マヨルカ 対 アトレティコ。 スペインリーガエスパニョーラ観戦チケット購入 クラシコなど|ラリーガ|

マジョルカの試合日程表【19−20】テレビ放送は?|久保建英|

マヨルカ 対 アトレティコ

Contents• 時間を見る限り、数試合はちょっと夜更かしをすれば見られる時間帯です。 試合日程の情報は順次更新していく予定です。 マジョルカの試合日程が気になる方は、ブックマークされることをオススメします。 マジョルカのテレビ放送は? ここで気になるのがテレビ放送。 マジョルカのテレビ放送はどうなっているのでしょうか? スペイン1部リーグを見るには DAZN、 WOWOWの二択です。 はスペイン 1部リーグを毎節最大 10試合配信。 はスペイン 1部リーグを毎節最大 5節、スペイン 2部リーグを毎節最大 3試合放送。 ここで言うスペイン2部リーグの試合とは、 岡崎慎司(ウエスカ)、香川真司(サラゴサ)、柴崎岳(ラコルーニャ)を中心としたもの。 因みに、 日本でスペイン2部リーグが見られるのはWOWOWだけです。 DAZNの場合、ネット配信になるのですが、 スペインリーグの他、 プレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、Jリーグ全試合etcも生配信で視聴できます。 今シーズンのプレミアリーグとチャンピオンズリーグはDAZNに入らないと視聴できません。 DAZNの場合、新規加入者につき 最初の一ヶ月は完全無料で視聴できるので、DAZNがどういうものか気になる方は 無料体験を利用するのも良いのではないでしょうか? 無料一ヶ月は登録したその日から換算されます。 月末に加入したからと言って損することはありません。 万が一、 無料期間中に解約しても料金は一切発生しません。

次の

RCDマヨルカ

マヨルカ 対 アトレティコ

両チームの間には、2015年2月25日のCL同会場での一戦で、両コーチ陣が対立した問題があり、注目を集めている。 その対立問題は前半32分に起こった。 レバークーゼンのMFハカン・チャルノハールが、アトレティコMFガビに対して、激しいタックルを浴びせたプレーが引き金となった。 アトレティコのモノ(スペイン語でサル)こと、ヘルマン・ブルゴスコーチとチョロ(スペイン語でインディオ)のシメオネ監督は、審判に対しイエローカードをチャルノハールに出すよう抗議。 このときすでに、レバークーゼンは14回のファウルを犯していた。 これに対し、レバークーゼンのロガー・シュミット監督が反発し口論となった。 試合後、シュミット監督は、記者会見でシメオネ監督とブルゴスコーチを批判した。 「彼らは、どうかしているよ。 あれは物事を大げさにする策略だ。 彼らが審判に、イエローカードを強制的に要求したことが我慢ならない。 だから私は、あのとき反発したんだ」と、批判のコメントを残している。 前回の対戦では緊迫した試合で、主審を務めたチェコ人のパベル・クラヴォレク氏のジャッジは両チームを満足させるには至らなかった。 いくつかの大会でレアル・マドリードとバルサを王座から引きずりおろし、攻撃的なプレースタイルから乱暴なチームと非難されていた。 そういった批判的な声も、ドイツでの出来事につながった。 当時、レバークーゼンのミハエル・シャーデ会長は、2015年3月17日に行われたアトレティコのホーム、ビセンテ・カルデロンでの第2戦を前に、コメントしていた。 「アトレティコは我々を挑発してくるだろう……。 それを分かっているし、同様に彼らが、サッカーをよく理解していることも知っている。 そうでなければ、スペイン王者にも、CLのファイナリストにもなっていないだろうからね。 恐ろしいくらい難しい試合になるだろう」 ちなみにその試合では、予想されていたもめごとは起こらなかった。

次の

因縁の対決 アトレティコ対レバークーゼン

マヨルカ 対 アトレティコ

概要 [ ] これまでに、優勝10回、(国王杯)優勝10回、優勝1回、優勝3回を果たし、欧州では優勝1回、準優勝3回 、優勝3回、優勝3回を果たしている。 (収容人数54,960人)でホームゲームを開催していたが 、2017-18シーズンから(収容人数73,000人)に本拠地を移転。 ホームユニフォームは赤色と白色の縦縞のシャツに青色のショートパンツ、青色と赤色のソックスである。 この組合せは1911年から使用されている。 2019-20シーズンのユニフォームサプライヤーは、ユニフォームスポンサーは(等を扱う業者)、である。 に次いで、スペインで2番目、世界では8番目にサポーターが多いクラブである。 またマドリード市内でも市内北部の富裕層にファン層の多いレアル・マドリードに対し、比較的南部の庶民層に熱狂的ファン層を持つ。 2003年から、スペイン国王のが名誉会長を務めている。 また、の数の面では最も規模の大きなクラブの一つであり、6万5千人を越えるシーズンチケット保持者がいる。 2017年3月23日にアトレティコのソシオ数が10万人に達し、スペインで2番目、世界で8番目にソシオ数が多いクラブになった。 