ワイヤレス ヘッドホン 安い。 【2018】ワイヤレス(Bluetooth)ヘッドホンおすすめ8選!安いコスパ最強のもの集結!!

低価格ヘッドホンのおすすめ25選。安くても高音質を手に入れろ

ワイヤレス ヘッドホン 安い

Mpow(エムポー)の密閉型ワイヤレスヘッドホンは、クリアな音声を楽しめるヘッドホンです。 連続再生時間は20時間で、イヤーパッドは低反発のウレタンを伸縮性のある合皮で包み、フィット性の高いものになっています。 音漏れが気になるシーンでも安心して使用できます。 多少、高音再生時に音が軽い(シャリシャリ感がある)と感じるかもしれませんが、3000円台という価格を考えると妥当なところです。 ワイヤレスヘッドホンを試してみたい方におすすめの商品です。 また値段の割にカラーバリエーションが豊富なのもポイントです。 まずは、アメリカでのヘッドホン売上No. 1ブランド、スカルキャンディのワイヤレスヘッドホンです。 音質や遅延に影響のあるコーデック(音声圧縮の形式)は、標準的な音質であるSBCのみの対応ですが、それが気にならないほど広がりのあるサウンドを楽しめます。 コンパクトに折りたため、220gという軽量ながらも22時間のタフなバッテリーを持っています。 なおかつ10分間で4時間使える急速充電に対応しているのも、日常使いに便利なポイントです。 シンプルなデザインですが、カラーバリエーションが豊富なので個性を出すことも可能です。 また、耳をしっかり覆ってくれるオーバーイヤー型ならではの装着性も魅力です。 音楽の都オーストリアはウィーンのオーディオメーカーAKGのワイヤレスヘッドホンは、アルミ素材でメタリックな見た目がおしゃれな一品です。 コーデックもSBCとその上位のAACに対応しており、高音質でクリアなサウンドを楽しめます。 ヘッドホンの心臓部であるドライバーユニットには、厚みのある低音を響かせるダイナミックドライバーが使用されているので、力強い音楽にも対応します。 またこの価格帯としては充実した機能面も見逃せません。 他にも「アンビエントアウェア機能」はワンタッチで再生ボリュームを60%ダウンさせ、周囲の音を聞き取りやすくしてくれます。 音楽再生を止めずに、車内放送などを聞くことができるわけです。 多機能でありながら、連続再生時間も約33時間と充実しており、急速充電にも対応しているというすぐれものです。 1万円ちょっとのオンイヤーヘッドホンをお探しの方には絶対におすすめできる商品です。 Beatsから販売されているBeats Solo3は、クリアながらも迫力のあるサウンドが幅広い音域で楽しめ、様々なジャンルの曲を聴くのに適しています。 また、この製品には人気ワイヤレスイヤホンであるAirPodsと同じ、W1チップが搭載されています。 W1チップとは、AppleがAirPodsのために作り上げたプロセッサーで、簡単に説明すると機械に対して制御や管理などを行ってくれる、脳であり心臓のようなものです。 このW1チップの働きによって、Beats Solo3はアップル製品と近づけるだけでペアリングが可能という夢のようなヘッドホンに仕上がっています。 もしiPhoneで音楽を楽しみたいならば、これ以上に便利なヘッドホンはないでしょう。 さらに、おしゃれなカラーバリエーションで、ファッションアイテムとしても魅力的です。 