マンチカン 可哀想。 マンチカン|里親募集|ジモティー

東京都のマンチカンのブリーダーを探す|みんなの子猫ブリーダー

マンチカン 可哀想

猫に関する病気、お悩みを取り上げて わがやの実体験をシェアしていく企画、【猫学】。 今週の猫学のお題は、 「 一匹飼いと多頭飼いのどちらがいいのか」について。 一匹でさびしくないかな…• 仲良くなれる猫がもう一匹いたら…• でも、もし仲良くなれなかったら… 現在猫一匹飼いの人は、こんなふうに悩まれるんじゃないでしょうか? ちなみに、今年2歳になる短足マンチカンのるるちゃんがいるわがやも、現在進行形で悩んでいます>< 一匹飼いと多頭飼いそれぞれのメリデメと、わがやでどういったところに悩んでいるのかというところをまとめてみました。 多頭飼いのメリット 猫にとってのメリット• 遊び相手ができて、運動不足が解消できる 一匹飼いの猫の場合、飼い主さんの留守中のほとんどを寝て過ごしています。 いい遊び相手がいると、飼い主さんの留守中であっても一緒に遊ぶことができ、 運動不足の解消につながり、ストレス解消にもなります。 また、それにより飼い主さんに依存する心の病気 「分離不安症」の防止にもつながります。 飼い主にとってのメリット• 可愛さ倍増!! これに尽きるかなと思いますw 猫同士が仲良くお昼寝したり、毛づくろいしたりするところを見られるのは、猫好きにとってはこの上ない眼福ですよね…! 2. 多頭飼いのデメリット(注意点) 猫にとってのデメリット• 相性が合わない場合、ストレスになる• 飼い主の愛情を独占できなくなる 本来猫は単独行動をする生き物。 そして、環境の変化を敏感に感じとります。 猫の性格や相手との相性によって、多頭飼いが多大なストレスになってしまう場合も。 もう一匹猫さんを迎えたことで、飼い主さんに向けられていた本気噛みなどの問題行動がおさまったという体験談もありますが、猫同士の相性が合わなかったりパーソナルスペースを確保できなかったりというストレスがある場合、 トイレ外での粗相やマーキングなどの違う形の問題行動となってあらわれることがあるようです。 また、ストレスにより食欲がなくなった、トイレを我慢するようになった、心因性の病気になってしまった、などの心身への悪影響が見られる場合も。 (実際わたしがボランティア参加している保護猫シェルターでもそういった症例が見られます) 飼い主にとってのデメリット• かかるお金と手間が増える• 一匹ずつの健康管理が難しくなる 飼育数が多ければ多いほど資金や手間がかかり、一匹ずつにかけられる手間が薄くなりがちです。 たとえば、多頭飼いで下痢や嘔吐などがあった場合、どの猫のものなのか判断するのが難しくなります。 どれくらい水分を摂取しているのかも測りづらく、気づけば脱水症状に陥っていたなんてことも。 食事に関しても同様に、どの猫がどれくらい食べたのか管理するのが難しくなります。 短足マンチカンるる家の場合 るるちゃんのプロフィール わがやは、るるちゃんの一匹飼い。 2020年現在、もうすぐ2歳になる3. 4kgの小柄な短足マンチカンの男の子です。 嘔吐、下痢、血便、血尿などの健康上の問題も全く見られず、食欲も遊びたい欲もモリモリな元気な子です! るるちゃんの問題行動 るるちゃんには、 本気噛みをするという問題行動があります。 考えられる原因としては、2つ。 まず1つ目は、ご飯の要求。 去勢後にダイエットを始めたるるちゃん。 物足りなさからか、ご飯の時間が近づくと本気噛みしてきます。 2つ目は、おもちゃ・遊びの要求。 新型コロナウィルスの影響で在宅勤務中の飼い主に、仕事中もおかまいなしで「かまって攻撃」からの本気噛みしてきます。 もう一匹を迎えるという選択肢について 「 もう一匹猫ちゃんがいて、一緒に遊んでいればるるちゃんのストレス解消にもなって、甘噛みを覚えてくれるかな…」 そう夫ののと話し合うこともしばしば。 しかし、一番大事なのは 「るるちゃんにとって何がベストなのか」 ということ。 本当のところは本人にしか分からないですが、あくまでも健康状態を見るかぎりでは、今の生活に本人はそんなにストレスを感じていないのではないか?と思ったり。 また、るるちゃんの性格(俺様猫)と体格を考えると、他の猫ちゃんとうまくやっていけるか、逆にストレスを感じないかが心配なところ… 小柄で短足なるるちゃんは、自分より大きな通常サイズの猫ちゃんや足長猫ちゃんをどう感じるのでしょう?短足マンチカン特有の悩みかもしれません。 本気噛みは困りますし、万が一わたしたちの病気や突然の死去などでるるちゃんが新しいおうちに引き取られた場合、新しい家族にも本気噛みして最悪見捨てられてしまったらと考えると、るるちゃん本人のためにも直したいところではあります。 そして、それは飼い主であるわたしたちがしっかり改善に取り組むべきところなのではないかなあと。 問題行動解決のためにもう一匹の猫ちゃんを迎えるというのは新しい猫ちゃんにとっても失礼な話で、それはなんだか違うなあ…とわたしは思うのです。 (保護を必要とする猫ちゃんがいるとかであれば話は別ですが) というわけで、るるちゃんが他の猫ちゃんと仲良くお昼寝している姿を想像すると大変胸熱ではあるのですが、今後も慎重に検討していくつもりです! 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 現在猫一匹飼いで、わたしのように悩まれている方の参考になればと思い、記事にまとめさせていただきました。 もし少しでも参考になりましたら嬉しいです! timtimjango.

