本牧 ランチ。 本牧のお店

MOON Cafe Official Homepage ムーンカフェ 本牧 横浜 日本一 手作り「ハンドメイド」 バーガー 「Where Food is Fun」

本牧 ランチ

ファ、ファイブ、グレ... インズ??.... 初めて聞くフレーズですが、これは大豆ミートを使用した、ボロネーゼソースにエンドウ、ガルバンゾー、レンズマメ、大豆、あずきの5種類の豆類に、押し麦、もち麦、玄米、赤米、タカキビの5種類の穀物をミックスした美味しくて低カロリー栄養価満点のスーパーフードです。 ここにソテーしたマッシュルーム、トマト、レタスをプラスして、満足度マックス!! かつヘルシーな無敵バーガーの完成です。 ドリンク付。 7月限定でお届けします!! フレンチフライをサラダに変更可能です。 ドリンクは、コーク、コークゼロ、ソーダ、レモネード、コーヒー、ティーからお選び下さい。 ドリンク付きです。 ドリンクは、コーク、コークゼロ、ソーダ、レモネード、コーヒー、ティーからお選びください。 「チミチュリ」はソースの名称で発祥はアルゼンチン。 赤玉ねぎ、オレガノ、イタリアンパセリ、コリアンダー、オリーブオイル、ワインビネガー、ガーリックなどを混ぜ合わせたソースで、さっぱりとした酸味が魅力でお肉料理などにぴったりの万能ソースです。 今回、MOON Cafe オリジナルのチミチュリソースをグリルドしたチキンにたっぷりとかけてお届けします。 脂肪分の少ないヘルシーな鶏胸肉を引き立たせるチミチュリソースとのコンビネーションを是非この機会にお楽しみください。 5月だけの特別限定メニューです。 サラダをフレンチフライに変更する事も可能です。 スタッフにお声かけください。 ドリンク付き。 ドリンクは、コーク、コークゼロソーダ、レモネード、コーヒー、ティーから、お選び下さい。 1,300円 税込 MQQN Cafe にてTo Go テイク アウト がスタート! MQQN Cafe で人気の ハンバーガー、ロコモコ、タコライス、シーザーサラダとアップルパイをご自宅でお楽しみ頂けます。 是非 MQQN Cafe のテイク アウトをご利用ください。 注文が重なっている際は申し訳ありません。 提供までお時間を頂く場合がございます。 ご入店の際には、マスク着用、アルコール消毒のご協力をお願い致します。 今後、情勢の変化により営業日、営業時間が変更になる場合がございます。 大変ご迷惑おかけしますが、ご協力お願い致します。 ありがとうございます。 Where Food is Fun! MQQN Cafe 雨の日の足元が悪い中、ご来店頂いたお客様に感謝を込めて、本牧 横浜 MOONEYES Area-1 と MOON Cafe に雨が降っている際にご来店され、3,000円 税別 以上お買い物をして頂いたお客様に、 雨の日にだけ貰える HAPPY RAINY DAY ステッカーをプレゼント!! 雨の日に少し気分が DOWN になっても、このステッカーを手に入れて気分は晴れやかに! サイズ: 約 H 6. 5cm x W 16. 在庫が無くなり次第終了。 ご了承ください。 ムーン カフェ オリジナル「バターモチ」 ハワイで親しまれているスイーツ「バターモチ」優しい甘さで外側がサクッと中はしっとり、もっちりとした食感が人気のメニューがムーンカフェ オリジナル スイーツに仲間入りしました。 レシピはバター、餅粉などを使用しつつ、ムーンカフェでは、ミルクの代わりに豆乳を使用しているのでヘルシー。 ココナッツミルクの甘みとコクのあるバターの香り、そして柔らかいモチモチの「ハワイのおやつ」を是非お楽しみください。 500円 税別 そしてプラスで、ハーゲンダッツ アイスやホイップを追加出来ます。 MOONEYES Area-1 にて平日 月曜~金曜 に 3,000円 税別 以上お買い上げのお客様に、MOON Cafe マンスリー スペシャル メニューをオーダー時にお使い頂ける 300円 OFF チケットをプレゼント! MOONEYES Area-1 でお買いものを楽しんだら、併設する MOON Cafe にてお得なチケットで マンスリー スペシャル メニューをお試しください。 その日からご利用出来ます。

