水森 かおり ブログ。 プロフィール / 水森かおり

水森かおり

水森 かおり ブログ

城西大学女子短期大学部(現城西短期大学)を卒業後、アメリカへ留学。 そこで 失恋を経験した際にホストファミリーのファミリーパーティで歌を披露し、ファミリーが喜んでくれたことから歌手になることを決意。 帰国後オーディションを受け、1995年(平成7年)に「おしろい花」でデビュー。 2003年(平成15年)に発売した「鳥取砂丘」が大ヒットしてブレークし、『 NHK紅白歌合戦』に 初出場。 2005年(平成17年)には第47回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。 その後、2007年(平成19年)には「ひとり薩摩路」でベストヒット歌謡祭演歌・歌謡曲部門グランプリを2年連続で受賞。 そして、現在(2019年)まで「ご当地ソングの女王」と呼ばれ、『NHK紅白歌合戦』に17年連続出場を果たすなど活躍中です! 水森かおりの父親や母親は? では、そんな水森かおりさんの両親はどういった方なのでしょうか? まずは家族構成からです。 水森かおりさんの実家の家族構成は、父親・母親・姉・水森かおりさん、 さらに、祖父・祖母・祖父の姉と7人で暮らしていたそうです。 父親 水森かおりさんの父親は 寡黙な人で、よくスキー場や海に連れて行ってくれたそうです。 そんな父親の仕事は工場を経営しており、自動車部品を作っているとのこと。 過去のインタビューで水森かおりさんは父について、以下のように発言されていました。 工場で真っ黒になって働く父のことを恥ずかしく思った事もあったが、今思うと黙々と働く父の姿を見る環境にいられたのは、父が自分たちの為に働いてくれる事が感じられて良かった。 工場を営んでいた関係で靴の裏がオイルで真っ黒になることがあったそうですが、次第に父親のことを尊敬していったそうです! 母親 水森かおりさんの母親は昭和13年(1938年)生まれの81歳(2019年現在)で、名前は 千代子さんだそうです。 そんな母親の79歳の誕生日には、水森かおりさんと姉で洋服をプレンゼントし、好きなゴハン屋さんで乾杯したとブログで報告されていました! これに対し、母親は『これを着てメモリアルコンサートに行く!』ととても喜んでいたとのこと。 素敵な家族ですよね~ そんな 母親の若い頃の画像もブログに掲載されていました。 横顔だけですけど、美人な雰囲気が漂っていますよね! 姉 水森かおりさんの姉は 大出久美子さんです。 「ご当地ソングの女王」として全国で広く親しまれている水森かおりさんの実姉で、幼少期には「歌うま姉妹」として、地元で慕われていたそうです。 その後、自身のキャリアを考えプロへの道を断念するも、歌へ関わりたいという気持ちから カラオケ教室を開講。 現在は、100人を超える生徒と共に、演歌や歌謡曲を中心に歌に親しんでおられます。 また、それ以外にも出身地である東京都北区を中心にイベントも多数出演され、活躍されています! 水森かおりは結婚してるの? 長い間、演歌界の第一線で活躍されてきた水森かおりさんですが、その結婚事情が気になりますよね。 そこで調べてみたところ、現在(2019年)までに 結婚はされていないことが分かりました。 2019年9月25日に東京・中野サンプラザで行われた「メモリアルコンサート~歌謡紀行~」に出演された際も、司会者から「年末までに幸せな報告は?」と聞かれると、 楽曲「高速 さくら路」にちなみ、「満開な報告ができたらいいんですけど、散りっぱなしで…。 一生散っている感じですね…。 」と苦笑いで答えておられました。 また、カップリング曲「笑顔で遠まわり」でコラボしたお笑い芸人のサンドウィッチマンから「そろそろ水森姉さんも素敵な男性を探していただいて。 姉さんも遠まわりしすぎですよ。 そろそろ近道を探していただいて」というビデオメッセージが届けられると、 水森さんは「(サンドの2人に結婚相手を) 紹介してっていつも言っているんですけど、なかなか。 『姉さんに合う人を吟味しておきます』って言われて、それっきり。 口だけですね、社交辞令」と明かし、 彼氏がいないことを示唆するような発言もされました。 しかし、本人には結婚の意思があるようなので、いずれは良い報告が聞けるかもしれませんね! こんな記事も読まれています!.

