源氏物語 内容。 『源氏物語』のあらすじや感想、読み方解説!女性たちが織り成す古典の最高傑作

源氏物語/紫式部・光源氏|【あらすじ・解説】を世界一わかりやすく!

源氏物語 内容

スポンサーリンク 日本最古の長編小説といわれる『源氏物語』。 この話は平安中期に、宮中で勤めていた紫式部の作品です。 紫式部は、一条天皇の中宮・彰子付きの女房(女官のようなもの)でした。 書いたのは、ちょうど藤原道長が摂政になる摂関政治の全盛期です。 スゴく有名なお話なのですが、54巻から成る長い長い話なので、一言でこんな話だよと言い表すのが難しい作品です。 『源氏物語』は、全部で3部に分かれていて、主人公・光源氏の生涯と彼の子供や孫の時代まで合わせると、約70年間にも渡る物語です。 すごいですね。 登場人物は約500人! 和歌はそれ以上にたくさんたくさん詠まれています。 現代語訳も、谷崎潤一郎・円地文子・瀬戸内寂聴・橋本治・田辺聖子など多くの人が書いています。 管理人のおすすめは、田辺聖子の『新・源氏物語』ですよ。 分かりやすくまとまっていると思います。 主人公・光源氏のモデル 簡単に言うと、第1部は、主人公・光源氏の「女性遍歴」と「出世」を軸にした大長編宮廷絵巻になっています。 「光源氏」は帝の子なのに、生母「桐壺の更衣」の身分が低く、後ろ盾がいなかったので、「源」という姓を賜って臣下になります。 しかし、その後、煌びやかな女性遍歴を重ねながら、自らの才覚でのし上がり、最後には太政天皇という天皇に准ずる位につきます(娘を帝の后に!)。 でも、この話は1人の人をモデルにしたような単純な話ではないんですよ。 紫式部は、それまでに生きた多くの人々の生き方を参考にして書いています。 例えば、「光源氏」は、権力と財力を得て「六条院」という御殿を建てます。 この六条院は、 源融(=河原左大臣)の豪邸「河原院」によく似ているのです。 ほぼ同じ場所で、一般的な貴族の邸宅の約4倍という大きさも同じです。 融は嵯峨天皇の皇子で「源」という姓を賜り臣下になりました。 源融も光源氏のモデルの1人だったのは、間違いないでしょうね。 「河原院」は、融の死後荒れ果てて、夜になると融の幽霊が出るといううわさが立ちます。 宇多天皇がある夜、そこで京極御息所と密会しているとき、源融の霊が出て御息所を失神させたという怪談が残っているのです。 「光源氏」が恋人の1人「夕顔」と寂れた屋敷で密会したとき、別の恋人(六条御息所)の生霊に「夕顔」が襲われて亡くなるというエピソードがあります。 それは、この 融の幽霊話をモデルにしています。 また、「朧月夜」(政敵の娘)との密会がばれて、「光源氏」が須磨に下ったときの描写は、在原行平(在原業平の兄)が一時期、須磨に左遷されたときに、その地を詠んだ多くの和歌の影響を受けているといわれます。 他にも、それまでにあった様々な出来事を参考にしながら、紫式部はこの長編小説を書いたようですよ。 『源氏物語』は、発刊(?)当初から大ベストセラーで、女房だけでなく、藤原道長・四納言を始めとする多くの男性官吏も回し読みしていたといわれます。 第1部と第2部の主人公は「光源氏」です。 物語の中心は、「光源氏」の出世と女性遍歴! いわゆる「紫のゆかり」の女性たちとの物語です。 第3部は、後伝のような位置づけで、「光源氏」亡き後の息子・「薫」(と孫の「匂宮」)が主人公の物語になります。 