大島椿 ヘア カラー トリートメント。 【口コミ・体験談】白髪対策に大島椿ヘアカラートリートメント

【口コミ・体験談】白髪対策に大島椿ヘアカラートリートメント

大島椿 ヘア カラー トリートメント

ついに出ました~! と言っても、ちょっと前から発売されてましたが。 大島椿さんの、白髪用のヘアカラートリートメント、発売再開です。 以前は、東急ハンズとか行ったら売ってたんですが、一旦製造中止になってしまって。。。 とても残念でした。 カラートリートメントは、自宅でできてとても便利ですが、落ちやすいということと、何回かやらないと染まりにくいという欠点があります。 ところが! 市販のもの中には、1回でも結構染まるものがあり、カラートリートメントなのに! 私も何種類か使ったことがありますが、やはり結構かゆくなりました。。。。 私はハタチくらいから白髪が多く(これは鉄欠乏のひどさを表しています)、若白髪というんでしょうか、もう若い頃からあきらめていて、でも染めるほどではない。。 30代後半くらいからですかね。 染めだしたの。 最初は、ヘアマニキュアにしてましたが、やはりすぐに落ちるので、ヘアカラー(いわゆる白髪染)を美容院でやってもらってました。 でも、根っこからすぐに白髪出てくるでしょ? なので、1か月半とかで次のヘアカラーの予約を取って行くと、担当の美容師さんが、そんなペースでヘアカラーをやっていると、年いくと、頭皮がやられて、毛穴も広がって大変なことになるから、3か月以上は空けたほうがいいですよ、ヘアマニキュアなら、3週間や2週間で次染めてもいいですよ、と教えてくださいました。 まともな美容師さんは、皆さん、ヘアカラーの害を一番身近で、しかも大勢のお客さんの頭皮と髪の毛で見てますから(実際、自分やスタッフの手や皮膚につくとどうなるか、ということも)、ヘアカラーがいかに悪いか、知っています。 でも、お客さんが、やれ、やれ、というから、断ると、他店に行かれるので、断らないという営業重視の考え方です。 すごく良い、良心的な美容師さんは、必ず、私の時のように言ってくれます。 (ひどい店は、ヘアマニキュアというメニューすらない! 髪の毛は、自分の作品だと思っている美容師もいて、キレイに染まらない、好きな色の染められないなどの理由で、置いていないそうです。 実際、そう言われた患者さんがおられて、美容院変更されました。 ) で、それ以来、ずっとヘアマニキュアで、だいたい月1回染めてもらってます。 でも、それだと、やっぱり根っこの生え際とか白髪出てくるし、忙しくて行けない時など、家で染めるしかありません。 市販のヘアマニキュアも、ちょっとむずかゆい気もする。。 そのくせ、すぐに落ちる。 美容院のほうがもちがいい。 ヘナのも持ってますが、時間がかかりすぎるので、まだチャレンジしてません。 患者さんでされている方を見ていると、白髪だけオレンジ。 綺麗ですが、私の普段の白衣にどうかな。。。 とまだしてません。。 で、カラートリートメント。 こちらの大島椿さんのだと、私の場合、不快感がない!! 市販でもっと染まる(ビックリするくらい染まるのもあります)のは、なんかかゆい。。 すごく染まる、ということは、それなりに添加物もいろいろ入っていたり、新成分もあるんでしょうけど、カラートリートメントでしっかり染まりすぎるというのも、普通に考えて危なくない?と思います。 取れにくければ取れにくいほど、よく染まれば染まるほど、トラブルが多いような気がします。 昔は、年に1~2回くらい、ヘアカラーをしたことがあり、夏に、美容院の帰りい色落ちしてジャケット汚したり、着物着る時心配で。。 としましたが、かなりかゆい。。。 かゆさMAX!! 私はかぶれはしませんが。。 できればやりたくない。 何年前か忘れましたけど、夏にヘアカラーしてもらっている最中に、体中のカラータイマーが、ピコーン!ピコーン!と危険を知らしているのが、とてもよくわかりました。 やっている最中からおそろしくて、それ以来してません。 ヘアカラーに入っている「ジアミン」、皆さんが使っているのにほぼ全部入っていると思ってください。 先日から話題にしている、「接触性皮膚炎」の原因。 ダントツ1位は、「ジアミン」です。 ヘアカラーです!! (そのうち、厚労省、規制かけないのかな~と個人的に思ってます) 私に関しては、生え際のところは、銀の光触媒のを使ったりしてなかなか調子よかったですが、これは全体にすると、ばしばしになるので(塗って乾いた直後ね)、長い髪や全体には向かない。。 そうしたところに、大島椿のが生産中止~?!!と困っていたら、再開です!! 良かったです~!! こちらは、アマゾンと楽天ダイレクトとロハコと、契約している調剤薬局とクリニック限定発売だそうです。 ネットで頼むのが大変という方は、うちでも取り寄せできますので、事前にお申し付けください。 1本、税込み ¥2. 670です(1円単位は、切り捨てしてます)。 早速、明日使ってみようと思います。 島田順子さんや草笛光子さんのような白髪ヘアを目指しているのですが、まだそこまでいかない中途半端なので、ちょっとまだ染めないといけないレベルなんです。 まだ先は長いのかな=。 嬉しいような、じれったいような。。

