スマホ決済 現金化。 携帯キャリア決済で現金化する方法!93%で換金する裏ワザ+5選

【簡単】電子マネーを現金化する方法まとめ!スマホ決済・交通系電子マネーを賢く現金化

スマホ決済 現金化

auかんたん決済 10万円 ドコモケータイ払い 5万円 ソフトバンクまとめて支払い 10万円 クレジットカードと比較すると利用限度額は低いですが、少額の現金化であれば十分間に合うでしょう。 限度額の設定は、年齢や契約内容、利用状況などに応じて一人ひとり異なりますので、正確な限度額は、各キャリアの会員サイトで確認しましょう。 20歳以上の人の利用限度額は最低でも1万円以上ですが、未成年の場合、限度額が大幅に制限されてしまいます。 例えば 「auかんたん決済」では、20歳以下の人は上限1万円しか利用できない設定になっています。 また、インターネット回線とのセット契約や、データ通信端末のみ契約の場合も、1万円程度の少額しか利用できません。 ショッピングの利用金額が限度額の上限に達すると、決済が完了できず、エラーが発生します。 利用限度額を増やすか、別の決済方法を登録するまでは、ショッピングの利用が制限されてしまうので注意してください。 決済の前に、限度額の残高に余裕があるかどうかを、必ずチェックしておきましょう。 利用限度額を上げるには? 利用限度額は毎月見直されているので、契約内容や支払い状況によっては、自動的に引き上げられることがあります。 ただし、通信料金を滞納していると限度額が下がってしまうので、携帯電話会社への支払いは怠らないようにしましょう。 その他、契約プランや機種の変更によって、限度額が変わる場合があります。 上限枠の範囲内であれば、利用者自身で限度額を1円単位で変更することができます。 もし限度額が初期設定から変わっていなければ、増枠手続きを行いましょう。 限度額は毎月リセットされ、その度に使える残高は上限枠いっぱいまで回復します。 枠を使い切ってしまっても、次のリセット日まで待っていれば、再び限度額の範囲内でキャリア決済を使えるようになります。 スマホを利用した現金化の方法 初心者でも簡単にスマホを現金化できる裏技を、3つ紹介します。 キャリア決済で金券を購入して換金する キャリア決済対応のショップやオークションサイトで、 換金性の高い金券を購入し、その金券を売却することで現金化する方法です。 購入場所としておすすめなのは、総出品数200万点を超える人気のオークションサイト「モバオク」です。 モバオクがスマホの現金化に最適な理由は、2つあります。 すべてのキャリア決済(auかんたん決済、ドコモケータイ払い、ソフトバンクまとめて支払い)に対応している• 換金性の高い商品券やギフト券の出品が多い おすすめの金券はどれ? モバオクには、紙の商品券から、オンラインショップで使える電子ギフト券まで、様々な金券が出品されています。 その中でも換金性が高く狙い目なのは、Amazonギフト券です。 他の金券の 換金率が平均70~80%であるのに対し、Amazonギフト券は、 90%以上の高い換金率が期待できます。 Amazonギフト券は、国内でもトップクラスの人気を誇る通販サイト「Amazon」で使える金券なので、安定したニーズがあります。 なので、買い手や売り手がすぐに見つかり、がスムーズにできるのも利点です。 「オンラインギフト券ではなく、JCBギフト券のような紙の商品券を購入して、実店舗で売却するほうが安心」という意見もあるでしょう。 紙の商品券は、セット販売だと割安で購入できることがあり、換金率も決して悪くはありません。 ですが、店舗によって買取率にバラつきがあるので、最もお得に換金できる店舗を探すのが大変です。 さらに、実店舗に赴くための時間や交通費がかかるので、換金スピードやコストの面からもおすすめはできません。 金券購入時の注意点 モバオクで金券を購入する際は、以下の点に注意しましょう。 一度に高額の金券を購入できない モバオクのキャリア決済では、1回の取引で9,999円以上の決済を行うことができません。 そのため、まとまった金額を現金化する際は、9,999円以下の金券を一枚一枚購入しなければならず、手間がかかってしまいます。 