絆2 朧玉。 バジリスク絆2|スロット AT バジリスクタイム シナリオ 解析

バジリスク絆~甲賀忍法帖~絆2 解析情報

絆2 朧玉

数多のプレイヤーを魅了した5号機のレジェンドマシンである『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の2作目が遂に登場!! 本機『SLOTバジリスク~甲賀忍法帖~絆2』はバジリスクチャンス BC からバジリスクタイム AT への突入を目指すという通常時のフローを6号機で実現。 さらに「月下閃滅」と呼ばれるストック上乗せ特化ゾーンも新たに搭載されている。 ATは1セットあたり約40G継続で、1Gあたりの純増枚数は約2. 各セットの継続率は複数のシナリオによって管理され、多くのプレイヤーから支持を得た「絆高確」はもちろん、今作も健在だ。 さらに、BCのスルー回数狙いや設定推測要素などは前作の知識を活かすことができるようなので、導入日から積極的に狙っていきたい1台と言えよう。 内部状態を完璧に見極めるのは難しいが 高確35Gに関しては 偶数設定で選択されやすいため、チャンス役を引いていないにもかかわらず高確挙動が30G以上続いている場合は 偶数設定or モードC滞在時の非チャンス役で(超)高確ゲーム数獲得のいずれかに期待できる。 なお、BCorAT後はレバーON時にステージが決定するが、このタイミングで自力で超高確へ移行させた場合は吉田宿スタートになることがあり、その場合は設定5以上確定とはならない(移行契機を完璧に見極めるのは不可能)。 BC当選時のAT当選率に影響を及ぼす通常時のモードは A~Dの 全4段階が存在し、 モードD滞在中のBCはAT確定。 前作同様、 AT非当選のBC終了時に現在滞在中のモードテーブル(全16種)を参照してモードが移行していく仕組みだ。 なお、各テーブルの最後には通常Dがセットされているため、スルー回数天井に到達することができればAT当選確定となる。 前作同様、通常時はBC間にもモード昇格抽選が行われており、抽選のメイン役はチャンス目(昇格率は調査中)。 上記の通り、メインリールと液晶出目を注視していれば成立を察知できる。 今作のモードDは前作とやや異なり、滞在中のBCはAT当選だけでなくいずれかの絆高確発動も確定。 ゆえに1セット目の争忍で絆高確が発動しなかった場合はモードC以下に滞在していたことが確定する。 通常時のモードテーブル詳細 チャンス目成立時のモード昇格率は 偶数設定優遇 通常時のモード昇格抽選は チャンス目成立時に行われ、現在の滞在モードと設定の偶奇を参照して昇格率が変動。 なお、 設定6のみハズレ時にもモード昇格抽選が行われる。 1 ここから設定推測するのは難しい!! チャンス目確率とハズレ確率を加味した通常時における1Gあたりのモード昇格率は上表の通り。 ハズレでのモードアップ抽選が行われるのは設定6のみだが、影響はそれほど大きくはない。 なお、前作はモード昇格率が常に一定だったため設定推測材料として有用な要素であったが、今作では滞在モードによって昇格率が大きく変動するため、設定推測においては重視すべき要素ではなくなっている。 朧台詞C発生時はBC2回以内にAT当選!! 台詞Bが発生した場合はテーブル8以上(=2回目のBCまでにCorDスタートがあるテーブル)確定かつ、選択率が全設定共通のテーブル10滞在を否定。 テーブル8以上は偶数設定で選択されやすいため、AT後に台詞Bを頻繁に確認できれば偶数設定の可能性が高まる。

次の

絆2 ミニキャラ 朧 弦之介 天膳 陽炎 示唆内容 出現率 |覚えておけば設定判別に使える?! | パチスロ ジゴク耳

絆2 朧玉

テーブル一覧 コチラがテーブルの一覧になります。 見ての通りほとんどのテーブルで6スルーが天井となっています。 なので スルー狙いは3スルーからいけます。 モードCの価値は下がってる? テーブルを見て、前作よりモードB,Cが多いなと感じるかと思います。 一応覚えておきましょう。 ミニキャラ演出 通常時のミニキャラが出てくる演出で陽炎と天膳がモード示唆をしてくれます。 画像のように 妖艶な陽炎or高笑い 大笑い 天膳で、オーラを纏っているとモードDの可能性大となります。 忍び玉演出 液晶リール左側にある忍び玉に表示される文字でモード示唆を行っています。 前作を受け継いでいますね。 高確ステージ移行の矛盾 高確示唆のステージは「佐屋路」と「七里の渡し」の2種類あります。 佐屋路…甲賀のキャラ 七里の渡し…伊賀のキャラ がいます。 以上、テーブル一覧とモード示唆でした。 モードC以上濃厚の演出が出たらBC当選まで打ちましょう。 その際、モードCでBT非当選の可能性もあるので朧BCで示唆を見ておくといいと思います。

次の

バジリスク絆2|スロット 通常時 モード テーブル 解析

絆2 朧玉

2 BC性能 種類 G数 特徴 ベルナビ 月下閃滅 20G ストック上乗せ特化ゾーン 平均約4. 30G継続で上位シナリオBT 激闘 と絆高確の【絆】 祝言モード 、初回継続が確定。 月下閃滅 月下閃滅は前作の真瞳術チャンスのような位置づけのATストック上乗せ特化ゾーン。 20G継続、平均ストック約4. エピソードBC エピソードBCは同色BCの一部で当選 通常時・AT中不問。 刑部<左衛門<弦之介の順に撃破人数期待度UP。 朧 後告知 最終Gで弦之介に出会えればAT。 AT バジリスクタイム バジリスクタイムは継続率やBC当選、セット数上乗せで継続させていく純増約2. 9枚のAT。 追想の刻・朧チャンス中のBC当選はBC後に当該セットをやり直し。 争忍の刻中のBC当選はストックや継続有無そのままの状態で次セットへ。 継続率は12セット1組のシナリオ管理。 シナリオは10種類存在。 13セットまで到達した場合はエンディングが確定します。 ステージで継続率を示唆 非完全リンク。 7 絆高確 絆高確 対応役 【縁】 巻物 BC確定 【想】 弱チェリー チャンス 、強チェリー BC確定 【恋】 ベル、共通ベル 約66%でBC 【絆】 全小役 前作と違い、【絆】点灯時は祝言モード確定となりBC当選で次回も【絆】点灯が確定。 またATシナリオ完走後にストックを消費し終えても移行する。 エンディングは40G継続し、ATは終了。 争忍の刻開始画面 奇数セットは甲賀、偶数セットは伊賀が基本。 この法則崩れで上位シナリオに期待。 詳しくはこちら。 公式PV.

次の