舞台も宇治に移り、宇治に住む「大君(おおいぎみ)」・「中君(なかのきみ」)・「浮船(うきふね)」を中心とした物語展開になります。 弟3部は、1部・2部と区別して 「宇治十帖」とよばれます。 この第1部のラストが、光源氏の人生の頂点です。 ときの帝「桐壺帝」に愛された「桐壺の更衣」が、美しい第2皇子を生みます。 その子が、この壮大な物語の主人公「光源氏」です。 兄は後の「朱雀帝」です。 若い頃の光源氏は、珠のように美しく、文武両道。 よきライバルで義兄(正室「葵の上」の兄)の「頭中将(とうのちゅうじょう)」と、切磋琢磨しながら成長します。 でもね、この煌びやかさがあるから、2部・3部の苦悩が浮き上がってくるのですよ。 (41帖「幻」の巻の後、「雲隠」という巻名だけで本文のない巻があります。 この巻で世を去ったと暗示。 ) 出家する兄・「朱雀院」に頼まれ13歳の皇女「女三宮(おんなさんのみや)」を正室に迎えることで、「光源氏」とその周囲の人々が様々な苦悩に襲われます。 始めは断るつもりだったのですが、「女三宮」が光源氏の初恋にして永遠の恋人「藤壺」のゆかりの人だということで、つい承諾してしまうのです。 いい年して、まだ母親に激似の継母「藤壺」にこだわっているところが、なんとも未練がましいですね。 すごい執着です。 「女三宮」の降嫁により、晩年になって「光源氏の正室」の座を若い娘に奪われた「紫の上」は、失望し体調がすぐれなくなります。 (「女三宮」と「紫の上」では身分に大きな差があるので、当然「女三宮」が正室になります。 ) その後、「紫の上」は体調がどんどん悪くなり出家させてほしいと光源氏に頼みますが、聞き入れてもらえません。 そして、出家できないまま亡くなります。 一方の「女三宮」は、恋愛感情の乏しい(多分、他人にあまり関心がない)ぼんやりした女性で、光源氏にも特になつかず、流されるまま彼女に恋する「柏木」という若者との間に、不義の子をもうけてしまいます。 「柏木」は光源氏への怖れと罪の意識で病死、「女三宮」は15歳で出家します。 このときの「光源氏」の「柏木」への仕打ちは、ネチネチしていてうっとおしいオッサンそのものです。 その2人の間に生まれた息子(名目上は光源氏の息子)が、第3部の主人公・「薫」です。 きれいなハッピーエンドではないです。 <主な登場人物> 「薫 (かおる)」:光源氏(実父は「柏木」)」と「女三宮」の息子。 自分が光源氏の子でないことを、45巻「橋姫」で知らされる 「匂宮(におうのみや)」:「今上帝」と光源氏の一人娘「明石中宮」の息子。 つまり、光源氏の孫。 薫と同世代。 八宮の遺した三姉妹・「大君」・「中君」・「浮舟」 舞台は宇治。 源氏の異母弟・「八宮」の娘・三姉妹と「薫」・「匂宮」の物語です。 いろいろ込みいった恋愛事情があるのですが、最終的に「薫」の想い人だった「大君(おおいぎみ)」は病死(虚弱体質で心労で死去)してしまいます。 「中君(なかのきみ)」は「匂宮」に二条院に迎えられなんとか側室に収まる形になります。 そして、2人の男性に求婚されどうしようもなくなった「浮舟」は宇治川に身を投げて自殺を図ります。 でも、とおしすがりの僧に助けられて一命を取りとめ、実は助かっていました。 そして、そのまま出家しています。 かなり暗い話ですよ。 ずっと、2人の男性に振り回されていた「浮舟」でしたが、出家後に会いたいとやっていた「薫」に取り合わず、心安らかに仏の道を進むラストが印象的でした。