効率よく現金化を行うには、複数の金券を販売している出品者を探して、その人からまとめて購入しましょう。 金券を一枚ずつ購入する手間は変わりませんが、取引相手が一人に絞られるので、スムーズにやり取りができます。 キャリア決済を利用できない場合がある 支払い方法としてキャリア決済を指定できるのは、 「モバペイ取引」を行うときだけです。 (モバペイ取引とは、ユーザー間の代金のやり取りを、決済代行会社が取り持つことで、安全に取引を行う決済システムのことです。 ) 出品者によってはモバペイ取引に対応しておらず、代金引換しか選べないことがあります。 その場合はキャリア決済は利用できません。 出品者がモパペイに対応しているか否かは、出品ページの商品説明欄で確認できます。 おすすめの買取り業者3選 Amazonギフト券を90%以上の高い換金率で売却できる、おすすめの買取り業者を3つ紹介します。 買取りボブ 買取りボブでは、初回利用時に限り買取率91%を完全保証していますので、初めて現金化する人におすすめのお店です。 他店を利用中でも、買取りボブで無料買取査定を申込むと、より高い買取率を提示してくれる可能性があります。 24時間365日運営しており、振込みスピードは 最短10分なので、急な出費のときも安心です。 買取率 85. 0%~93. 3% 振込みスピード 最短5分~90分 キャリア決済専門の現金化業者を利用する 最近では、スマホのキャリア決済を専門に扱っている業者が増えています。 自分で商品や買取り業者を探す手間がなく、申込み~振込みまで来店不要で完結するため、最短即日で現金化できるのがメリットです。 審査も不要なので、年齢や収入、借金の有無に関わらず、誰でも気軽に申込むことができます。 ただし、と比較すると、割高な手数料を取られるので、換金率は低くなってしまいます。 クレジットカード現金化の換金率が平均で70~80%なのに対し、スマホ現金化業者の場合は、60~70%程度にしかならないことがあります。 安易に利用すると、後で支払いに苦しむことになるので、本当に急ぎの場合に限り利用するのが賢明です。 スマホ現金化業者の多くは、買取金額が上がるほど、手数料が安くなる料金システムを採用しています。 ですので、現金化の手数料を抑えるには、できるだけまとまった金額で申込むのがおすすめです。 業者によっては、一定以上の金額で申込むと、振込み手数料が無料になる場合もあります。 スマホ現金化の手順 業者を利用して現金化を行う大まかな手順は、以下の通りです。 買取率 65%~78% 振込みスピード 最短30分 スマホ用の電子マネーを現金化する スマホで使える電子マネーとキャリア決済を連携させて、Amazonギフト券をよりお得に現金化する方法があります。 キャリア決済はAmazon公式サイトでも利用できますが、現金化対策のため、Amazonギフト券については、キャリア決済で購入することができません。 キャリア決済のみ利用する場合、Amazonギフト券を割高で販売しているモバオクなどのサイトで購入するしかないのです。 ですが、スマホの電子マネーなら、公式サイトからAmazonギフト券を定価で購入することができますし、Amazonギフト券だけでなく、といった人気の電子ギフト券も、定価で購入できます。 電子マネーの使い方 スマホの、キャリア決済でスマホのウォレットやプリペイドカードにチャージを行い、残高を増やす必要があります。 キャリア決済だけでなく、各キャリアのポイントからチャージすることもできます。 キャリアのポイントは、携帯利用料金の支払いに応じて自動的に貯まっていくので、有効に活用しましょう。 各キャリアで利用できるウォレット(プリペイドカード)とポイントの名称は、以下を参照してください。 au WALLETポイント ソフトバンク ソフトバンクカード Tポイント docomo dプリペイドカード dポイント 各キャリアのポイントのうち、 「dポイント」については使えるお店が少なく、用途が限定されているので、持て余している人は多いでしょう。 実は、dポイントも他のキャリアと同様に、プリペイドカードにチャージすれば、Amazon公式サイトでの決済に利用することができます。 