デルモゾール。 デルモゾールとは?GとDPの違い・効果・剤形・使用上の注意などを解説します!

ステロイド外用薬の強さランク一覧表|Family Pharmacy Global

デルモゾール

デルモゾールの種類とリンデロンとの違い デルモゾールは皮膚などに塗って使用する ステロイド外用剤の一種であり、医師からの処方が必要な処方薬です。 蕁麻疹や湿疹などに使用される方も多く、比較的実績のある薬の一つと言えます。 デルモゾールの成分はベタメタゾン吉草酸エステルやベタメタゾンジプロピオン酸エステルというステロイド成分がメインとなりますが、この成分はリンデロンという名称の薬と同じものを使用しており、 デルモゾールはリンデロンのジェネリック医薬品となります。 ) また、デルモゾールには普通のデルモゾールの他、デルモゾールG、デルモゾールDPと種類があり、さらにその中でも軟膏、ローション、クリームなどの剤型の違いがあります。 この点はリンデロンと同様です。 デルモゾールの成分はベタメタゾン吉草酸エステルというステロイドの成分のみ、デルモゾールGの成分はベタメタゾン吉草酸エステルに加えて、ゲンタマイシン硫酸塩という抗生物質が入っており、化膿止めとしての役割も発揮します。 デルモゾールDPにはより作用が強いベタメタゾンジプロピオン酸エステルが含まれています。 デルモゾールの種類の詳細は以下の通りです。 なお、通常のデルモゾールにはクリームの剤型は存在しませんのでご注意ください。 なお、デルモゾールに名称が似ているステロイドに「デルモベート」というステロイドがあります。 こちらはステロイドの中でも最強である1群に分類されるため、間違えて使用すると危険が伴います。 処方薬としてしか手に入らないため、誤って使用するような機会は限られますが、念のためご注意ください。 デルモゾールの使い方と使える部位 デルモゾールには軟膏、クリーム、ローションの剤型がありますが、基本的には同じような使い方となります。 患部を清潔にしていただき、薬を適量取ってから患部に塗ります。 これを1日1回〜数回繰り返します。 特に顔や陰部に使用するようなケースでは、薄く塗った方が安全と考えられます。 また、特にリンデロンDPは効果が強い部類に入りますので、患部以外の部分には使用しないように注意しましょう。 また、ステロイドはその効果の強さごとに使用できる部位がおおよそ決まっています。 デルモゾールとデルモゾールGは人によっては顔や陰部に使用することもあります。 一般的に顔や陰部は他の皮膚の部分よりも薬をよく吸収されることが知られており、同じ量を使用してもかなり効果が強く出る傾向があります。 また、同じ顔でも目の周りは特に吸収されやすく、顔や陰部に使用する場合は医師からの指示であっても十分に注意して使用するようにしましょう。 また、子供はより効果が強く出てしまう傾向があります。 子供の場合は、デルモゾールやデルモゾールGは顔や陰部には基本的には使用しないので、自己判断で子供の顔や陰部に使用するのは避けましょう。 デルモゾールDPは1段階強いステロイドとなります。 大人でも顔や陰部にはあまり使用されるケースはなく、取り扱いに注意が必要な部類に入ります。 医師や薬剤師の説明をしっかりと理解してから使用するようにしましょう。 デルモゾールの効果 デルモゾールは主に湿疹や蕁麻疹、皮膚炎、虫刺され、やけどなどに使用されます。 それぞれの詳細な効能効果は以下の通りです。 また、やけど(熱傷)に対してはデルモゾールDPが使用されることはあまりありません。 デルモゾールの副作用 ステロイドと聞くと副作用が心配になりますが、 デルモゾールは比較的安全に使用できる薬と言えます。 副作用が問題になるのは大抵はステロイドの飲み薬であり、デルモゾールのような外用のステロイドに関しては正しく使用する限りはあまり心配は要りません。 副作用が出てしまう場合でも、その種類は軽度なものが多く、重大な副作用はほとんどありません。 頻度が高い副作用として、皮膚の刺激感や皮膚炎、発疹などの過敏症や、魚鱗癬様皮膚変化という皮膚がうろこの様にはがれたり、乾燥する症状、さらには多毛(毛が濃くなること)などがありますが、基本的には使用を中止すれば回復するのもがほとんどです。 また、特に長期で使用する場合に比較的知られている副作用として、酒さ様皮膚炎が挙げられます。 この副作用は顔がほてったようになり、赤いブツブツができ、ステロイドの使用をやめると悪化するといったものになります。 20〜50代の女性に多いとされており、上記のような症状が現れた場合には少し注意し、医師の判断を仰ぐようにしましょう。 また、ステロイドは免疫を弱めてしまう傾向があります。 その結果、ステロイドの外用剤には皮膚の感染症を起こしてしますリスクが共通してあります。 しかし、この点に関しても決して頻度が高いわけではありませんので、使用中に特別な異常がないか気を配る程度で問題ないでしょう。 頻度としては非常に稀ですが、重大な副作用として、目に症状が出る副作用があります。 具体的には眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障です。 これらは目の周辺に使用した場合や、特に長期にステロイドを使用している際に可能性があります。 万が一目に異常を感じた場合は直ちに医師の診察を受ける必要がありますが、やはり頻度としては非常に低いため、普通に使用していれば、まず起こらないだろうと考えて大丈夫です。 デルモゾールの市販薬 以前にデルモゾールを使用していた場合や、デルモゾールを使い切ってしまって直近では医師にかかる時間がとれないため、市販でもデルモゾールと同じ効果がある薬がほしいというケースがあると思います。 デルモゾールやデルモゾールGに含まれているベタメタゾン吉草酸エステルを主成分とする薬は 市販でも販売されています。 ベトネベートクリームS、 ベトネベートN軟膏ASという市販薬です。 ベトネベートクリームSはベタメタゾン吉草酸エステルのみを成分とし、デルモゾール軟膏に近い市販薬、ベトネベートN軟膏ASはベタメタゾン吉草酸エステルの他、抗生物質としてフラジオマイシン硫酸塩を含んでおり、デルモゾールG軟膏に近い役割を持った市販薬と言えます。 なお、デルモゾールG軟膏とは含まれる抗生物質の種類が違うという点がありますが、抗生物質の効果としては大きくは変わりないと考えられます。 処方薬のデルモゾールと違い、長期連用できない点や粘膜などには使用できないという注意点はありますが、湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、蕁麻疹に適応を持っており、これらの疾患に対して一時的に凌ぐ場合にはベトネベートクリームS、ベトネベートN軟膏ASでも十分代用が可能と言えるでしょう。 なお、残念ながらデルモゾールDPの成分であるベタメタゾンジプロピオン酸エステルを含む市販薬は販売されていません。 クリニックにかかり、医師に処方してもらうようにしましょう。 薬を使用する際には必ず薬の説明書や添付文書を確認し、医師や薬剤師から指示された用法・用量で使用してください。 また、違和感や副作用と思われる兆候を感じた場合は医師・薬剤師に相談してください。 今回紹介した内容はあくまで一例であり、必ずしも当てはまらないケースがあります。 予めご承知ください。

