キャッシュレスポイント還元 pasmo。 登録しないと損かも。PASMOポイント還元サービスの登録が開始。忘れずに登録を

PASMOポイントどのくらい戻るの?還元登録方法から受取方法まで【キャッシュレス還元】|副業サラリーマン

キャッシュレスポイント還元 pasmo

2019年10月1日から2020年6月末までの間、対象店舗において、登録されたキャッシュレス決済で お支払いをすると、最大で5%のポイント還元を受けられます。 「キャッシュレス・消費者還元事業」には、 ・消費者 ・中小・小規模事業者 ・キャッシュレス決済事業者 が関わります。 が、ほとんどの皆さんは、消費者として関わることにはなるので、消費者目線でどうなるのかチェックしたいと思います。 該当の決済手段=キャッシュレスは? まずは決済手段ですが、当然キャッシュレスを推進するものになります。 大まかにいうと、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカード、電子マネー、スマートフォン(QRコード等)が該当しています。 が、実際にポイント還元を受けるには、決済業者が申請して国に認められたキャッシュレス決済手段である必要があります。 どんなキャッシュレス決済手段が登録されているかは公式サイトで確認することができます。 基本的には普段利用しているようなクレジットカードや電子マネー、QRコード決済はほとんど該当しているので、消費者側としては普段通りに利用するしていく方向でそれほど問題はありません。 「PASMO(パスモ)」はキャッシュレス・消費者還元事業に該当 今回は「PASMO(パスモ)」について確認します。 「PASMO」は公式サイトでも既に告知されていますが、「キャッシュレス・消費者還元事業」に登録済です。 今回の「キャッシュレス・消費者還元事業」、決済手段を確認するときのポイント・注意点は ・何が対象か ・上限はどうなっているのか ・還元方法はどうなるのか・いつ頃どうやって還元されるのか です。 【事前登録】 還元を受けるにあたっては、事前に登録が必要です。 1ポイント(1円相当)を10円単位でPASMOにチャージできます。 ポイント還元方法が決定しました。 PASMOが2枚ならメールアドレスは2つ必要 同じメールアドレスを用いて複数枚のPASMOを登録することはできません。 複数枚登録される場合は、別々のメールアドレスを用意する必要があります。 PASMOチャージにおすすめのクレジットカードは! TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO その名からわかるように、TOKYU CARD ClubQ JMB PASMOはJALマイレージバンクカード(JMB)の機能とPASMOの機能を備えた東急グループのクレジットカードです。 JMBのカードでもあるのでJALマイルを貯めている人にもお勧めです。 年会費 初年度無料、2年目以降1,000円(税別) 追加カード ETCカード、家族カード 還元率 0. しかし、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」の会員Webに登録するだけで+0. PASMOオートチャージで、クレジットカード利用で貯まる0. 利用代金Web明細サービスへの登録が条件となります。 つまり、クレジットカード利用で貯まる0. ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) 毎日東京メトロに乗っている人に特におすすめなのがANA To Me CARD PASMO JCB、通称ソラチカカードです。 年会費 初年度無料、2年目以降2,000円(税別) 追加カード ETCカード、家族カード 還元率 0. これによりポイントの二重取りが成立します。 メトロポイントの付与は、 平日なら1乗車につき5ポイント、土日と祭日なら1乗車につき15ポイントです。 距離や運賃に関係ない一律の付与なので、運賃が安いほど還元率は良くなります。 メトロポイントとの二重取りが可能なANA To Me CARD PASMO JCBは、単なるポイント付与0. どこの店舗が対象か マークがある対象店舗でキャッシュレス決済手段で支払うと、5%か2%還元されます。 中小・小規模事業者で、申請して認められた店舗でないと還元は受けられません。 還元率は ・基本:5%還元 ・フランチャイズチェーン傘下の中小・小規模事業者:2%還元 (例えばフライチャイズオーナー店のセブンイレブンなど。 ) 大手の店舗は対象外です。 対象店舗かどうかの確認も公式サイトで行えます。 ちなみに実店舗だけではありません。 アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングに出店している中小・小規模事業者で対象店舗であれば5%還元になります。 軽減税率との違い・軽減税率と併用は? 軽減税率制度についても確認です。 軽減税率制度と言ってピンとこなくても「持ち帰りだと消費税8%で、店内で食べたら消費税10%という制度」と言えばわかるのではないでしょうか。 「軽減税率制度」は、消費税の軽減税率です。 <軽減税率の対象品目> 飲食料品: 飲食料品とは食品表示法に規定する食品(酒類を除きます。 )をいい、一定の一体資産を含みます。 外食やケータリング等は軽減税率の対象品目には含まれません。 新聞: 新聞とは一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する週2回以上発行されるもので、定期購読契約に基づくものです。 引用:国税庁 軽減税率制度とはリーフレット より 図でみると以下のようになります。 ただ、同じ時期に始まるので違いがよくわからない・・・ 「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」を比較すると以下のような違いがあります。 次に気になるところは「キャッシュレス消費者還元事業」と「軽減税率制度」の併用です。 結論をいってしまえば 併用OKです。 併用できればかなりお得になります。

次の

「PASMOキャッシュレスポイント還元サービス」9月17日〜事前登録スタート!