docomoユーザーの人は、この機会にdポイントを有効活用し、お得に現金化しましょう。 キャリア決済を使って現金化を行う際の注意点 スマホを利用して現金化を行う際は、以下のポイントに注意しましょう。 携帯電話会社の利用規約に違反する恐れがある 携帯電話会社の利用規約では、「現金に換金することを目的として、キャリア決済で商品を購入する行為」を禁止しています。 利用規約に違反したことが発覚すると、スマホを強制解約されるリスクがあります。 また、キャリア決済による現金化は、法律的にはグレーな行為です。 携帯電話会社への支払いが完了するまでは、キャリア決済で購入した商品の所有権は、携帯電話会社に帰属します。 携帯電話会社への支払いが完了する前に、勝手に商品を売却すると、「横領罪」に該当する可能性があります。 ですが、実際に現金化の利用者が横領罪に問われた事例は存在せず、黙認されている状態なので、それほど深刻に考える必要はないでしょう。 重要なのは、現金化目的であると携帯電話会社に疑われないよう、細心の注意を払うことです。 一度違反行為が発覚すれば、ブラックリストに載り、今後のスマホの利用が制限されてしまうリスクがあります。 今やスマホなしでは便利な生活が送れない時代なので、もしもが使えないことになればその影響は甚大です。 携帯電話会社にバレるのを防ぐには、換金性の高い商品を一度に大量購入するような、怪しまれる行為は避けることです。 どうしても緊急で必要な場合のみ、少額の現金化に留めておくのが、安全な利用方法です。 月初めは混み合って現金化に時間がかる キャリア決済の限度額は、毎月1日のリセットによって上限まで回復するため、月初めに現金化の申込みが集中します。 月初めに現金化業者に申込もうとすると、電話回線が混み合ったり、メールが殺到したりするため、業者の対応が遅れ気味になります。 そのため、必要なタイミングのギリギリになって申込むと、現金化が間に合わない可能性があります。 月初めに現金が必要なことがあらかじめ分かっていれば、数日前から早めに申込みを済ませておくのが賢明です。 キャリア決済の残高が残っておらず、月初めのリセットまで待つしかないのであれば、業者に事前予約ができないか問い合わせてみましょう。 事前予約をしておけば優先的に対応してもらえるため、当日中の現金化が可能になります。 キャリア決済を使った現金化のメリット・デメリット スマホを利用して現金化を行うメリットとデメリットをまとめます。 デメリット• 高額の現金化はできない• 現金化業者やオークションサイトの利用手数料がかかる• 自分で現金化する場合、商品購入や売却の手間がかかる• 携帯電話会社の利用規約に違反するリスクがある 格安SIM「Y! mobile(ワイモバイル)」で現金化する方法 クレジットカードが使えない人でもキャリア決済を利用すれば現金化は可能ですが、格安SIMの場合は大手キャリア(docomo、au、ソフトバンク)と違って キャリア決済が利用できません。 しかし、ソフトバンクの子会社である格安SIM「Y! mobile ワイモバイル 」に関しては、例外的に 「ワイモバイルまとめて支払い」というキャリア決済が利用できます。 親会社の「ソフトバンクまとめて支払い」と同様に、「ワイモバイルまとめて支払い」も最大利用限度額10万円までの現金化が可能です。 「ワイモバイルまとめて支払い」で現金化する最新の手順 キャリア決済の現金化は高換金率のAmazonギフト券を利用するのが定番ですが、残念ながら「ワイモバイルまとめて支払い」では Amazonギフト券を購入することができません。 したがって、ここではAmazonギフト券に次いで人気がある iTuneギフトカード Eメールタイプ)を利用した現金化の方法を紹介します。 iTuneギフトカードの換金率はAmazonギフト券よりもやや低いですが、平均換金率は約70%~80%と高いレートで安定している上に、オンライン買取り業者を利用すれば即日現金化が可能です。 以下より、「ワイモバイルまとめて支払い」の現金化の手順を具体的に説明していきます。

