最適 化 され た バッテリー 充電 と は。 iOS13アプデ後の充電時の発熱、原因は「最適化されたバッテリー充電」

【iOS 13】iPhoneのバッテリー充電が80%で止まる?「最適化されたバッテリー充電」とは

最適 化 され た バッテリー 充電 と は

車のエンジンの始動や電装品(ヘッドライトやルームランプ、エアコンなど)で使われる電気を供給するために欠かせない部品が「バッテリー」です。 バッテリーに蓄えられている電気の量が低下すると、電装品が作動しにくくなったり、「バッテリー上がり」によってエンジンがかからなくなったりといったさまざまな不具合が生じます。 いざというときに困らないようバッテリーのしくみを知り、「いつ、どのようなタイミングで電気の容量が足りなくなるのか?」を学んでおきましょう。 蓄えられている電気の容量が不足している場合は、充電を行わなくてはなりません。 今回はカーバッテリー充電器を用いる方法を中心に、バッテリーを充電する方法も詳しく解説します。 バッテリーのしくみ バッテリーとは? バッテリーをひとことでいうと、「車内の機器に電気を供給する装置」です。 車に積まれているバッテリーは主にエンジンの始動、ライト・カーステレオやカーナビ、その他制御機器を動かすための電気を供給するのに必要とされます。 バッテリーから電気が供給されるしくみ バッテリーはエンジンの始動時から機能し始め、次のような流れで電気の供給を行っています。 エンジンが止まっている間や、エンジンの始動時には電気を供給しているバッテリーですが、エンジン始動後や走行中はオルタネーター(発電機)から使った分の電気をバッテリーに充電しています。 走行中に電気を蓄えておくことによって、必要なときにいつでも電気を供給できるしくみになっているのです。 このように、バッテリーからの電気はエンジンの始動に不可欠なものなのです。 以後、エンジンがかかっている間に車内で必要になる電気は、基本的にオルタネーターから供給されることになります。 バッテリーはこの他「エンジン停止中に使用する電装品」、および「走行中、オルタネーターだけでは電気の供給が不足したとき」にもそれぞれ電気の供給を行っています。 バッテリー充電が必要になるタイミング バッテリーは通常、エンジンの稼働中にオルタネーターから供給される電気で充電を行っています。 そのため、本来であれば改めて充電を行う必要はありません。 しかし、以下のような状況に該当するタイミングでは充電が必要になる場合もあります。 バッテリーの電圧低下を示す兆候には次のようなものがあります。 ・セルモーター(エンジンをかけるときのモーター)の音が弱く、遅くなる• ・パワーウィンドウの動きが遅くなる• ・ヘッドライトが暗くなる これらの兆候が見られる場合はバッテリーを充電しましょう。 6V以下を示しているとき 車のバッテリー電圧の標準値は、エンジン停止時で12. 6V、エンジン始動直後で14Vといわれています。 電圧計でバッテリー電圧を測定し、これらの値を下回るようならバッテリーが弱っていると考えられるので充電したほうがいいでしょう。 バッテリーがそろそろ寿命を迎えるようなら、充電だけでなく交換も検討してください。 バッテリー電圧の測定には、カー用品店などで販売している外付けの電圧計などを使用します。 カーバッテリー用の電圧計はシガーソケットに装着して使用するタイプが一般的です。 バッテリーを充電する方法 バッテリーを充電する方法は大きく分けて3つあります。 それぞれ順番にご紹介していきましょう。 このしくみを利用すると、「ある程度の距離を、一定以上の速度で走り続けること」でバッテリーを充電することが可能です。 その際、エンジン回転数が大きいほど効率的に充電できます。 この方法でバッテリーに不足した電気を効率的に充電するには「1週間に1回・20〜30分程度・時速50〜60kmで走行すること」が一つの目安になります。 このような条件で走行しバッテリーを充電することが困難な場合には、アイドリングによる充電を試みましょう。 しかし、アイドリング中はエンジン回転数が1,000回転以下になるため、エンジンの始動に必要な程度の電気しか充電することができません。 あくまで緊急時の対応策としておくのがよいでしょう。 