オゾン 層 の 破壊 原因。 地球温暖化はオゾン層破壊が原因?それぞれに関係性はある?

メタンガスにオゾン層破壊効果はありますか? メタンガスにオゾ…

オゾン 層 の 破壊 原因

光化学スモッグの原因はオゾンだ。 工場や自動車から出る窒素酸化物や炭化水素が太陽の紫外線で化学 反応を起こすと、オゾンなどの有害物質が発生する。 これらが大気中に浮かび、もやのような状態になるのが 光化学スモッグである。 ひどいと目がチクチクしたり、のどが痛くなったりする。 オゾンそのものは生き物に有害な物質で独特の刺激臭があるが、酸化力が強く、殺菌などに効果があり、こう した力が身の回りでも利用されている。 水道水のカビ臭さを取り除くのにオゾンを利用している。 オゾンの泡を水に放出して、カビ臭さのもとを分解し ている。 オゾン水には、手を殺菌したり、野菜などを洗ったりするのに使われている。 また、水を使わずにオ ゾンで衣類の雑菌を除いたり、いやな臭いを消したりする洗濯機も登場した。 Q オゾン層はどうやってできたか? 46億年前に地球が生まれた頃は、太陽から紫外線が直接地上にふりそそいでいた。 そのため、生物は紫 外線の届かない海の中でしか暮らせなかった。 地球では、今から4億年前にシダ類や植物が陸の上にあらわれはじめた。 それまでの地球のまわりは、 98%が炭酸ガスにおおわれていて、酸素がほとんどなかった。 小さな生きものが32億年もの長い間、炭酸 ガスを酸素に変える仕事(光合成)をくりかえした。 そして、酸素からオゾン層ができて、紫外線をカットしてくれ るようになったので、生物は海の中から地上にあがれるようになった。 有害紫外線から地球を守っているオゾ ン層がなくなってしまうと、生き物は陸上では生きることができなくなってしまう。 オゾンも酸素も同じ酸素原子が集まってできている。 ただ集まっている数がちがい、酸素は酸素原子が2つ、 オゾンは酸素原子が3つ集まってできている。 Q オゾン層はなぜ破壊されている? オゾン層が破壊されると、地球に届く 紫外線の量が増える。 オゾン層が10%壊れると、有害な紫外線の量が 20%増える。 このことによる影響を考えてみよう。 また、 農作物が育たなくなり、 食料不足 が起こる。 特に、コメは紫外線の影響を受 けやすく、オゾン層が1割壊れると、収穫量が3/4 〜 2/3まで減るという研究結果もある。 ( 内容 ) オゾン層を保護するための条約である。 現在、フロンを使うことは禁止されていて、フロンのなかにあるオゾン層を壊す原因の「塩素化合物」という物質 は、「成層圏」のなかではわずかだが減少している。 ( 内容 ) オゾン層を破壊する物質の削減計画など定めた…特定フロンを10年で50%削減する。 特定フロンは、オゾン層への影響力がより少ない 代替フロン( HCFC )へと置き換えられていった。 日本で も、冷蔵庫やクーラーからのフロン回収を義務づけた。 代替フロンとは? オゾン層を破壊するフロンの代わりとして、ハイドロクロロフルオロカーボン( HCFC )やハイドロフルオロ カーボン( HFC )が登場した。 これらは、オゾンを破壊する塩素を含まないもので、 代替フロンと呼ばれ 、 半導体の製造過程や冷蔵庫などに用いられている。 1980年代後半から使われたHCFCは、オゾン破壊力がフロンの10分の1から100分の1ほどである。 それより新しいHFCにはオゾンを破壊する力はないが、二酸化炭素の15000倍もの 温暖化作用があるた め、1997年12月の地球温暖化防止京都会議で削減の対象になった。 ( 決定事項 ) 1995年までに、先進国のフロンの生産を全廃する。 代替フロン( HCFC )を2020年までに全廃する。 こうした取り組みの結果、2000年以降はオゾン層の減少傾向はみられなくなり、このままなら2050年までに1980年の水準に回復できるという。 2013年予想.