次の

【auかんたん決済】で購入できるギフトカードをご紹介します!スマホ決済で現金化する方法も紹介

スマホ決済 現金化

スマホ・携帯電話・キャリア決済現金化 急に現金が必要になった際に消費者金融やクレジットカードのキャッシング以外に現金を作る方法はないのでしょうか? 資金調達する方法はたくさんあります。 手軽で誰でも簡単に現金化できる方法をご紹介します。 「携帯決済現金化」「携帯キャリア決済現金化」「キャリア決済現金化」などと呼ばれています。 携帯電話のキャリア決済を現金化して即日で現金を手にすることができます。 携帯電話さえ持っていれば、誰でも簡単に現金を作ることができる現金化の方法になります。 それでは、携帯電話のキャリア決済の現金化について詳しく見ていきましょう。 携帯キャリアとは、携帯電話会社のことで「NTTドコモ」「au」「ソフトバンク」が一般的に「三大キャリア」と呼ばれています。 キャリア決済とは、スマートフォンの各キャリアの画面で、「ID」「パスワード」「暗証番号」を入力するだけで簡単にお支払いができるサービスになります。 キャリア決済で利用した料金は、携帯電話の利用料金と合算・まとめて携帯電話会社にお支払します。 特に昨今ではキャッシュレス決済が広がりを見せ、スマートフォンの普及率が高まっているため、クレジットカード決済同様にキャリア決済は人気の決済手段になります。 携帯決済・キャリア決済のメリット 次に携帯決済・キャリア決済のメリットを詳しく見ていきましょう。 クレジットカードを持っていない学生など若年層の方も利用ができる• Web上でクレジットカード番号を入力するのに対して不安感をお持ちの方• クレジットカード決済のように長いカード番号を入力せずに本人認証するだけで決済できる• キャリア決済した購入代金・利用代金を携帯電話の利用料金とまとめてお支払いできる• 電車などの移動時間でも簡単な操作で決済できる• クレジットカードの比べ限度額が低いので使いすぎる心配がない など携帯決済・キャリア決済には多くのメリットがあります。 NTTドコモのキャリア決済 NTTドコモのキャリア決済は「ドコモ払い」と呼ばれています。 ドコモ払い ドコモ払いは、ネットショッピングや街のお店でのお支払を月々のケータイ料金と合算して支払える、かんたん、便利な決済サービスです。 ドコモの回線があればすぐに使えます。 4ケタのパスワードだけでかんたんに決済可能です。 クレジットカードが必要ないので空き時間や外出先でも簡単にネットショッピングができます。 ドコモ払いの限度額は、最大で10万円です。 限度額は契約状況・利用状況・お支払い状況などにより異なります。 「ドコモ払い」を現金化 ドコモ払いは現金化することができます。 現金化する方法は、以下の2つです。 ドコモオンラインショップでiTunesコードをドコモ払いで購入し、購入したiTunesコードをギフト券買取業者に売却して現金化する方法 自分で購入して売却するのが面倒な方は バンドルカード(Visaプリペイドカード)やdカードプリペイドにドコモ払いでチャージし、現金化業者にチャージした分を現金化してもらう方法 などの方法があります。 どちらの方法も安心・安全に手軽に簡単に現金化することができます。 auのキャリア決済 auのキャリア決済は「auかんたん決済」と呼ばれています。 auかんたん決済 auかんたん決済とはau IDを利用して、スマートフォンやPC等で購入したコンテンツ・ショッピング等の代金を通信料と合算してお支払いできるサービスです。 月々のauかんたん決済のご利用状況をau携帯電話やPC等でも確認ができて便利なうえに、KDDIが提供する決済サービスだから安心です。 お支払方法で「auかんたん決済」を選択して、暗証番号を入力するだけで購入完了です。 auかんたん決済は、年齢によって限度額の上限が異なります。 