時間は驚きの40時間で、一般的な使用方法であれば1週間は充電せずに駆動してくれる可能性もあります。 急速充電にも対応しており、5分の充電で3時間の再生が可能です。 W1チップでApple製品と相性良し• 高いデザイン性でファッショナブル• 40時間持続する大容量バッテリー• 急速充電対応 3万円以上の商品 最後にご紹介するのは、3万円以上の価格帯いわゆるハイエンドモデルと言われるヘッドホンです。 金額を気にしないで購入できるなら、ハイエンドモデルを選択すればまず間違いはありません。 それほど現状においては完成された製品です。 しかし、ヘッドホンに3万円以上出すというのは、おいそれとできることではないです。 ですが色々試すよりも、とにかく確実にいいものを1つ購入するというのであれば、この価格帯の商品は必ずや期待に応えてくれるでしょう。 BOSE QuietComfort 35 II• まず音質に関しては間違いなく高音質です。 シャリつきのない伸びやかな高音と、ナチュラルな低音が音楽をダイレクトに届けてくれます。 低音に関しては、BOSEらしい重い質感のある低音というよりは、より自然な低音になっています。 値段に恥じない高級感のある仕上がりで、プラスチック部分も安っぽく見えません。 長時間の使用でも疲れないソフトクッションのイヤーカップの装着性も抜群で、眼鏡をかけていても耳が痛くならず、音楽を楽しむ時間を何にも邪魔されません。 また、ノイズキャンセリング機能も搭載しており、3段階のレベルを切り替えることが可能です。 周囲の環境に合わせてレベルを切り替えることで、常に自分の最適な環境を作り出すことができます。 さらに、Amazon AlexaやGoogleアシスタントが搭載されていることは実に画期的です。 ヘッドホン使用時話しかけるだけで、スケジュールを追加したり、スケジュール内容を確認することができるのです。 音楽を楽しむための性能はもちろん、生活の一部を任せられる新しいスタイルのヘッドホンです。 連続使用時間は約20時間で、15分の充電で約2. 5時間使用できる急速充電にも対応しています。 高級感のあふれるデザイン、圧倒的な音質、すべての面で高評価されたMDR-1000X、WH-1000XM2の後継商品です。 原音の情報を可能な限り詰め込み、音の厚みや繊細さからアーティストの息づかい、ライブの空気感まで感じ取れるコーデック、ハイレゾコーデックに対応しており、音質を一番に求める方には強くおすすめしたい商品です。 ハイレゾ音源を持っていない方でも、mp3をヘッドフォン側が独自の技術でハイレゾ相当へと引き上げてくれるため、音の多いオーケストラの演奏などにはうってつけです。 SONY自らが「ノイキャン性能の新たな到達点」と語るほどのノイズキャンセリング機能は、ユーザーに合わせて最適化されるシステムになっています。 また気圧センサーも搭載されており、飛行機利用時の気圧の変化にもノイズキャンセリングが最適化されます。 バッテリー面は最大30時間の大容量。 そしてもちろん急速充電可能で10分5時間という驚異的な性能を誇っています。 さらに、アシスタント機能やNFC搭載機器とのワンタッチ接続など、音楽を聴く以外の機能も充実しています。 ハイエンドモデルの中でも頭一つ抜けた商品と言えるでしょう。