『』によると、18-19シーズンのクラブ収入は 3億6760万ユーロ(約450億円)、欧州第13位、スペインでは、に次いで第3位である。 これまでの歴史の中、クラブは Los Colchoneros(マットレス、もしくはマットレス屋の意。 ホームユニフォームで採用されている赤と白の縦縞がスペインの古風なマットレスと同じ色調であるため。 )などの多くの愛称で知られてきた。 1970年代は、 Los Indios(インディアン)として知られるようになった。 これはおそらく外国人選手との契約制限が取り除かれた後に複数の南米選手と契約したことによる。 しかしながら、その他にも、スタジアムが河岸にあったため、あるいは Los Indios(インディアン)が Los Blancos(白人の意。 アトレティコのライバルであるの愛称でもある)の伝統的な敵であったため 、など多くの他説もある。 歴史 [ ] 1911年 1930年代後半から1940年代前半には軍隊のチームとなり、 アトレティコ・アビアシオンという名称だった時期がある。 10回の優勝のうち2回はこの時期に獲得したものである。 現在、その名称はアトレティコの下部組織の名前として残っている。 現在のクラブ名になったのは、1947年のことであった。 この頃から、徐々に勢いを増していった。 後ににグランデ・インテルと称される黄金期をもたらすことになるのが監督に就任してからは、らを擁するチームは国内リーグを連覇した。 エレーラが去った後も勢いを増し、1960年代にかけて黄金期を創り出した。 しかし、同時期にの、のという強大な敵が国内に存在したことから国内でのタイトルを積み上げられず、結果欧州レベルでの実績を挙げることが出来なかった。 1959年にはUEFAチャンピオンズカップ(現)の準決勝まで駒を進めているが、立ちはだかったのは仇敵レアル・マドリードであった。 結局、黄金期のアトレティコが得た国際タイトルは、1962年の優勝のみに留まった。 リーガ3強時代から2部降格へ [ ] 1974年にはUEFAチャンピオンズカップで決勝戦に進出。 を相手に0-0のまま延長戦となり、114分ののゴールで先制すると、そのまま延長戦終了間際までリードを保っていた。 しかし、に30メートル以上のミドルシュートを決められ、同点に追いつかれた。 結局2日後の再試合では敗れ、準優勝に終わった。 しかし、その後出場を辞退したバイエルンに代わって出場したでは、アルゼンチンのを下し、世界一の座に輝いた。 なおスペインにおいて、インターコンチネンタルカップを獲得しているクラブは、レアル・マドリードとアトレティコだけである(大会名称が変わったはも獲得している)。 1987年に事業家のが会長に就任。 1995-96シーズンには、クラブ史上初めてとの二冠を達成、これはヒル会長の行った大型補強の成果といえる。 更に、この前年で得点王を獲得したが加入した。 復活と停滞 [ ] アトレティコ・マドリードのファン(2005年) 2005-06シーズン [ ] 不振が続く中、が監督に就任し、、、、らを獲得した。 優勝候補の一角にも挙げられたが、予想に反しチームは低迷し、前半戦終了を待たずにビアンチは解任された。 その後、下部組織からが監督に就任。 その後は14年ぶりの6連勝を果たすなど一時調子を上げたが、マキシ・ロドリゲスが代表招集中に怪我をしてから再び失速、最終的には10位でシーズンを終えた。 2006-07シーズン [ ] やで実績を挙げたを招聘。 更に大型補強をし、再建を図った。 しかしリーガ最終順位は7位に終わった。 2007年7月にはフェルナンド・トーレスをに放出した。 迎えた2007-08シーズンは、不安定な戦いに終始しアギーレも批判を浴びたが、加入2年目のが19ゴール、新加入のが16ゴールを記録し、新加入の、、下部組織出身のらも活躍した事で最終順位は4位で、1995-96シーズン以来12年ぶりに出場権を獲得した。 4シーズン在籍し、リーグ得点王とを獲得した 2008-09シーズン [ ] シーズン途中にアギーレが解任されるなど終始不安定ではあったが、終盤戦の6連勝で最終的に4位となり、2年連続でUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得た。 最終節の戦はでの1000試合目であり、記念の試合を3-0の快勝で飾った。 2009-10シーズン [ ] 序盤は大きく低迷し、2シーズン連続で出場したもグループリーグで敗退。 前シーズン途中から監督に就いていたを解任しを招聘した。 冬の移籍期間中に獲得したの活躍もあり、不振に陥っていたチームの建て直しに成功した。 UEFAチャンピオンズリーグのグループリーグを3位で終えていたため、に決勝トーナメントより参戦した。 決勝戦でをフォルランの2ゴールで2-1と下し、UEFAヨーロッパリーグの初代チャンピオンとなった。 また、リーグ戦の最終順位は9位だったが、スペイン国王杯では1999-2000シーズン以来10年ぶりに決勝に進出。 に敗れ、準優勝に終わった。 