キャッシュレスポイント還元 pasmo

PASMOの、キャッシュレス・ポイント還元事業における、第2期・第3期のポイント付与受付が7月10日に開始される。 受取場所はセブン銀行ATM。 PASMOのポイント還元事業は、集計期間を2019年10月から12月、2020年1月から3月、4月から6月の3期に分け、ポイントの受取期間も3回設定される予定だったが、4月を予定していた第2期ポイント還元が新型コロナウイルス感染拡大の影響で7月に延期。 第3期と合わせて実施されることになった。 また、第1期の受取は駅の窓口や定期券売場などで対応していたが、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から窓口では対応せず、セブン銀行ATMを用いた対応のみとなる。 付与受付期間は7月10日から26日。 セブン銀行ATMの「カードを使わない番号入力での取引」からの操作にて手続きをする。 獲得したポイント数は、「PASMOキャッシュレスポイント還元サービス」のマイページで確認可能。 確定ポイント数は7月10日ごろにメールで通知される。 なおPASMOは、総務省が9月から実施するマイナポイント事業に参加することが決定しており、7月1日から「PASMOマイナポイント加算サービス」を開始。 PASMOキャッシュレスポイント還元サービスに登録している人は、現行の会員情報・PASMOのID番号をPASMOマイナポイント加算サービスに移行できる。

次の

PASMOのキャッシュレスポイントの受け取りは17日間しかない件!

