ストレス 性 胃腸 炎 チェック。 胃腸炎ってどんな病気?

ストレス度セルフチェック

ストレス 性 胃腸 炎 チェック

ストレス性胃腸炎の症状の対処と食事の仕方! 人は ストレスを受けると、体のあちこちに症状となって現れます。 頭痛や肩こり、不眠など、人によって様々ですが、特に多いのが「 胃腸」だと言われています。 大きな仕事を任されたことによるプレッシャーや、苦手な人との関係に悩むと、胃がキリキリと痛くなったり食欲が落ちる、吐き気がするなどは現れるのが典型的な ストレス性胃腸炎の症状と言えるでしょう。 また、ストレス性胃腸炎ではありませんが、失恋をした時に全く食欲が沸かなくなることからも、ストレスと胃には密接な関係があることが伺い知れます。 ではなぜ、人はストレスを感じると胃や腸に不快な症状が現れるのでしょうか。 そこで今回は、ストレス性胃腸炎について調べてみました。 ストレス性胃腸炎とは? ストレス性胃腸炎は、胃腸炎の一種です。 胃腸炎には、急性胃腸炎・慢性胃腸炎、そしてストレス性胃腸炎の3種類があり、急性胃腸炎の多くは細菌性胃腸炎とウイルス性胃腸炎の感染性胃腸炎と言われています。 また、慢性胃腸炎はほど症状が重くはないものの、慢性的に胃腸炎が繰り返される疾患です。 長らく、加齢による胃粘膜や腸の老化が原因とされていましたが、最近は「ピロリ菌」が関係していることがわかっています。 そして、 ストレス性胃腸炎はストレスが原因で起こる胃腸炎です。 急性胃腸炎とよく似た症状で激しい下痢や嘔吐が起こりますが、内視鏡検査などで原因を調べても特定できず、何度も繰り返すのが特徴です。 また、器質的疾患がない(検査をしても身体的に原因と思われるものがない)にも関わらず起こる胃腸炎を、1990年頃からアメリカの学会では「機能性胃腸症(機能性胃腸障害・機能性ディスペプシア)」として提唱され始め、ストレス性胃腸炎もこの概念に含まれています。 ストレス性胃腸炎の症状は? ストレス性胃腸炎の症状には、主に以下のものが挙げられます。 吐き気や嘔吐• 胸やけ• 胃やみぞおちの痛み• 食べてもすぐ満腹になる、胃の膨満感• 食後に胃がもたれる感じがする• 空腹時に胃がキリキリする• 薬を飲んでも効果が現れない ストレス性胃腸炎の場合、ストレスの元と関わりを持つことで症状が出る傾向があります。 例えば、会社の上司によるパワハラがストレスになっている場合、怒られているわけではなくても顔を見るだけで吐き気や胃の痛みといった症状が出るようになります。 さらに症状が悪化すると、会社へ行くと思っただけで吐き気や下痢の症状が現れることもあります。 また、ストレス性胃腸炎の症状自体がストレスとなることで、負のスパイラルに陥りやすいのもこの病気の特徴と言えるでしょう。 ストレス性胃腸炎の時の対処法は? ストレス性胃腸炎の時の対処法は、できるだけ早くストレスを緩和することが大切になります。 そのため、「胃腸の調子がおかしい」と気付いた段階で、ストレスが原因かも知れないと認識し、休息を取るようにしましょう。 気分転換に旅行に出掛けたり、趣味に没頭する時間を作るのもよいですね。 最も手っ取り早くストレスを解消するなら、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かる入浴もおすすめです。 また、すでに胃腸症状がある場合はカップ一杯の牛乳を飲むことをお勧めします。 この時、冷たい牛乳は胃腸を刺激してしまいますので、温めたホットミルクを時間を掛けて飲みましょう。 