結婚式 当日 マナー 親族。 初めて結婚式にお呼ばれ!参加する時のマナー・当日に気をつけるべき事は?

結婚式のマナー!親族や兄弟の挨拶タイミングや服装・髪型・お酌の仕方

結婚式 当日 マナー 親族

結婚式に親族として参列するときの服装は一般ゲストとは違う 新郎新婦の親族には、それぞれ立場によって服装マナーがあります。 特に両親や兄弟姉妹は、他の一般ゲストとは服装マナーが大きく異なりますので、注意してください。 また親族は、両家の服装の格を合わせるなどの配慮も必要になりますので、覚えておきましょう。 親族は「ゲストをお迎えする側」であることを忘れない 新郎新婦の親族として結婚式に出席するときに意識しなければならないのが、自分は ゲストを迎える側であるということです。 おもてなしする側だからこそ、服装マナーを守り、ゲストに失礼のないように気をつける必要があります。 マナー違反をしている親族が一人いるだけでも、結婚式の格を下げてしまいます。 父親|昼間は「モーニングコート」、夕方からは「燕尾服」「タキシード」 高級ホテルのような格式高い会場で昼間に結婚式を挙げる場合、 新郎新婦の父親は正礼装であるモーニングコートが定番です。 モーニングコートは、前身頃の裾が大きくカットされたデザインの礼服になります。 ネクタイとベストも白黒で統一するのが基本ですが、シルバーにアレンジするとソフトな印象になるのでおすすめです。 結婚式が夕方以降の時間のときは燕尾服(テールコート)、またはタキシードが正礼装になります。 レストランウエディングなどのカジュアルな結婚式であれば、ディレクターズスーツなどの正礼装を少し簡略化した準礼装を着ます。 和装にするなら伝統的な「紋付羽織袴」 和装の場合、 紋付羽織袴が正礼装になります。 自前の紋付羽織袴を持っている人は少なく、着付けの手間もあることからレンタルするのが一般的です。 父親は親族代表として見られるので、貫禄と品格のある服装を心がけましょう。 兄弟|新郎より控えめな衣装が基本!未婚・既婚でも異なる 新郎新婦の兄弟が結婚式に参列するときの服装は、未婚と既婚で異なります。 未婚男性はブラックスーツ、既婚男性ならディレクターズスーツやタキシードが結婚式にふさわしい服装です。 未婚既婚に関わらず、新郎より控えめに映る衣装を選ぶようにしてください。 祖父|父親より色柄を抑えた正礼装・準礼装を意識して 新郎新婦の祖父は、父親より少し控えめの服装を心がけるのがポイントです。 新郎新婦の父親がモーニングコートなどの正礼装なら、祖父は色柄を抑えた正礼装か、ディレクターズスーツなどの準礼装を着用します。 和装であれば、父親と同じ紋付羽織袴になります。 叔父 伯父 |結婚式場と両家の格に合わせたスーツを選ぶこと! 叔父 伯父 として結婚式に参列するときは、特に服装のルールが定められているわけではありません。 一般的な結婚式であれば、ディレクターズスーツかブラックスーツ、カジュアルウェディングならダークスーツを着用しましょう。 結婚式場の格と両家の服装の格に合わせた服装を選ぶことが重要です。 従兄弟|結婚式場タイプに合ったブラックスーツかダークスーツ 新郎新婦の従兄弟も、特に結婚式の服装に規定はありません。 結婚式場のタイプと両家の服装の格を確認したうえで、ディレクターズスーツ、ブラックスーツ、ダークスーツから最もふさわしい服装を選ぶといいでしょう。 甥っ子(こども)は何を着ていく?制服が礼服になるの? 新郎新婦の甥は、子供であれば、よそ行き用の服を着ていきます。 よそ行き用の服がなければ、手持ちのシャツに蝶ネクタイをつけると結婚式らしく見えるのでおすすめです。 靴は、きれいに磨いたローファーや革靴を合わせましょう。 中学生または高校生で、学校指定の制服がある場合は、制服が礼服になります。 親族男性の衣装は両親の衣装に合わせて決めること 新郎新婦の兄弟や親戚の男性は、 準礼装であるディレクターズスーツかブラックスーツを着用するのが基本です。 ただし両家の父親がディレクターズスーツを着る場合は、兄弟や親戚は格をひとつ落として略礼装のブラックスーツを着用するのが正しい服装マナーになります。 そのほか男性ゲストの結婚式の服装については、下記の記事でも詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。 