次の

デルモゾールGローション

デルモゾール

デルモゾールGクリームに関連する病気 関連する可能性がある病気です。 薬物アレルギー 小児湿疹 薬疹 ケロイド、肥厚性瘢痕 多形滲出性紅斑 湿疹(皮膚炎) 痒疹、ストロフルス 接触皮膚炎(かぶれ) 尋常性乾癬 アトピー性皮膚炎 デルモゾールGクリームの主な効果と作用• や、などを治療するお薬です。 炎症をおさえる ステロイド剤と、 細菌を殺す 抗生物質が配合されています。 皮膚のかゆみ、赤み、はれなどをおさえる働きがあります。 デルモゾールGクリームの用途• 外傷の二次感染• の結痂• の湿潤• の二次感染• の 糜爛• ・群の結痂• ・群の湿潤• ・群の二次感染• ・群の糜爛• 手術創の二次感染• の結痂• の湿潤• の二次感染• の糜爛• の結痂• の湿潤• の二次感染• の糜爛• 進行性指掌角皮症の結痂• 進行性指掌角皮症の湿潤• 進行性指掌角皮症の二次感染• 進行性指掌角皮症の糜爛• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、皮膚刺激感、接触性皮膚炎、発疹、中心性漿液性網脈絡膜症、魚鱗癬様皮膚変化、皮膚感染症、皮膚真菌症、皮膚カンジダ症、皮膚白癬、皮膚ウイルス感染症 起こる可能性のある重大な副作用 眼圧亢進、緑内障、後嚢白内障 上記以外の副作用 ざ瘡様発疹、酒さ様皮膚炎、口囲皮膚炎、ほほに潮紅、口囲潮紅、丘疹、膿疱、毛細血管拡張、ステロイド皮膚、皮膚萎縮、紫斑、多毛、皮膚色素脱失、下垂体・副腎皮質系機能抑制、急性副腎皮質機能不全、腎障害、難聴 デルモゾールGクリームの用法・用量• 1日1~数回適量を塗布する• なお、症状により適宜増減する デルモゾールGクリームの使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• ウイルス皮膚感染症• 過敏症• けじらみ• 鼓膜に穿孔のある湿疹性外耳道炎• 第2度深在性以上の熱傷• 動物性皮膚疾患• スピロヘータ皮膚感染症• 真菌皮膚感染症• 耐性菌による皮膚感染• 第2度深在性以上の凍傷• 非感性菌による皮膚感染• 潰瘍<ベーチェット病は除く> 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜.

