敬具 英語。 英文メールの結びには何を使う? − complimentary close in email

英語のメールの敬具?についてです。

敬具 英語

上記、2つは、最も一般的な、日本語の「敬具」に相当する表現です。 この敬具にあたる部分を英文メール・レターでは、「結語」Complementary Closeと呼んでいます。 ただし、英語の敬具に相当する表現には、さまざまな種類があり、かつ、アメリカ式と英国・欧州式の2種類の書き方があります。 一例をあげると、 結語の種類 アメリカ式 英国・欧州式 官公庁向 Yours faithfully, Respectfully yours, Yours respectfully, Very truly yours, Yours very truly, フォーマル Truly yours, Yours truly, Sincerely yours, Yours sincerely, 普通の形式 Sincerely, Sincerely, With Best regards, With Best wishes, また、相手との関係によって、さまざまな結語を自作するケースも見られます。 例:Kind regards, Warmly, With love, など。 参考にしてみてください! 結辞 結語 と呼ばれる最後の言葉ですが、これに迷う日本人の方は多いですよね。 ビジネスEメールで現在よく使われる表現について、実務に基づいてお伝え致します。 質問の答えから言うと、相手先が関連会社で、いつもやりとりを行っているとのことですので、Thank you. で問題なく、また自然であると言えます。 お尋ねのBest regards, はやや親しみのこもった、かつビジネスで使用できる結辞ですので、一度以上やりとりをしたことがある相手にビジネスメールで使うことができます。 このケースの場合は相手に合わせて、Thank youでもいいかもしれませんね。 しかし、Eメールの宛先が官公庁や初めてメールする会社などの場合は Thank you. で終わるのではなく 結辞を忘れずに最後につけるようにしてください。 その場合、Kind regards, のようにフォーマルなビジネスで使用できる結辞を用いるのが良いでしょう。 バリエーションはありますが、まずこちらを一つ覚えておくと、フォーマルなEメールで常に使用できるので便利です。 レターの場合はよりフォーマルなSincerely, Sincerely yours, 等が好まれます。 When you give your regards it means you are thinking of them. Kind regards means you are thinking good thoughts. This can be a nice ending for most personal letters. A Kind regards, Ilke. When you give your regards it means you are thinking of them. Kind regards means you are thinking good thoughts. best wishes used to express friendliness in greetings. Example-"give her my regards" I hope this helps :-.