ただし、劣化が進んだバッテリーの場合には、これらの方法で完全に充電するのは困難です。 バッテリーの交換を考えたほうがいいでしょう。 バッテリー上がりなど緊急時の対策に役立つ他、バッテリーが劣化している、寿命が近いと疑われるようなケースにも適しています。 料金は発生しますが、車の点検を兼ねることにもなるためしばらくメンテナンスを怠っているような場合にはおすすめです。 具体的な手順については、次の章で詳しく解説します。 自分でバッテリーを充電する方法 カー用品店などで購入できる「カーバッテリー充電器」があれば、自分でバッテリーを充電することも可能です。 今回は一般的なカーバッテリー充電器を使ったバッテリーの充電方法をご紹介しましょう。 実際には機種により充電の仕方が異なるため、マニュアルを確認しながら作業を進めてください。 普通乗用車の場合は12V。 複数の電圧に対応したカーバッテリー用充電器もある。 充電が終わったら充電器の電源を切り、コンセントからプラグを抜いてブースターケーブルを外してください。 バッテリーを充電する際の注意点 バッテリーを充電する際によくある疑問点をまとめました。 ・プラスとマイナスを間違えて繋いだ場合、車内の電子機器が故障する• ・バッテリーを過充電してしまった場合、水素ガスの飛散や液漏れが起こる そのため、充電時だけに限るなら、バッテリーを取り外してから充電するほうが安全といえるでしょう。 しかし、バッテリーを取り外すこと自体も非常に危険な行為です。 マニュアルを確認して推奨されているやり方を選び、不安があれば、無理をせずメーカーや業者に連絡したほうがいいでしょう。 完全充電とは、ゆっくり時間をかけてバッテリーを充電する方法です。 所要時間は10時間程度。 過充電を防ぐためにタイマー付きの充電器を使って行ったほうがいいでしょう。 タイマーがない場合は数時間程度の充電にとどめておくほうが無難です。 急速充電とは、バッテリー上がりなどの際に短時間でエンジンを始動可能にするための充電です。 こちらは素人が行うのは危険なので、近くの自動車ディーラー、自動車整備工場などのプロに依頼して任せたほうがいいでしょう。 バッテリー内部に一度に大量の気泡が発生すると、圧力によって爆発が起こる危険性があるからです。 「一般社団法人 日本電池工業会」によれば、キャップは開放して充電するのが望ましいとされています。 ただし、機種によってはキャップが無い、キャップを外せないなどの製品がありますので、キャップをしたままで充電ができるのかマニュアルなどで確認し、必要によっては専門業者に相談してください。 参考: 普段からバッテリーをしっかり充電しておけば、バッテリー上がりなど不測の事態に備えることができます。 ある日突然困ってしまわないように、日頃からの備えを万全にしておきましょう。

次の

【Android】「電池の最適化」をオフにする方法

最適 化 され た バッテリー 充電 と は

アイフォン修理のダイワンテレコム新宿店です。 アイフォンは、息の長いスマホとして知られています。 一目でアイフォンと分かるアイデンティティが確立された統一デザインは、ニューモデルが発売された後でも旧モデルが古臭くなりにくく、アイフォンの心臓とも言える「iOS」が随時更新・アップデートされることで常に最新機能とセキュリティを反映できるからです。 1人のユーザーが、次のアイフォンやスマホに買い換えるまでの平均的な使用期間は2~3年程度と言われますが、中には、4~5年の長きに渡って愛用するユーザーも少なくなく、使用年数は徐々に伸びる傾向にあります。 Appleでもこうした傾向を踏まえてか、2018年秋に登場すると言われる「iOS12」は、最も古いモデルではアイフォン5sでアップデートする事ができると発表されています。 アイフォン5sは2013年発売モデルのため今年2018年で5年目を迎えますが、未だに一定の人気を保っているロングセラーとなっています。 そんなアイフォンを最良の状態で長期間使い続けるためには、バッテリー性能の維持が欠かせません。 今回は、充電方法によってその寿命が大きく左右されるバッテリーの、正しい充電方法をご紹介します。 アイフォンに使用されているリチウムイオン電池は、薄型で自由な形に成型できる高エネルギー・高性能な電池です。 