2010-11シーズン [ ] でチャンピオンズリーグ王者のインテルを2-0で下したが、ではグループリーグで敗退し、1月から2月前半にかけては8敗を喫した。 シーズン終盤のセルヒオ・アグエロのゴールラッシュによって、UEFAヨーロッパリーグ出場圏内の7位にこそ位置したものの、キケはシーズンが終わる前に監督からの退任を宣言した。 アグエロは移籍を表明した。 なお3月のの際には、スペイン在住記者とGoal. comを通じて日本へ応援メッセージが届けられた。 2011-12シーズン [ ] ヘスス・ガルシア・ピタルチに代わる新スポーツディレクターとしてを招聘。 そして新指揮官には、2003-04シーズンにもチームを率いたを呼び戻した。 移籍の意思を表明していたアグエロが推定4500万ユーロでへ 、は推定2100万ユーロでへ 、フォルランは500万ユーロでインテルへ 移籍した。 その一方、得点王の、、ローンでを獲得した。 また、カンテラーノのをから呼び戻した。 しかし、リーグ戦では苦戦を強いられ同年12月にマンサーノを監督から解任した。 シメオネ体制 [ ] 2011年から監督を務める 後任の監督にが就任すると、持ち前の求心力を発揮し全選手に高い守備意識とハードワークを植え付け、中盤と最終ラインに強固なブロックを形成し、攻撃では奪ったボールをジエゴ、、トゥラン、ファルカオを生かすシンプルな戦い方へと舵を切った。 その結果チームは調子を取り戻し、マンサーノの時は5試合しかなかった無失点試合がシメオネの時は就任後の6試合を全て無失点で乗り切ったのも含めて10試合に倍増しリーグ戦は5位。 決勝トーナメントはおろか、マンサーノが監督だったグループステージ第4節の戦から9連勝。 しかも全て2失点以内に抑えたのもあって2年ぶりにUEFAヨーロッパリーグを制覇した。 2012-13シーズン [ ] でチャンピオンズリーグ王者のチェルシーを破り2度目のUEFAスーパーカップ制覇を達成した。 リーガ・エスパニョーラでもシメオネの掲げる激しいプレスでボールを奪い、素早く攻撃に移るスタイルでが2トップに定着したのに合わせて、当時21歳だったが、4連覇中だったのからを奪えば、トゥランやが中盤の核に定着したのも相まって2強に次ぐ3位の好成績を収める。 さらに、とのとなった決勝では、延長戦の末14年ぶりとなるダービー勝利を果たし、17年ぶり10回目の国王杯優勝を達成した。 2013-14シーズン [ ] ラ・リーガ優勝セレモニー 前年度チーム得点王のファルカオがに移籍したものの、をから獲得した。 新加入ビジャとジエゴ・コスタが2トップを形成し、リーグ序盤からバルセロナ、レアル・マドリードと熾烈な優勝争いを展開した。 首位で迎えた最終節、敵地での2位バルセロナとの直接対決で引き分け、18年ぶりにリーグ優勝を達成した。 でもやに勝利し、グループリーグ首位通過を決めた。 決勝トーナメントでも、ベスト16で2007年の王者・のを、準々決勝で同じで2006、2009、2011年の王者バルセロナを、準決勝で2012年の王者のと歴代のチャンピオンズリーグ王者を次々に破って40年ぶりに決勝に進出。 延長戦ではそのまま相手の勢いに呑まれ3失点を喫し1-4で大敗。 準優勝に終わった。 2014-15シーズン 2014-2015シーズン [ ] 夏の移籍市場では、前年シーズンのリーグ優勝とCL準優勝の立役者であったジエゴ・コスタとをチェルシーへ売却したほか、ビジャはへ移籍し、クルトゥワはチェルシーからのレンタル移籍期間満了により退団した。 これら昨季の主力選手の抜けた穴を補填する目的で、から、から、から、より、から、からを獲得した。 昨シーズンリーガ王者として戦ったスーペル・コパでは、ライバルのレアル・マドリードを下して29年ぶり2度目の優勝を果たした。 冬にはフェルナンド・トーレスがチェルチとの交換トレードでACミランからレンタル移籍し、2006-07シーズン以来7年半ぶりに復帰した。 チャンピオンズリーグではラウンドオブ16でをPK戦で下したものの準々決勝で昨季に引き続きレアル・マドリードとのダービーが実現。 1stレグは0-0で終えるも、2ndレグでは後半31分にトゥランが退場となった後にのゴールが決まり、0-1で敗れてベスト8で敗退。 ダービーでの対戦成績では8試合4勝3分け1敗(今季もスペインの国内の3コンペティションでは4勝2分)と大きく勝ち越していたものの、チャンピオンズリーグ決勝でのリベンジは果たせなかった。 2015-16シーズン [ ] 2015-16シーズン 開幕前にから、から、ASモナコからを獲得し、チェルシーからフィリペ・ルイス、FCポルトにレンタルされていた下部組織出身のが復帰した。 リーグ戦では当初、新戦力が噛み合わず勝ち点を落とすこともあったが、ジャクソンに見切りを付けて冬にへ売却する一方で、フェルナンド・トーレスの復活やアントワーヌ・グリーズマン、、冬にから加入したらの活躍によりFCバルセロナとレアル・マドリードと優勝争いを展開するも最終的に昨年と同じ3位に入り、リーグ戦38試合全てにフル出場して18失点とゴールに鍵をかけ続けたオブラクがサモラ賞を受賞している。 