シート削除 ショートカットキー。 【Excel エクセル】シートの挿入、削除のショートカットキー

Google スプレッドシートのキーボード ショートカット

シート削除 ショートカットキー

新しいシートの挿入 新しいシートを挿入するとき、マウス操作の場合は下図のように、シート挿入したいところのシートを選択し、右クリックのメニューから、挿入を選ぶという手順になりますよね。 こんな手間は一切不要です。 Shiftキーを押しながら、F11を押してください。 Shift+F11です。 これだけで新しいシートが作られます。 Ctrl+F11でも新しいシートは作られますが、シート名がMacroになっていたり、列幅が少し長かったりするので、Shift+F11が無難です。 シートの選択 別のシートを選択するとき、マウス操作の場合はどうするでしょう。 そう、あの下の方の細い部分にわざわざマウスカーソル合わせてクリックしますよね。 しかしショートカットキーを覚えれば、そんな細かい操作は不要です。 Ctrlを押しながらPageDownを押すと1つ右のシートへ、Ctrlを押しながらPageUpを押すと1つ左のシートへ移動できます。 Ctrl+PageDown、Ctrl+PageUpです。 ただし1シートずつの移動なので、現在地から遠くのシートを選ぶ場合はマウスの方が早いです。 (10シート右にあるシートに移動したいなど) とにかくこの3つ ここまでに書いた3つのショートカットキー• Shift+F11• Ctrl+PageDown• Ctrl+PageUp これがシート操作のショートカットキーの主役といえます。 意識して使い慣れてくると、もうマウスに戻れないほどの中毒性がありますので、ぜひ使ってみてください。 ちなみに、挿入のショートカットキーはあるものの、その逆にあたる、シートの削除はショートカットキーがありません。 今後エクセルのバージョンアップなどで、リボンメニューの構成を変えられてしまったら覚えなおしですし。

次の

エクセル ショートカット キーの一覧

シート削除 ショートカットキー

まずはこれだけ!覚えておきたいショートカットキー10選 PCのキーボードには文字入力用のほかに多数のキーがあります。 それらのキーを組み合わせて使うことでできるさまざまな機能について紹介します。 Ctrlキーと組み合わせて使用して実現できる機能• 業務効率をあげるための必要最低限のショートカットを紹介します。 1, データをセルに入力するときに便利なショートカットキー• Tab:入力を確定し右のセルへ移動。 Delete、またはBackspace:入力済みデータの全削除。 セル内にカーソルがあればDeleteキーはカーソルの右側のデータを、Backspaceキーは左側のデータを1つずつ削除。 2, セルの書式設定を行うときに便利なショートカットキー• :選択したセル内の数字に桁区切りを表示• F12:新規にファイルの名前をつける、または変更して保存 6, ヘルプやヒントの確認に便利なショートカットキー• F1:Officeのヘルプ呼び出し 文章作成をもっと便利に!Wordのショートカットキー WordはExcelほどマウス操作が必要ないですが、文書作成の業務は多く、小さな効率化が大きな差につながります。 そこで有益なショートカットキーをえりすぐって紹介します。 1, 文字の入力、編集に便利なショートカットキー• F6:入力文字をひらがなに変換• F7:入力文字をカタカナに変換• F8:入力文字を半角カタカナに変換• F9:入力文字を全角英数字に変換• F10:入力文字を半角英数に変換• Space:文字入力の漢字変換や空白の入力• Enter:文字入力の確定や改行• Home:カーソルある行の先頭へカーソルを移動• End:カーソルある行の行末へカーソルを移動• F12:新規にファイルの名前をつける、または変更して保存 5, ヘルプやヒントの確認に便利なショートカットキー• F1:Officeのヘルプ呼び出し• それぞれに共通点が多いので、マウスに頼らないで、キーボード操作を少し続ければ、すぐに達人になれます。 バラバラでなく機能単位にできるだけまとめましたので覚えやすいと思います。 頑張ってください。

次の

仕事で使えるショートカットキー63選!パソコンの便…|Udemy メディア

シート削除 ショートカットキー

まずはこれだけ!覚えておきたいショートカットキー10選 PCのキーボードには文字入力用のほかに多数のキーがあります。 それらのキーを組み合わせて使うことでできるさまざまな機能について紹介します。 Ctrlキーと組み合わせて使用して実現できる機能• 業務効率をあげるための必要最低限のショートカットを紹介します。 1, データをセルに入力するときに便利なショートカットキー• Tab:入力を確定し右のセルへ移動。 Delete、またはBackspace:入力済みデータの全削除。 セル内にカーソルがあればDeleteキーはカーソルの右側のデータを、Backspaceキーは左側のデータを1つずつ削除。 2, セルの書式設定を行うときに便利なショートカットキー• :選択したセル内の数字に桁区切りを表示• F12:新規にファイルの名前をつける、または変更して保存 6, ヘルプやヒントの確認に便利なショートカットキー• F1:Officeのヘルプ呼び出し 文章作成をもっと便利に!Wordのショートカットキー WordはExcelほどマウス操作が必要ないですが、文書作成の業務は多く、小さな効率化が大きな差につながります。 そこで有益なショートカットキーをえりすぐって紹介します。 1, 文字の入力、編集に便利なショートカットキー• F6:入力文字をひらがなに変換• F7:入力文字をカタカナに変換• F8:入力文字を半角カタカナに変換• F9:入力文字を全角英数字に変換• F10:入力文字を半角英数に変換• Space:文字入力の漢字変換や空白の入力• Enter:文字入力の確定や改行• Home:カーソルある行の先頭へカーソルを移動• End:カーソルある行の行末へカーソルを移動• F12:新規にファイルの名前をつける、または変更して保存 5, ヘルプやヒントの確認に便利なショートカットキー• F1:Officeのヘルプ呼び出し• それぞれに共通点が多いので、マウスに頼らないで、キーボード操作を少し続ければ、すぐに達人になれます。 バラバラでなく機能単位にできるだけまとめましたので覚えやすいと思います。 頑張ってください。

次の