キャッシュレスポイント還元 pasmo

PASMO 東京メトロを中心とした私鉄が発行している交通系ICカード・電子マネー。 オートチャージ対応のクレジットカードは、、OPクレジットカード(小田急)など、各鉄道会社が個別に発行している。 クレジットカードのラインナップはさまざまですが、、OPクレジットカードなら 初年度年会費無料、2年目以降も年1回以上の利用で無料で使えます。 また、「ビュー・スイカ」カード(年会費477円+税)もWeb明細の申込みで年間600円相当のポイントがもらえるため、実質的には無料です。 クレジットカードは、発行元となる各鉄道会社がそれぞれの特典を用意しています。 たとえば、小田急に乗る機会が多い人ならOPクレジットカード、JRに乗る機会が多いならビックカメラSuicaカードや「ビュー・スイカ」カードを持つとメリットが大きいです。 バス利用特典サービス(事前登録:不要) SuicaやPASMOを利用して対象のバスに乗車すると、毎月の利用金額に応じてバスポイントが貯まります。 バスポイントが一定数貯まると「特典バスチケット」が付与されて、次回のバス利用時に自動的に運賃が割引になります。 JR東日本の在来線を利用(事前登録:必要) 登録済みのSuicaでJR東日本の在来線を利用すると、1回の利用金額に応じて、最低1ポイントのJRE POINTが貯まります。 カードタイプは200円ごとに1ポイント、モバイルSuicaは50円ごとに1ポイント付与です。 貯まったJRE POINTは、Suicaにチャージ可能です。 メトポ(事前登録:必要) 登録したPASMOで東京メトロ線に乗車すると、メトポが1日あたり3ポイント(土日祝は7ポイント)貯まります。 また1ヶ月に10回乗車するごとに、10ポイントがプレゼントされます。 貯まったメトポは10ポイント=10円単位で、PASMOに充当できます。 いずれの乗車ポイントも、定期券区間内の利用はポイント付与の対象外です。 電子マネー利用で貯まるポイント• Suica:[Suica登録して貯まる]マークのあるお店、キャッシュレス・ポイント還元の対象店舗• PASMO:キャッシュレス・ポイント還元の対象店舗 Suicaは[Suica登録して貯まる]マークのある対象店舗でSuica払いをすると、JRE POINTが獲得できます。 JR東日本グループのNEWDAYS、キオスク、駅ビルの店舗、イトーヨーカドー、タイムズなど。 (以前はSuicaポイントが貯まりましたが、現在はJR東日本グループの共通ポイント「JRE POINT」で統一されています。 ) JREポイントを貯めるには、JRE POINT WEBサイトでSuicaを登録する必要があります。 100円または200円ごとに1ポイント付与で、還元率は0. 5%~1%です。 JREポイントの貯め方は、下記の記事も参考にどうぞ。 関連リンク: 一方のPASMOは、2019年9月まで、どれだけ買い物に使ってもポイント還元はありませんでした。 10月からはキャッシュレスポイント還元サービスにPASMOが対象になったことで、最大5%のポイント還元が受けられます。 で会員登録後、3ヶ月ごとに利用金額に応じたポイント還元があります。 貯まったポイントは、私鉄の駅や定期券の窓口にて、PASMO残高にチャージできます。 ちなみに、Suicaもキャッシュレスポイント還元サービス対象の決済サービスです。 Suicaは1ヶ月分利用金額に応じて、翌月上旬にJRE POINTとしてまとめて還元されます。 正直、Suicaの方がポイント還元のサイクルが早く、ポイントの有効期限も長いです。 買い物の支払いでSuicaとPASMO、どちらのポイントを貯めるのがいいか悩んだときは、Suica一択です。 提携クレジットカード利用による違いは? SuicaとPASMOには、それぞれ提携するクレジットカードが何種類もあります。 クレジットチャージで得られるポイント 提携のクレジットカードからSuicaやPASMOにチャージすると、金額に応じたカード会社のポイントが貯まります。 各交通系ICカードへのクレジットチャージ方法は以下のとおりです。 Suica ・Suica・PASMOエリアの自動改札機でオートチャージ ・多機能券売機やATM「ビューアルッテ」からクレジットチャージ ・モバイルSuicaへのチャージ金額をクレジットカードで支払う PASMO ・Suica・PASMOエリアでのオートチャージ ・東急の駅の券売機でクレジットチャージ 提携クレジットカードごとに、チャージ時に獲得できるポイントを比較してみると、以下のようになりました。 (獲得ポイントを金額換算しています) カード名 金額 備考 「ビュー・スイカ」カード 1,000円ごとに15円相当のポイント付与 1. 5%還元 ビックカメラSuicaカード 1,000円ごとに15円相当のポイント付与 1. 5%還元 To Me CARD Prime 1,000円ごとに5円相当のポイント付与 0. 5%還元 OPクレジットカード 200円ごとに1円相当のポイント付与 0. 5%還元 TOP&ClubQ JMBカード 200円ごとに最大2円相当のポイント付与 最大1%還元 ビューカード(「ビュー・スイカ」カード、ビックカメラSuicaカード)からSuicaにチャージするのが、もっともお得だとわかります。 ちなみに、クレジットカードで買い物をすると、ポイント還元率が半減します。 カード名 金額 備考 「ビュー・スイカ」カード 1,000円ごとに5円相当のポイント付与 0. 5%還元 ビックカメラSuicaカード 1,000円ごとに10円相当のポイント付与 1%還元(ビックポイントとJRE POINTが0. 5%ずつ) To Me CARD Prime 1,000円ごとに5円相当のポイント付与 0. 5%還元 OPクレジットカード 200円ごとに1円相当のポイント付与 0. 5%還元 TOP&ClubQ JMBカード 200円ごとに最大2円相当のポイント付与 最大1%還元 PASMO利用で独自の乗車ポイントが貯まる PASMO対応クレジットカードのなかには、提携したPASMOの利用で乗車ポイントが貯まったり、買い物でのポイントアップが受けられたりするものがあります。 To Me CARD Prime 乗車:東京メトロの利用で平日10ポイント、休日20ポイント。 (1日の電車賃が1,000円だと考えた場合、平日1%、休日2%還元に相当) 買い物:メトロポイントPlus加盟店で200円ごとに1ポイント、自販機は100円ごとに1ポイント。 OPクレジットカード 乗車:小田急線の月間利用金額ごとに還元率が段階的に変わる。 月間1,360円以上の乗車なら1%、2万円以上の乗車で7%還元。 買い物:小田急グループ運営施設で1%還元。 TOP&ClubQ JMBカード 東急百貨店などに設置されている「乗ってタッチTOKYUポイント専用端末」にタッチすると1日10ポイント。 発行枚数はSuicaの方が多い SuicaとPASMOの発行枚数は以下の通りです(データは2018年時点)。 Suica 7,161万枚• PASMO 3,628万枚 SuicaがPASMOの約2倍の発行枚数となっています。 結構差が開いている状態なので、この差が逆転することは当面ないでしょう。 また、加盟店数もSuicaに軍配が上がります。 モバイル対応はSuicaが優位 Suica、PASMOともに、モバイル対応をしています。 おサイフケータイ対応のスマホに、アプリをインストールしたり、カード情報を登録したりすると、スマホをかざして、改札機を通れたり、買い物ができたりします。 SuicaとPASMOは交通系ICカード全国相互利用サービスに対応しているので、ほかのエリアでも乗車カードや電子マネーとして使えます。 ただし、モバイルPASMOはサービス開始当初は、 おサイフケータイ対応のAndroidスマホにしか対応しません。 モバイルSuicaは、おサイフケータイ対応のAndroidスマホ、iPhone(iPhone7以降)、Apple Watch(Apple Watch2以降)、フィーチャーフォンでも使えるのと比べると、モバイルPASMOは使える人が限られます。 頻繁に利用する鉄道によってどちらの電子マネーがお得か変わってくるので、しっかりとした比較が必要です。 ただし、全体的な視点でみると 「Suica」に軍配が上がっていると私は思います。 それを象徴しているのが電子マネーの発行枚数で、2:1程度の差があることからも、 6割の人はSuicaを選ぶのが正解、3割の人はPASMOを選ぶのが正解という結果になると思いました。 もし、Suicaを選ぶのであれば実質年会費無料で使える「ビックカメラSuicaカード」がおすすめです。 当サイトの申込数を調べてみても、ビックカメラSuicaカードがダントツの人気でした。 2020年9月30日までの期間限定キャンペーンです。

次の