チャンピオンズリーグでは2年ぶりに決勝に進出。 決勝では2年前と同じくレアル・マドリードとのマドリードダービーとなり、持ち前の4-4-2でブロックを作った守備を発揮したが、前半に先制を許す。 後半に途中出場のカラスコのゴールで追いついたが、延長戦を戦い抜いて1-1のままスコアは動かず、PK戦の末3-5で敗れ、再びレアル・マドリードの前に涙を飲んだ。 2016-17シーズン [ ] 夏の移籍市場では、から、かららを獲得したほか、フェルナンド・トーレスの保有権を買い取った。 リーグ戦ではレアル・マドリードとバルセロナと上位争いをしたが3位でフィニッシュ。 チャンピオンズリーグでは準決勝まで勝ち進み、決勝トーナメントでは4年連続となるレアル・マドリードと対戦との対戦となったが、2戦合計2-4で敗れてベスト4で大会を去った。 2017-18シーズン [ ] クラブのアイコン的存在の 2017-18シーズンから、本拠地を から、に移転した。 新スタジアムでの最初の試合は、2017年9月16日第4節アトレティコ対で、が初得点を決めた。 シメオネは就任7シーズン目となり、冬にからが復帰。 また、・のへと移籍したとの後釜として、からMFを獲得。 リーグ戦においては、序盤こそは二者に追随を許すも、最終的には2位フィニッシュ。 がチーム最多の19ゴール。 ではグループCにポット分けされ、、、と同組になった。 勝ちきれない試合が多く、結果、1勝4分1負の成績でへと回った。 ここでは持ち前の強さを発揮し、準決勝で、決勝でを破り5シーズンぶり、3度目の優勝を果たした。 またこの優勝により、シメオネがこのクラブで勝ち取ったタイトルが7つになった。 2017年3月23日、数が10万人に到達し、ソシオ数がスペイン国内ではを抜き2番目に、世界では8番目に多いクラブになった。 クラブのアイコン的存在であったフェルナンド・トーレスの退団が決まった。 最終節の戦では、スタジアムには6万5000人のファンが訪れ、トーレスはキャプテンマークを付けてフル出場し、2得点を記録。 試合後に退団セレモニーが行われた。 さらに長年カピタンを務めていたガビもシーズン終了後に退団を表明し、二大功労者がチームを去ることになった。 2018-19シーズン [ ] ・から当時クラブ史上最高額となる約7000万ユーロでを、国内のからを獲得した。 シーズン最初の公式戦となったでは宿敵レアル・マドリードを延長戦の末4-2で破り、8つめとなるタイトルをチームにもたらした。 ではに敗戦し、大会を去った。 優勝が期待されたCLではモナコ、、とのグループに入り、4勝1分1敗の成績でグループ2位でノックアウトラウンドへ進出。 ベスト16の相手はの。 1stレグでは2-0と完封勝利を果たすも、2ndレグでにを許し、2戦合計2-3で大会を後にした。 また、このシーズンをもって、クラブの主軸であった主将のを始め、や、、など、主力選手らがクラブを離れることが決まった。 2019-2020シーズン [ ] クラブ史上最高額の移籍金で加入した からを、クラブ最高額の約1億2600万ユーロで獲得した他、から、からなど、計8名を新獲得した。 また、はレンタルから復帰し、は来シーズンの完全移籍が決定した。 冬の移籍市場では、 の移籍がほぼ確定とされながら、実現しなかった [ ]。 しかし、冬の移籍期間最終日には、から、の買取オプション付きのレンタルでの電撃復帰が発表された。 コパ・デル・レイではラウンド32でのに延長戦の末敗退。 リーグ戦では 失点こそ少ないが点が取れず、「負けないが勝てないチーム」と言われた [ ]。 チャンピオンズ・リーグでは、ラウンド16で前回の欧州王者で、当時リーグ戦無敗の相手に1stレグで1-0、2ndレグでは、リヴァプールが公式戦42戦無敗を記録し、難攻不落の要塞と呼ばれた 本拠地で、ジョレンテの2ゴールとモラタの決勝ゴールで、2-3で勝利。 アグリゲートスコアでは4-2と快勝し、昨季王者を下した。 マドリードダービー [ ] 詳細は「」を参照 とアトレティコ・マドリードは、対照的なアイデンティティと非常に異なる運命を持つクラブである。 歴史的に、レアル・マドリードはクラブであると長年見られてきた。 しかし、初期時代には、体制に好まれたチームはアトレティコであった [ ]。 1950年代に体制の好みがレアル・マドリードに移るまでは、アトレティコは(Atletico Aviacionと改名し)空軍と関連付けられていた。 確かに、フランコ政権下の独裁国家はスペインが国際的に孤立していた当時、レアル・マドリードのヨーロピアンカップ制覇を政治的に利用しようとしていた。 当時ある大臣は「レアル・マドリードはこれまでで最も優れた使節である」と述べた [ ]。 こういった認識は、集合意識に乗り、マドリードのサッカーアイデンティティに重要な影響をもたらしてきている。 アトレティコは2012-2013シーズンまでダービーで14戦勝利がなかった。 