次の

疲れを軽減!軽いヘッドホンおすすめ7選!

ワイヤレス ヘッドホン 安い

軽いヘッドホンの選び方のポイント 重量 軽いヘッドホンを選ぶ上で、何よりも重要な部分は重量です。 目安としては、200g以下の重量であれば疲れにくいです。 100g以下になると、つけているストレスがかなり軽減されます。 有線接続かワイヤレス接続か ワイヤレス接続のヘッドホンは、有線接続のヘッドホンに比べ重くなってしまう事があります。 しかし、最近のワイヤレスヘッドフォンは軽量化が進み200g以下のヘッドホンもあります。 とにかく軽さを求める方は有線接続のものがおすすめです。 コードの煩わしさをなくして、軽いヘッドホンを求める方はワイヤレス接続のヘッドホンがおすすめです。 疲れを軽減! 軽いヘッドホンおすすめ7選! EasySMX M110のおすすめポイント3つ• 68gの超軽量ボディ• リモコンとマイクを搭載• 1000円以下の圧倒的コスパ EasySMX M110のレビューと評価 68gの疲れ知らず軽量ヘッドホン EasySMX M110の魅力は、なんと言っても68gの軽量ボディです。 調整可能のヘッドバンドで、装着感も良くずれにくい作りになっています。 リモコン付きで、スマホのボリューム操作も可能です。 EasySMX M110の仕様・製品情報 コードの長さ 1. 2m 重量 68g 付属品 取扱説明書(日本語表記あり) Pioneer SE-A611• audio-technica ATH-P100Mのおすすめポイント3つ• 驚愕の60gボディ• 5mコードでPCリスニングに最適• 長時間視聴に適したオープンバックヘッドホン audio-technica ATH-P100Mのレビューと評価 60gのボディで長時間のPC操作もストレスなし audio-technica ATH-P100Mは、PCでのリスニングに適したヘッドホンです。 長時間のに適した60gの軽量ボディと、1. 5mのコードでストレスなくPCリスニングができます。 しかし音が外に漏れやすいので、外での使用には適しません。 audio-technica ATH-P100Mの仕様・製品情報 コードの長さ 1. 5m 重量 60g SENNHEISER HD 2. SENNHEISER HD 2. 10のおすすめポイント3つ• 折りたたみのできる約112gボディ• 様々なジャンルに対応の高音質• 低音を楽しめる密閉型 SENNHEISER HD 2. 10のレビューと評価 高音質の折りたたみ軽量密閉型ヘッドホン SENNHEISER HD 2. 10は、SENNHEISERで人気シリーズのHD2. 00のエントリーモデルです。 音質には妥協はなく、密閉型ヘッドホンですが約112gの軽量ボディも実現しています。 折りたたみもできるので、持ち歩きにも便利です。 SENNHEISER HD 2. 10の仕様・製品情報 コードの長さ 1. 4m 重量 約112g KOSS SPORTA PRO• KOSS SPORTA PROのおすすめポイント3つ• オーバーヘッドとネックバンドの2WAY• 62gの軽量ボディ• 折りたたみ構造でアウトドアに最適 KOSS SPORTA PROのレビューと評価 62gの軽量ボディでオーバーヘッドとネックバンド2WAY使用可能 KOSS SPORTA PROはネックバンドのヘッドホンですが、ネックバンドを回転させる事でオーバーヘッドとしても使用できます。 本体も62gの軽量ボディなので、アウトドアでもストレスなく快適にリモコンできます。 KOSS SPORTA PROの仕様・製品情報 コードの長さ 1. 2m 重量 62g 付属品 携帯用ポーチ PHILIPS SHB4405• PHILIPS SHB4405のおすすめポイント3つ• 90gの軽量Bluetoothヘッドホン• ハンズフリー通話可能• 最長9時間の長時間再生 PHILIPS SHB4405のレビューと評価 Bluetooth対応の90gの超軽量ワイヤレスヘッドホン PHILIPS SHB4405はBluetoothヘッドホンでありながら、100gを切る90gのワイヤレスヘッドホンです。 その装着感はコードに動きを制限されない、つけていることを忘れるほどです。 ハンズフリー通話も可能なので、スマホとの相性もバッチリです。 のPHILIPS SHB4405仕様・製品情報 重量 90g 連続再生時間 最大9時間 付属品 USBケーブル AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003• AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003のおすすめポイント3つ• 外の音が聞こえる骨伝導ヘッドホン• 36gの超軽量ボディ• IP55防汗設計でランニングにも最適 AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003のレビューと評価 36gの超軽量ボディと骨伝導ヘッドホン耳を塞がない安心感 AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003は、わずか36gの骨伝導ヘッドホンです。 頭蓋骨を音が伝わるので、耳を塞ぐことなく周囲の音が聞こえます。 音漏れも最小限に防ぐLeakSlayer技術で、周りへの迷惑もかけにくいと言われています。 さらにBluetooth接続のワイヤレスヘッドフォンなので、ランニングにも最適です。 AfterShokz TREKZ TITANIUM AFT-EP-000003の仕様・製品情報 重量 36g 連続再生時間 約6時間 付属品 イヤープラグ 耳栓 ・FitBands サイズ調整用 ・USB A — micro USB ケーブル 充電用 ・専用ポーチ まとめ ここまでおすすめの軽量ヘッドホンをご紹介してきました。 有線接続のヘッドホンから、骨伝導のヘッドホンなど様々な種類があり、そのほとんどが100g以下でした。 ぜひ購入の参考にしていただければ幸いです。

