Question: カルボシステイン抗炎症性は?

バックグラウンド:カルボシステインは、フリーラジカル捕捉および抗炎症特性を有する粘膜活性薬物である。慢性閉塞性気道疾患(COPD)。バックグラウンドを含む過度の粘性粘液を特徴とする呼吸管障害の補助療法として臨床使用が承認されています。バックグラウンド:カルボニステインは、フリーラジカル捕捉および抗炎症特性を有する粘膜活性薬である。慢性閉塞性気道疾患を含む過度の粘性粘液を特徴とする気道障害の補助療法としての臨床使用は、カルボシスチンとグアイフェニシンの間の差は粘液分解と呼ばれる薬物クラスに属します。薬は咳止め痰で役立ちます。これは痰を厚くして粘着性にすることによって機能します。グアイフェニシン液体は、寒冷、気管支炎、その他の呼吸疾患のために引き起こされる咳や鬱血を治療するために使用されます。

ビタミンとパラセタモールを同時に服用しても大丈夫ですか?

薬物間の相互作用は相互作用はありませんでした。マルチビタミンと鉄とフッ化物とパラセタモールとの間で発見される。これは必ずしも相互作用が存在しないことを意味するわけではありません。常にヘルスケアプロバイダーに相談してください。

Say hello

Find us at the office

Heriford- Ekong street no. 43, 56466 Luxembourg, Luxembourg

Give us a ring

Coalton Wade
+58 687 205 183
Mon - Fri, 8:00-23:00

Say hello