次の

御菓子司 聚洸の源氏物語

源氏物語 内容

研究内容 研究内容 研究内容 平安時代(中古)の物語文学である源氏物語を主たる研究対象とし、その表現機構を究明することを研究課題としています。 源氏物語は、先行する様々な物語・和歌・話型・習俗・信仰・歴史的事実等の文化的な要素をとり込みながら、高度な文芸性を形成している物語文学だといえますが、その個々の要素が、いかに物語の表現のなかに呼び込まれ、そしてまた、その呼び込まれた要素が、いかに物語の表現を構築していくかを、周辺諸科学(歴史学・文芸学・文化人類学・民俗学・宗教学等)の成果を批判的に援用しながら考察して、この物語の新たな文芸質を発見することをめざしています。 主な研究業績 [単著] 1. 『2時間でおさらいできる源氏物語』だいわ文庫(大和書房) 2017年4月 288pp [監修] 1. 『図説 あらすじと地図で面白いほどわかる!源氏物語』青春新書インテリジェンス(青春出版) 2018年4月 192pp [共編著] 1. 26-37 2. 19-28 3. 264-280 4. 176-192 1996年4月に再録 5. 7-17 6. 108-111 7. 1-12 8. 11-24 9. 188-197 10. 55-71 11. 57-66 13. 84-99 14. 95-99 15. 31-43 16. 1-15 17. 40-50 18. 178-198 19. 1-20 20. 40-52 21. 313-332 22. 1-11 23. 166-170 24. 199-230 25. 36-48 26. 81-102 27. 1-31 28. 280-288 29. 55-66 30. 411-435 31. 74-87 32. 56-71 33. 89-101 34. 181-196 35. 1-16 36. 34-46 37. 「『源氏物語』作中人物論の常識を問う」 『古典文学の常識を疑う』(松田浩・上原作和・佐谷眞木人・佐伯孝弘編)勉誠出版 2017年5月 pp. 88-91 38. 1-23 39. 16-29 40. 「雲居雁の結婚」 『日本文学』(日本文学協会)第63巻第6号 2014年6月 pp. 20-24 2. 18-22 3. 「片山喜八郎編『邦語文献を対象とする参考調査便覧』」 『國學院大学院友会報』第253号 1988年12月 2. 「林田孝和著『源氏物語の精神史研究』」 『國學院大学院友会報』第275号 1993年8月 3. 「小林茂美著『源氏物語の表現機構』」 『國學院大学院友会報』第289号 1997年7月 4. 「日向一雅編『源氏物語 重層する歴史の諸相』」 『国文学解釈と鑑賞』(至文堂)第72巻3号 2007年3月 6. 「源氏物語若菜上古注釈集成2」(林田孝和・國學院大学物語文学研究会編) 『國學院大学栃木短期大学紀要』(國學院大学栃木短期大学)第33号 1998年10月(pp. 『源氏物語の鑑賞と基礎知識9「葵」』(鈴木一雄監修・宮崎荘平編集)至文堂 2000年3月(pp. 38-39,pp. 42-43,pp. 60-61,pp. 144-145,pp. 154-155の補助論文を担当) 3. 『源氏物語の鑑賞と基礎知識27「少女」』(鈴木一雄監修・針本正行編集)至文堂 2003年3月(pp. 100-153の鑑賞欄・基本用語・語釈、pp. 154-155,pp168-169の補助論文を担当) 4. 『源氏物語の鑑賞と基礎知識34「若菜下」(前半)』(鈴木一雄監修・宮崎荘平編集)至文堂 2004年5月(pp. 78-135の鑑賞欄・基本用語・語釈、pp. 68-69,pp80-83の補助論文を担当) 5. 『人物で読む『源氏物語』12 明石の君』(室伏信助監修・上原作和編集)勉誠出版 2006年6月(pp. 3-5の「あらすじで読む明石の君」、pp. 333-364の「研究史・研究ガイドライン・主要参考文献目録」を担当) 6. 