次の

[横浜・本牧]横浜で中華を気軽に楽しむなら本牧へ行け!/「李園(りえん)」でトマトタンメン

本牧 ランチ

(開店は、11:30です。 尚、土日祝日は、今まで通り、休憩なしで、通しで営業致します。 また、平日の15:00~18:00内の、イベント・ご予約は、変わらず、承ります。 以上、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。 ただし、ご飲食はお願い致します。 cafe で気軽に読書会」 参加費800円(飲み物代別途) おすすめの本を1冊、ご持参ください。 com *毎月第4日曜日 10:00~11:30開催予定です。 五穀米、蓮根チップス、ミニサラダ、蓮根スティック、蓮根バーグ(白味噌ソース添え)の1プレート。 1ドリンク付きで、1300円です。 大変申し訳ありません。 尚、8月以降、有料となります。 詳しくは、当店までお問合せください。 cafe」 ご近所の本牧神社さんでのお祭りの日でもあります。 (企画制作:MIO音楽事務所) プロのクラッシック歌手をお招きし、季節の歌を聴き、懐かしい歌を一緒に歌います。 投げ銭式です。 (ご飲食は、お願い致します。 質問に答えてくださるのは、TV「あさイチ」他、メディアに多数ご出演のファイナンシャルプランナー 安田まゆみ先生。 参加費はお茶代のみ、という大変お得な企画です。 定員7名になり次第、締め切らせて 頂きます。 カフェを舞台に、歌って、踊ってのお芝居、笑いあり涙ありの、元気の出るミニお芝居。 その「オハヨウ劇場」、 2018年4月、「本牧Hello! cafe」に上陸。 あまりの大好評に、再演決定!! 第一部:10:30開場、11:00開演(12:00終了予定)、第二部:14:30開場、15:00開演(16:00 終了予定) 1ドリンク&手作りパン付きで3500円。 演目と出演者は、直前に決定します。 ご飲食をして頂いた上で、投げ銭形式で行っています。 生の声量の迫力を味わえます。 お一人様30分。 無料ですが、ご飲食はお願いしています。 主催:「ハウルルーム」みいちさん *6月度の枠は、すべて、ご予約で埋まりました。 大変、申し訳ありません。 7月度につきましては、改めて告知させて頂きます。 お味噌汁とドリンク付きで、1500円。 ご飯、肉の大盛りも、追加料金で対応しています。 マグロ、炙りタコ、貝柱、サーモンのお刺身、ムール貝とアボカドも加えて、ごま油風味の特性タレにつけこみ、 トッピング。 最後に、大葉と白ごまを。 きゅうりのすりおろし入りお味噌汁と、お漬物、ドリンク付きで1500円。 ドリンク付きで1000円。 パンと、季節のフルーツヨーグルト付きで1200円です。 さっぱりした飲み心地の上、生姜もそのまま食べられます。 冷たいものが欲しいけれど、あまり身体を冷やしたくない、という時に最適なドリンクです。 そこに、たっぷりのブルーベリーソース。 食べ応えたっぷりのスイーツです。 850円。 お好きなドリンクは、+300円でご注文いただけます。 各350円 他にも、いろいろなメニューをご用意しております。 W期間の営業について 4月28日(土)、29日(日)は通常営業。 30日(月)は定休日です。 5月1日(火)、2日(水)は通常営業、 3日(木)は、ランチ・カフェタイムはお休みさせて 頂き、18:30~の営業とさせて頂きます。 4日(金)、5日(土)、6日(日)は、 通常営業、7日(月)~10日(木)は、臨時休業とさせて頂きます。 5月度は、 5月13日(日)14:30~15:30 出演者 メゾソプラノ 佐伯葉子 ピアノ 藤原桂子 曲) 彼方の光、峠の我が家、君住む街角 他 *投げ銭式です。 ご飲食もお願い致します。 ペット同伴、または、アイコンタクトがとれる写真(デジタル可)を ご持参ください。 *ご飲食はお願いしております。 *それぞれの詳しいイベント内容や、日々の営業内容につきましては、 Facebook「ビストロ本牧ハローカフェ」 blog「honmokuhellocafe」 インスタグラム、Twitterを合わせてご覧くださいませ。 事前にご了承くださいませ。 桜のシフォンケーキと ドリンク付きで1500円。 ご予約はお早めに。 ご了承くださいませ。 以上、詳しい内容は、FB「ビストロ本牧Hello! cafe」を ご覧くださいませ。