リチウムイオン電池は速い充電が可能で電池の持ちも良いという特徴を持っているため、現代社会においてより多くの電力を必要とするスマートフォンには打ってつけのバッテリーと言えますが、欠点・弱点も併せ持っています。 リチウムイオン電池は熱に弱い リチウム電池の最大の弱点は「熱」です。 AppleのWEBサイトには、バッテリーに対する公式見解が掲載されています。 さらに、iOS機器はデバイス内部の温度が正常な動作温度の範囲を超えると、自らを保護するために「ディスプレイを消す」「低電力モードになる」等の動作を起こすとしています。 充電に関してもバッテリーを労わる方法が採られており、iOS機器の充電は2段階で行われます。 最初は利便性のため容量の80%までを高速充電し、残りの20%はバッテリーに温度上昇によるダメージを与えないよう、 電流を弱めゆっくりと優しい充電 トリクル充電 を行います。 満充電は、充電の状況によっては高温を発生しバッテリーの劣化を早める元となりますし、リチウムイオン電池の場合、フル放電は深刻なダメージを負う可能性が高いため、できるだけ「フル充電」「フル放電」の状態にしないように充電~使用を繰り返す事が良いとされているのです。 なぜトリクル充電が必要なのか バッテリー容量の80%までは急速充電をし、それ以降はトリクル充電をする理由は何かと言えば、80%以上の容量を充電すること自体がバッテリーには厳しい状態だからです。 それゆえ急速充電からトリクル充電に切替え、電流を弱めてそ~っと優しい充電を行うわけです。 これを言い換えれば、もし使用環境や状況が許すなら、常に充電は80%程度までに抑える事でバッテリーが長持ちするわけですが、80%までしか充電しないのは現実的ではありません。 せめて90%程度には収めるよう意識する事で、バッテリーの実用性を確保しながらバッテリー寿命を延ばせるかもしれません。 そこで、予め設定した充電量になるとアラームで知らせてくれるアプリが登場しました。 「 Charge Alarm チャージアラーム 」というアプリで、任意の充電量になると指定したアラーム音で知らせてくれます。 このアプリを使用すれば、うっかり容量チェックを忘れた場合でもフル充電にならずに充電コードを外す事ができます。 アラーム音は、リストから好きなものを選ぶ事が可能です。 ただ1点使いにくいのは、このアプリを使用している間に他の機能・アプリを立ち上げると、アラーム機能が無効になってしまうことです。 もちろん、充電をしながらの利用はしない方が良いという原則に従えば当然の機能かもしれませんが、メールやSNSなどの通知が表示されるとやはりチェックしたくなるものです。 その場合には、再度アプリを開いてからスリープ状態にしないとアラームが鳴りませんので注意が必要です。 バッテリーの保管時にもバッテリー残量を確認 バッテリー満タン状態や、逆にカラの状態で、アイフォンを長期間保存する 電源をONにしない 事も避けるべきです。 Appleでは、保管中であっても時々バッテリー残量を確認し、常に残量が20~80%の間、その中でもなるべく50%前後の状態を保つよう推奨しています。 フル充電・フル放電に纏わる都市伝説2選 ご参考までに、フル充電やフル放電に纏わる誤った都市伝説を2つご紹介しておきます。 】 これは、ひと世代前の「ニッケル水素電池」での「良い充電方法」を言い表したものです。 「メモリー効果」とは、容量を残したまま充電した場合に、残した分の容量が記憶されて徐々に実際に使用できる充電容量が目減りしてしまう現象です。 これを防止してバッテリーを長持ちさせるには「継ぎ足し充電はNG」とされていました。 しかし、現在のスマホバッテリーの主流であるリチウムイオン電池は、「メモリー効果」を起こしにくい特性を持っているため、フル放電によるダメージの方を優先して考慮すべきです。 アイフォンの「低電力モード」は、もちろんユーザーの利便性の問題もありますが、通常使用を続ける事でフル放電状態になってしまう危険性を少しでも回避するためにバッテリーのことを考慮した機能でもあります。 目安として、「低電力モード」に切り替わる20%の容量を残したまま充電することの方が、リチウムイオン電池に優しい充電方法です。 言い換えれば、ニッケル水素電池の時代にNGとされていた「継ぎ足し充電」こそ、リチウムイオン電池にとって寿命を延ばす優しい充電方法と言えます。 