未成年に関しては、かなり細かく限度額が決まっています。 年齢 利用可能額 12歳以下 ~1. 500円/月 13~17歳以下 ~10. 000円/月 18~19歳 ~20. 000円/月 20歳以上 ~100. 000円/月 利用可能額は契約年数・契約内容・お支払い状況により異なります。 「auかんたん決済」を現金化 auかんたん決済は現金化することができます。 現金化する方法は、以下の2つです。 auオンラインショップでiTunesコードをauかんたん決済で購入し、購入したiTunesコードをギフト券買取業者に売却して現金化する方法 自分で購入して売却するのが面倒な方は au PAY プリペイドカード(au WALLET プリペイドカード)にauかんたん決済でチャージし、現金化業者にチャージした分を現金化してもらう方法 などの方法があります。 どちらの方法も安心・安全に手軽に簡単に現金化することができます。 ソフトバンクのキャリア決済 ソフトバンクのキャリア決済は「ソフトバンクまとめて支払い」と呼ばれています。 ソフトバンクまとめて支払い ソフトバンクまとめて支払いとは、スマートフォンやパソコンなどで購入したデジタルコンテンツやショッピングなどの代金、App Store・Apple Music・iTunes StoreやGoogle Play上のアプリケーションなどの購入分を月々の携帯電話のご利用料金とまとめてお支払いできる決済サービスです。 スマートフォンがあれば、音楽・動画などのデジタルコンテンツやSNS・ゲームなどのアイテム購入、ショッピングサイトでの商品購入、その他各種サービスのお申し込みなどでも利用できます。 ソフトバンクまとめて支払いは、年齢により限度額の上限が異なります。 使用者年齢 利用可能額 満12歳未満 最大2. 000円/月 満20歳未満 最大20. 000円/月 満20歳以上 最大100. 000円/月 利用可能額は契約内容・ご利用状況・お支払い状況などにより異なります。 「ソフトバンクまとめて支払い」を現金化 ソフトバンクまとめて支払いは現金化することができます。 現金化する方法は、以下の2つです。 ソフトバンクオンラインショップでiTunesコードをソフトバンクまとめて支払いで購入し、購入したiTunesコードをギフト券買取業者に売却して現金化する方法 自分で購入して売却するのが面倒な方は ソフトバンクカード(Visaプリペイドカード)にソフトバンクまとめて支払いでチャージし、現金化業者にチャージした分を現金化してもらう方法 などの方法があります。 どちらの方法も安心・安全に手軽に簡単に現金化することができます。 三大キャリア(NTTドコモ・au・ソフトバンク)と契約している携帯電話を持っていれば誰でも簡単に利用できることが分かりました。 携帯電話決済・キャリア決済を現金化するには、キャリア決済でギフト券を購入して、購入したギフト券をギフト券買取業者に売却するか、各キャリアに合ったプリペイドカードにキャリア決済でチャージして、チャージした分を現金化業者に現金化してもらう方法があることも分かりました。 携帯電話決済・キャリア決済は手軽に簡単に利用できる決済手段として、とても便利なサービスですが使い過ぎてしまえばお支払することが大変になってしまうことは容易に想像ができます。 後々、お支払いに困らないようにするために、利用明細や利用状況を確認する癖をつけ、計画的に利用するようにしましょう。 ご紹介している優良現金化業者は、現金化業者の中でも老舗の現金化業者になります。 多くの信頼と実績を誇り、業界内でも高い評価を受けています。 専門のスタッフが、親切・丁寧に説明・対応してくれますので、初めてクレジットカード現金化する方でも安心です。 何か気になる点や分からないことがありましたら、是非お気軽にお問合せ・ご相談ください。