『週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖 第12号 十二帖須磨』(秋山虔監修)朝日新聞出版社 2012年3月(pp. 10-12,pp. 14-15,pp. 20-21の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 7. 『週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖 第13号 十三帖明石』(秋山虔監修)朝日新聞出版社 2012年3月(pp. 10-11,pp. 14-15,pp. 20-21の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 8. 『週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖 第19号 十九帖薄雲』(秋山虔監修)朝日新聞出版社 2012年4月(pp. 10-11,pp. 16-18,pp. 20-21の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 9. 『週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖 第26号 二十六帖常夏』(秋山虔監修)朝日新聞出版社 2012年6月(pp. 10-11,pp. 18,pp. 20-21の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 10. 『週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖 第32号 三十二帖梅枝』(秋山虔監修)朝日新聞出版社 2012年7月(pp. 10-12,pp. 18-19の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 11. 『週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖 第33号 三十三帖藤裏葉』(秋山虔監修)朝日新聞出版社 2012年8月(pp. 10-11,pp. 14-16,pp. 18-19の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 12. 『週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖 第40号 三十八帖鈴虫』(秋山虔監修)朝日新聞出版社 2012年9月(pp. 10-12,pp. 15-17の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 13. 『週刊絵巻で楽しむ源氏物語五十四帖 第47号 四十四帖竹河』(秋山虔監修)朝日新聞出版社 2012年11月(pp. 10-11,pp. 15-17,pp. 20-22の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 14. 10-11,pp. 14-16,pp. 19-21の「現代語訳」「読みどころ」「知識の栞」を担当) 15. 10-12,pp. 『世界人物逸話事典』(朝倉治彦・三浦一郎編) 角川書店 1996年2月(「大友黒主」「小野小町」の項を小林茂美と共同執筆) 2. 『天皇文業総覧(上)』(青木周平・針本正行編) 若草書房 2004年7月(「三条天皇」「後白河天皇」の項を担当) 3. 『古典講読 源氏物語・大鏡の研究』(上原作和・小島孝之・鈴木裕子・西沢美仁・針本正行・保坂博子編) 角川書店 1999年3月(「紫の君と筝の琴」「車争い」「祭り見物」「物の怪顕現」の章を担当) 2. 『角川古典大観 源氏物語』(伊井春樹編) 角川書店 1999年11月 (「須磨」「胡蝶」「若菜上」「橋姫」「早蕨」「蜻蛉」「夢浮橋」巻の校訂・入力・編集協力) [学会発表] 1.

