剣盾 水タイプ。 【ポケモン剣盾】ウォッシュロトムの育成論と対策

【ソードシールド】旅パにおすすめのポケモンと構成のコツ【ポケモン剣盾】

剣盾 水タイプ

インテレオンは対戦で活躍できるか!? 歴代の水御三家の活躍を知っていますか? ラグラージ メガ進化で使われることが多く、とくせい「すいすい」をもつ雨パのエースとして、唯一無二の存在感を誇っていました。 「みず」「じめん」タイプは弱点が少なく耐久面の信用性も高く、メガ進化せずに起点づくりにも有用な性能を持っていました。 エンペルト こちらも、「みず」「はがね」という珍しいタイプで弱点が少なく、火力はさほどでもないですが、 弱点をつからない限り一撃で落とされることが少なく、強力なコンボ「あくび」「ステルスロック」で起点づくりポケモンとして活躍。 「アクアジェット」も覚えるため決定力もあるポケモンです。 ゲッコウガ 言わずと知れた人気ポケモン。 「とくこう」と「すばやさ」が高い。 高火力高速アタッカーで、沢山のポケモンの上から行動することができる。 とにかく器用で型が豊富。 とくせい「へんげんじざい」と広い技範囲で、タイプ一致技を高い「とくこう」から打つことができ、「こうげき」も低くなく「ダストシュート」「けたぐり」で両刀も可能。 当時流行っていた「ガルーラ」や「フェアリータイプ」のポケモンをすべて倒すことができた。 また御三家ではお馴染みの「げきりゅう」の火力を生かしたゲッコウガも対戦環境で暴れ回りました。 アシレーヌ 通りの良い「みず」「フェアリー」タイプを持ち、 固有技で音技の「うたかたのアリア」やその技をZ技として撃つ「わだつみのシンフォニア」は威力も高く、「みがわり」も貫通できる。 弱点を突かれなければ一撃は耐える耐久を持ち、「すばやさ」は高くないが先制技の「アクアジェット」を持っており、安定した役割遂行が可能でした。 インテレオンは対戦で活躍できるか インテレオンの種族値 HP 70 攻撃 85 防御 65 特攻 125 特防 65 素早さ 120 合計種族値 530 上記のように、歴代水御三家は、対戦環境で活躍し続けてきました。 インテレオンはどうでしょうか 種族値から見ると、ゲッコウガに似た高速とくしゅアタッカーとして需要はありそうですが、似たような種族値の、 高速物理アタッカー「カマスジョー」も今作で登場しています。 とくせいもメガラグラージと同じ「すいすい」を持ち、雨下では素早さで引けを取ることがほぼなくなります。 インテレオンは、「みず」タイプ単体。 そして思い出してほしい。 「みず」単タイプで微妙な評価だった。 歴代水御三家達を。 「ドわすれ」や「ひかりのかべ」などの壁展開も、確定急所なら無視してダメージを与える事ができるので、受けポケモンは起点のような感じがしますが… 果たして尋常じゃない固さを持っている「ドヒドイデ」や「サニーゴ」などを起点にして突破する事は出来るでしょうか… 「あまごい」や「ダイストリーム」などで天気をあめにしておけば、更に火力は上がります。 解禁されたら試してみようと思います。