母親|洋装はアフタヌーンドレスかイブニングドレス、和装は黒留袖 ホテルや専門式場など格式高い式場でおこなう結婚式なら、母親は正礼装であるアフタヌーンドレスかイブニングドレスを着用し、足元にはパンプスを合わせます。 もう少しカジュアルな結婚式であれば、カラーのロングドレスやワンピースでもいいでしょう。 花嫁の母親らしい気品ある佇まいを心がけてください。 和装は両家で事前打ち合わせを!五つ紋付きの黒留袖が第一礼装 和装の場合は、 五つ紋付きの黒留袖が第一礼装になります。 花嫁の母親が着る衣装の定番で、柄が豊富にあるので、自分に似合うものを見つけましょう。 結婚式場のタイプによって、色留袖や紋付きの訪問着など準・略礼装にする場合は、事前に両家で話し合って格の差が出ないように要注意です。 姉妹|和装で参列したほうがいい?ドレスを選ぶポイントは? 新郎新婦の姉妹は、黒やネイビーなど少し控えめな色合いのドレスを選ぶといいでしょう。 また和装で参列する人も多く、その場合は未婚女性は振袖、既婚女性は黒留袖か色留袖が一般的です。 和装の場合も、柄や色は抑えめにすることを心がけましょう。 祖母|母親より控えめな柄の黒留袖が主流 結婚式における祖母の服装は、母親の服装より控えめにすることを意識しましょう。 和装する場合は、母親と同じ格の黒留袖で構いません。 最近は、年配の女性もシックなフォーマルドレスを選ぶ人が増えていますので、結婚式場の雰囲気に合ったドレス・着物を選びましょう。 叔母 伯母 |新郎新婦の両親よりも控えめな服装を心がけて 新郎新婦の叔母 伯母 は、両親の服装より控えめな服装が好ましいですが、ある程度は華やかさも必要です。 ブラックドレスやシンプルなネイビーのワンピースに、羽織りものやパールのアクセサリーを合わせるなど、品のある着こなしを工夫してみてください。 和装をするなら姉妹同様に、未婚女性は振袖、既婚女性は黒留袖か色留袖が基本です。 ドレスであれば、ネイビーやベージュカラーなどの落ち着いた色合いを選ぶと、年配のゲストや他の親戚からも好まれます。 親族として参列するので、過度な露出や奇抜なデザインのドレスは避けるように心がけましょう。 姪っ子(こども)|制服とドレス・ワンピースどちらがいい? 新郎新婦の姪っことして結婚式に参列する際は、特に服装に決まりはありません。 制服が礼装と言われていますが、華やかな結婚式ですので、フォーマル感のあるワンピースやよそ行きの服で参列することをおすすめします。 リボンやコサージュなどのアクセサリーを付けると、結婚式らしさが出るのでおすすめです。 母親以外の親族が和装するときに気をつけることは? 母親以外の親族女性が和装するときは、目上の人より格が高くならないように配慮しなければなりません。 また新婦が和装する場合は、色が被らないように注意して、柄も控えめな着物を選ぶようにしましょう。 不安な場合は、新郎新婦に直接確認しておくと安心です。 そのほか女性の服装マナーについては、下記の記事でも詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。 親族が結婚式の衣装をレンタルするときの相場はいくら? 男性親族が着るモーニングコートやタキシード、女性親族が着る黒留袖や色留袖などは、レンタルするのが一般的です。 衣装代を確保しておくためにも、レンタル代がいくらかかるのか気になりますよね。 結婚式の衣装のレンタルにかかる費用相場をまとめましたので、参考にしてください。 結婚式場で着付けをおこなうと、美容室でやるよりも1. 5〜2倍割高になります。 着物のレンタルショップで着付けとヘアメイクをやってくれる場合もあるので、借りるときに確認してみてください。 衣装の着付けやヘアセットの手配は誰がいつ手配するべき? 結婚式場がホテルや専門式場の場合、美容院が併設されており、親族の着付けやヘアセットをおこなうことができます。 繁忙期は予約が殺到するため、個々に予約するのではなく、できれば新郎新婦に取りまとめてもらって早めに予約を済ませてください。 和装の着付け代は新郎新婦側が負担するのがマナーと言われていますので、一度確認してみてください。 結婚式場によっては、新郎新婦の着付けとセットで家族も割引してもらえる場合もあります。 親族としての服装に悩んだときの解決法 親族の結婚式で着る衣装は、両家で格を揃えなければなりません。 しかし地域によって、考え方やしきたりが違うケースもあり、結婚式の服装で悩んでしまう人は多いです。 もし衣装のことで悩んで決められない場合は、新郎新婦に直接相談してみましょう。