しかしながら、2013年5月17日、での国王杯決勝でレアル・マドリードを2-1で破り優勝を果たし、2013年9月29日にも再びエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウにおいて1-0で勝利した。 2014年5月25日にはのビッグイヤーをかけた決勝の舞台で、延長戦にまでもつれ込む熱戦を演じた。 2015年2月7日のリーグ戦ではホームで4-0の歴史的大勝を果たしている。 2016年5月28日にもUEFAチャンピオンズリーグの決勝で対戦し、PK戦まで持ち込んだ。 タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• : 10回• 1939-40, 1940-41, 1949-50, 1950-51, 1965-66, 1969-70, 1972-73, 1976-77, 1995-96, 2013-14• : 10回• 1959-60, 1960-61, 1964-65, 1971-72, 1975-76, 1984-85, 1990-91, 1991-92, 1995-96, 2012-13• : 2回• 1985, 2014 国際タイトル [ ]• : 3回• , ,• : 1回• 1961-62• : 3回• , ,• : 1回• 1974• : 1回• 2017 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン 順位 試 勝 分 敗 得 失 点 欧州カップ 備考 1939-40 1位 22 14 1 7 43 29 29 ベスト16 1940-41 プリメーラ 1位 22 13 7 2 70 36 33 準々決勝敗退 1941-42 プリメーラ 3位 26 14 5 7 50 44 33 準々決勝敗退 1942-43 プリメーラ 8位 26 11 5 10 54 44 27 準々決勝敗退 1943-44 プリメーラ 2位 26 15 4 7 66 49 34 準決勝敗退 1944-45 プリメーラ 3位 26 13 5 8 46 41 31 準々決勝敗退 1945-46 プリメーラ 7位 26 10 6 10 50 48 26 準々決勝敗退 1946-47 プリメーラ 3位 26 13 6 7 58 44 32 ベスト16 1947-48 プリメーラ 3位 26 13 7 6 73 45 33 準々決勝敗退 1948-49 プリメーラ 3位 26 15 4 7 54 32 34 準々決勝敗退 1949-50 プリメーラ 1位 26 15 3 8 71 51 33 準々決勝敗退 1950-51 プリメーラ 1位 30 17 6 7 87 50 40 準々決勝敗退 準優勝 1951-52 プリメーラ 4位 30 16 5 9 80 57 37 1回戦敗退 優勝 1952-53 プリメーラ 8位 30 13 4 13 65 70 30 準決勝敗退 1953-54 プリメーラ 9位 30 11 7 12 57 47 29 1回戦敗退 1954-55 プリメーラ 8位 30 11 7 12 59 64 29 ベスト16 1955-56 プリメーラ 5位 30 14 5 11 75 49 33 準優勝 1956-57 プリメーラ 5位 30 15 4 11 65 45 34 ベスト16 1957-58 プリメーラ 2位 30 16 10 4 78 43 42 ベスト16 1958-59 プリメーラ 5位 30 13 6 11 58 48 32 準々決勝敗退 ベスト4 1959-60 プリメーラ 5位 30 15 3 12 59 40 33 優勝 1960-61 プリメーラ 2位 30 17 6 7 57 35 40 優勝 1961-62 プリメーラ 3位 30 15 6 9 50 36 36 ベスト32 優勝 1962-63 プリメーラ 2位 30 14 9 7 61 36 37 準々決勝敗退 準優勝 1963-64 プリメーラ 7位 30 10 9 11 37 34 29 準優勝 1964-65 プリメーラ 2位 30 20 3 7 58 27 43 優勝 1965-66 プリメーラ 1位 30 18 8 4 54 20 44 準々決勝敗退 ベスト8 1966-67 プリメーラ 4位 30 14 7 9 57 30 35 準々決勝敗退 2回戦敗退 1967-68 プリメーラ 6位 30 12 12 9 38 32 36 準決勝敗退 1968-69 プリメーラ 6位 30 10 10 10 40 37 30 準々決勝敗退 1969-70 プリメーラ 1位 30 18 6 6 53 22 42 ベスト16 1970-71 プリメーラ 3位 30 17 8 5 51 20 42 準決勝敗退 ベスト4 1971-72 プリメーラ 4位 34 14 11 9 45 28 39 優勝 1回戦敗退 1972-73 プリメーラ 1位 34 20 8 6 49 29 48 5回戦敗退 2回戦敗退 1973-74 プリメーラ 2位 34 18 6 10 50 31 42 準決勝敗退 準優勝 