Sponsored Link 牛乳にはトリプトファンと呼ばれるが豊富に含まれており、このトリプトファンがリラックス効果をもたらせてくれます。 牛乳があまり得意ではないという方は、好みの茶葉と一緒に煮出してミルクティーにしてみましょう。 なお、胃の痛みが強い場合は、体の右側を下にして寝ると痛みがやわらぐことがあります。 ストレス性胃腸炎のおススメの市販薬 ストレス性胃腸炎の症状は様々なため、全ての症状に効く市販薬というのは存在しません。 また、安易に市販薬に頼ることは、病気の発見を遅らせてしまうことにもなりかねませんから、ストレス性胃腸炎の症状がある場合にはすみやかに病院へ行って診察を受けることが大切です。 しかし、仕事や家事・育児などで忙しく病院へ行くタイミングがない、という方も多くいらっしゃいますよね。 そのような場合、あくまでも一時しのぎという形でやむを得なく市販薬を使用することもあると思いますが、胃もたれや胸のむかつき、吐き気、膨満感、食欲不振などの症状にお勧めなのがエーザイの「セルベール」です。 胃粘膜を増やす成分が入っており、刺激から胃を守ってくれます。 販売会社URL: ストレス性胃腸炎の時には、病院は何科に行けばいいの? ストレス性胃腸炎の場合、ストレスが原因で胃腸炎症状が起こっていることから、心療内科へ行くのがよいと思う方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、場合によってはストレス性胃腸炎以外の病気の可能性も考えられますし、別の病気を併発しているケースもあり得ます。 そのため、 まずは内科や消化器科、胃腸科にかかり、胃カメラや大腸カメラなどで病変がないかきちんと確認しておくことが大切です。 その上で、胃腸炎症を起こす原因が特定されなかった場合は心療内科へ行くのがよいでしょう。 勿論、内科や消化器科でも「ストレスが原因の胃腸炎の可能性」と診断された場合には、それに伴う薬が処方されることから、薬を飲むことで症状が改善することもあります。 ストレス性胃腸炎の時のおすすめの食事は? ストレス性胃腸炎の時には、なるべく胃腸に負担を掛けないようにするため消化によい食べ物を食べるのがよいでしょう。 中でも大豆製品は、栄養も豊富に含まれており昔から日本人にとっての健康食なのでお勧めです。 しかし、納豆は固くて消化がよくないため食べるのは避けた方がよいでしょう。 大豆製品の中でも、食べやすく特にお勧めなのが 豆腐なのですが、冷奴は胃腸を冷やしてしまうため刺激になるので 湯豆腐にするのがよいでしょう。 また、脂っこい物や塩分の高い物など、胃腸を刺激するものは避けるようにし、空腹時に胃が痛む時は 温かい牛乳やヨーグルトを少しずつ摂ってみましょう。 ちなみに、ヨーグルトも冷たいままよりも温めて食べた方が胃腸への負担を減らします。 ストレス性胃腸炎のまとめ 胃や腸の痛みというのは、比較的多く見られる症状なため、つい「そのうち治るだろう」と放置してしまう方も多いと思います。 しかし、慢性的に胃炎や腸炎が続くと、ガンなどの重大な疾患を発症させる原因となってしまいますので、「おかしいな」と感じたらできるだけ早く病院で診てもらうようにしましょう。 また、カフェインの過剰摂取や香辛料を大量に摂ることも、胃腸を弱める原因となってしまいます。 ストレスを多く感じている自覚がある方は、日頃から食生活を見直してなるべく胃腸への負担を軽減させることも、ストレス性胃腸炎の発症を防ぐ方法と言えます。