次の

これぞジモト愛! 「本牧」の歴史をひもといてみた|ウォーカープラス

本牧 ランチ

前身は旧が前に開発した マイカル本牧(マイカルほんもく)で、の1号店でもある。 概要 [ ] に、マイカルを吸収合併したは、マイカル本牧を 「イオン本牧」、本牧サティを 「イオン本牧店」に名称変更した。 マイカルから受け継いだ棟は1番街・3番街のみである。 マイカル本牧時代 [ ] の後、はの管理下に置かれ、軍人やその家族の居住地として接収された。 の本牧米軍接収地返還式を以って日本に土地が返還された事により、新本牧地区(約8. 8ha)は再開発の機運が高まった。 再開発に当たり、は新本牧地区を「街づくりの実験台」と位置づけ、同区をセンター地区・表通り一地区・表通り二地区の3つに分けた。 そのうち、センター地区には市からの委託を受けて既に出店表明していたが、に行われたを経て同社初のを手掛ける事となった。 開発に当たり、新本牧地区商業課発基本策定委員会はセンター地区を単に物販販売施設だけでなく文化施設等をふんだんに取り入れたリゾート性の高い商業地域にする事を提案。 この提案を受けてニチイは、六区画に分かれているセンター地区を一体開発して全体の半分以上を非物販施設にして、商業施設には、、、スポーツ施設の導入する報告書を纏めた。 仮称SC名称は 本牧ポート・ヒル。 に開かれたテナント募集の説明会には約1000人の希望者が集まった。 一番高いテナント料金は5番街の1階の契約面積3. 3㎡当たり補償金が400万円、賃貸料が同月間4万円に加え売り上げ歩合だとされている。 にニチイがマイカル宣言を行う。 当時ニチイの社長だった小林敏峯はSC名称にもマイカルを使おうと提案。 マイカル宣言通りの理念に沿った未来都市の1号店として、寸前のに マイカル本牧が誕生した。 目標年商は320億円。 ニチイはや等の観光拠点が近い事に注目、当施設を「都会派消費者がくつろぎ、楽しめるアーバンリゾート型ショッピングセンター」と位置づけた。 更に東京や遠方からの客もターゲットにする為、本牧だけにしかない専門店を集中してテナントとして出店させており、大型複合ショッピングセンターのパイオニアともいえる存在であった。 ・ネビューラといったニチイグループの専門店の他、外資系・日系の飲食店、やといった海外ブランド専門店、住宅機器・外車専門のショールーム、・・が入居する、ニューヨークのとの提携による多目的イベントホール、、等、計234のテナントが1番街から6番街の建物に入居した。 マイカル本牧はスペイン風にしており、近隣の道路もそれに合わせてイスパニア通りと命名されている。 建物はでを採用。 開業当初、6棟体制であったが最終的には計10棟が完成している。 なお、新本牧地区に建てられる建築物は美観を維持統一する為、屋根に勾配をつけ、外壁の色は原色を避け無ければならない為、建築協定に則りマイカル本牧の建物全ての屋根に勾配がついている。 開業1か月後の来場者数や売上はニチイが当初予想していたものを上回る形となった。 更に1年後には来場客数1500万人を達成、そして商業施設として横浜市の2つの賞に受賞 する等、順風満帆であったように見えたマイカル本牧だが、実際には約70億円の不動産取得費を含めた事業費約400億円の投資が足を引っ張る形となっていた。 1990年代に入ると、の影響でテナント料金が急騰し多くのテナントが撤退。 には等の新名所の完成でが頭角を現した事により、交通アクセスの悪いマイカル本牧の客足が徐々に奪われていった。 