次の

結婚式での親族紹介、おさえておきたい基礎知識は? | 結婚ラジオ | 結婚スタイルマガジン

結婚式 当日 マナー 親族

親族は結婚式のゲストではない。 基本の心構え 新郎または新婦の親族として結婚式に出席する際、「自分もゲストをお迎えする主催側である」ということを忘れてはなりません。 お呼ばれ感覚ではなく、ゲストをもてなす気持ちを持ち、主役の2人がお世話になっている多くの関係者の方々に気持ちよく過ごしてもらえるように心配りをすることが重要です。 親族の服装マナーの基礎知識 両家の服装の雰囲気を合わせる 多くの結婚式では、両家親族で記念写真を撮る時間があると思います。 この時に、両家の服装のバランスが悪いと、写真の印象がちぐはぐになってしまいますよね。 色合いや洋装・和装など、全体のバランスを取るために服装の雰囲気を事前に打ち合わせておくと安心でしょう。 しかし、新郎新婦と近しい間柄であるほど、相手のご家族や参列するゲストの方とあいさつする機会も多くなるため、きちんとした服装で挑みたいものです。 以下に服装選びのポイントをご紹介します。 和装のポイント 和装で出席する場合、未婚の方は振袖、既婚の方は留袖を着用します。 色留袖と訪問着は似ていますが別物なのでご注意ください。 柄はあまり派手すぎないものを選びましょう。 ドレス選びのポイント 主役の姉妹として参加する場合、ドレスは色味の少ないものを選ぶと良いでしょう。 ネイビーや黒などがおすすめです。 ピンクやブルーなど、お呼ばれのゲストが着るようなカラードレスを着ると、人によってはあまり良い印象を受けないこともあります。 もし、淡い色合いのドレスが着たいなら、グレーやベージュのドレスを選べばOK。 黒やネイビーのジャケットを合わせると、落ち着いた雰囲気が出て良いですね。 露出を控え、上品で清楚な印象を与えられるようにコーディネートしてみてください。 ヒールは5~7cmを目安にし、エナメルやサテンなど光沢感のある素材のパンプスを選ぶと良いでしょう。 足元は意外と見られるポイントなので、オープントゥやミュール、ブーツなど、マナー違反の靴で参加することのないよう気を付けてください。 会場に持ち込むバッグは、靴や羽織と色を合わせるとコーディネートがしやすいです。 最低限の持ち物が入るクラッチバッグなど、小さめのものを選びましょう。 アクセサリーはパールを選んで きらびやかなアクセサリーは、お呼ばれなら良い場合でも、主役の姉妹ともなると品性に欠ける印象を与えてしまいかねません。 ゴールドやクリスタルなど、光りやすいものは控えたほうが無難です。 おすすめなのは、ホワイトパールのアクセサリー。 シンプルで上品かつ華やかな印象も与えてくれるので、フォーマルな席にぴったりです。 しかし、姉妹の服装としては一般的ではありません。 特別な事情がない限りは、セミアフタヌーンドレスなどの洋装、または和装で参加することをおすすめします。 いとこの結婚式に出席するときの服装 いとこの結婚式に参加するときは、兄弟姉妹ほど厳しくは見られないため、一般的な女性ゲストと同様の服装で構いません。 もちろん和装でもOKです。 ただし、兄妹同然に育ったなど、新郎新婦との繋がりが深い場合は、姉妹の服装を参考にコーディネートすることをおすすめします。 一緒に招待された子供の服装はどうする? 親族の結婚式では、子供も一緒に招待されることもありますよね。 子供の服装は、男の子はスーツやタキシード、女の子はドレスが基本です。 長丁場になるので、ぜひ着心地の良いものを選んであげたいですね。 学生服があるなら、学生服での参加でも構いませんが、靴だけはキレイなものを選ぶのを忘れずに。 中には、リングボーイやフラワーガールなどを頼まれている子もいるかもしれません。 子どもに何か役割を与えられているなら、事前に打ち合わせて同じ役割の子や新婦と服装の雰囲気を合わせておくのもおすすめです。 親族のドレスは気軽にレンタルできる 結婚式に参加する服装はレンタルするという選択肢もあります。 レンタルドレスLULUTIでは、兄弟姉妹やいとこの結婚式に参加する親族にぴったりのドレスを数多く揃えていますので、是非ドレス選びの参考にしてみてください。