そして、満充電になる前に充電を終了する事で、フル充放電によるバッテリーへのダメージを最小限にする事ができます。 】 こちらは充電コードの繋ぎ放しに関する都市伝説です。 例えば、就寝時に充電したアイフォンが朝起きたら熱くなっていたという経験はないと思います。 それはつまり、アイフォンはフル充電になったら充電を遮断する機能を持っていて、無駄に充電し続ける事はないということなのです。 ただし、充電をしたままゲームをしたり動画を視聴したりすることは、充電放電を繰り返し高温になる可能性が高いので避けるべきです。 充電中の高負荷コンテンツの利用はバッテリーには非常にダメージを与えてしまいます。 iPhoneバッテリーを守る2つの考え方 ・ アイフォンを極端な高温状態で利用・保管しない ・ フル充電、フル放電をせず、継ぎ足し充電を心がける ・ 充電コードの繋ぎ放しは大きな問題ではないが、充電したまま高負荷コンテンツを利用しない 前項で述べたこれらの点について、科学的・理論的に説明すると、以下2つの重要な考え方になります。 フル充電サイクル 「アイフォンのバッテリーは500回充電すると寿命になるらしい」と聞いた事はありませんか? 実はそれ、正しいようで、実は微妙に間違っています。 正しくは、500回充電ではなく、500回の「フル充電サイクル完了時」です。 こちらの図は、充電・放電の状態を表していて、左から右へ時間が進行すると考えてください。 黄緑色の部分が充電を行っている状態で、灰色の部分が放電 iPhoneを使用 している状態です。 この図では、充電された状態から75%分を使用し、また100%まで充電し、そこから25%分だけ使用しました。 放電量は、1回目75%、2回目25%の使用を合わせて100%になりますが、これを「フル充電サイクル」1回とカウントします。 つまり「フル充電サイクル」とは、充電・放電を繰り返しながらバッテリー使用量 放電量 が100%になるごとに1回カウントされる訳です。 (「充電サイクル」と言いながら充電回数の合計ではないのが分かりづらいですね) つまり、Appleが言う500回という回数は、「充電コードに繋いだ回数」や、「満充電まで充電された回数」ではなく、放電量の合計が100%になるごとにカウントされる「フル充電サイクル」の回数だという事です。 Appleでは、500回のフル充電サイクルに到達した場合に、初期容量の80%を維持するよう設計しているとしています。 これは逆を返せば、バッテリー容量が80%を切った場合には、アイフォンが必要とする充分な電力を供給できなくなる可能性が高い事を意味しています。 これは、1度に充電される量が多ければ多いほどバッテリーの負担となりダメージを与えるという考え方です。 こちらは、1度の充電量の違いを図式化したものです。 「A」 は、残量が20%になった時点で、90%まで充電しています。 充電量は70%です。 「B」 は、残量30%から90%までの充電、充電量は60%です。 「C」 は、残量50%から80%までの充電、充電量は30%です。 この1度の充電量の多さを深さと捉え「深度」という言い方をします。 誤った充電回数の認識で考えると「A」が最も良い充電方法に思えますが、「充電深度」の観点で考えた場合には、1度の充電量が最も少ない「C」がバッテリーに優しい充電方法となります。 つまり「充電深度」とは、リチウムイオン電池の「メモリー効果」を起こしにくい特性を利用し、充電回数が多くなったとしても1度の充電量を少なくしバッテリーへのダメージを少なくしようとする考え方です。 朝出かけてから夜帰宅するまでバッテリーが持たないのであれば、現実に即しているとは言えません。 劣化したバッテリーは早めの交換がおすすめ iPhoneに限らずスマホ用のバッテリーは、劣化が進むと充電容量の減少だけでなく様々な症状が現れてきます。 こちらの画像は、新品 左 のバッテリーと、劣化 右 したバッテリーの厚みを比較したものですが、約2倍近くまで膨張している事がわかります。 このまま放置すればバッテリーはさらに膨張を続ける可能性が高いです。 バッテリーの膨張自体に危険性は少なく、爆発等はほとんどないとされていますが、バッテリーが筐体内部で膨張する事による影響は深刻な場合があります。 