ご堪能ください。 ・ごゆっくりしてください。 ・深く味わいください。 ・お休みください。 ・どうぞお楽しみください。 ・存分にご賞味ください。 ・まったりとしてください。 ・どうぞ吟味ください。 ・ご自愛ください。 ・ご鑑賞ください。 ・精進いたしております。 ・邁進しております。 ・尽力しております。 他にも多くの「過ごす」の別の敬語表現がありますが、一般的に認められる表現では上記の言い方になるでしょうか。 先にお伝えしましたように、英語というのは1つの言葉が持つ意味合いをその文脈や内容の背景から推測し、正確な言葉の用途をはっきり確認する必要があります。 ・Please have a good stay. 「ごゆっくりお過ごしください。 」 ・Please rest your wings slowly. 「ごゆっくり羽を休めてください。 」 ・Please spend your vacation slowly. 「休暇をごゆっくりお過ごしください。 」 「過ごす」の正確な意味と敬語表現の用例をマスターしましょう いかがでしたか。 今回は「過ごす」の敬語表現・過ごすの使い方と例文・別の敬語表現例と題して、「過ごす」という言葉の正確な意味と敬語表現、またさまざまな場面における敬語表現の用例・用途についてご紹介しました。 「過ごす」という言葉は、「生活する」や「楽しむ」にはじまり、「休む」、「堪能する」、「味わう」などといった別の言葉ですでに多く表現されており、特に「お過ごしください」という言われ方がされない限り、あまり「過ごす」という言葉を意識的に使うことは珍しいとも言えます。 別の表現例が多い「過ごす」という言葉だからこそ、その敬語表現例においても改めて見直して覚えることが大切で、この際の覚え方としては「実践的に学ぶ」という、実際に「過ごす」という言葉やその言い換えの表現を使った覚え方をすると効果的でしょう。

次の

「お元気ですか」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現

お 元気 です か 敬語

<目次>• 上司・目上の人に使うと失礼な誉め言葉5つ 1:通ですね 2:さすがのセレクト/チョイスですね 3:すごい上手ですね 4:似合ってますね 5:何でもやられるんですね 上司・目上の人への誉め言葉の言い換え例……この言い方で伝わる! 1:通ですね 相手がその分野の知識に通じていることを述べたいようなときによく聞く表現です。 特に趣味や芸などの領域のことを指す場合が多いでしょう。 しかし、たとえば、取引先の目上の相手にごちそうになった場合などに、「日本酒通として知られるだけあってさすがですね」などと言ってしまうのは何だか偉そうな感があります。 2:さすがのセレクト/チョイスですね 「さすが」というのは、感動の気持ちも表しますが、たいしたものだと感心するさまなども表します。 この感心するという点が少々引っかかることもあるのでしょう。 「さすがですね、すっかり感動いたしました」あたりならば、自分の感想や感動の気持ちを添えることで相手を評価する偉そうな印象も薄れてくる感はありますが、「さすがのセレクト/チョイスですね」では、やや直接的すぎる印象もあります。 もしも言い換えるなら「セレクト/チョイス」もときには日本語で、そして敬語に言い換えてみましょう。 例えばお酒を選んでくれたのならば「あらためてお酒との組み合わせの素晴らしさを実感いたしました」「料理との相性というのも重要なのですね」。 3:すごい上手ですね まず「すごい」という言葉についてですが、びっくりするほど、並外れた、などの驚きや感動を表します。 また、「すごい」という形容詞は「すごい忙しい」ではなく、「すごく忙しい」という言い方が通常だと言われる点でも時折問題になることがあります。 しかし最近では、「すごい見事な出来映え」「彼はすごいおもしろい人だ」のように、副詞的に用いられることもあります。 やや新しい使われ方とも言われ、意見が分かれるので、とらえ方に個人差がある、と思っておくのがよいかもしれません。 ここでは、「すごい」の使い方の正誤というより、偉そうに聞こえる点に気を配ったほうがよいでしょう。 その意味で、「上手」「上手い」などの言い方が、気になるという場合もあります。 ましてや、相手が目上であったり、プロである場合に「この書 絵 上手ですね」では、自分がプロの相手を評価しているような感も否めません。 ここは2に同じく、感想や感動を述べたほうが好ましいものです。 4:「似合ってますね」 こちらは単純に敬語に換えるべきでしょう。 5:何でもやられるんですね こちらも間違いではありませんが、「やる」をいくら「やられる」と敬語にしても響きが俗っぽいですね。 「ゴルフもやられるんですね」というような例ですが、「やる」を「やられる」ではない敬語にしたほうが品も良く響くでしょう。 直接褒めるより、「自分の感想として伝える」のがおすすめ.