次の

「大島椿」白髪染めトリートメント比較レビュー

大島椿 ヘア カラー トリートメント

大島椿ヘアカラートリートメントを試してみました。 大島椿というと真っ先に思い浮かぶのは「椿油」です。 昔からある黄色い箱に入っていて真赤な椿の絵が描いてある「椿油」は私の祖母が若い時から使っていました。 調べてみると 1927年の大島椿の創業時から発売されていて現在も愛され続けているロングセラー商品なんですね。 その大島椿から発売されている 「大島椿ヘアカラートリートメント」。 歴史ある大島椿のヘアカラートリートメントということで髪にも良いだろうと、使う前から期待が高まります。 そんな「大島椿ヘアカラートリートメント」を使って気になる白髪がどれだけ染まったのかをレビューしました。 是非、ヘアカラートリートメント選びの参考にして下さい。 大島椿 ヘアカラートリートメントってどんな商品? 大島椿ヘアカラートリートメントの基本情報 ダークブラウン 内容量:180g 定価:税抜 2,480円 1回あたりのお値段 セミロングの場合 :413円 アットコスメでも数々の受賞歴がある椿油配合の大島椿ヘアカラートリートメント。 椿油の他にも補修成分のツバキセラミドを配合、ハリ・コシ成分の加水分解シルクを配合し、 白髪を染めるヘアカラーという役割だけでなくダメージケアとエイジングケアも叶えてくれる大人の女性には嬉しいヘアカラートリートメントです。 2つの染色成分で美しく染め上げる 塩基性染料髪の表面のマイナスイオンと結合しHC染料がキューティクルの隙間から浸透して白髪を染めていきます。 その時も椿油の力が発揮され、髪の表面をコーティングしながら染めていくので髪を傷めることなく艶を与えながら染め上げてくれます。 椿油がキューティクルの損傷を防止してくれる 椿油はオレイン酸を多く含んでいるため、他の油に比べて酸化しにくい特徴があるんです! 酸化とはいわゆる老化現象なのですが、髪の老化現象も抑えてツバキセラミドが髪の内部のダメージを補修。 椿油が髪の水分をキープしながらしっとりまとまりのある髪に仕上げてくれます。 椿油と加水分解シルクで髪にハリ・コシ・艶 椿油は髪の酸化を防いでくれることは説明しましたが、加水分解シルクってご存知ですか?シルクというからには絹から出来ている成分なんです。 絹は肌に自然んに馴染むために様々な化粧品に用いられていますが、 絹独特の光線屈折による輝きでシルクの艶が生まれます。 またアミノ酸が豊富に含まれているのでダメージヘアの抑制にも繋がるんですね。 そんな 椿油と加水分解シルクの効果によって髪の根元からふんわりとボリュームを与えてくれるんです。 配合されている全成分 無香料で、無鉱物油・ペラジンフリー・ジアミンフリーで、白髪染め特有のツンとした臭いもありません。 しかし、 アレルギーの人は購入前に配合成分をチェックしていただく方がより安心してお使いいただけると思います。 大島椿 ヘアカラートリートメントの使用方法 大島椿カラートリートメントは付属の専用ブラシが付いています。 シャンプーした後に、 付属のブラシにカラートリートメントをのせて髪をとかしながら染めていくのがお薦めの染め方のようです。 水気をきちんと切ることで、カラートリートメントが液だれしたり、肩などが汚れるのを防ぎカラートリートメントも髪にしっかりと塗布します。 気になる生え際などはブラシより手袋を付けた手でもみ込むように塗布すると良く染まりました。 大島椿 ヘアカラートリートメントを実際に使用したレビュー 大島椿と言うと「椿油」の印象がとても強かったのですが、今回その椿油のメーカーさんが出しているカラートリートメントということで、使う前から「髪に良さそう」と思って使わせてもらいました。 実際使ってみて、 髪の染まりの良さも実感出来ましたが「椿油」の実力をここでも発揮し洗いあがった時の手触りがツルツルしてしっとり纏まったのは嬉しかったです。 椿って髪に良いんだなと改めて感じたカラートリートメントです。 大島椿 ヘアカラートリートメントの見た目 「大島椿」というクラシカルなフォントとダークブラウンとゴールドの容器が、昔からある大島椿油の伝統を引き継いでいるなという印象で、 容器だけで「よく染まりそう」と思わせてくれる大島椿ヘアカラートリートメントです。 今回はヘアカラートリートメントと一緒に付属のクシも付いてきました! とっても親切ですね。 