次の

デルモゾールGクリーム

デルモゾール

デルモゾールG軟膏の成分 デルモゾールG軟膏の成分には、 ・炎症や抑える ハロゲン系ステロイド剤(成分名:ベタメタゾン吉草酸エステル) ・皮膚感染症の原因菌を殺菌したり、増殖を抑える 抗生物質(成分名:ゲンタマイシン硫酸塩) の二つの成分が含まれています。 効果が期待できる疾患と使用方法 デルモゾールG軟膏は以下のような皮膚症状に処方される場合が多い薬です。 ・湿疹・皮膚炎 ・アトピー ・やけどや手術創等の二次感染の予防 ・にきび etc. 1日に1~数回適量を患部に塗ります。 薬剤耐性菌によって薬が効かなくなってしまうのを防ぐために、必要最小限の期間で使用されます。 デルモゾールG軟膏の副作用 デルモゾールG軟膏は、短期的な使用であれば副作用が出ることはほとんどないといわれています。 しかし、 長期的に使用していると様々な副作用が出てしまう可能性があります。 まれに、デルモゾールG軟膏に含まれるゲンタマイシンの副作用として、患部の炎症や直射日光への過敏反応が見られる場合があります。 また、デルモゾールG軟膏(もしくは他のステロイド剤)を使用して、 アレルギー反応を起こしたことがある場合は、使用を控えたほうがよいでしょう。 なお、一般的にステロイド剤の副作用は、実際に薬を塗っている部分に出る副作用(局所的副作用)と、薬を塗っていない部分に出る副作用(全身性副作用)に分けられます。 局所的副作用 局所的副作用には、ステロイドの免疫を低下させる働きにより、皮膚の刺激感や感染症が起こる可能性があります。 具体的には、 肌荒れ、 シワ、 多毛、 吹き出物ができたり、カビによる 水虫が生じる可能性があります。 特に多いのは、 皮膚が萎縮し、皮膚の表面に赤く細いしわがよってしまったり、皮膚が薄い感じがしたりする症状です。 長期的に使用している際にこれらの症状が出たら医師、または薬剤師に相談しましょう。 全身性副作用 全身性副作用には、 高血圧、糖尿病、骨粗しょう症、白内障、眼圧亢進などが報告されています。 しかし、 軟膏の使用で引き起こされることはほとんどありません。 ステロイド剤は急に使用をやめると、リバウンド現象といって、症状が悪化する場合があります。 長期間使用し続けてしまうのも問題ですが、自己判断で使用をやめてしまうのも、症状の悪化を招いたり、耐性菌の手助けをしてしまうことにもなりかねませんので、医師からの指示を守って使用しましょう。 スポンサードリンク 皮膚が薄い箇所への使用は要注意 デルモゾールG軟膏はそれほど副作用が強い軟膏薬ではありません。 しかし、皮膚が薄い箇所は薬の吸収率が跳ね上がるため 最大約40倍 注意が必要となってきます。 具体的には、 ・顔 ・首 ・陰部 が皮膚の薄い箇所となります。 特に、目の周りは皮膚が薄く目に入ってしまう可能性もあるので注意が必要です。 上記の箇所に使用する際は、なるべく薄く塗るようにし短期的な使用が好ましいでしょう。 ステロイド剤は正しい用法・用量を守って使用すれば、決して危険な薬ではありません。 病院で処方された場合は、むやみに怖がるのではなく、薬についてきちんと理解したうえで、医師からの指示に従い、早く元通りのきれいな肌を取り戻したいですね。 しかし、デルモゾール軟膏を長期的に使用している際に、皮膚の異常や、目の異常 かすみ、痛み、視力低下 が表れたら、まずは 皮膚科を受診しましょう。 関連記事としてこちらもご参考ください。

次の