次の

「短足マンチカン」大分県

マンチカン 可哀想

猫を見ていればわかりますが、猫は寒がりであり暑がりであり、自由気ままにのんびりと暮らしたい生き物です。 そんな自由の象徴ともいえる猫をずっとケージで飼うということは、全ての楽しみを奪ってしまうということになります。 しかし、ケージ飼いには猫にとってもメリットがある場合があります。 人にとってのケージ飼いを選択するのではなく、猫にとってケージがどういうものかということを考えてよく検討しましょう。 今回は、猫をケージで飼わなければならないという場合のため、これだけは守ってほしいことをご紹介します。 スポンサーリンク ケージ飼いのメリットデメリット メリット ・災害時などの緊急時に役に立つ ・引っ越しをしてもストレスが少ない ・野良猫など人に対して警戒している場合、安心できるスペースになる デメリット ・猫のストレスがたまる ・運動不足になる ・骨の強度が弱くなる ・運動不足のため肥満になる傾向がある 総合的にデメリットが強い ケージにもメリットはありますが、あくまでも短時間入れておく場合など、緊急時用のためが主です。 ケージは明らかに猫には狭すぎますし、長時間、ずっとケージで飼育することは、猫の健康を害し、寿命を縮める可能性を高くします。 猫を広さの異なるケージに入れて飼育し、ストレス度をチェックする方法です。 今回は広さという点からストレス度を測るため、高さは考慮せずに、水面の面積だけの結果です。 すると、0. 7m2のケージと、1. 0m2のケージのケージでは、 0. 7m2の狭いケージで飼われていた猫のほうがストレス度が高くなるという結果になりました。 このことから、やはり猫にとって狭すぎるスペースで飼う場合、日々ストレスが蓄積し、寿命も短くなってしまいます。 縦が85㎝、横が1mほどのスペースが必要 カリフォルニア大学デービス校の研究によると、Koret Shelter Medicine Program 猫の上部気道感染症を防ぐためには、スペースが0. 85m2以上が有効とされる結果が出ています。 85m2のスペースが必要だとしています。 つまり、 縦が85㎝、横が1mほどのスペースが最低ラインの広さということになります。 猫は上下運動をしなければいけない生き物なので、これに高さを加えると、かなり大きなケージが最低でも必要だということですね。 日本に売られているケージは、この最低ラインを満たしていない小さい物も多いので、きちんとサイズを確認してから購入しましょう。 猫をケージ飼いするときの最低限のルール 高さのあるゲージを用意する ゲージはできるだけ広く、そして必ず高さのあるゲージを用意します。 猫は上下運動をしないとストレスが溜まる生き物で、高い上にジャンプしてそこから下を眺めているだけでストレス解消できます。 1階はトイレ、2階は寝床、3階は遊び場というように分けておくと猫もストレスを感じにくいです。 清潔を自動で保てるトイレ 猫はきれい好きな動物なので、トイレは常にきれいにしておきたいところ。 とくにケージは狭く、トイレから距離が取れないので、清潔さは必須項目です。 そこで便利なのが、この1週間ぶんの尿を吸い取ってくれる「ニャンとも清潔トイレ」。 尿と便の臭いを針葉樹のチップとマットで二重に吸い取り、自動で掃除をしてくれます。 猫1匹の場合、おしっこの掃除は1週間に1度しかしなくていいのが、なんとも楽ちんです。 ポイントは、ケージは狭く、トイレの入り口に入りにくくなるため、フタがないオープンケースの物を選びましょう。 5時間以上ゲージに閉じ込めない 猫をずっとゲージの中で飼うことは不可能です。 子猫のころからしつけたとしても、外に出たがりますし、健康状態にもよくありません。 一人暮らしで仕事で5時間以上家を空けるという場合は、猫をゲージ飼いするという選択肢はなくしましょう。 部屋の1室を開放するなど、広い環境を猫に用意しなければ飼うことはできません。 もしずっとゲージに閉じ込めた場合は、もちろん猫は平均寿命よりかなり短命になります。 