キャップはワンタッチですので、お風呂に入りながらでも簡単に開けられます。 私は普段コンタクトを愛用していますが、お風呂の時にはコンタクトを外して裸眼なので見えにくい視力でも キャップ式は蓋を開けて置かなくていいので助かります。 大島椿 ヘアカラートリートメントのテクスチャー トリートメントの中身は今回のお色が「ライトブラウン」ということで 真っ黒ではなく手に取ると濃いブラウンだなという印象の色です。 テクスチャーは普通のトリートメントよりは少し硬めかなとも思いましたが、気になるほどではありませんでした。 大島椿 ヘアカラートリートメントの使用感 実際使ってみて、大島椿カラートリートメントは 「無香料」とありますが髪を洗い終えた後にかすかに特有の「におい」を感じます。 恐らく椿油のにおいではないかと思います。 しかし、 白髪染め特有のツーンとしたにおいは全くないのでトリートメント中は白髪染めをしているという感覚にはならずに済みますよ。 トリートメント剤を髪に付ける時に、はじめは付属のクシにトリートメント剤を乗せて全体に伸ばしていきましたが私のように白髪が目立つ人は、 はじめはトリートメント剤を手に取って髪全体に付けた後に付属のクシで髪の表面だけではなく内部まで色が行き渡るようにクシでとかした方が良いです。 クシだけで染めると、クシの根元にトリートメント剤が残っていて結果全部のトリートメント剤が上手に行き渡らないような気がします。 すすぎですが、白髪染めやカラートリートメントを流すと真っ黒な水が出るって印象がありますが、 大島椿カラートリートメントは真っ黒なすすぎ水というよりは、黒の絵の具を水で薄めたような色のすすぎ水でした。 すすぎの時に薄い黒いすすぎ水と一緒に白い泡も一緒に流れてきます。 薄い黒い水はわりとは早めに綺麗なすすぎの水になりますが、 白い泡の方が残っているので泡がキレイになくなるまでよくすすいでく下さいね。 大島椿 ヘアカラートリートメントの頭皮への刺激 染める途中のピリピリとか染めたあとのかゆみとかは私は感じませんでした。 しかし、アレルギーが心配の方は様子を見て、 はじめは1~2日置きの使用などを検討してみるといいかもしれませんね。 白髪が特に酷いトップと耳まわりの生え際ですが、普段は2か月に1回のペースで白髪染めをしています。 しかし、 1か月も経たない内に白髪って目立ってきてしまいますよね。 画像は白髪染めをしていない期間が2か月以上経ってしまっているので、かなり白髪が目立ってしまっています。 あまり頻繁に白髪染めをするのは髪のために良くないと思い、白髪が目立ってきた残り1か月はドラッグストアなので売っている白髪隠しを使用したりしていました。 商品と一緒に入っていた説明書によると、 「色が染まりにくい場合は10分くらいおいてください。 」とあるので、白髪が酷いので10分おいてみる事にしました。 10分おいてみた結果、全体的にはよく染まった方ではないかと思います。 細かい所は初日なのでまだ白髪が残っていますが、添付のクシで髪の表面だけではなく中まで行き渡るようによくとかしながらトリートメントを髪全体に広げて染めた結果だと思います。 ただ色味が私の地毛が黒っぽい為、 染まった部分が黒ではなくわりと明るめのブラウンかなという感じです。 使い始めの5日間でよりよく染めることで、5日目以降一日おきなど毎日染めなくても色持ちが良くなるのではないかと思います。 実際3日目は8分置いた結果が上の画像です。 トップはまだ白髪が残っていた1日目に比べるとほとんど白髪が目立たなくなってきました。 耳まわりの生え際も白髪は目立たなくなっています。 しかし、 白髪が元々酷い耳まわりの生え際は白髪にトリートメントの色が入り白髪だった所だけ地毛よりかなり明るめのブラウンになっています。 全体的に見ると3日でかなり白髪は目立たなくなっていました。 3日目に比べて、トップも耳まわりの生え際も白髪はもう無いといっていいレベルまで染まっています! 3日目までは元々白髪だった所が地毛よりかなり明るく染まってしまっていたので、鏡で見ても明るくブラウンに染まった所だけキラキラ光って見えていました。 5日目にして全体的に色が入り始めたのか、キラキラした感じも落ち着いて地毛の黒髪と染めた明るいブラウンのツートンカラーが目立たなくなっています。 ここまで染まってくれるとは思わなかったのでかなり感動的です! 