バッテリーが膨張する力は想像以上に強いもので、ボディを変形させてしまったり基盤などの部品を損傷させてしまう事例も報告されています。 さらにボディの変形が「防水端末」で発生した場合、防水性能は失われてしまいますし、液晶パネルが損傷すればTouch ID等の機能も正常に動作しなくなってしまいます。 もしiPhoneが内部から押し広げられているようであれば、早めのバッテリー交換をおすすめします。 アイフォンのバッテリー劣化状況を把握するには iOS11. 3をインストールしているiPhoneでは、ベータ版ながら「バッテリーの状態」の機能が追加されました。 こちらは、バッテリーが正常な状態とピークパフォーマンス 最大パフォーマンス 管理が適用された状態の画面表示です。 正常な状態 左 ではピークパフォーマンスであることが表示されていますが、バッテリーが劣化しピーク電力を供給できずにシャットダウンが発生した場合 右 には、シャットダウンが再発しないように管理機能が働く旨が表示されるようになります。 先ほども記述した通り、Appleではアイフォンバッテリーについて、フル充電サイクル500回に至っても初期容量の80%を維持するよう設計しているとしていますが、使用環境や状況によりバッテリーの劣化具合は様々です。 バッテリーの状態機能を参照して、バッテリーの劣化状況を把握する事が重要ですし、もし劣化が進んでピーク電力を供給できないのであれば、早めのバッテリー交換をおすすめします。 「24時間以内」と「10日以内」の2つの時系列で各々表示され、その下には各時間帯・日付ごとのアクティビティ 利用した機能やアプリ が利用時間ごとに表示されます。 これにより、非常に詳細なバッテリー管理が可能になります。 例えば、一定の時間内で画面がONになっていた時間も分かりますし、どんなアプリや機能にバッテリーを消費したのかアプリごとの消費割合を表示してくれます。 さらに、充電を開始した時のバッテリー残量や、充電を終了した時の残量などといったきめ細かなデータを取得することが可能で、日付や曜日ごとのバッテリー使用状況、使用した機能・アプリの内訳も把握する事ができます。 iOS12では目新しい機能の追加よりも、質の向上や機能・性能のブラッシュアップを主眼にしたと言われていますが、このバッテリー管理機能においても、iOS11に比べてはるかにきめ細かな情報を得る事ができるようになっています。 1つは、Appleにて純正バッテリーに交換する方法。 もう1つは非正規店を利用する方法です。 また、交換作業には店舗での予約や宅配便での往復等、時間がかかるためデメリットも少なくありません。 これに対し、Appleではない非正規店での交換は、料金が割安で利用しやすい等のメリットがある反面、信頼性の高い業者を選ばないと危険という側面もあります。 ただ、バッテリー交換の際に保存データを消さずに残せる場合がほとんどですし、交換作業も数分で終了することもあり、Apple純正にはないメリットも少なくありません。 どちらにもメリット・デメリットがありますので、ユーザーの優先順位・重要視する点によってどちらにするかを選択できると思います。 アイフォン6以降の対象端末であれば、期間中サービス価格でバッテリーを交換する事が可能です。 バッテリーを守る正しい充電方法まとめ ここまで見てきたように、アイフォンのバッテリーを長持ちさせるにはリチウムイオン電池の特性に合わせた優しい充電を心がける必要があります。 ・ 高温の場所での使用や保管は避ける ・ 極低温時に発生するパフォーマンスの低下は、周囲の気温が上昇すれば回復する ・ フル充電・フル放電の状態にしない ・ 充電量は80%を超えるとバッテリーの負担となる ・ 長期保管の際には、残量を50%程度に保つようにする ・ ニッケル水素電池の非常識 「継ぎ足し充電」はリチウムイオン電池の推奨充電方法 ・ リチウムイオン電池では「メモリー効果」は気にしなくてよい ・ 充電コードの繋ぎ放しによるバッテリー寿命の短縮はない ・ フル充電サイクルとは、放電量の合計が100%になると1回カウントされる ・ Appleの言う充電500回は、フル充電サイクル500回を意味する ・ 充電深度 1度の充電量 を浅く 少なく する事はバッテリーに優しい ・ iOS11. 