ストレスも解消できない、自由に動けない環境が続くなら、当然そうなりますよね。 人がいる間はゲージに入れない お家に帰ってきたらすぐにゲージから出して、めいっぱい遊んであげましょう。 猫じゃらしやボールなどで運動不足を解消して、いっぱいなでなでしてあげてください。 ゲージに閉じ込められているストレスはかなり大きいので、夜中も好きにさせておいて、一緒にべッドで寝るようにしましょう。 猫は夜行性と言われていますが、人と一緒に生活していると夜ぐっすり眠るようになります。 水はいつでも飲める状態に ご飯は決められた時間1日に2~3回に分けてあげればいいですが、お水は24時間飲めるようにしておきましょう。 ご飯自体も、ゲージに入れるときにゲージの中でご飯をあげるという習慣をつければ、さほど嫌がらずにゲージに入ってくれます。 ゲージに入ればご飯が貰えて、数時間寝るとまたご主人が遊んでくれる、という習慣を続けることがベストです。 快適な温度の場所に 夏は日が差し込む窓際や、冬は広い場所にぽつんとゲージを置くなどは避けましょう。 日は時間によって角度がずれるので、それも計算に入れて必ずカーテンは閉めておきましょう。 冬はゲージ自体を毛布でくるんだり、春夏秋冬に合わせた快適な温度を保てる工夫をします。 とくに日本の夏はこのところ異常に暑いので、ケージで飼育する場合は、必ずクーラーが必要です。 夏はクーラーで室温を27度ほどに設定して、直接クーラーの風が当たらない場所にケージを設置しましょう。 冬の寒さ対策 冬の対策は、ケージに厚手の毛布をかけて、1側面だけを空気の通り道のたまにあけておきます。 そしてケージの下に、パネルヒーターを設置します。 これは爬虫類用ですが、爬虫類はちょっとした温度にも敏感に反応する生き物で、徹底した温度管理が必要です。 そのため「温度可変式PTCパネルヒーター」を採用しており、安全で細かな温度調節が可能です。 一番下に猫のベッドを設置すると、床暖房のようになって冬でも暖かく過ごせます。 お気に入りの寝床を置いておく ゲージの中に入れるのは数時間という前提で、ゲージの中では基本的に寝る、というように猫に覚えさせると、猫もゲージにストレスを感じずにすみます。 なので夏はひんやりベッド、冬は温かい毛布など快適な寝床を用意してあげましょう。 家の中で放し飼いしているとよく分かりますが、猫も猫用などではなく人間のために作られた上質な物を好みます。 人間用の毛布などがやはり冬も一番好きなので、余っているものを入れておいてあげれば大丈夫です。 いろいろ考えて選んだ猫ケージ 猫のゲージとしては合格点の物です。 3段になっていて、スペースごとに用途がはっきりしています。 できればもう少し広い遊び場をもうけたいところです。 おすすめはこちらのような2段目の遊び場もしっかり確保できるタイプ。 2段のゲージも多いですが、猫を5時間以上閉じ込めておく場合は必ず3段あるゲージを選びましょう。 子猫は生後3週から外に出す 子猫の時期だけ、放しておくと危ないので、ケージ飼いにしている場合。 いつからケージから出すべきかというと、できれば生後3週からは出しておきたいところです。 なぜかというと、 生後3週~12週までの時期、猫にとって今後の性格や行動を決める、大事な「社会化期」に入ります。 社会化期は自分以外の猫や他の動物、人間と触れ合うことで、周りとの関わり方を学びます。 人慣れするのもこの時期で、子猫とたくさん触れ合うことで、人懐っこくくったくない性格の猫になります。 しかし、まだ危険なことに関しては無知なので、何時間も留守にしたり、家の中が片付いておらず危険な状態ならケージに入れておいたほうが安全です。 できるだけ生後3週からはケージの外に出して、たくさんのものに触れさせるようにしましょう。 スポンサーリンク 猫アレルギーでケージに入れる場合 アレルギーはそれまで症状が発症していなくても、ある日突然アレルギーになります。 人には生まれたとき持っている、アレルギーの器があるそうです。 それが小さい人は、アレルギー物質に触れているとすぐにアレルギーになってしまいます。 