次の

知っておきたい!よく使う敬語変換表【尊敬語・謙譲語・丁寧語】│タウンワークマガジン

お 元気 です か 敬語

「お元気で」の敬語は?ビジネスでの使い方 別れ際の挨拶として、「それではお元気で」や「どうぞお元気で」といった言い方をすることがあります。 プライベートな場面はさておき、ビジネスシーンではどう使われているのでしょう。 まずはその使い方から紹介します。 「お元気で」はビジネスではあまり使われない そもそも、ビジネスシーンで「お元気で」という言葉はあまり用いられていません。 別れ際に「お元気で」と言うと、しばらく会わないことを連想させます。 仮にしばらく会わないとしても、ビジネスでのおつきあいは続いていくものです。 そのため、関係が終わることを連想させるような「お元気で」という表現は、ビジネスシーンではあまり好まれません。 また、退職される方に対して「お元気で」ということもありますが、中には「上から目線」として取る方もいます。 はなむけの言葉として使うのであれば、「お元気で」という言葉だけでは不十分なようです。 「どうぞお元気で」よりも「ご自愛ください」などがベター 「お元気で」という言葉には、「健康に注意してください」や「日々を健やかに過ごしてください」といった思いも込められています。 こうした意味合いから、ビジネスシーンではより丁寧な「ご自愛ください」といった言い方のほうが、よく使用されています。 「ご自愛ください」とは、自分の体を大切にしてください、という意味の言葉です。 「お元気で」と同義語で、敬語表現として使うことができます。 なお、「お体をご自愛ください」と言われることもありますが、これは誤用です。 「体」という意味が重複することになるので、「ご自愛ください」だけで十分です。 皮肉めいた意味もある「お元気で」 健康を気遣うような意味がある一方で、「お元気で」には皮肉めいた意味もあります。 「今後そちらの会社とは付き合いません」「今後は一切連絡しない」といった意味合いで「お元気で」と言われることも、ないわけではありません。 ビジネスシーンではあまり使われない言葉ではありますが、「お元気で」という際はぜひとも笑顔で言いたいものです。 メールや手紙で使える「お元気で」の言い換え 別れ際の「お元気で」という言い方は、「ご自愛ください」以外にもいろいろな言い方があります。 メールの絞め文としても使いやすい、丁寧なフレーズをいくつか紹介します。 健康を気遣う「つつがなくお過ごしください」 「お元気でお過ごしください」というように健康を気遣う表現では、「つつがなくお過ごしください」が便利です。 「つつが(恙)」とは、病気などの災難・災いを意味します。 「つつがなく」というと、病気などの災難がないということになります。 同じ意味合いでは、「ご健康にご留意ください」というストレートな言い方もあります。 「留意」とは、心にとめ、気を付けてくださいという意味です。 どちらの表現でもよいのですが、「つつがなくお過ごしください」のほうが気品もあり、健康面だけでなく、平穏無事にといった願いが込められるのでおすすめです。 再会を望む「またお会いできるのを楽しみにしています」 ビジネスで「また一緒に仕事をしたい」と言ってもらえるのは非常に光栄なことです。 また、「一緒に仕事をしましょう」といった意思を示すことは、信頼関係の表れでもあります。 そうした意味から、ビジネスシーンでは別れ際に、「またお会いできるのを楽しみにしています」という言い方もよく用いられています。 別れ際やメールの絞め文としてもおすすめの表現です。 より丁寧にいうのであれば、「またお会いできますことを楽しみに致しております」や「またご一緒できることを楽しみにしております」といった言い方もあります。 「ご健勝をお祈り申し上げます」も定型句 ビジネス文書や手紙、スピーチなどの絞め文として、定型句ともなっているのが「ご健勝をお祈り申し上げます」という表現です。 「健勝」というのは、元気な様子・健康な様子を表す言葉で、「これからも健やかに過ごされることを願います」といった意味になります。 文書やメールでは、絞め文として、「末筆ながら皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」とすることもあります。 目上の人に「お元気で」と言われたら?返事のパターン 取引先など目上の人に「お元気で」と挨拶をされた場合、めったにないことだけに、返答に困ることもあります。 「お元気で」の返し方を紹介します。 「ありがとうございます」と感謝の言葉を述べる 「お元気で」という言葉には、相手の健康への気遣いが込められています。 そのため、「お元気で」と声をかけてもらった際には、その気遣いに対して「ありがとうございます」と、まずは感謝の言葉を返します。 相手の気遣いに対し、こちらからも気遣う言葉を返すのがマナーです。 まとめ 「お元気で」という言い方は、口頭・メールともに、ビジネスではあまり用いられません。 中には皮肉ととられることもありますので、より丁寧な言い方を心がけるのがおすすめです。 本文で紹介したように、健康を祈るような言い方はいくつかありますので、異なる言葉で言い換えるとコミュニケーションもうまくいきます。

次の