次の

3分で読む源氏物語・あらすじ/全体のあらすじ~桐壷から夢浮橋までの全54帖を3分で

源氏物語 内容

GENJI-MONOGATARI Since September 20 1996 渋谷栄一著 C 高千穂大学名誉教授 (製作者の個人ページ) 毎月更新日 2020年7月7日(小暑の日) 最新情報 ・ 「源氏物語の世界」(「若紫」 翻刻資料(定家本原本)をアップ(7月10日) 渋谷栄一編『源氏釈』(源氏物語古注集成16 おうふう 平成12年10月) 渋谷栄一編『源氏物語の注釈史』(講座源氏物語研究第3巻 おうふう 平成19年2月) 渋谷栄一著『源氏物語の季節と物語 その類型的表現』(新典社新書15 平成20年8月) (令和2年6月15日更新) (準備中) The Tale of Genji Genjimonogatari Cloud Computing Library by Eiichi Shibuya 源氏物語の世界 定家本「源氏物語」本文の研究と資料 映雪荘 季節の暦(晩夏 小暑から立秋まで) 日 月 火 水 木 金 土 十七日辛亥 小暑 先負 7日 十八日壬子 仏滅 8日 十九日癸丑 大安 9日 廿日甲寅 赤口 10日 廿一日乙卯 先勝 11日 廿二日丙辰 友引 12日 廿三日丁巳 先負 13日 廿四日戊午 仏滅 14日 廿五日己未 大安 15日 廿六日庚申 赤口 16日 廿七日辛酉 先勝 17日 廿八日壬戌 友引 18日 廿九日癸亥 先負 19日 三十日甲子 仏滅 20日 水無月朔日乙丑 赤口 21日 二日丙寅 大暑 先勝 22日 三日丁卯 友引 23日 四日戊辰 先負 24日 五日己巳 仏滅 25日 六日庚午 大安 26日 七日辛未 赤口 27日 八日壬申 先勝 28日 九日癸酉 友引 29日 十日甲戌 先負 30日 十一日乙亥 仏滅 31日 十二日丙子 大安 8月1日 十三日丁丑 赤口 2日 十四日戊寅 先勝 3日 十五日己卯 友引 4日 十六日庚辰 先負 5日 十七日辛巳 仏滅 6日 十八日壬午 立秋 大安 7日 【ご利用の皆様へ】 わたしは、インターネットの最大限の利点を活かして、日本の代表的古典文学作品である「源氏物語」を、誰でもが、何時でも、何処からでも、自由に、読むことができて、しかも、使い易く、信頼できる、内容のあるコンテンツを提供したいと念じています。 併せて、メールによって利用者との相互交流を大切にしていきたいとも思っています。 したがって、わたしはweb上に公開したわたしの著作物に対して、著作権や知的財産権などを主張しようとは考えません。 利用者の良識によって、広くいろいろと利用されさまざまに活用されることを願っていますので、わたしの著作物に関するダウンロードや加工なども自由です。 生物が一つの生命から発生してさまざまな形態に進化を遂げていったように、わたしの作成したコンテンツからさらにより優れたコンテンツが生まれ出てくることを期待しています。 一人の人間の力、一個の個体にはおのずと限界があります。 このコンテンツがもしこの世に有益なものであれば、これを時空を超えて次の世代へと受け継いで永遠に発展していってもらいたいと願っているのです。 (2001年1月1日) 1 どなたもリンクはご自由です。 わざわざのご一報には及びません。 2 私の作成したテキストに関してはダウンロード及び加工等もご自由です。 どうぞご学習やご研究等にお役立てください。 知的公共財産として、皆様によって愛されさらに優れたものに進化されることを願っています。 ただし、私の著作・所有に関わらない画像やリンク先等についてはこれに含まれません。 3 私の作成したテキストを元に二次的著作物として公表する場合には、必ず当webによった旨を明記してください。 4 もし、当データに誤入力や内容に不審な箇所を発見されましたら、お知らせください。 また、ご感想やご質問等ございましたら、遠慮なくお寄せください。 誠意をもってお答えいたします。 5 「源氏物語」が世界中の人々から広く読まれ、少しでも日本文化の理解と学術の振興に役立つことを願っています。 6 ご利用になる際には最新のversionのものをご利用ください。 常によりよいものへと更新していくことを心掛けておりますので、時々は「来歴(最新情報)」をご確認ください。 作成者 渋谷栄一記す(2000年1月19日、4月26日補訂、2002年8月7日追加)• (佐藤和雄氏作成)• 紫式部日記• 紫式部集• 01 桐 壺• 02 帚 木• 03 空 蝉• 04 夕 顔• 05 若 紫• 06 末摘花• 07 紅葉賀• 08 花 宴• 09 葵• 10 賢 木• 11 花散里• 12 須 磨• 13 明 石• 14 澪 標• 15 蓬 生• 16 関 屋• 17 絵 合• 18 松 風• 19 薄 雲• 20 朝 顔• 21 乙 女• 22 玉 鬘• 23 初 音• 24 胡 蝶• 25 螢• 26 常 夏• 27 篝 火• 28 野 分• 29 行 幸• 30 藤 袴• 31 真木柱• 32 梅 枝• 33 藤裏葉• 34 若菜上• 35 若菜下• 36 柏 木• 37 横 笛• 38 鈴 虫• 39 夕 霧• 40 御 法• 41 幻• 42 匂兵部卿• 43 紅 梅• 44 竹 河• 45 橋 姫• 46 椎 本• 47 総 角• 48 早 蕨• 49 宿 木• 50 東 屋• 51 浮 舟• 52 蜻 蛉• 53 手 習•

次の