1974-75 プリメーラ 6位 34 11 13 10 46 34 35 準優勝 2回戦敗退 優勝 1975-76 プリメーラ 3位 34 18 6 10 60 38 42 優勝 2回戦敗退 1976-77 プリメーラ 1位 34 19 8 7 62 33 46 ベスト16 ベスト4 1977-78 プリメーラ 6位 34 16 4 14 61 52 36 準々決勝敗退 ベスト8 1978-79 プリメーラ 3位 34 14 13 7 55 37 41 3回戦敗退 1979-80 プリメーラ 12位 34 10 11 13 38 44 31 準決勝敗退 1回戦敗退 1980-81 プリメーラ 3位 34 16 10 8 46 39 42 ベスト16 1981-82 プリメーラ 8位 34 15 4 15 38 37 34 準々決勝敗退 1982-83 プリメーラ 3位 34 20 6 8 56 38 46 3回戦敗退 1983-84 プリメーラ 4位 34 17 8 9 53 47 42 ベスト16 1回戦敗退 プリメーラ 2位 34 16 11 7 51 28 43 優勝 1回戦敗退 プリメーラ 5位 34 17 8 9 53 38 42 準々決勝敗退 準優勝 優勝 プリメーラ 7位 34 13 9 12 37 40 35 準優勝 2回戦敗退 プリメーラ 3位 38 19 10 9 60 38 48 準々決勝敗退 プリメーラ 4位 38 19 8 11 69 45 46 準決勝敗退 1回戦敗退 プリメーラ 4位 38 20 10 8 55 35 50 ベスト16 1回戦敗退 プリメーラ 2位 38 17 13 8 52 28 47 優勝 1回戦敗退 プリメーラ 3位 38 24 5 9 67 35 53 優勝 ベスト8 準優勝 プリメーラ 6位 38 16 11 11 52 42 43 ベスト16 ベスト4 準優勝 プリメーラ 12位 38 13 9 16 54 54 35 ベスト16 2回戦敗退 プリメーラ 14位 38 13 9 16 56 54 35 準々決勝敗退 プリメーラ 1位 42 26 9 7 75 32 87 優勝 プリメーラ 5位 42 20 11 11 76 64 71 準々決勝敗退 ベスト8 準優勝 プリメーラ 7位 38 16 12 10 79 56 60 ベスト16 ベスト4 プリメーラ 13位 38 12 10 16 54 50 46 準優勝 ベスト8 プリメーラ 19位 38 9 11 18 48 64 38 準優勝 4回戦敗退 2000-01 4位 42 21 11 10 59 39 74 準決勝敗退 2001-02 セグンダ 1位 42 23 10 9 68 44 79 1回戦敗退 プリメーラ 11位 38 12 11 15 51 56 47 準々決勝敗退 プリメーラ 7位 38 15 10 13 51 53 55 準々決勝敗退 プリメーラ 11位 38 13 11 14 40 34 50 準決勝敗退 準優勝 プリメーラ 10位 38 13 13 12 45 37 52 ベスト16 プリメーラ 7位 38 17 9 12 46 39 60 ベスト16 プリメーラ 4位 38 19 7 12 66 47 64 準々決勝敗退 ベスト32 優勝 プリメーラ 4位 38 20 7 11 80 57 67 ベスト16 ベスト16 プリメーラ 9位 38 13 8 17 57 61 47 準優勝 優勝 - グループステージ敗退 プリメーラ 7位 38 17 7 14 62 53 58 準々決勝敗退 グループステージ敗退 優勝 プリメーラ 5位 38 15 11 12 53 46 56 ベスト32 優勝 プリメーラ 3位 38 23 7 8 65 31 76 優勝 ベスト32 優勝 プリメーラ 1位 38 28 6 4 77 26 90 準決勝敗退 準優勝 準優勝 プリメーラ 3位 38 23 9 6 67 29 78 準々決勝敗退 ベスト8 優勝 プリメーラ 3位 38 28 4 6 63 18 88 準々決勝敗退 準優勝 プリメーラ 3位 38 23 9 6 70 27 78 準決勝敗退 ベスト4 プリメーラ 2位 38 23 10 5 58 22 79 準々決勝敗退 優勝 - グループステージ敗退 プリメーラ 2位 38 22 10 6 55 29 76 ベスト16 ベスト16 優勝 プリメーラ 位 38 ベスト32 準々決勝 優勝 準優勝 3位 昇格 降格 現所属メンバー [ ] 基本フォーメーション 2020年1月31日現在 選手 [ ] Pos No. 