ドラクエ ウォーク 転職。 【ドラクエウォーク】おすすめの転職のタイミングと職業ルート

【ドラクエウォーク】パラディンのおすすめこころと武器|スキルと評価は?|ゲームエイト

ドラクエ ウォーク 転職

転職とは キャラの職業が変更できる 転職とは、言葉の通りキャラの職業が変更できるシステムです。 ドラクエウォークでは、職業によって戦闘時の役割が異なるため、転職システムを上手く利用してパーティ編成が構築できます。 転職後の職業はレベル1から上げ直し 転職をした後の職業はレベル1からレベル上げをやり直す必要があります。 前職時のレベルは引き継がれませんが、保存はされています。 もう一度育成した職業に転職し直せば、元に戻せます。 得意武器やステータスが変わる 転職をすると得意武器やステータス、セットできるこころの色が転職をした職業に合わせて変化します。 手持ちの装備次第では、転職させて得意武器を持たせた方が有効な場合があります。 転職のタイミング メインストーリー攻略中の転職は非推奨 メインストーリーは、クリアできない場所でもレベル上げを行えば初期の職業の状態でも最後までクリア可能です。 転職をするとレベル上げを1からしなければいけないため、ストーリー攻略を効率的に進めることができません。 また、主人公の初期職業である戦士は、Lv. 25で「やいばくだき」を習得します。 3章10話のボス「キラーマシン」に対して非常に有効かつ「ラリホー」を持っていない場合の必須スキルなので、絶対に転職させないようにしましょう。 メタルダンジョン解放時に転職推奨 転職は、週末限定で開催される「メタルダンジョン」を攻略する際に行いましょう。 メタルダンジョンでは、メタル系モンスターを効率的に倒せるので、転職後のキャラ育成に最適です。 転職するメリット 永続パッシブ効果を得られる 職業 永続効果:Lv. 20 永続効果:Lv. 20とLv. 50時に永続効果がある特殊効果を習得します。 どの職業に転職しても効果が発動するため、キャラ自体のステータス強化が可能です。 永続パッシブを取ったあとは別の職業に転職しましょう。 永続効果の内容は職業毎に異なるため、メインとして使用したい職業に合わせて有効な永続効果から習得していきましょう。 上級職の永続パッシブ 職業 永続効果:Lv. 30 永続効果:Lv. 30とLv. 55時に永続効果がある特殊効果を習得します。 レベル55まで上げる必要があるため、大量の経験値が必要になります。 永続パッシブを取るためだけなら、取りやすい基本職の永続パッシブを先に取りましょう。 上級職に転職するためにレベルを上げる 上級職の一覧 上級職実装に伴い、2つの特定の職業をレベル50まで上げることで、上級職に転職できるようになります。 パーティ編成の幅がひろがる 転職をすると、パーティに同じ職業を複数編成できるようになり、物理攻撃主体のパーティや魔法攻撃主体のパーティなどの編成が組めるようになります。 上級職にも転職しやすくなりパーティ編成の幅が広がります。 装備の確保や育成に労力はかかりますが、メガモンスター戦時にはパーティ全員を物理職で揃えて火力に特化させるといった戦法も可能です。 星5武器に合わせて転職する ドラクエウォークは装備の恩恵が大きいため、星5武器を入手できているのであれば得意武器にあわせて転職するのはありです。 例えば、初期段階で「クリスタルクロー」と「らいじんの槍」を持っている場合、武闘家をパーティに2体編成することが考えられます。 職業別おすすめ転職ルート ストーリークリア前の転職ルート 職業 おすすめ転職ルート 盗賊Lv. 20 盗賊Lv. 20 盗賊Lv. 20 戦士Lv. 20 戦士Lv. 20 ストーリー攻略に行き詰まった時におすすめの転職ルートです。 レベル上げの労力を考慮し、レベル20時の永続効果のみ習得していく場合のルートを記載しています。 ストーリークリア後の上級職に向けた転職ルート 職業 おすすめ転職ルート 盗賊Lv. 