次の

「謹啓」と「敬具」の使い方・例文|間違い/位置/招待状

敬具 英語

日本語でメールをする場合結びのフレーズといえば、「よろしくお願いします」が一般的ですね。 英語にもこれに相当する「Sincerely」や「Regards」といった結びの言葉がいくつか存在します。 場面によって使い分けるとピッタリくる結びの英語表現を、ビジネスからカジュアルまでシーン別にご紹介していきます。 ビジネスでの英語メールで使える結びのフレーズ ビジネスシーンで使われる結びは、メールを送る相手によって内容は異なります。 ここでは面識のない相手に対して相応しいフォーマルな英語表現や、丁寧な印象を与えるビジネス英語フレーズを見ていきましょう。 面識のないクライアントや上司へは「Sincerely」 英語で送るメールの場合、日本のビジネスシーンでやり取りされるような堅苦しい言い回しは用いられないが一般的です。 しかし、初めてやり取りをするクライアントなど面識がない人が相手の場合は、丁寧な言い回しで結びたいですよね。 そんなときに使えるのが「Sincerely」です。 日本語でいうところの「敬具」という意味に相当します。 すでに面識はあってもまだ気の置けない相手には「Yours sincerely」あるいは「Sincerely yours」と、yoursをつけるとよいですよ。 「Yours sincerely」は「Sincerely yours」よりもやや堅い印象を与えるので、相手によって使い分けてみましょう。 英語で送るメールでは、基本的に日本のビジネス文章のような堅苦しい言い回しはあまり常用されません。 日本人が好んで用いる「Sincerely」は心から敬意を表すといった意味で、とてもきっちりした印象を与える結びです。 「Sincerely yours」ということもありますがyoursを付けることで面識がある人にしか使えないことと、「Yours sincerely」よりも多少柔らかい印象になりますので、認識して使い分けをしてみましょう。 丁寧に言いたい時の「Best regards」の意味とは? 「Sincerely」よりもスタンダードに使われるのは「Best regards」。 「Regard」は、気に掛ける、敬意という意味をもち、最高の心遣い、敬具といったニュアンスのフレーズとなります。 かしこまるほどではないけれど、丁寧に対応したいというシーンで使える結びのフレーズです。 感謝しますに相当する「Many thanks」の意味とは? 一見カジュアルに感じられる「Many thanks」ですが、ビジネスシーンの「Thank you in advance」や「Thank you very much」の短縮形のような結びのフレーズで、ネイティブによく使われる締めの言葉です。 カジュアルな英語メールで使える結びのフレーズ 結びの言葉は前述と同様に、メールを送った相手との関係性によって、使うフレーズは変わります。 ここでは普段使いに便利な結びの英語フレーズを見ていきましょう。 じゃあねの意味で使われる「See you around」 同僚や友達など、気軽に対応できる仲間には「See you around」(またね、じゃあね)といったカジュアルな結びの言葉がおなじみです。 「Thanks」でも通用するけれど、もっと親しみを込めたい時に便利なフレーズです。 気を付けてね「Take care」 メールに限らず、会話でもよく使われる「Take care」は、メールの結びでもよく使われます。 さよならの代わりにも用いられる、これも一般的な英語表現です。 ハグをあなたに「Hugs」 日本には抱き合う習慣がないのでピンとこないかもしれませんが、海外では友達から恋人まで、親しい仲間同士での抱擁は、あたりまえの習慣です。 「Hugs」という結びのフレーズは、「Love」と似た感覚で使えます。 相手との距離を近づけたいや、もっと愛情を伝えたいシーンで使うと、ぐっと距離が縮むことでしょう。 しばらく会わない人には「All the best」 「All the best」はしばらく会わない友人や同僚に送る結びのメール表現。 日本語の「これからがんばってね」のようなニュアンスで伝わります。 「Best regards」に近い意味合いですが、よく知らない相手に使うと白々しく受け取られる可能性もあるので、送る相手を考えて、使う必要があります。 ビジネス上ではあまり使われないので、使い分けてくださいね。 「よろしくお願いします」を英語メールでいうとどういう? 日本語の定番フレーズ「よろしくお願いします」は便利な表現ですが、英語の直訳ではこのような言い回しがありません。 基本的には前述でご紹介した結びのフレーズが適していますが、「よろしくお願いします」のようなニュアンスを伝えたいときもありますよね。 そんなときに使えるフレーズを、シーン別にご紹介します。 仕事の相手、同僚に「これからよろしくお願いします。 」 これからプロジェクトをともにする同僚や、取引を始めるクライアントなど今後も引き続き仕事のお付き合いがあるというようなシーンもありますね。 そんなときこそ挨拶の最後に「これからよろしくお願いします。 」と言いたいもの。 同じような意味合いを英語で伝える場合は、「look forward 」や「 do great business」のような表現を用いたフレーズが適当です。 (一緒にお仕事できてうれしいです。 ) I am looking forward to working with you. (一緒にお仕事するのを楽しみにしています。 ) I hope that we will do great business together. (一緒に素晴らしいビジネスを築いてくことを期待しております。 」 ビジネスメールでは必要な資料、ファイルなど送ってほしいものをお願いしたり、業務の対応をお願いしたりする機会があります。 こんな時には「attention」や「take care」を活用してニュアンスを伝えましょう。 We appreciate your prompt attention to this matter. (ご対応いただきまして感謝いたします。 ) Please take care of this issue. (こちらの案件のご対応お願い致します。 ) メールの確認を「よろしくお願いします。 」 日本ではメールの内容がOKかどうか確認してください、のような意味で「よろしくお願いします。 」を使いますよね。 そのような場合、英語では「check」や「attention」を用いて表現します。 Please check it. (確認よろしくお願いします。 ) Thank you for your attention. (以上よろしくお願い致します。 ) Thank youだけではぶっきらぼうかな?と思ったときの「よろしくお願いします。 」 英語は具体的な内容を伝えないでニュアンスを表現することが難しい言語ですので、ほとんどの場合「Thank you 」「Thanks」ですべてが完結します。 しかし日本人にとってなんとなくぶっきらぼうで物足りないと感じるのも当然のことでしょう。 そんなとき一言加えたいなら英語では「 appreciate 」や「help」の単語を使って以下のように表現しましょう。 Thank you for your help. (ご協力ありがとうございます。 ) Thank you in advance. (よろしくお願いいたします。 ) We really appreciate it. (感謝いたします。 ) まとめ 英語で伝える結びのフレーズをご紹介しました。 日本語では特にビジネスの場合「お忙しいとは存じますが、よろしくお願いします。 」や「恐縮ですが、ご対応よろしくお願いします。 」など相手への気遣いを表現して応対することがマナーとされています。 英語でのシーンではそのような習慣はありませんので、「Thank you」の一言にすべてが含まれていると認識されますし、失礼だと思われることもないでしょう。 今回の表現は日本語らしい丁寧さと文化の違いを表現する上で便利なフレーズですので、相手にあわせてふさわしい表現を使い分けてみてくださいね。 全てを使いこなそうと気負わずに、シーンや相手に合わせて使ってみてください。 \1レッスン129円~毎日受けられるオンライン英会話/ 英会話を話せるようになりたいなら、英語を話す環境を作り出す必要がありますよね。 レアジョブの「日常会話コース」では、25分のマンツーマンレッスンが毎日受けられて1回129円~。 厳しい審査のもと採用された優秀な講師陣があなたの英会話学習をサポートしていきます。 Please SHARE this article.