選手名 生年月日 年齢 在籍年 前所属 備考 GK 1 1987-05-13 (33歳) 2018年 - 13 1993-01-07 (27歳) 2014年 - DF 2 1991-05-25 (29歳) 2013年 - 4 1992-01-13 (28歳) 2018年 - 外国人枠 12 1998-04-08 (22歳) 2019年 - 新加入 外国人枠 15 1991-01-08 (29歳) 2015年 - 18 1986-07-18 (33歳) 2019年 - 新加入 外国人枠 22 1995-06-18 (25歳) 2019年 - 新加入 23 1990-09-19 (29歳) 2019年- 新加入 24 1992-01-10 (28歳) 2016年 - 2018年 2019年 - 期限付き移籍より復帰 MF 5 1993-06-13 (27歳) 2015年 - カンテラーノ 6 1992-01-08 (28歳) 2009年 - キャプテン カンテラーノ 8 1994-11-21 (25歳) 2012年 - 2013年 2014年 - カンテラーノ 11 1995-11-12 (24歳) 2018年 - 14 1995-01-30 (25歳) 2019年 - 新加入 18 1990-04-19 (30歳) 2019年 - 新加入 20 1989-11-02 (30歳) 2017年 - 21 1993-09-04 (26歳) 2015年 - 2018年 2020年 - 再加入 期限付き移籍 FW 7 1999-11-10 (20歳) 2019年 - 新加入 9 1990-09-01 (29歳) 2018年-2020年 2020年- 期限付き移籍 10 1995-03-09 (25歳) 2014年 - 17 1997-08-02 (22歳) 2019年 - 新加入 19 1988-10-07 (31歳) 2007年 - 2009年 2010年 - 2014年 2018年 - ローン移籍 [ ] in Pos No. 選手名 生年月日 年齢 ローン期間 移籍元 備考 MF 21 1993-09-04 (26歳) 2020年 FW 9 1990-09-01 (29歳) 2018年-2020年 out Pos 選手名 生年月日 年齢 在籍年 ローン期間 移籍先 備考 GK 1996-02-28 (24歳) 2016年- 2019年-2020年 DF 1999-09-14 (20歳) 2019年- 2019年-2020年 カンテラーノ 2000-06-24 (20歳) 2018年- 2019年-2020年 FW () 2001-06-21 (19歳) 2019年- 2019年-2020年 カンテラーノ 1994-08-23 (25歳) 2019年- 2019年-2020年 1988-01-05 (32歳) 2018年- 2019年-2020年 リザーブ・チーム [ ] 詳細は「」を参照 Pos No. Plus 500• Ria Money Transfer• Mahou• Socios. com• Signify• Solan de cabras• Monbus• Clinica Universidad de Navarra• Acunsa 歴代所属選手 [ ]• 1953-1969• 1966-1977• 1981-1985• 1993-2001• 1986-1988• 1987-1993,1997-1998• 1988-1995• 1988-1991• 1992-1994• 1996-2002,2003-2005• 1997-2002• 1997-1999,2002-2003• 2000-2001,2004-2005• 2001-2007,2015-2018• 2002-2003,2007-2009• 2005-2010• 2005-2007• 2005-2007• 2006-2011• 2007-2011• 2007-2009,2010-2014,2018-• マヌエル・アンソレアガ 1921-1922• ウルバノ・イトゥルベ 1922-1923• 1923-1924• ラモン・オラルキアガ 1924-1925• フレッド・ペントランド 1925-1926• アンヘル・ロモ 1929-1930• イェニ・ルドルフ 1930-1932• 1932• 1932-1933• 1933• アルカディオ・アルテアガ 1933• フレッド・ペントランド 1933-1935• 1935-1936• 1939-1940• ラモン・デ・ラ・フエンテ・レアル 1940• 1940-1946• エミリオ・ビダル 1946-1948• リノ・トライオリ 1948-1949• 1949—1953• ラモン・コロン 1953• 1953-1954• 1954-1955• 1955-1957• 1957-1959• 1959-1962• 1962-1963• 1964• 1963-1964• オットー・ブンベル 1964-1965• 1965-1966• 1966-1968• 1968-1969• 1969-1972• 1972-1973• 1973-1974• 1974-1978• 1978• 1978• スサ・フェレンツ 1978-1979• 1979-1980• ヘスス・マルティネス・ハヨ 1980• 1980• ホセ・ルイス・ガルシア・トライド 1980-1981• 1981• ホセ・ルイス・ガルシア・トライド 1981-1982• 1982—86• 1986• ヘスス・マルティネス・ハヨ 