元の職業をレベル50まで上げたら、上級職に対応した基本職に転職してレベル50を目指しましょう。 最低基本職を2職レベル50にすれば上級職に転職できます。 基本的には素早さステータス重視 転職を行う場合は、まず素早さを高められる盗賊を経由することをおすすめします。 魔法使いや僧侶に関しては、好みによって変わり、耐久力を補いたければ戦士を経由することで戦闘を安定させることも考えられます。 転職キャラのレベル上げおすすめ方法 おすすめ方法• ・低レベルのモンスターを効率的に倒す• ・メタル系で一気にレベルを上げる• ・編成配置を一番右にして生存率を上げる 転職キャラは、初期レベル1に戻るため、いかに戦闘不能に陥らず経験値を稼ぐかが重要です。 主に推奨レベルの低いクエストで被弾せず経験値を獲得するか、メタル系モンスターを倒して一気にレベルを上げる方法があります。 主力キャラが先制で全体攻撃を行いモンスターを一掃できるため、時短かつ効率的に転職後キャラのレベル上げをすることができます。 メタル系モンスターで一気に経験値を稼ぐ 転職キャラのレベルをいち早く上げるには、メタル系モンスターを撃破するのが最効率です。 週末限定のメタルダンジョンやメタル系モンスターがフィールドに出現した場合は、一時的に転職して経験値を一気に稼ぎましょう。 メタルフェスティバルイベントが開催中です。 大量のメタル系モンスターを倒せるイベントなので、効率よくレベルを上げられます。 転職中でもメタル系は倒しやすいので、転職レベリングに最適です。 転職キャラの編成配置は一番右がベスト 1体づつ転職させる場合、転職したキャラの編成配置は、一番攻撃を狙われにくい右側に設定しましょう。 戦闘不能に陥ると経験値が入らないため、転職キャラが死なないように、少しでも生存率を高める編成を行うべきです。 転職キャラLv20までの育成時間を検証 Lv20までの必要経験値 93,837 対象クエスト 3章7話:推奨Lv27 パーティの平均Lv Lv37 Lv20までの所要時間 1時間30分 攻略班が転職キャラをレベル20まで育成するための所要時間を検証しました。 3章で約1時間30分、戦闘を繰り返すとレベル20に到達しました。 なお、挑戦するクエストや敵の殲滅速度で誤差が出るため、所要時間の参考にしてください。 転職キャラにおすすめの低コストモンスター こころ 色 Sランク注目のスキル・性能 出現場所:試練の扉「中級」 出現確率:ときどき見かける• ・コストが39と低くつけやすい• ・特殊効果が強く転職キャラに重宝する 出現場所:• ・コストが24と低くつけやすい• ・HPや器用さが高い低コストこころ• ・竜王イベント3-5で同時厳選可能 出現場所:3-5~8 出現確率:よく見かける• ・攻撃魔力とMPが高い魔法使いのこころ• ・イオも習得可能 キャラの転職時に、いち早く戦力として使用したい場合のおすすめこころです。 「よく見かける」以上のモンスターの中から「低コスト」「ステータス」を重視して選定しています。 目安として、ゲーム開始からストーリーのみを進めていた場合、2章の5話クリア前後で冒険ランクが12に到達します。 転職には100Gが必要 転職は1回につき100Gが必要です。 転職先のレベルに関わらず、100Gで転職が可能です。 また、転職に時間と回数の制限はないため、ゴールドさえあればいつでも好きな職業に転職が可能です。 転職の注意点 レベルは各キャラの各職業で固有 職業のレベルは、各キャラの各職業ごとに固有になっており、初めて転職をする場合はレベル1から上げ直す必要があります。 当然、キャラも転職前より弱くなっているので、安易に強いモンスターと戦闘をしないように注意しましょう。 転職後はモンスターのこころが外れる 転職をした後は、元々装備していたモンスターのこころが外れます。 戦闘を行う前に必ずセットをし直すようにしましょう。 また、武器も転職後の職業の得意武器でない場合は、装備の変更も忘れないようにしましょう。