次の

英文メールの結びには何を使う? − complimentary close in email

敬具 英語

何気なく文章を書く際に使用している「拝啓」と「敬具」には、それぞれ意味があります。 「拝啓」を訓読みすると「おがみもうす」と読めます。 「おがみもうす」とは、「お辞儀をして申し上げます」という意味となります。 この事から「拝啓」には、人と会った際にお辞儀をして挨拶するのを書面に置き換えた際に使用される言葉となります。 一方、「敬具」を訓読みすると「うやうやしくととのえる」と読めます。 これは、「敬意を表して結ぶ」といった意味となります。 人と会った最後には、お別れの挨拶「それではまた」といった言葉があります。 これを書面で表した言葉となります。 「拝啓」や「敬具」をより丁寧にした「謹啓」といった言葉もあります。 拝啓と敬具の使用方法 「拝啓」と「敬具」を使用する上で大切なのが、フォーマルな手紙の構成を知っておくことです。 下記では、フォーマルな手紙についてご紹介いたします。 手紙の構成 頭語-手紙の最初にくる部分です。 「拝啓」といった挨拶用語となります。 前文-頭語に続く言葉となります。 季節に合わせた時候の挨拶や先方の安否や活躍を確認する文面となります。 先方への感謝や尊敬の念を述べる一文も添えます。 主文-「さて」といった言葉で書き始め、手紙の要件となる本題を書きます。 末文-手紙の締めくくりとなる部分です。 前文に記入した季節を絡めながら用件を簡潔にするのがポイントです。 先方の今後の繁栄や健康を気遣う言葉を書きます。 なお、返信が必要な場合は、期限と合わせて返信のお願いを書きます。 結語-文頭に記入した頭語である「拝啓」にあわせて「敬具」で締めくくります。 後付-手紙を記入した日付・宛名といった、いつ、だれが、だれにいった部分を記入します。 追伸-主文とは、関係ない事柄で追伸として書く内容がある場合はここに記入をします。 なお、目上の方には追伸は失礼にあたるため記入はしません。 位置 基本的には「拝啓」を使用する際は、文頭に記入し一文字スペースを空けて、時効の挨拶を記入し前文へと続けます。 そのため「拝啓」の後は改行をする必要はありません。 「敬具」は、文面を書き終えた後改行を行ってから使用します。 「敬具」の位置は、便箋の一番右側 右寄せ に記入をします。 改行 「拝啓」を使用するのに厳格なルールがあるわけではありません。 そのため、「拝啓」の後に改行をせずにそのまま時候の挨拶を続けても問題はありません。 改行をせずに、時候の挨拶を記入する場合は「拝啓」の後ろに一文字分のスペースを空けて使用します。 なお、「敬具」は必ず改行をして使用をします。 拝啓と敬具を使った例文 下記では、「拝啓」と「敬具」を使用した例文をご紹介いたします。 ビジネスシーンやお礼状などを書く際の参考にしていただければ嬉しいです。 注意点としてメールやファックスを送る際は、「拝啓」と「敬具」は使用しません。 手紙 ビジネスシーン改行なし 下記では、ビジネスシーンで使用する際の改行なしの場合の例文をご紹介します。 株式会社 〇〇 〇〇部 〇〇 〇〇様 拝啓 新春のみぎり ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配りを賜り厚く御礼を申し上げます。 本文 ご多忙の中 まずは書中にてご案内を申し上げます。 敬具 平成〇〇年〇月〇〇日 株式会社 〇〇 〇〇部 〇〇 〇〇 手紙 お礼状改行あり 下記では、お礼状に使用する際の改行した場合の例文をご紹介します。 拝啓 初冬のみぎり 皆様におかれましては益々ご清祥の事とお慶び申し上げます。 この度は お心のこもった品物を頂戴いたしまして誠にありがとうございます。 本文 これから寒さの本番ですので 皆様どうぞご自愛くださいませ。 まずは取り急ぎ 書中をもちまして御礼を申し上げます。 敬具 平成〇〇年〇月 〇〇 〇〇 メール メールでは「拝啓」と「敬具」といった頭語・結語そして時候の挨拶を含む前文・末文は原則省略をされます。 厳格に、使用してはいけないというルールが存在するわけではありませんが、使用しないのが良いとされています。 メールは、用件を簡潔に伝えるツールであり相手に負担を書けないのが良いとされています。 頭語・結語そして時候の挨拶を含む前文・末文は、先方の時間を割くことは避けるべきとされています。 だからといって、礼を失するのは歓迎されるものではありません。 