次の

プロフィール / 水森かおり

水森 かおり ブログ

城西大学女子短期大学部(現城西短期大学)を卒業後、アメリカへ留学。 そこで 失恋を経験した際にホストファミリーのファミリーパーティで歌を披露し、ファミリーが喜んでくれたことから歌手になることを決意。 帰国後オーディションを受け、1995年(平成7年)に「おしろい花」でデビュー。 2003年(平成15年)に発売した「鳥取砂丘」が大ヒットしてブレークし、『 NHK紅白歌合戦』に 初出場。 2005年(平成17年)には第47回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。 その後、2007年(平成19年)には「ひとり薩摩路」でベストヒット歌謡祭演歌・歌謡曲部門グランプリを2年連続で受賞。 そして、現在(2019年)まで「ご当地ソングの女王」と呼ばれ、『NHK紅白歌合戦』に17年連続出場を果たすなど活躍中です! 水森かおりの父親や母親は? では、そんな水森かおりさんの両親はどういった方なのでしょうか? まずは家族構成からです。 水森かおりさんの実家の家族構成は、父親・母親・姉・水森かおりさん、 さらに、祖父・祖母・祖父の姉と7人で暮らしていたそうです。 父親 水森かおりさんの父親は 寡黙な人で、よくスキー場や海に連れて行ってくれたそうです。 そんな父親の仕事は工場を経営しており、自動車部品を作っているとのこと。 過去のインタビューで水森かおりさんは父について、以下のように発言されていました。 工場で真っ黒になって働く父のことを恥ずかしく思った事もあったが、今思うと黙々と働く父の姿を見る環境にいられたのは、父が自分たちの為に働いてくれる事が感じられて良かった。 工場を営んでいた関係で靴の裏がオイルで真っ黒になることがあったそうですが、次第に父親のことを尊敬していったそうです! 母親 水森かおりさんの母親は昭和13年(1938年)生まれの81歳(2019年現在)で、名前は 千代子さんだそうです。 そんな母親の79歳の誕生日には、水森かおりさんと姉で洋服をプレンゼントし、好きなゴハン屋さんで乾杯したとブログで報告されていました! これに対し、母親は『これを着てメモリアルコンサートに行く!』ととても喜んでいたとのこと。 素敵な家族ですよね~ そんな 母親の若い頃の画像もブログに掲載されていました。 横顔だけですけど、美人な雰囲気が漂っていますよね! 姉 水森かおりさんの姉は 大出久美子さんです。 「ご当地ソングの女王」として全国で広く親しまれている水森かおりさんの実姉で、幼少期には「歌うま姉妹」として、地元で慕われていたそうです。 その後、自身のキャリアを考えプロへの道を断念するも、歌へ関わりたいという気持ちから カラオケ教室を開講。 現在は、100人を超える生徒と共に、演歌や歌謡曲を中心に歌に親しんでおられます。 また、それ以外にも出身地である東京都北区を中心にイベントも多数出演され、活躍されています! 水森かおりは結婚してるの? 長い間、演歌界の第一線で活躍されてきた水森かおりさんですが、その結婚事情が気になりますよね。 そこで調べてみたところ、現在(2019年)までに 結婚はされていないことが分かりました。 2019年9月25日に東京・中野サンプラザで行われた「メモリアルコンサート~歌謡紀行~」に出演された際も、司会者から「年末までに幸せな報告は?」と聞かれると、 楽曲「高速 さくら路」にちなみ、「満開な報告ができたらいいんですけど、散りっぱなしで…。 一生散っている感じですね…。 」と苦笑いで答えておられました。 また、カップリング曲「笑顔で遠まわり」でコラボしたお笑い芸人のサンドウィッチマンから「そろそろ水森姉さんも素敵な男性を探していただいて。 姉さんも遠まわりしすぎですよ。 そろそろ近道を探していただいて」というビデオメッセージが届けられると、 水森さんは「(サンドの2人に結婚相手を) 紹介してっていつも言っているんですけど、なかなか。 『姉さんに合う人を吟味しておきます』って言われて、それっきり。 口だけですね、社交辞令」と明かし、 彼氏がいないことを示唆するような発言もされました。 しかし、本人には結婚の意思があるようなので、いずれは良い報告が聞けるかもしれませんね! こんな記事も読まれています!.

次の

水森かおりの姉は大出久美子!父親や母親は?夫や結婚についても調査!

水森 かおり ブログ

水森かおり実家の場所は? 水森かおりさんと言えば、ご当地ソングで有名な方ですよね。 情熱のバラさんっていうファンの方がブログで熱く応援していたりと、コアなファンが多い 日本の景勝地を題材にした中高年女性のカラオケファンに支持されている歌手です。 本名は大出 弓紀子(おおで ゆきこ)血液型はB型。 ニックネームは「みもりん」だそうです。 1995年(平成7年)に「おしろい花」でデビューした後は、2003年(平成15年)に「鳥取砂丘」が大ヒットしたのが原因でブレークし、 紅白歌合戦に連続10回出場を更新中です。 今月、徹子の部屋にも出演されます。 水森かおりの実家は東京都北区にあります。 下町で育った水森かおりの実家は凄い大家族だったようですね。 食事は寸胴鍋で作られてて、工場を営んでいた関係で靴の裏がオイルで真っ黒になって女の子には恥ずかしい記憶しか残っていないようです。 父親は寡黙な人だったようですね。 父親が働いてる姿を見て育ったんですね。 幼いころから父親の仕事をしている背中を見ながら大きくなったので、演歌の心を歌うのも上手くなった原因かもしれませんね。 父親は下町で工場を経営していたのですね。 工場といっても社長自らが油まみれになって部品を作る工場みたいですね。 水森かおり応援掲示板? 水森かおりさんのファンの方が運営している掲示板って、普通の歌手ならあまり見かけませんが、水森かおりさんの場合はネット上でチラホラ見かける事があります。 それでけ熱心なファンが多いのですね。 水森かおりさんはファンの方達と旅行ツアーもされているようですね。 ご当地ソングの女王と呼ばれているので、各地で観光大使等に任命されているので、歌を唄う時のイメージとして定期的に旅行しているのかもしれませんね。 PV撮影なども、すべて現地でロケしているのも凄いです。 結構カラオケの場合、その土地と関係ない場所がテレビから流れていたりして、地元の人がそれを見てがっかりしないようにという配慮で、現地まで行って実際に撮影しているそうです。 紅白の衣装が話題に!当時の衣装がコレ ブライダルファッションデザイナー桂由美がデザインした変幻自在の巨大ドレスで「島根恋歌」を熱唱した。 始めは白いレースのドレスで登場し、歌の途中で上に伸び、赤色に変化。 高さだけでなくスカートが見る見るうちに巨大化。 綺麗ですね。 今年の紅白はどんな衣装でステージに立つのでしょか。 今から楽しみですね^^.

次の