3以降、バッテリーの劣化状況を確認できるようになった ・ iOS11. 3以降、ピークパフォーマンス性能の状況を把握できるようになった ・ 次期iOS12では、さらに詳細なバッテリー管理機能が搭載される ・ 劣化したバッテリーはアイフォン本来の機能・性能を発揮できなくする可能性がある ・ アイフォンは、必要な電力を供給できなくなるとシャットダウンする事がある ・ 劣化したバッテリーは、早めの交換を推奨 ・ バッテリー交換はApple正規店か、非正規店を選べる 文字で箇条書きにするのは簡単ですが、実際問題として「充電深度を浅く」「フル状態を避けて」充電するのはあまり現実的とは言えません。 実際の使用上、実用的でなおかつバッテリーに優しい充電はどんな充電かと考えてみれば、 【 アイフォンを極端な高温環境で使用・保管しないようにし、アイフォンが自らを守ろうと「低電力モード」への切換えを訴えてくる20%手前までには充電を開始し、80~90%程度で充電を終わらせる。 それにより充電深度を比較的浅くしつつ、フル放電・フル充電状態にさせないこと。 】 と言えそうです。 同じアイフォンでも、日々のバッテリー充電・放電の方法でその寿命は大きく変わってきます。 Appleでは、発売から4~5年経過したモデルでも、新たなiOSに対応させ最新の機能やセキュリティを提供していますが、アイフォンの心臓とも言えるバッテリーが劣化してしまっては最新の機能やセキュリティを活かす事はできません。 少し手間がかかり面倒かもしれませんが、日々の生活の中で愛用しているアイフォン(バッテリー)のこと、少し気を遣ってみませんか?.

次の

【iOS 13】iPhoneの「最適化されたバッテリー充電」とは 充電が80%で止まる?

最適 化 され た バッテリー 充電 と は

車のエンジンの始動や電装品(ヘッドライトやルームランプ、エアコンなど)で使われる電気を供給するために欠かせない部品が「バッテリー」です。 バッテリーに蓄えられている電気の量が低下すると、電装品が作動しにくくなったり、「バッテリー上がり」によってエンジンがかからなくなったりといったさまざまな不具合が生じます。 いざというときに困らないようバッテリーのしくみを知り、「いつ、どのようなタイミングで電気の容量が足りなくなるのか?」を学んでおきましょう。 蓄えられている電気の容量が不足している場合は、充電を行わなくてはなりません。 今回はカーバッテリー充電器を用いる方法を中心に、バッテリーを充電する方法も詳しく解説します。 バッテリーのしくみ バッテリーとは? バッテリーをひとことでいうと、「車内の機器に電気を供給する装置」です。 車に積まれているバッテリーは主にエンジンの始動、ライト・カーステレオやカーナビ、その他制御機器を動かすための電気を供給するのに必要とされます。 バッテリーから電気が供給されるしくみ バッテリーはエンジンの始動時から機能し始め、次のような流れで電気の供給を行っています。 エンジンが止まっている間や、エンジンの始動時には電気を供給しているバッテリーですが、エンジン始動後や走行中はオルタネーター(発電機)から使った分の電気をバッテリーに充電しています。 走行中に電気を蓄えておくことによって、必要なときにいつでも電気を供給できるしくみになっているのです。 このように、バッテリーからの電気はエンジンの始動に不可欠なものなのです。 以後、エンジンがかかっている間に車内で必要になる電気は、基本的にオルタネーターから供給されることになります。 バッテリーはこの他「エンジン停止中に使用する電装品」、および「走行中、オルタネーターだけでは電気の供給が不足したとき」にもそれぞれ電気の供給を行っています。 バッテリー充電が必要になるタイミング バッテリーは通常、エンジンの稼働中にオルタネーターから供給される電気で充電を行っています。 そのため、本来であれば改めて充電を行う必要はありません。 しかし、以下のような状況に該当するタイミングでは充電が必要になる場合もあります。 バッテリーの電圧低下を示す兆候には次のようなものがあります。 ・セルモーター(エンジンをかけるときのモーター)の音が弱く、遅くなる• ・パワーウィンドウの動きが遅くなる• ・ヘッドライトが暗くなる これらの兆候が見られる場合はバッテリーを充電しましょう。 