大島椿 ヘアカラートリートメントの汚れの落ちやすさ 髪の染まりがいいのは本当に嬉しいのですが、 髪の長さが私のように肩までの長さがあったりすると、どうしても肩にトリートメント剤が付いてしまっていつの間か肩が黒くなってしまっていたり。。 自分に付いてしまったのも悲しいですが、知らない間に浴槽に黒くトリートメント剤が付いてしまった場合は汚れの落ちが気になりますよね。 浴槽はやっぱり綺麗に使っていきたいですものね。 そこで、私の指で色落ちを実験してみました。 汚れの落ちやすさの参考にしていただけたら嬉しいです。 でも、この色が知らない間に自分の身体や浴槽に付いてしまっていたら悲しいですね。 まだ潤っている感じが画像でもおわかりいただけると思います。 完全に乾いていないので、水洗いすれば思いのほか綺麗に落ちるのではないのかなと少し期待しました。 これは素晴らしい! しかし、水洗いだけだと完全には汚れは落ちきれません。 よく見るとうっすら汚れはまだありますから。 爪の間も落ちきれていないので、 やはり汚れに気が付いたら早めに汚れを落とす事をお勧めします。 大島椿 ヘアカラートリートメントの色持ち せっかく連続5日かけて綺麗に染まった髪がどれだけ日持ちするのか気になりますよね。 出来たら毎日ではなく数日置きくらいに染める間隔が空くと楽に染められ、綺麗な状態が自然に保たれるのではないかと思います。 実際私が、5日連続染めた後に7日間どの程度色持ちをするのか試してみました。 今回使用した色が「ダークブラウン」で、私の地毛が大島椿カラートリートメントのダークブラウンよりも暗めの色なので白髪には明るめの色が入った印象でした。 7日間使用しないでいた間は明るめに入った色が、 3日目位から脱色し始めた感じで「もう一度染め直したいな」と思う感じでそのまま7日目を迎えましたが、脱色は特にトップの方が進んでしまいました。 白髪が気になる人は、説明書にも書いてありますが5日間染めた後は、 シャンプーの2回に1回の頻度で使用すると、好みの色が保たれるのではないでしょうか。 レビューのまとめ 大島椿ヘアカラートリートメントは 昔から使われて来た椿油の髪への艶やハリ・コシを与える効果をカラートリートメントにも用いることで、白髪に悩む大人の女性が美しい髪を保ちつつ綺麗に染め上げるカラートリートメントです。 商品説明書には置き時間は5分となっていますが、白髪の量に応じて10分位までは延長しても構いません。 無香料なので、10分置き時間を設けても浴槽にツンとした臭いが充満する心配がないのはいいですね。 染まり具合も回数を重ねることで色に深みが増していき理想の色に染まっていきました。 また、一番満足したのは洗い上がりのツルツルした手触りです。 本当に椿油のハリ・コシ・艶を実感出来る洗い上がりで朝の寝ぐせも落ち着いていました。 コスパは私のようなセミロングだと1回あたりの金額は413円、ショートヘアだと275円、ロングヘアだと496円となります。 1本使いきるのにセミロングが6回程度、ショートヘアが6回程度、ロングヘアが4~5回程度となりますが、私のようにサロンで白髪染めを2か月に1回の頻度で染めているような人が、 次のサロンで染めるまでの間のつなぎとして使用するなら充分なコスパではないかと思います。 大島椿 ヘアカラートリートメントを購入するならどこが良い? 大島椿ヘアカラートリートメントはドラックストアでも購入出来るようですが、 私の住んでいる地域のドラックストアでは見つける事が出来ませんでした。 売られているお店にばらつきがあるなら、インタネットからの購入が間違いなく手に入る手段だと思います! そこで、どこで購入すれば一番お安く購入できるのかを調べてみました。 楽天についてですが、意外なことに楽天では取り扱いのお店が見つからなかったんです。 これは残念でした。 購入する手段としてはamazonかyahoo!に絞られたわけですが、 amazonなら送料無料で購入出来ますし、「お急ぎ便」を利用すれば翌日には発送してもらえます。 一方yahoo!の方ですと、送料が540円かかりますし、通常の発送でも7日以内の発送となっていますので手元に届くまで時間がかかってしまいます。 以上のことを考慮して、 断然amazonからの購入をお勧めします。 椿油配合の大島椿ヘアカラートリートメントで白髪のないハリ・コシのある綺麗な髪を目指してみませんか?.