次の

結婚式での親族の基本マナー!当日の服装&披露宴での振る舞いなど

結婚式 当日 マナー 親族

結婚式に親族として参列するときの服装は一般ゲストとは違う 新郎新婦の親族には、それぞれ立場によって服装マナーがあります。 特に両親や兄弟姉妹は、他の一般ゲストとは服装マナーが大きく異なりますので、注意してください。 また親族は、両家の服装の格を合わせるなどの配慮も必要になりますので、覚えておきましょう。 親族は「ゲストをお迎えする側」であることを忘れない 新郎新婦の親族として結婚式に出席するときに意識しなければならないのが、自分は ゲストを迎える側であるということです。 おもてなしする側だからこそ、服装マナーを守り、ゲストに失礼のないように気をつける必要があります。 マナー違反をしている親族が一人いるだけでも、結婚式の格を下げてしまいます。 父親|昼間は「モーニングコート」、夕方からは「燕尾服」「タキシード」 高級ホテルのような格式高い会場で昼間に結婚式を挙げる場合、 新郎新婦の父親は正礼装であるモーニングコートが定番です。 モーニングコートは、前身頃の裾が大きくカットされたデザインの礼服になります。 ネクタイとベストも白黒で統一するのが基本ですが、シルバーにアレンジするとソフトな印象になるのでおすすめです。 結婚式が夕方以降の時間のときは燕尾服(テールコート)、またはタキシードが正礼装になります。 レストランウエディングなどのカジュアルな結婚式であれば、ディレクターズスーツなどの正礼装を少し簡略化した準礼装を着ます。 和装にするなら伝統的な「紋付羽織袴」 和装の場合、 紋付羽織袴が正礼装になります。 自前の紋付羽織袴を持っている人は少なく、着付けの手間もあることからレンタルするのが一般的です。 父親は親族代表として見られるので、貫禄と品格のある服装を心がけましょう。 兄弟|新郎より控えめな衣装が基本!未婚・既婚でも異なる 新郎新婦の兄弟が結婚式に参列するときの服装は、未婚と既婚で異なります。 未婚男性はブラックスーツ、既婚男性ならディレクターズスーツやタキシードが結婚式にふさわしい服装です。 未婚既婚に関わらず、新郎より控えめに映る衣装を選ぶようにしてください。 祖父|父親より色柄を抑えた正礼装・準礼装を意識して 新郎新婦の祖父は、父親より少し控えめの服装を心がけるのがポイントです。 新郎新婦の父親がモーニングコートなどの正礼装なら、祖父は色柄を抑えた正礼装か、ディレクターズスーツなどの準礼装を着用します。 和装であれば、父親と同じ紋付羽織袴になります。 叔父 伯父 |結婚式場と両家の格に合わせたスーツを選ぶこと! 叔父 伯父 として結婚式に参列するときは、特に服装のルールが定められているわけではありません。 一般的な結婚式であれば、ディレクターズスーツかブラックスーツ、カジュアルウェディングならダークスーツを着用しましょう。 結婚式場の格と両家の服装の格に合わせた服装を選ぶことが重要です。 従兄弟|結婚式場タイプに合ったブラックスーツかダークスーツ 新郎新婦の従兄弟も、特に結婚式の服装に規定はありません。 結婚式場のタイプと両家の服装の格を確認したうえで、ディレクターズスーツ、ブラックスーツ、ダークスーツから最もふさわしい服装を選ぶといいでしょう。 甥っ子(こども)は何を着ていく?制服が礼服になるの? 新郎新婦の甥は、子供であれば、よそ行き用の服を着ていきます。 よそ行き用の服がなければ、手持ちのシャツに蝶ネクタイをつけると結婚式らしく見えるのでおすすめです。 靴は、きれいに磨いたローファーや革靴を合わせましょう。 中学生または高校生で、学校指定の制服がある場合は、制服が礼服になります。 親族男性の衣装は両親の衣装に合わせて決めること 新郎新婦の兄弟や親戚の男性は、 準礼装であるディレクターズスーツかブラックスーツを着用するのが基本です。 ただし両家の父親がディレクターズスーツを着る場合は、兄弟や親戚は格をひとつ落として略礼装のブラックスーツを着用するのが正しい服装マナーになります。 そのほか男性ゲストの結婚式の服装については、下記の記事でも詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。 母親|洋装はアフタヌーンドレスかイブニングドレス、和装は黒留袖 ホテルや専門式場など格式高い式場でおこなう結婚式なら、母親は正礼装であるアフタヌーンドレスかイブニングドレスを着用し、足元にはパンプスを合わせます。 