これを受け3月より、ニチイ(1996年より)はの強化等、マイカル本牧の全面改装に踏み切る ものの、客足やテナント流出に歯止めがかからず、マイカル自体の業績悪化に加えて、見据えていたの本牧延伸が採算が合わないとして議論が凍結した事に伴い2000年までに衰退していった。 経営再建の為、マイカルは大半の建物を売却し、末期にはサティの1番街と金融と駐車場の3番街のみの2棟体制となった。 、の下で経営再建されたが吸収合併で消滅する事となり、マイカル本牧は約22年の歴史に幕を下ろした。 ペデストリアンデッキ [ ] このモールは前述にもある通り、一つの広大な建物内に各ジャンル別ゾーンがあったり、本館があり別館がある方式でもなく、目的ジャンル毎に別棟なのが特徴である。 街計画と共に建設され、中核となる棟やその他の棟とは公道を挟んで分断される形になった。 公道を挟んだ各棟とは連絡通路としてペデストリアンデッキで繋がっている。 法律上、公道を跨いだ連絡通路をマイカル(民間)が設置する事が出来ない。 だが、回遊性の都合などから連絡通路は必要不可欠であった。 マイカルは建物周辺の公園へ続くプロムナード(市道)計画があることに着目し、マイカル側がペデストリアンデッキを建設して横浜市へ無償譲渡することで決着がついた。 そのため各施設の一部と思えるペデストリアンは横浜市の市道である。 各棟の変遷 [ ] 今では珍しく、建物ごとに各ブランドの店を入れていた。 マイカル本牧時代は全12番街までの計10館の建物があった(4番街・9番街はにより)。 上述の通り、景気の衰退や時代の変化に伴い、当初は10棟あったが、2・7・8・12番街の4棟が解体され、1・3・5・6・10・11番街の6棟が残るのみである。 また解体された各棟はマンションになりかつての面影は少ない。 1番街(本牧サティ) 現在は本牧店となっている。 2番街(SATY生活用品館)(現存しない) 後に、本牧サティの子供雑貨売場であるKidsTownを経てテナントの撤退により長らく閉鎖が続いていたが、マイカルが1億9300万円で売却した後に解体。 2008年3月に分譲マンションの「ザ・レジデンス本牧 横浜ベイサイド」が誕生した。 その際、ペデストリアンデッキが残されマンションと直結し、下層階にはテナントスペースとなって周辺へ配慮された作りになっている。 社員食堂や運営事務所はこの2番街に置かれていた。 駐車場はイオン本牧店の駐車場として現在も使用されている。 5番街(ファッション・レストラン・雑貨・ライブハウス・映画館・フィットネス) のクラブ「」との提携で生まれたライブハウス「アポロシアター」や、映画館「シネスクエア本牧」が入居するなど、マイカル本牧の中で一番大きな建物であった。 2005年秋に完全閉鎖し、マイカルは沖創建設に2億1300万円で売却した。 その後、沖創建設が破綻し、ユニディオコーポレーションに売却されて「シュロア本牧」として5番街を再生する計画があったが、それも頓挫しゲオエステート(現・)に売却され「ベイタウン本牧5番街」として営業を続けている。 6番街(ショールーム・駐車場) オープン当初は本牧などの自動車ディーラーとファストフード店、が設置されていた。 1996年の大幅改装によりフードコート・パチンコ店・シネマコンプレックス「マイカル松竹シネマズ本牧」が開業。 運営母体の変更で2004年に本牧となったが、競合のシネマコンプレックスが登場したことや、3Dに対応出来ない事などを理由に2011年1月16日に閉館となった。 