ポケモン 剣 盾 オーロラ ベール。 【ポケモン剣盾】オーロラベールの効果と覚えるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

『オーロラベール』の効果と覚えるポケモン(ガラル地方)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン 剣 盾 オーロラ ベール

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

【ソードシールド】キョダイマックスラプラスの対策考察!高耐久の壁貼りサポート【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 オーロラ ベール

キュウコン(アローラのすがた)の育成論 キュウコン(アローラのすがた)の育成論はこのようになります。 性格:おくびょう• 特性:ゆきふらし• 持ち物:きあいのタスキ、ひかりのねんどなど• 努力値:CS252 H4• アローラキュウコンは上を取れると強い技が多いため、最速は必須と言えるでしょう。 特性は夢特性の『ゆきふらし』を選ぼう! アローラキュウコンは通常特性が『ゆきがくれ』となっていますが、この特性はあられ状態でないと効果の発動しないため、使い勝手はよくありません。 一方、 夢特性の『ゆきふらし』は自身の『ふぶき』を必中にしたり、『オーロラベール』の展開を可能にできるため、非常に有用です。 『ゆきふらし』によってきあいのタスキを削ったり、足りない火力を補ったりすることもできるので、よほどのことがない限りは夢特性の『ゆきふらし』を選ぶこととなるでしょう。 持ち物はきあいのタスキがおすすめ! アローラキュウコンは耐久の低いポケモンであるため、基本的にはきあいのタスキを選ぶのが良いです。 『オーロラベール』との相性の良い『ひかりのねんど』も候補となりますが、扱いは少し難しくなります。 努力値は基本的にCS特化で! アローラキュウコンは高い素早さを生かした戦い方が得意なポケモンになるので、素早さは基本的に最速となります。 『オーロラベール』との相性を考えると、特攻ではなくHPに振るのも悪くはない気がしますが、アローラキュウコン自体のスペックはそこまで高くないため、早々に退場してもらい後ろのポケモンで壁を活用したほうが効果的です。 そのため、アローラキュウコンが倒されなければ『ふぶき』や『フリーズドライ』で大きく削れ、倒された場合には後ろからエースを投げて活躍させるというムーブを取るために特攻に振り切るのがおすすめです。 おすすめの技 キュウコン(アローラのすがた)のおすすめの技を紹介します。 ふぶき 『ふぶき』はあられ状態で必中になる技なので『ゆきふらし』ととても相性が良いです。 アローラキュウコンの特攻はC252振りでも133しかないですが、ふぶきが110と高い威力を誇っているため大きなダメージが期待できます。 ダブルバトルでは全体技になるのも嬉しいところです。 オーロラベール 『オーロラベール』はあられ状態限定で使用できる技で、『リフレクター』と『ひかりのかべ』の両方の効果を持つ壁を1ターンで発動できてしまう技です。 この技を使えることがアローラキュウコンの採用理由ともなるので、採用しない理由はないでしょう。 フリーズドライ 『フリーズドライ』は水タイプに抜群を取れるという特殊な氷技です。 ウオノラゴンやトリトドン、ルンパッパやギャラドスなど刺さる相手は多く、これを持っていると攻撃範囲が大きく広がります。 ぜったいれいど アローラキュウコンは火力がそれほど高くないため、耐久ポケモンを突破するのは難しいです。 ですが、一撃必殺の試行回数を稼ぐことで無理やり倒すことができるので『ぜったいれいど』も候補となります。 アンコール 攻撃してきた相手に『アンコール』を決めると、オーロラベールを残して退場しやすくなります。 退場後も、技が固定されていれば動きやすくなるのでとても有用です。 かなしばり 打点の少ないポケモンやこだわり持ちに刺さる有能な技です。 わるだくみ アローラキュウコン自身をエースとして運用したい方に! まもる ダブルのアローラキュウコンにはほしい技です。 あられダメージも期待もできるのがうれしいところです。 キュウコン(アローラのすがた)の対策 アローラキュウコンの強みは高い素早さから展開される『オーロラベール』にあるため、それを妨害していく手段を用意しておくと楽に対処できます。 天候を奪う アローラキュウコンは「あられ状態」に大きく依存しているため、天候を奪うのが最も効果的な対策となります。 あられ以外の天候では『オーロラベール』も貼れず、『ふぶき』も命中率が低い使いづらい技となってしまいます。 『すなおこし』の特性を持つバンギラスや『ひでり』の特性を持つコータスなどがいればアローラキュウコンに仕事をさせない動きができるため、良い対策と言えるでしょう。 はがねタイプやほのおタイプのポケモンで戦う! アローラキュウコンは攻撃範囲がとても狭く、はがねタイプやほのおタイプへのまともな打点がありません。 そのため、それらのポケモンを採用すれば攻撃を受けきることは容易です。 『オーロラベール』の発動を防ぐことは難しいので、壁があっても戦っていけるような戦術を用意しておく必要はありますが、アローラキュウコンの有効な対策となるでしょう。 まとめ キュウコン(アローラのすがた)は『ゆきふらし』の特性から展開される『オーロラベール』と威力の高い『ふぶき』が強力なポケモンです。 強力なポケモンではあるのですが、あられ状態に大きく依存しているため、天候を奪えるポケモンを採用するなどして対策しましょう!•

次の

オーロラベール

ポケモン 剣 盾 オーロラ ベール

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の