次の

【2020最新】ワイヤレスヘッドホンのおすすめ28選。高音質でコスパ最強の人気モデル集

ワイヤレス ヘッドホン 安い

Mpow(エムポー)の密閉型ワイヤレスヘッドホンは、クリアな音声を楽しめるヘッドホンです。 連続再生時間は20時間で、イヤーパッドは低反発のウレタンを伸縮性のある合皮で包み、フィット性の高いものになっています。 音漏れが気になるシーンでも安心して使用できます。 多少、高音再生時に音が軽い(シャリシャリ感がある)と感じるかもしれませんが、3000円台という価格を考えると妥当なところです。 ワイヤレスヘッドホンを試してみたい方におすすめの商品です。 また値段の割にカラーバリエーションが豊富なのもポイントです。 まずは、アメリカでのヘッドホン売上No. 1ブランド、スカルキャンディのワイヤレスヘッドホンです。 音質や遅延に影響のあるコーデック(音声圧縮の形式)は、標準的な音質であるSBCのみの対応ですが、それが気にならないほど広がりのあるサウンドを楽しめます。 コンパクトに折りたため、220gという軽量ながらも22時間のタフなバッテリーを持っています。 なおかつ10分間で4時間使える急速充電に対応しているのも、日常使いに便利なポイントです。 シンプルなデザインですが、カラーバリエーションが豊富なので個性を出すことも可能です。 また、耳をしっかり覆ってくれるオーバーイヤー型ならではの装着性も魅力です。 音楽の都オーストリアはウィーンのオーディオメーカーAKGのワイヤレスヘッドホンは、アルミ素材でメタリックな見た目がおしゃれな一品です。 コーデックもSBCとその上位のAACに対応しており、高音質でクリアなサウンドを楽しめます。 ヘッドホンの心臓部であるドライバーユニットには、厚みのある低音を響かせるダイナミックドライバーが使用されているので、力強い音楽にも対応します。 またこの価格帯としては充実した機能面も見逃せません。 他にも「アンビエントアウェア機能」はワンタッチで再生ボリュームを60%ダウンさせ、周囲の音を聞き取りやすくしてくれます。 音楽再生を止めずに、車内放送などを聞くことができるわけです。 多機能でありながら、連続再生時間も約33時間と充実しており、急速充電にも対応しているというすぐれものです。 1万円ちょっとのオンイヤーヘッドホンをお探しの方には絶対におすすめできる商品です。 Beatsから販売されているBeats Solo3は、クリアながらも迫力のあるサウンドが幅広い音域で楽しめ、様々なジャンルの曲を聴くのに適しています。 また、この製品には人気ワイヤレスイヤホンであるAirPodsと同じ、W1チップが搭載されています。 W1チップとは、AppleがAirPodsのために作り上げたプロセッサーで、簡単に説明すると機械に対して制御や管理などを行ってくれる、脳であり心臓のようなものです。 このW1チップの働きによって、Beats Solo3はアップル製品と近づけるだけでペアリングが可能という夢のようなヘッドホンに仕上がっています。 もしiPhoneで音楽を楽しみたいならば、これ以上に便利なヘッドホンはないでしょう。 さらに、おしゃれなカラーバリエーションで、ファッションアイテムとしても魅力的です。 時間は驚きの40時間で、一般的な使用方法であれば1週間は充電せずに駆動してくれる可能性もあります。 急速充電にも対応しており、5分の充電で3時間の再生が可能です。 W1チップでApple製品と相性良し• 高いデザイン性でファッショナブル• 40時間持続する大容量バッテリー• 急速充電対応 3万円以上の商品 最後にご紹介するのは、3万円以上の価格帯いわゆるハイエンドモデルと言われるヘッドホンです。 金額を気にしないで購入できるなら、ハイエンドモデルを選択すればまず間違いはありません。 それほど現状においては完成された製品です。 しかし、ヘッドホンに3万円以上出すというのは、おいそれとできることではないです。 ですが色々試すよりも、とにかく確実にいいものを1つ購入するというのであれば、この価格帯の商品は必ずや期待に応えてくれるでしょう。 BOSE QuietComfort 35 II• まず音質に関しては間違いなく高音質です。 シャリつきのない伸びやかな高音と、ナチュラルな低音が音楽をダイレクトに届けてくれます。 低音に関しては、BOSEらしい重い質感のある低音というよりは、より自然な低音になっています。 値段に恥じない高級感のある仕上がりで、プラスチック部分も安っぽく見えません。 長時間の使用でも疲れないソフトクッションのイヤーカップの装着性も抜群で、眼鏡をかけていても耳が痛くならず、音楽を楽しむ時間を何にも邪魔されません。 また、ノイズキャンセリング機能も搭載しており、3段階のレベルを切り替えることが可能です。 周囲の環境に合わせてレベルを切り替えることで、常に自分の最適な環境を作り出すことができます。 さらに、Amazon AlexaやGoogleアシスタントが搭載されていることは実に画期的です。 ヘッドホン使用時話しかけるだけで、スケジュールを追加したり、スケジュール内容を確認することができるのです。 音楽を楽しむための性能はもちろん、生活の一部を任せられる新しいスタイルのヘッドホンです。 連続使用時間は約20時間で、15分の充電で約2. 5時間使用できる急速充電にも対応しています。 高級感のあふれるデザイン、圧倒的な音質、すべての面で高評価されたMDR-1000X、WH-1000XM2の後継商品です。 原音の情報を可能な限り詰め込み、音の厚みや繊細さからアーティストの息づかい、ライブの空気感まで感じ取れるコーデック、ハイレゾコーデックに対応しており、音質を一番に求める方には強くおすすめしたい商品です。 ハイレゾ音源を持っていない方でも、mp3をヘッドフォン側が独自の技術でハイレゾ相当へと引き上げてくれるため、音の多いオーケストラの演奏などにはうってつけです。 SONY自らが「ノイキャン性能の新たな到達点」と語るほどのノイズキャンセリング機能は、ユーザーに合わせて最適化されるシステムになっています。 また気圧センサーも搭載されており、飛行機利用時の気圧の変化にもノイズキャンセリングが最適化されます。 バッテリー面は最大30時間の大容量。 そしてもちろん急速充電可能で10分5時間という驚異的な性能を誇っています。 さらに、アシスタント機能やNFC搭載機器とのワンタッチ接続など、音楽を聴く以外の機能も充実しています。 ハイエンドモデルの中でも頭一つ抜けた商品と言えるでしょう。

次の