次の

大島椿のヘアカラートリートメント(白髪用)

大島椿 ヘア カラー トリートメント

3つの美髪成分が髪にうるおいとつやを与え、ハリ・コシのある髪に導きます。 シャンプー後のトリートメントとして使うたび、徐々に染まります。 使用開始後、連続使用で5回程度が仕上がりの目安です。 ツバキセラミドが髪のダメージを補修し、椿油がキューティクルの損傷を防ぎます。 また、椿油が必要な水分をキープしながら、髪1本1本をなめらかに整え、しっとりまとまる艶やかな髪に導きます。 カラーリングしている時も、髪を弱酸性に保ちます。 白髪染めのツンとしたにおいがなく、無香料なので、快適にカラーリングをしていただけます。 黒髪、濃い髪の色を明るい色にすることはできません。 【使用方法】 ・シャンプー後、タオルで髪の水気をよく切り、適量を付属のブラシで髪によくなじませます。 【セット詳細】 専用ブラシ 【成分】 水、ミリスチルアルコール、DPG、ジメチルステアラミン、カメリア種子油、ベヘニルアルコール、ツバキ種子エキス、加水分解シルク、白金、炭酸水素Na、シア脂、アジピン酸ジイソブチル、ミリスチン酸、ヘキシルデカノール、ココイルアルギニンエチルPCA、フェノキシエタノール、イソステアリン酸PG、乳酸、4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール、HC黄4、HC青2、塩基性青99 【注意事項】 ・傷・はれもの・湿疹等、異常のある時はご使用をおやめください。 ・本品を使用して刺激等の異常があらわれた時は、使用を中止し皮膚科専門医等にご相談ください。 ・目に入った時はすぐに洗い流してください。 ・お肌や浴室内、洗面台等に色素が付着した際は、取れにくい場合がありますのですぐに洗い流してください。 ・本品が直接衣服等の布製品につかないようにご注意ください。 ・本品は頭髪以外の部位には使わないでください。 ・使用後はしっかりキャップを閉めてください。 ・乳幼児の手の届かないところに保管してください。 ・極端に高温・低温の場所は避け、直射日光の当たらない場所に保管してください。 【原産国】 日本 【ブランド】 【発売元、製造元、輸入元又は販売元】 大島椿 リニューアルに伴い、パッケージ・内容等予告なく変更する場合がございます。 予めご了承ください。

次の