器が大きくても、長い時間アレルギー物質に触れることで、ある日突然、なんともなかったものにアレルギー反応を起こしてしまいます。 猫にもそれは当てはまり、最近くしゃみがよく出る。 目がかゆい、肌がかゆい、などの猫アレルギー症状が出ることがあります。 詳しい猫アレルギーの対策は、 をご覧ください。 猫アレルギーになったため、猫をケージ飼いしようとする場合がありますが、これはなかなか至難の業です。 今まで自由に動けていたスペースが、突然ケージ内という狭いスペースになり、暴れたり鳴き続けたりしてしまいます。 夜眠る間だけでもケージに入れるという、一時的な入れ方は、訓練次第で可能です。 しかし、1日中ケージに入れておくというのは難しいでしょう。 できるだけ猫のために一部屋あけて、猫専用部屋を作るなどの工夫をもうけましょう。 チビ猫、ケージデビュー 保護した子猫で、キャリーケースからゲージへ移したところの動画です。 ゲージはこのような野良猫を保護した時は大いに活躍しますよね。 野良猫は警戒心が強く、猫にとっても安心できる場所を確保したいところなので、人と猫とのスペースがくっきり分かれるゲージは理想的です。 すぐに狭くなりますが、大人になってからもゲージに入れる時間が長くなる場合は子猫のころから慣れさせておきましょう。 しかし猫はいたずらするといっても、爪とぎや寝床をお家の中に用意しておけばおかしないたずらはしません。 最初からゲージで飼うことを前提にせずに、どうしたらお家の中で共同生活できるか、ということを考えてみましょう。 猫をケージで飼うからには快適な生活を 元野良猫の保護 上の動画の続き。 ジャン君がだいぶお家になれてきたようで、色々なものに興味を持ってきたようです。 しかしそれでもお家に危険があるといけないと思い、飼い主さんはまだゆっくり時間をかけて慣れさせていくそうです。 こんなに猫のことを想ってゲージ飼いしている人もいるんだと驚きました。 このような猫が警戒している場合、安心できる場所がゲージならこれでいいと思います。 一生ケージに閉じ込める場合は譲渡も考えよう ジャンくんのように大人の猫でもケージのほうが安心というタイプの猫は、ずっとケージでもいいと思います。 しかし猫の本来の運動量や自由を好む性格を考えると、やはり通常のケージは小さすぎます。 どうしてもどこかに猫を閉じ込めておかないといけない状況だとしても、長時間、ましてや一生をケージのなかで飼おうなんてことはご法度です。 その場合は、一部屋を猫のための猫専用部屋にしたり、猫が猫らしい最低限の生活をできるスペースを確保しましょう。 部屋が足りないのでできない!という場合は、猫が幸せになれるように譲渡するということも考えるべきです。 猫の譲渡会は地域で行われていますし、フリーペーパーにも掲載することができます。 最近では、SNSを使ってのネット上での譲渡も多いですね。 譲渡を考えなくてはいけないほど、猫を一生ケージのなかに閉じ込めるというのは虐待に近い行為だと思います。 地元に密着した類のものが早く飼い主が見つかる 猫の譲渡にはたくさんのサイトがあります。 有名なのは、は登録数が多く、たくさんの猫が新しい家族を待っています。 しかし、わたしの保護猫を譲渡した経験上、一番反応がいいのは地元の掲示板です。 地元紙発行のフリーペーパーや新聞、地元の譲渡サイトのように、地域に密着した類のものが早く飼い主が見つかることが多いです。 新猫ちゃん ケージから脱出.

次の

マンチカンの飼い方とかかりやすい病気や性格

マンチカン 可哀想

都道府県 :• 全国のマンチカン• 富山 0• 福井 0• 長野 0• 和歌山 0• 島根 0• 山口 0• 高知 0• 佐賀 0• 1 カテゴリ :• 全ての里親募集• 313• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のマンチカン• 富山 0• 福井 0• 長野 0• 和歌山 0• 島根 0• 山口 0• 高知 0• 佐賀 0•

次の