「拝啓」や「敬具」を使用しない代わりに、きちんとした挨拶文を最初に述べます。 例えば、「いつもお世話になっております」「お疲れ様です」といった一文を入れるのが一般的です。 「敬具」の代わりとなる言葉は、「今後ともよろしくお願いします」といった文面を入れます。 拝啓に続く言葉は? 「拝啓」といった頭語の後に、手紙では前文が続きます。 前文には、時候の挨拶や先方を気遣う一文、先方への感謝や尊敬の念を示す言葉で構成されています。 下記では、「拝啓」の後ろに来る時候の挨拶の一般的な慣用句をご紹介いたします。 慣用句を使用せずに、自身で季節を感じる挨拶文を書いても素敵です。 時候の挨拶 時候の挨拶の慣用句となります。 一月 新春のみぎり、降雪の侯、寒さが一層身に染みる昨今ですが 二月 梅香の候、向春のみぎり、三寒四温と言われる季節 三月 早春の候、春暖のみぎり、春風を感じる季節となりました 四月 陽春の候、桜花のみぎり、さくらの花が咲き誇る中 五月 晩秋のみぎり、若葉の候、若葉のかおる季節 六月 初夏の候、深緑の候、若鮎の踊る 七月 盛夏の候、大暑のみぎり、まぶしい夏の季節 八月 残暑厳しい折、初秋の候、立秋とは名ばかりの暑さが続いておりますが 九月 秋色のみぎり、秋晴の候、秋の気配が日増しに増してきました 十月 秋冷の候、秋晴れ、味覚の秋となりました 十一月 晩秋の候、夜寒の折柄、朝夕が冷え込む季節となってきました 十二月 初冬の折、寒気の候、年の瀬も迫って参りました ビジネスマナーの拝啓と敬具とは 拝啓や敬具を使用しない場合とは 「拝啓」と「敬具」は、先方との関係性によってつけるかつけないかが変わってきます。 例えば、普段から親しい上司や先輩もしくは近所への手紙の場合、頭語や前文を省略します。 「拝啓」や「敬具」を使用する際の手紙は、フォーマルな表現として使用しますが、相手との一定の距離感を強調することになります。 また、先方からの手紙で頭語や前文を省略して送られてきた手紙に対して返信する場合に頭語や前文をつけて手紙を返信するのはマナー違反です。 先方が親しいと感じ省略をして手紙を出したにもかかわらず、あえて距離感を出す手紙は失礼です。 他にも、詫び状やお見舞い状には頭語、前文を使用しません。 お詫び状は、先方に自身の謝意を伝えるのが最も優先されるためです。 また、お見舞い状は先方に負担をかけないことを優先させるため頭語、前文は使用しません。 敬具とかしこの違い 「かしこ」は、一般的に女性が手紙の締めくくりに記入する挨拶用語です。 すべての頭語と組み合わせることが可能な結語となります。 「かしこ」の意味合いは、「恐れ多いや恐縮です」といった意味合いがあります。 「かしこ」の他にも「かしく」と記入する事も可能です。 「かしく」の意味合いは、「これにて失礼いたします」といった意味合いです。 また、男性が使用する場合は「かしこ」ではなく「恐惶謹厳」や「恐惶謹言」を使います。 女性は、ひらがなで記入するのは女性らしい柔らかさを表現しており、一方男性は漢字で力強い印象を与えます。 「かしこ」を使用するのは、目上の方へのお手紙や先方に敬意を表す表現として使用するのが一般的となり、使用するのは「拝啓」の文末となります。 「敬具」は、「拝啓」とペアで使用を行います。 「かしこ」も同じく「拝啓」の文末に記入をします。 「かしこ」は女性のみ使用する挨拶用語となるので注意が必要です。 女性らしさを強調する「かしこ」はビジネスシーンにおいて避けるのがマナーとなりますので注意が必要です。 敬具と同じ意味がある言葉の使い分け 手紙を書く際に、頭語や結語で悩む事があります。 頭語とは、手紙の最初文頭にくる挨拶用語で「拝啓」「前略」などがあります。 結語は、手紙の最後文末にくる挨拶用語で「敬具」「早々」があります。 挨拶用語の意味を知らずに使用すると失礼にあたることがあります。 下記では、「敬具」と同じ意味を持っている挨拶用語をご紹介します。 敬白 「敬白」とは、謹んで申し上げるといった意味合いがあります。 類似語である「敬具」よりもより丁寧となり先方へ敬意を表している挨拶用語となります。 より改まった丁寧なお手紙に向いている挨拶用語となります。 例文 謹啓 菊花のみぎり 貴社におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 本文 略儀ながら、書中にてお祝いを申し上げます 敬白.

次の