次の

ストレス性胃腸炎(神経性胃炎)セルフチェック!治し方と受診目安も

ストレス 性 胃腸 炎 チェック

まずは、どんな経過をたどるのか目安を知るためにも、自分の胃腸炎がどの種類かを把握しておきましょう。 胃腸炎には、• 感染性• ストレス性 とありますので、それぞれについてどんなものがあるのか、挙げていきますね。 感染性胃腸炎 病原体に感染したことによる胃腸炎を「感染性胃腸炎」といい、感染を機に症状が起こりますので、症状は急性です。 感染性胃腸炎とは、大きく分けて• 細菌性• ウイルス性• 寄生虫 という3種類があります 1)。 細菌性胃腸炎 主な細菌は、• 病原性大腸菌(有名なもので0-157)• ボツリヌス菌 などがあります。 ウイルス性胃腸炎• ノロウイルス• アデノウイルス などが一般的です。 寄生虫性胃腸炎• アメーバ赤痢• ランブル鞭毛虫 などがあります。 関連記事) ストレス性胃腸炎 や 胃腸への過度な負担による胃腸炎を、ストレス性胃腸炎といいます。 突発的に現れたものを急性、繰り返したり完治しないまま症状が残ってしまうものは慢性といえるでしょう。 スポンサーリンク 胃腸炎から回復するまでの症状や期間を原因別に解説 感染性胃腸炎である、細菌性・ウイルス性・寄生虫性、ストレス性胃腸炎に分けて説明します。 細菌性胃腸炎の主な症状と経過 一般的に 食中毒とも呼ばれています。 主な症状は• 吐き気• 発熱 です。 下痢は、水様便で血便も見られることがあります。 症状は数日続いた後、ゆるやかに改善の兆しを感じられることが多いでしょう。 病原体や体質、免疫力によって差があります。 嘔吐にしても 1 ~2日間で頻繁にある場合や、1日数回が 3~4日続く場合があり、下痢は 3日~1週間以上続くものもあります。 では、原因となる細菌別に日数を挙げてみましょう。 サルモネラ菌・・・ 1週間程度• 腸炎ビブリオ・・・ 数日以内• カンピロバクター・・・ 1週間程度(2〜3日で解熱)• 病原性大腸菌・・・ 1週間程度• ボツリヌス菌・・・ 数日〜数ヶ月 2) 基本的には自然治癒しますが、続く嘔吐や下痢、また発熱による脱水症が心配です。 0-157では出血性大腸炎が起き血便があったり、それが続くと乳幼児や高齢者では 溶血性尿毒症症候群や 脳症などをきたす場合もあるので、続く血便には注意しましょう。 他にも、手足の麻痺や複視・視力障害・嚥下障害などが現れたら、 ギランバレー症候群などの合併症の可能性もあるので、その後の体調管理には気を使いたいものです。 痛みがひどいときや、症状が 重篤な場合は、特別な処置が必要となりますので専門医に相談をしましょう。 ウイルス性胃腸炎の主な症状と経過 主に、 お腹の風邪と言われることがあります。 原因となるウイルス別に例を挙げると・・・• ノロウイルス・・・ 3〜7日・長い場合は1ヶ月かかることも• ロタウイルス・・・ 1週間程度• アデノウイルス・・・ 1週間以上 3) 発症したときは強い吐き気と下痢が起こりますが、嘔吐は 1~2日程で次第に落ち着き、水様の下痢も 3~4日程で落ち着きます。 乳幼児に多いロタウイルスの場合は下痢症状が長く、お米のとぎ汁のような白い水様便が特徴で、 1週間ほど続きます。 ほとんどの人が、5歳までに感染する胃腸炎とされています。 細菌と同じく自然治癒するもので、治療する薬はないので服用するのは整腸剤が一般的です。 症状が重い場合は専門医の指示を受けましょう。 寄生虫性胃腸炎の主な症状と経過 寄生虫というと怖く感じますが、発展途上国での感染・男性同性愛行為・知的障害施設・汚染物質からの経口摂取などでの感染が多くあります。 腹痛 などのほか、下痢に粘液や血液が混じることもあります。 アメーバ赤痢・・・ 数ヶ月〜数年(症状が治まったり、ぶり返したり)• ランブル鞭毛虫・・・ 1〜2ヶ月 4) などと、他に比べて長く、回復とぶり返しを繰り返したり、合併症を伴うこともあります。 ストレス性胃腸炎の主な症状と経過 ストレス性胃腸炎の場合は、感染性のように激しい嘔吐は稀です。 症状は• 吐き気• 下痢 その他にも、胃もたれなどの不快感があります。 激しい症状は少ないにしても、経過がよめないのがツライところです。 主な原因は• 精神的ストレス• 暴飲暴食• 薬の服用による胃への負担 などです。 「早くこの症状を取り除きたい。 」 そう思ったら、 原因を排除しなくてはなりませんが、そう簡単にはいきませんよね。 ストレスを感じる 環境だったり、ストレスを感じやすい 体質、また 生活習慣に関わるものは簡単に排除できる要因ではありません。 胃腸の薬を服用しても、そのような要因が続く場合は、薬によって症状を抑えているに過ぎず完治が難しい場合が多く、 慢性化しやすいのが特徴です。 精神的ストレスが原因の場合は、心療内科の診察や精神安定剤の服用が有効な場合も見られます。 病原体の仕業による症状でなくても胃腸が弱っていることに変わりはないので、胃腸に負担のある食べ物は避けましょう。 消化のいい食事を心がけ、症状を悪化させないように気をつけましょう。