もう少しカジュアルな結婚式であれば、カラーのロングドレスやワンピースでもいいでしょう。 花嫁の母親らしい気品ある佇まいを心がけてください。 和装は両家で事前打ち合わせを!五つ紋付きの黒留袖が第一礼装 和装の場合は、 五つ紋付きの黒留袖が第一礼装になります。 花嫁の母親が着る衣装の定番で、柄が豊富にあるので、自分に似合うものを見つけましょう。 結婚式場のタイプによって、色留袖や紋付きの訪問着など準・略礼装にする場合は、事前に両家で話し合って格の差が出ないように要注意です。 姉妹|和装で参列したほうがいい?ドレスを選ぶポイントは? 新郎新婦の姉妹は、黒やネイビーなど少し控えめな色合いのドレスを選ぶといいでしょう。 また和装で参列する人も多く、その場合は未婚女性は振袖、既婚女性は黒留袖か色留袖が一般的です。 和装の場合も、柄や色は抑えめにすることを心がけましょう。 祖母|母親より控えめな柄の黒留袖が主流 結婚式における祖母の服装は、母親の服装より控えめにすることを意識しましょう。 和装する場合は、母親と同じ格の黒留袖で構いません。 最近は、年配の女性もシックなフォーマルドレスを選ぶ人が増えていますので、結婚式場の雰囲気に合ったドレス・着物を選びましょう。 叔母 伯母 |新郎新婦の両親よりも控えめな服装を心がけて 新郎新婦の叔母 伯母 は、両親の服装より控えめな服装が好ましいですが、ある程度は華やかさも必要です。 ブラックドレスやシンプルなネイビーのワンピースに、羽織りものやパールのアクセサリーを合わせるなど、品のある着こなしを工夫してみてください。 和装をするなら姉妹同様に、未婚女性は振袖、既婚女性は黒留袖か色留袖が基本です。 ドレスであれば、ネイビーやベージュカラーなどの落ち着いた色合いを選ぶと、年配のゲストや他の親戚からも好まれます。 親族として参列するので、過度な露出や奇抜なデザインのドレスは避けるように心がけましょう。 姪っ子(こども)|制服とドレス・ワンピースどちらがいい? 新郎新婦の姪っことして結婚式に参列する際は、特に服装に決まりはありません。 制服が礼装と言われていますが、華やかな結婚式ですので、フォーマル感のあるワンピースやよそ行きの服で参列することをおすすめします。 リボンやコサージュなどのアクセサリーを付けると、結婚式らしさが出るのでおすすめです。 母親以外の親族が和装するときに気をつけることは? 母親以外の親族女性が和装するときは、目上の人より格が高くならないように配慮しなければなりません。 また新婦が和装する場合は、色が被らないように注意して、柄も控えめな着物を選ぶようにしましょう。 不安な場合は、新郎新婦に直接確認しておくと安心です。 そのほか女性の服装マナーについては、下記の記事でも詳しく紹介しているので合わせてご覧ください。 親族が結婚式の衣装をレンタルするときの相場はいくら? 男性親族が着るモーニングコートやタキシード、女性親族が着る黒留袖や色留袖などは、レンタルするのが一般的です。 衣装代を確保しておくためにも、レンタル代がいくらかかるのか気になりますよね。 結婚式の衣装のレンタルにかかる費用相場をまとめましたので、参考にしてください。 結婚式場で着付けをおこなうと、美容室でやるよりも1. 5〜2倍割高になります。 着物のレンタルショップで着付けとヘアメイクをやってくれる場合もあるので、借りるときに確認してみてください。 衣装の着付けやヘアセットの手配は誰がいつ手配するべき? 結婚式場がホテルや専門式場の場合、美容院が併設されており、親族の着付けやヘアセットをおこなうことができます。 繁忙期は予約が殺到するため、個々に予約するのではなく、できれば新郎新婦に取りまとめてもらって早めに予約を済ませてください。 和装の着付け代は新郎新婦側が負担するのがマナーと言われていますので、一度確認してみてください。 結婚式場によっては、新郎新婦の着付けとセットで家族も割引してもらえる場合もあります。 親族としての服装に悩んだときの解決法 親族の結婚式で着る衣装は、両家で格を揃えなければなりません。 しかし地域によって、考え方やしきたりが違うケースもあり、結婚式の服装で悩んでしまう人は多いです。 もし衣装のことで悩んで決められない場合は、新郎新婦に直接相談してみましょう。

次の