次の

【ドラゴンクエストウォーク】転職の方法とおすすめの職業

ドラクエ ウォーク 転職

攻略情報一覧• Twitter 最新情報• 開催中のイベント• メガモンスター• 強敵モンスター• 開催中のガチャ• 人気記事 ランキング• ガチャ関連• お役立ち情報• 過去に開催されたイベント ガチャイベント• イベント• メガモンスター• 掲示板• 育成・強化• 職業・転職• 基本職• 上級職• アイテム 道具• 各種どうぐの入手方法• クエスト攻略 ストーリー• 強敵攻略• サブクエスト• ゲームシステム• データベース モンスター• 武器種別• 防具種別• アクセサリー• スキルデータ• 効果別• 属性別• その他・裏技• 各職業の転職おすすめルートや永続スキルの習得順、転職後のレベリングにおすすめのクエストについても紹介しているので、参考にしてください。 転職するメリット 永続効果スキル習得によるキャラの強化 各職業の レベル20とレベル50で習得する[永続]と書いてあるスキルは 他の職業に転職して引き継がれる「永続効果スキル」となります。 ドラクエウォークの高難易度イベントでは耐久面が重視されることが多いので、 後衛でも戦士の優先度は高いです。 基本職よりも高レベルでの習得となり、2つ目に至っては現在のレベルカンストである55まで上げなければなりません。 レベル上げに必要な経験値が基本職に比べて1. 2倍となっているので、Lv. 30のものはともかくとして2つ目の永続スキルを習得するのにはかなりの根気が必要となります。 上級職への道が開ける 2020年1月28日 火 のアップデートにて待望の上級職が実装されました。 上級職に転職するには決められた初級職2種をレベル50まで上げる必要があるので、上級職解放にも必然的に転職が必要となります。 上級職が解放される組み合わせ 職業 条件 ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする ・とをレベル50にする パラディン ・とをレベル50にする パーティ編成に幅が出る 転職によって複数の職業のレベルを上げることで強敵・高難易度・メガモンスターなど場面に応じて様々な戦法を取ることができるようになります。 中でも戦で適したパーティ編成ができるようになると複数人でプレイした際に上位へランクインしやすくなるのは利点と言えるでしょう。 ポイント!! レベル50まで上げれば上級職の片方の条件を満たせ、ほとんどのメガモンスターもソロ攻略が目指せるので、プレイの幅も広がります。 転職前のパーティを登録しておく 転職前 メガモンスターや高難易度、強敵などをプレイする際に転職前のパーティをすぐに使用できるようにパーティを登録しておきましょう。 パーティ登録をきちんとしておけば転職時にこころや装備の付け替えを別途しなくてもパーティを戻すことができます。 全員同時転職は非推奨 初めての転職となると他の職業レベルは必然的に1となり、前職で習得したスキルは永続効果スキル以外なくなってしまいます。 すべてのキャラを同時に転職させると戦力的に再び低難易度のクエストを選択しなければならなくなるため、転職キャラは2人程度に抑えておき、残ったレベル50キャラ2人の全体攻撃で1ターン撃破できる程度のクエストを周回するといいでしょう。 ポイント!! ロトの剣や黄竜のツメ、ゴシパラ・書聖のつえなど高火力全体攻撃武器を複数持っている場合はそのままの狩り場でOKなこともあります! 永続効果スキル目当てならレベル20止めもアリ キャラの元となるステータスを強化したいのであれば転職した職のレベルを20で止め、次の職業の永続効果スキル習得を目指すのもアリでしょう。 特に戦士 みのまもり と盗賊 すばやさ は早い段階で取っておけると楽になります。 ただ、 その分上級職の解放条件は遠のいてしまう点には注意が必要です。 転職後のレベリングする際のおすすめの周回場所 1ターンで倒せるクエストを周回 転職したてのキャラはこころコストが少なく戦力にはならないので、転職しなかった残りのキャラの全体攻撃で1ターン撃破が可能なクエストを選択すると安定してレベリングが可能です。 ポイント!! 特に「においぶくろ」は頻繁に手に入るので、バンバン使用してしまって良いでしょう。 同時にこころを狙う ただ敵を倒して経験値を稼ぐよりは優秀なこころ狙いも兼ねてレベリングを行いたいです。 そのため、上記の条件に加え、自分の欲しいこころがドロップするクエストを選択して周回するといいでしょう。 20で止めてしまって問題ありません。 バトルマスターがある程度育ったら残りの永続スキル その後はバトルマスターのレベル上げを行うのですが上級職は経験値テーブルが基本職に比べて約1. 2倍となっているので、Lv. 55まで上げるにはかなりの経験値を要します。 そのため、こころをある程度自由にセットできるレベルまで上がったら盗賊に戻ってLv. 30の永続スキル2種を取っておくといいでしょう。 持っている武器で決めるのもあり バトルマスターの得意武器である、、の優秀な武器を複数持っている場合は武闘家もバトルマスターを目指して戦士へと転職するのもアリでしょう。 なお、の場合はバトルマスター・レンジャーともに得意武器となるので、目標はレンジャーのままで問題ありません。 20は先に取っても良い 上級職解放でそのままレンジャーにして問題ありませんが、先に戦士をLv. 最終的にはバトルマスターも経由 戦士の永続スキルはどちらも耐久系と最終的には必須となりますので、バトルマスターの条件も同時に満たすこととなります。 バトルマスターはLv. 仲間の僧侶と入れ替えるように転職することでパーティから回復役を消さずにプレイできます。 緑のこころを装備させればバイシオンを使える回復役としても使えるので、「」がない場合のバイシオン役兼サブヒーラーも務められます。 その後は盗賊と武闘家をレベル50にしてちからの永続スキルを回収を目指します。 僧侶の段階でかいふく魔力のパッシブが手に入るので、周回以外ではなど全体回復も行えるようにしてサポート役にすると良いです。 賢者でも回復役を担うなら盗賊の後に戦士Lv. 20の永続スキルが優秀 Lv. そのため、戦士や魔法使い、僧侶なども上級職前に1度経由しておくといいでしょう。 50にした後にレンジャーを目指すために転職しましょう。 ジバリア型は魔法使いを経由 レンジャーよりもジバリア系呪文の強化倍率が高いため、ジバリアが活躍する敵と対する際には盗賊で戦うこともあるでしょう。 ジバリア型で使う場合は魔法使いを経由してこうげき魔力を増加させると良いでしょう。