次の

スマホ・QRコード決済アプリで現金化する方法

スマホ決済 現金化

今すぐにお金が必要となった場合に短時間でお金を工面することができる方法というのは限られています。 消費者金融や銀行のカードローンによって資金調達をすることも可能ですが、必ずしも誰もが借り入れをできるというわけではありません。 そのため以前からクレジットカードで買い物をした商品を換金する「」というビジネスがありますが、クレジットカードの利用残高がある方しか利用することはできないサービスとなります。 このクレジットカード現金化はクレジットカード所有者だけに限られたサービスですが、クレジットカード不要となる資金調達方法としてが誰でも手軽にお金を工面することができる方法として活用されているのです。 携帯電話のキャリア決済はクレジットカードを発行する際の審査はなく、携帯キャリアとの契約さえできれば誰にでも利用することができる決済サービスとなります。 そのためたとえブラックリストの方でも債務整理中の方でもスマホ所有者であればお金を工面することができるのです。 基本的には携帯決済現金化というのはクレジットカード現金化同様、 携帯決済で買い物をした商品を換金する現金化方法となります。 ではどのような商品を携帯決済で購入するのかといいますと、最も多く現金化されているのがAmazonギフト券のEメールタイプなのです。 携帯決済によるamazonギフト券購入は• WebMoney PINCOM• Amazonサイト といったオンライン決済でEメールタイプのギフト券を購入されていました。 ところが現在ではどちらのサイトでも 携帯決済によるamazonギフト券の販売が中止されたのです。 この影響によって携帯決済現金化のユーザーは大幅に減少したことは間違いありません。 ただ携帯決済現金化が不可能になったわけではなく、これまでのようにamazonギフト券の購入ができなくなっただけなのです。 ではAmazonギフト券以外の携帯決済現金化とはどうような方法でできるのでしょうか? amazonギフト券と同じように簡単に購入することができるiTunesコード これまでの携帯決済現金化でamazonギフト券が利用されていた理由として、• 換金性の高いギフト券• 携帯決済での購入が可能• Eメールタイプの送受信にて取引が可能 といったような点が携帯決済現金化に最適な商品として利用されていました。 しかしamazonギフト券が携帯決済で購入できなくなってしまった現在、amazonギフト券ともっとも近い特徴のあるモノが携帯決済現金化に適した商品といえるでしょう。 いくつかのamazonギフト券のような電子マネーを検証しましたが、amazonギフト券に劣らない現金化するための電子マネーというのはなく何かを妥協しなければならないことがわかりました。 まずこの携帯決済の現金化において欠かすことができないのが 「携帯決済での購入が可能」という点が重要といえるでしょう。 amazonギフト券のように換金性の高い電子マネーとして楽天市場で買い物ができる楽天ポイントギフトという電子マネーがありますが、携帯決済では購入することはできず現金のみの購入となりますので現金化には不向きとなります。 その次にオンライン決済での購入ができるものとしてamazonギフト券と比較すると換金率は落ちますがiTunesコードが現金化するために適しているといえるでしょう。 以前からamazonギフト券を購入できない携帯キャリアとなるとしてもiTunesコードが利用されており、今後はamazonギフト券に代わる電子マネーとして iTunesコードによって携帯決済現金化は行われていくことは間違いありません。 ではiTunesコードによる携帯決済の現金化とはどのような手順で行われているのでしょうか? iTunesコードを換金する携帯決済の現金化方法 2017年10月頃までは携帯キャリア決済の現金化といえば 「PINCOMで購入できるamazonギフト券の換金」が半数以上の現金化方法となっていました。 その後、現金化目的によるamazonギフト券の購入の影響によってPINCOMではamazonギフト券の販売が中止され、Amazonサイトでも同様に携帯決済によるギフト券の購入ができなくなったのです。 そんなamazonギフト券の代用品となるのがiTunesコードなのですが、どのように携帯決済で購入し現金化するのでしょうか? 以前はソフトバンクの公式ホームページで携帯決済によってamazonギフト券が購入できましたが、開始からまもなくして一時メンテナンスとなりそのまま再開されることはありませんでした。 そもそもiTunesコードというのはiPhoneやiPadといった現在のスマホやタブレット端末の主力商品となるapple社製の端末で• クレジットカード決済• 銀行振込• コンビニ払い でしか決済できないため携帯決済では購入することはできません。 ではどこで携帯決済によってiTunesコードを購入することができるのかといいますと、 各キャリアのオンラインストアでiTunesコードは販売されており携帯決済での購入が可能なのです。 したがって各キャリアのサイト内にあるオンラインストア で購入することができるのです。 そして携帯決済の現金化サイト及び電子マネー買取サイトでiTunesコードを現金化することができます。 このiTunesコードでの携帯決済現金化はこれまでのamazonギフト券よりも手軽に利用できる資金調達方法として今後は活用されていくのではないでしょうか?.

次の