フードコートも閉鎖され、その後、パチンコ店とフィットネスクラブになっている。 7番街(ホテル ル・ファール本牧)(現存しない) ニチイが初進出した都市ホテル事業としてに開業。 運営はニチイの完全子会社「ホテル ル・ファール」。 建物は地上12階・地下1階でが賃借する形を取っていた。 の内装を担当したフランスの が内装を担当した。 マイカルの経営悪化後に閉鎖・解体され、現在はマンションの「グランドメゾン本牧」になった。 8番街(ファーストフード・駐車場)(現存しない) 閉鎖し、解体された。 跡地は分譲マンションのアトレ横浜本牧。 10番街(ファーストフード・駐車場) 閉鎖し、ベイタウン本牧5番街の駐車場として再オープン。 テナント部分は閉鎖。 11番街(クリニック・ドラッグ・日本料理・駐車場) 現在は本牧エスタとなっている。 12番街(ポパイ本牧店)(現存しない) 閉鎖・解体後、現在はマンションが立地。 交通 [ ] 駅からは遠いため、車かバスが主な交通手段になる。 「和田山口」バス停下車• JR下車• 元町停留所より横浜市営バス99,101,105,106系統• JR根岸線下車• 横浜市営バス222系統• JR根岸線下車• 1番乗り場より横浜市営バス58,99,101系統• JR根岸線、下車• 2番乗り場より横浜市営バス8,58,148 急行 系統• 8番乗り場より横浜市営バス99系統• 10番乗り場より134系統• 11番乗り場より横浜市営バス101,105,106系統• JR各線、、、、、横浜市営地下鉄下車• 東口2番乗り場より横浜市営バス8,58,148 急行 系統• 東口4番乗り場より横浜市営バス105系統 営業時間 [ ]• 日経流通新聞 1986年2月13日 4面 横浜の新本牧地区開発、ニチイ、計画作成急ぐ 初のデベロッパー業務より• 日本経済新聞 1986年1月30日 地方経済 5面 横浜・新本牧、商業開発構想まとまる ニチイ63年秋開店 リゾート性重視をより• 日経流通新聞 1988年3月5日 4面 ニチイ、新本牧店周辺のテナントを募集より• 日経流通新聞 1988年3月15日 11面 ニチイの横浜「ポート・ヒル」。 テナント希望者千人より• 日経産業新聞 1989年5月19日 23面 横浜・新本牧 国際色豊かに街づくり、美観重視(大規模開発を点検する)より• 日経流通新聞 1989年6月6日 11面 ニチイのマイカル本牧、好調な滑り出し 目標年商上回るペースより• 日本経済新聞 1990年1月31日 地域経済 神奈川 26面 横浜市、マイカル本牧など19件 街作り功労賞・景観賞より• 朝日新聞 1996年5月8日 経済 3面 ニチイ 小林敏峯社長(うちの戦略)より• 日経流通新聞 1991年12月12日 1面 テナントが逃げる、SC選別の時代 家賃高騰採算割れ大型SC、強気が裏目より• 日本経済新聞 1996年3月9日 地方経済 神奈川 26面 マイカル本牧、20日に新装開業より• 日経流通新聞 1992年11月24日 7面 ニチイ、「SCホテル」30日開業 横浜・マイカル本牧により 参考文献 [ ]• 山下剛『MYCALグループ 時代の感性を読む経営』講談社、1990年12月。 関連項目 [ ]• - 作中ロケ地として登場し、エンドロールでは撮影協力としてマイカル本牧の名称も登場する。 - 作中ロケ地として登場し、マイカル本牧の名称も登場する。 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の