次の

ストレス度セルフチェック

ストレス 性 胃腸 炎 チェック

どんな 前兆があったのか、また症状が 突然だったのか時間をたどってみましょう。 ストレス性胃腸炎の症状 ストレス性胃腸炎の場合は、 急なストレス、もしくは慢性的なストレスにより始まります。 よくみられる症状は• 胃のムカムカ・胸焼け・もたれ感• 胃の痛み• 吐き気• みぞおちの灼熱感や痛み• 食欲がでない• すぐにお腹がいっぱいになってしまう• 胃酸が上がってくる感じがする• 不眠・怠い• おならやゲップがよくでる などです。 これらの症状がさらにストレスとなり、悪化したり、慢性化となってしまうこともあります。 感染性胃腸炎の症状 主な症状は、• 吐き気• 全身倦怠感 などです。 感染性胃腸炎の場合、原因となる菌やウイルスによって違いはあるものの、残念ながらほとんどの場合 前兆がなく、急に激しい症状に見舞われます。 感染から発症まで比較的長いものもあり、「少しもたれてるかな」くらいの自覚症状はあるかもしれません。 体調や年齢によっても症状の出方は違うので一概には言えませんが、細菌によるいわゆる 食中毒も、ウイルスによる ノロウイルスなども、 急に 下痢や 嘔吐に襲われるのことがほとんどです。 回復までの期間に個人差はありますが、 数日で症状は落ち着いてもその後もしばらく病原体が排泄されるので、消毒や密な接触を避けるなど感染させない対策を続ける必要があるでしょう。 ストレス性か感染性か?見分けることはできるの? これらの 初期症状の違いからも、見分けるポイントはいくつか挙げられます。 こんな症状ならストレス性胃腸炎かも・・・• 日頃から胃腸の不調を感じている(胃もたれ・膨満感・食欲不振など)• 薬を服用して、胃が荒れた感じがする• 暴飲暴食で、生活習慣が乱れている• みぞおちの不快感がある(痛み・灼熱感)• おならやゲップがよくでる しかし、ストレス性の場合は、検査で異常を認めなかったというのが前提です。 同様の症状があったとしても、検査をして他の病気を除外する必要があります。 こんな症状なら感染症胃腸炎かも・・・• 突然激しい嘔吐や下痢に襲われた• 腹痛や発熱を伴う• 感染しやすい生ものを食べた(二枚貝や生肉など)• 感染性胃腸炎の人と深く接触した• 周囲で感染性胃腸炎が流行っている(流行る季節である) そのため、判断に迷ったら専門の医師に!• 自己判断で、 悪化や感染を広めてしまう可能性も!• まずは、専門の医師に診てもらいましょう ストレス性胃腸炎の場合はそのままにしておくと慢性化しやすく、回復までに長い時間を要してしまい、場合によっては悪化してしまうことも少なくありません。 感染性胃腸炎の場合は感染力が強いので消毒や予防を徹底して、周りの人へうつすなどして拡大させない配慮が必要です。 とくに、 自分でストレス性と思い込んでいたために、病気を見逃してしまうという危険性もあります。 ストレス性胃腸炎か感染性胃腸炎か判断に迷ったら、まずは専門の医師にかかって、指示を仰いだほうが安全でしょう。 参考文献: 消化器疾患ビジュアルブック P138・139 病気がみえる vol. 1:消化器 P90・91・142・143 step beyond resident胃腸炎 6章 最後に ポイントをまとめます。 ストレス性の胃腸炎は、神経性胃炎・過敏性腸症候群(IBS)・機能性ディスペプシア(FD)ともいう• ストレス性の胃腸炎は、検査しても原因となる異常などが見つからず、症状が現れる• ストレス性の胃腸炎を放置すると、重症化して潰瘍ができることも• 感染性胃腸炎は、細菌やウイルスが原因• ストレス性の場合、吐き気や嘔吐・下痢などの症状とは別に、精神的症状も現れる• 感染性胃腸炎の場合、前兆がなく、急な症状に見舞われる• 感染性胃腸炎の場合、症状は落ち着いてもしばらく菌が排出される• 原因や症状に違いはあるものの、なかなか判断できない場合もある 胃腸が病に蝕まれると、気分まで落ち込んでしまいます。 ストレスが胃にくることでわかるように、胃腸と脳は深い関わりがあるのです。 元気な胃腸で毎日をハツラツと過ごしたいものですね。

次の