次の

ポケモン剣盾における鋼タイプ統一パーティの考察|めくみね|note

剣盾 水タイプ

大会概要 仲間大会 今作では自分でルールを設定して大会を開催できる、「仲間大会 なかまたいかい 」というインターネット大会があります。 今回は以下の手順でエントリーしました。 vs 水(オクタン・ルンパッパ・ガマゲロゲ) こちらはシャンデラ・コータス・リザードン。 ルンパッパに「 ダイストリーム」で雨にされますが、コータスで天気を取り戻して、なんとか勝利。 対ガマゲロゲは 天候を取られないことが大事ですね。 vs 鋼(ジュラルドン・ドータクン・ドリュウズ) こちらはウインディ・コータス・リザードン。 ウインディの「 いかく」のおかげで、ドリュウズの「ダイロック」を耐えることができ、勝利することができました。 対ドリュウズには「おにび」も使えるウインディが優秀だと思います。 vs 鋼(シュバルゴ・ドータクン・ドリュウズ) こちらはシャンデラ・コータス・リザードン。 この試合もなんとか勝利。 ヒードランがいないので 炎技を無効にできる鋼タイプがいない点で、こちらがだいぶ有利でした。 鋼タイプには相性的に有利なのですが、有利な相手ほど危険なのがタイプ統一です。 ガンガンにメタを張っていることが多いので、思わぬ攻撃を食らってしまうことがあります。 vs 毒(ストリンダー・スカタンク・ハリーセン) こちらはシャンデラ・コータス・リザードン。 毒対策にシャンデラに「 サイコキネシス」を覚えさせていたのがハマって勝利。 シャンデラの「きあいのタスキ」の安心感は最高です。 vs ゴースト(シャンデラ・フワライド・フワンテ) こちらはマルヤクデ・コータス・リザードン。 マルヤクデの「 はたきおとす」がいい仕事をしました。 タイプ統一パには、いろんなタイプの技を1つは仕込んでおきたいですね。 私のパーティにドラゴン技やフェアリー技を覚えているポケモンはいませんが……。 vs ゴースト(ドラパルト・ミミッキュ・?????) こちらはコータス・リザードン・マルヤクデ。 先発のコータスが ドラパルトの「 ダイストリーム」で無力化されてしまいました。 その後も「ダイストリーム」でこちらのパーティは壊滅……最後はミミッキュになすすべなく敗北です。 ドラパルト相手に悠長にステルスロックをしている場合ではなかったですね。 あくびをしたほうが良かったです。 vs 岩(ルナトーン・ギガイアス・?????) こちらはマルヤクデ・コータス・ウインディ。 完敗でした。 岩統一と当たらないことを祈っていたのですが……。 岩タイプの「ダイロック」は本当に強いです。 特防が1. 5倍になるのは脅威。 こちらから一撃で倒せる技がないので、返り討ちにあうしかありませんでした。 vs エスパー(イエッサン・ランクルス・ポニータ) こちらはマルヤクデ・コータス・リザードン。 マルヤクデの「 はたきおとす」と「 とつげきチョッキ」のおかげで、エスパータイプには圧倒的に有利に戦うことができ、勝利できました。 パーティ構築で最後まで迷ったのがマルヤクデでしたが、意外にもこんなに活躍してくれて、満足しています。 チョッキマルヤクデ、強いです。 vs ノーマル(イエッサン・ウォーグル・カビゴン) こちらはマルヤクデ・コータス・ウインディ。 カビゴンが辛かったですが、ウインディの「 おにび」とマルヤクデの「 とびかかる」でなんとか倒し、ギリギリ勝利できました。 ウォーグルの特性「 まけんき」は無警戒でした。 マルヤクデの「とびかかる」で逆に攻撃が上がった時はどうしようかと思いました。 vs 格闘(ジャラランガ・シルヴァディ・ルチャブル) こちらはコータス・シャンデラ・リザードン。 リザードンの「 ダイジェット」が刺さって勝利できましたが、コータスが「ちょうはつ」されて「ステルスロック」をまけなかったので、タスキの不安が残りました。 ステルスロックで相手のタスキをつぶしていないと、不安を抱えながら戦うことになるので、精神衛生上よくないですね。 対戦結果 8勝2敗で最終レートは 1579!見事優勝しました!! 開催終了から3時間後ぐらいで集計が終わったようでした。 相手が何をしてくるかわからないことが多いので、とにかくこちらの やりたいことを貫いたことが勝因だったと思います。 感想 10戦するのにちょうど2時間ぐらいで、ベストな期間だったと思います。 次は何タイプと当たるのか、ドキドキしながらマッチングしていました。 運に助けられたこともありましたが、最高の結果で終われて本当によかったです。 なにより、こんなにたくさんの統一パと戦えたことがとても楽しかった! 大会主催者の方、参加したみなさん、本当にありがとうございました! 大会後のエキシビジョンマッチで主催者の方にあっさり負けたのは内緒です。

次の

【ポケモン剣盾】みずタイプのポケモン一覧【ポケモンソードシールド】

剣盾 水タイプ

インテレオンは対戦で活躍できるか!? 歴代の水御三家の活躍を知っていますか? ラグラージ メガ進化で使われることが多く、とくせい「すいすい」をもつ雨パのエースとして、唯一無二の存在感を誇っていました。 「みず」「じめん」タイプは弱点が少なく耐久面の信用性も高く、メガ進化せずに起点づくりにも有用な性能を持っていました。 エンペルト こちらも、「みず」「はがね」という珍しいタイプで弱点が少なく、火力はさほどでもないですが、 弱点をつからない限り一撃で落とされることが少なく、強力なコンボ「あくび」「ステルスロック」で起点づくりポケモンとして活躍。 「アクアジェット」も覚えるため決定力もあるポケモンです。 ゲッコウガ 言わずと知れた人気ポケモン。 「とくこう」と「すばやさ」が高い。 高火力高速アタッカーで、沢山のポケモンの上から行動することができる。 とにかく器用で型が豊富。 とくせい「へんげんじざい」と広い技範囲で、タイプ一致技を高い「とくこう」から打つことができ、「こうげき」も低くなく「ダストシュート」「けたぐり」で両刀も可能。 当時流行っていた「ガルーラ」や「フェアリータイプ」のポケモンをすべて倒すことができた。 また御三家ではお馴染みの「げきりゅう」の火力を生かしたゲッコウガも対戦環境で暴れ回りました。 アシレーヌ 通りの良い「みず」「フェアリー」タイプを持ち、 固有技で音技の「うたかたのアリア」やその技をZ技として撃つ「わだつみのシンフォニア」は威力も高く、「みがわり」も貫通できる。 弱点を突かれなければ一撃は耐える耐久を持ち、「すばやさ」は高くないが先制技の「アクアジェット」を持っており、安定した役割遂行が可能でした。 インテレオンは対戦で活躍できるか インテレオンの種族値 HP 70 攻撃 85 防御 65 特攻 125 特防 65 素早さ 120 合計種族値 530 上記のように、歴代水御三家は、対戦環境で活躍し続けてきました。 インテレオンはどうでしょうか 種族値から見ると、ゲッコウガに似た高速とくしゅアタッカーとして需要はありそうですが、似たような種族値の、 高速物理アタッカー「カマスジョー」も今作で登場しています。 とくせいもメガラグラージと同じ「すいすい」を持ち、雨下では素早さで引けを取ることがほぼなくなります。 インテレオンは、「みず」タイプ単体。 そして思い出してほしい。 「みず」単タイプで微妙な評価だった。 歴代水御三家達を。 「ドわすれ」や「ひかりのかべ」などの壁展開も、確定急所なら無視してダメージを与える事ができるので、受けポケモンは起点のような感じがしますが… 果たして尋常じゃない固さを持っている「ドヒドイデ」や「サニーゴ」などを起点にして突破する事は出来るでしょうか… 「あまごい」や「ダイストリーム」などで天気をあめにしておけば、更に火力は上がります。 解禁されたら試してみようと思います。

次の