1986-1987• 1987• 1987-1988• ホセ・ウファルテ 1988• アントニオ・ブリオネス 1988• 1988• アントニオ・ブリオネス 1988• 1988-1989• 1989• アントニオ・ブリオネス 1989• 1989-1990• アントニオ・ブリオネス 1990• 1990• イセリン・サントス・オベヘロ 1990• 1990-1991• 1991-1993• 1993• 1993• 1993• 1993• 1994• イセリン・サントス・オベヘロ 1994• ホルヘ・ダレッサンドロ 1994• 1994• ホルヘ・ダレッサンドロ 1995• 1995• カルロス・サンチェス・アギアール 1995• 1995• 1995-1998• 1998• 1999• 1999-2000• 2000• 2000• 2000—01• 2001• 2001-2003• 2003-2004• 2004-2005• 2005-2006• 2006-2006• 2006-2009• 2009• 2009-2011• 2011• 2011- 歴代会長 [ ]• : 1903• : 1903-1907• : 1907-1909• : 1909-1912• : 1912-1919• : 1919-1920• : 1920-1923• : 1923-1926• : 1926-1931• : 1931-1935• : 1935-1936• : 1936-1939• : 1939• : 1939-1941• : 1941—1945• : 1946-1947• : 1947-1952• : 1952-1955• : 1955• : 1955-1964• : 1964-1980• : 1980• : 1980-1982• : 1982• : 1982• : 1982-1986• : 1986-1987• : 1987-2003• : 2003- クラブ記録 [ ] 出場試合数 順位 選手名 試合数 参照 1 551 2 470 3 463 4 454 5 435 6 イサシオ・カレハ 421 7 417 8 404 9 389 10 368 得点数 順位 選手名 得点数 Ref. 1 172 2 アドリアン・エスクデロ 169 3 パコ・カンプス 146 4 136 5 133 6 129 7 ホアキン・ペイロ 125 8 113 9 105 10 ホセ・ジュンコサ 103 関連クラブ [ ] 脚注 [ ]• 2010年12月13日時点のよりアーカイブ。 2010年11月20日閲覧。 UEFA. com. UEFA. com. 2020年3月13日閲覧。 2010年10月11日時点のよりアーカイブ。 2010年11月7日閲覧。 The Stadium Guide. 2010年11月22日時点のよりアーカイブ。 2010年11月20日閲覧。 VICTORY ALL SPORTS NEWS. 2019年9月5日閲覧。 victorysportsnews. com 2017年4月6日• ,Ltd, FromOne. サッカーキング. 2020年1月18日閲覧。 Eurorivals. 2010年11月20日閲覧。 Qoly. 2020年5月5日閲覧。 Goal. com、2011年3月20日• Goal. com、2011年5月28日• Goal. com、2011年6月9日• UEFA. com 2014年5月20日• www. afpbb. com. 2019年3月2日閲覧。 VICTORY ALL SPORTS NEWS. 2019年9月5日閲覧。 ,Ltd, FromOne. サッカーキング. 2020年5月28日閲覧。 ,Ltd, FromOne. サッカーキング. 2020年1月31日閲覧。 ,Ltd, FromOne. サッカーキング. 2020年3月23日閲覧。 の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 bdfutbol. com• La Vida en Rojiblanco. Elegant Themes. 2018年5月25日閲覧。 2004年2月14日. スペイン語. 2018年5月25日閲覧。 2019年12月8日閲覧。 スペイン語. 26 May 2018時点におけるアーカイブ。. 2018年5月25日閲覧。. 2018年5月18日閲覧。 com• スペイン語. 2014年2月1日. 2018年5月25日閲覧。 2018年4月15日. 2018年5月21日閲覧。 2018年5月21日閲覧。 関連項目 [ ]• 1994年-1999年にコーチとして在籍• 2004-2005シーズン女子Bチーム監督、2005-2006シーズン女子トップチームスカウティング担当• 1999-2002までユースに所属 昇格は出来ていない• 宮川類 2007年から5年契約で下部組織に所属 外部リンク [ ]• - チャンネル• Atleti -• atleticodemadrid -• atleticodemadrid -.

次の