6V以下を示しているとき 車のバッテリー電圧の標準値は、エンジン停止時で12. 6V、エンジン始動直後で14Vといわれています。 電圧計でバッテリー電圧を測定し、これらの値を下回るようならバッテリーが弱っていると考えられるので充電したほうがいいでしょう。 バッテリーがそろそろ寿命を迎えるようなら、充電だけでなく交換も検討してください。 バッテリー電圧の測定には、カー用品店などで販売している外付けの電圧計などを使用します。 カーバッテリー用の電圧計はシガーソケットに装着して使用するタイプが一般的です。 バッテリーを充電する方法 バッテリーを充電する方法は大きく分けて3つあります。 それぞれ順番にご紹介していきましょう。 このしくみを利用すると、「ある程度の距離を、一定以上の速度で走り続けること」でバッテリーを充電することが可能です。 その際、エンジン回転数が大きいほど効率的に充電できます。 この方法でバッテリーに不足した電気を効率的に充電するには「1週間に1回・20〜30分程度・時速50〜60kmで走行すること」が一つの目安になります。 このような条件で走行しバッテリーを充電することが困難な場合には、アイドリングによる充電を試みましょう。 しかし、アイドリング中はエンジン回転数が1,000回転以下になるため、エンジンの始動に必要な程度の電気しか充電することができません。 あくまで緊急時の対応策としておくのがよいでしょう。 ただし、劣化が進んだバッテリーの場合には、これらの方法で完全に充電するのは困難です。 バッテリーの交換を考えたほうがいいでしょう。 バッテリー上がりなど緊急時の対策に役立つ他、バッテリーが劣化している、寿命が近いと疑われるようなケースにも適しています。 料金は発生しますが、車の点検を兼ねることにもなるためしばらくメンテナンスを怠っているような場合にはおすすめです。 具体的な手順については、次の章で詳しく解説します。 自分でバッテリーを充電する方法 カー用品店などで購入できる「カーバッテリー充電器」があれば、自分でバッテリーを充電することも可能です。 今回は一般的なカーバッテリー充電器を使ったバッテリーの充電方法をご紹介しましょう。 実際には機種により充電の仕方が異なるため、マニュアルを確認しながら作業を進めてください。 普通乗用車の場合は12V。 複数の電圧に対応したカーバッテリー用充電器もある。 充電が終わったら充電器の電源を切り、コンセントからプラグを抜いてブースターケーブルを外してください。 バッテリーを充電する際の注意点 バッテリーを充電する際によくある疑問点をまとめました。 ・プラスとマイナスを間違えて繋いだ場合、車内の電子機器が故障する• ・バッテリーを過充電してしまった場合、水素ガスの飛散や液漏れが起こる そのため、充電時だけに限るなら、バッテリーを取り外してから充電するほうが安全といえるでしょう。 しかし、バッテリーを取り外すこと自体も非常に危険な行為です。 マニュアルを確認して推奨されているやり方を選び、不安があれば、無理をせずメーカーや業者に連絡したほうがいいでしょう。 完全充電とは、ゆっくり時間をかけてバッテリーを充電する方法です。 所要時間は10時間程度。 過充電を防ぐためにタイマー付きの充電器を使って行ったほうがいいでしょう。 タイマーがない場合は数時間程度の充電にとどめておくほうが無難です。 急速充電とは、バッテリー上がりなどの際に短時間でエンジンを始動可能にするための充電です。 こちらは素人が行うのは危険なので、近くの自動車ディーラー、自動車整備工場などのプロに依頼して任せたほうがいいでしょう。 バッテリー内部に一度に大量の気泡が発生すると、圧力によって爆発が起こる危険性があるからです。 「一般社団法人 日本電池工業会」によれば、キャップは開放して充電するのが望ましいとされています。 ただし、機種によってはキャップが無い、キャップを外せないなどの製品がありますので、キャップをしたままで充電ができるのかマニュアルなどで確認し、必要によっては専門業者に相談してください。 参考: 普段からバッテリーをしっかり充電しておけば、バッテリー上がりなど不測の事態に備えることができます。 ある日突然困ってしまわないように、日頃からの備えを万全にしておきましょう。

次の