次の

【ドラクエウォーク】転職におすすめの職業とタイミング|メリットはある?|ゲームエイト

ドラクエ ウォーク 転職

永続スキル(パッシブスキル)で選ぶ 各職業のLv20とLv50で永続スキルを習得します。 永続スキルは 他の職業へ転職しても効果が引き継がれます。 各職業でおぼえる永続スキルは以下のとおりです。 上級職を視野に入れる 他のドラクエシリーズで採用されている「上級職」システムがドラクエウォークでも実装される可能性は高いと予想されます。 あくまで予想ですが以下のようなシステムが予想できます。 特定の職業を一定レベルまで上げることによって、能力の高い上級職へ転職が可能 これを見越して各職業のレベルを上げておくのも良いでしょう。 例えば以下のような組み合わせで育てておくと、上級職へスムーズに転職できるかもしれません。 あまりに弱いメンバーになってしまうとレベル上げのためのバトルもままなりません。 育成する低レベルキャラは1〜2体までとする• 回復スキルを使う仲間を必ず1体以上残す などパーティー全体の戦力バランスを考えながら転職プランを考えましょう。 おすすめ転職ルート ここまで説明してきた職業選びのポイントを元に、初期職業から転職すべきおすすめ転職ルートを紹介します。 パッシブだけ習得して僧侶に戻すのもあり。 ぜひ今後のパーティー育成の参考としててみてください。 職業の詳細ステータス一覧.

次の