次の

犯人は誰なの? オゾン層破壊の元凶・フロンガスがまた増えている

オゾン 層 の 破壊 原因

関連: 関連: オゾン層破壊とは? 次にオゾン層破壊とは、 フロンガスによってオゾン(気体)で構成されている層が破壊される現象のことです。 オゾン層は太陽光に含まれている紫外線から生物を保護してくれていますが、 この オゾン層が破壊されることで地球温暖化が進むことはまずありません。 太陽光には紫外線以外にも物質を暖める効果を持つ赤外線などの光が含まれていますが、 オゾン層は紫外線を吸収できても、赤外線はほとんど吸収することはできません。 なのでオゾン層が破壊されていても、破壊されていなくても、 物質を暖める効果を持つ赤外線の降り注ぐ量はほとんど変わらないということになります。 これにより地球温暖化が起こる原因には、オゾン層破壊は関係ないということが分かりますよね。 では地球温暖化の原因はオゾン層が破壊されることとは無関係でしたが、 地球温暖化とオゾン層の破壊については全くの無関係なのでしょうか。 次の章では地球温暖化とオゾン層破壊の関係性について解説していきますね。 前の章では地球温暖化が起こる原因には、 オゾン層の破壊は特に関係ないということを解説しました。 この章では地球温暖化とオゾン層の破壊には、まったく関係性がないのかを見ていきます。 結論から言ってしまうと、 地球温暖化とオゾン層の破壊は全くの無関係ではありません。 それでは地球温暖化とオゾン層破壊にはどんな関係があるのか見ていきましょう。 オゾン層破壊による地球温暖化への影響 地球温暖化の原因はオゾン層の破壊によるものではありません。 しかしオゾン層の破壊が進むことで、地球温暖化に影響がまったくないわけではありません。 実は オゾン層の破壊が進むと地球全体の気温が少し下がる可能性があります。 つまり地球温暖化とは反対にオゾン層が破壊されると、 地球全体の気温を下げるかもしれないということです。 どういうことなのかというと、 オゾンという気体は少なからず温室効果を持っているからです。 地球温暖化の主な原因となっている二酸化炭素に比べると、 オゾンの持っている温室効果は小さいものです。 ですが小さくても温室効果を持っているオゾンが集まって構成されているオゾン層が破壊されれば、 地球内に熱を溜めようとする働きが小さくなるため気温の低下に繋がると考えられます。 関連: フロンガスは二酸化炭素よりも温室効果が強い 地球温暖化の主な原因は二酸化炭素などの温室効果ガスが、 大気中に増えることが原因であると言いました。 オゾン層破壊の原因であるフロンガスには、 地球温暖化の原因である二酸化炭素よりも強い温室効果があります。 二酸化炭素と比べるとフロンガスの温室効果は、 約数千〜1万倍といわれるほど強いとされています。 ではなぜフロンガスの方が二酸化炭素よりも温室効果が強いのに、 地球温暖化の主な原因は二酸化炭素だと言われているのか。 それは 大気中(空気中)に存在している温室効果ガスの中でも 圧倒的に多く存在している気体が二酸化炭素だからです。 いくらフロンガスが二酸化炭素よりも温室効果が強いと言っても、 空気中に存在している量が比較にならないほど二酸化炭素の割合が多いです。 だから二酸化炭素が地球温暖化の主な原因と言われています。 ちなみに地球温暖化とオゾン層破壊の問題をややこしいと感じる人は、 フロンガスが両方の環境問題に出てくるからかもしれません。 フロンガスが地球温暖化とオゾン層破壊のどちらにおいても少なからず影響しているため、 これらについての知識を混同してしまったのだと思います。 地球温暖化とオゾン層破壊についての違いを認識できれば、 全くの無関係ではないけれど、それほど密接な関係ではないということが理解できるでしょう。

次の

極端な北極温暖化の原因はオゾン層破壊ガスか

オゾン 層 の 破壊 原因

1フロンガスは、二酸化炭素に比べて、数千倍から1万500倍の温室効果がある。 2フロンガスは、成層圏まで上昇して、触媒作業でつぎつぎとオゾンを破壊して行き、約10万倍のオゾンを破壊する。 3フロンは空気より重く安定しています。 そのため、だんだんと薄められ暖められていくうちに偏西風に乗ってゆっくり上昇していくので、オゾン層に到達するまで長時間がかる。 4今、オゾン層を破壊しているのは15年前のフロンなのです。 5フロンガスは、オゾン層を破壊するのに、本格的な被害が出るのはこれからです。 6フロンガスによるオゾン層破壊は、人の健康や生態系にも被害を及ぼす。 7フロンガスによる、人への影響は、人を紫外線から守るためのオゾンの量が減少することによって、皮膚がんや白内障などといった症状の発生率が高まっています。 8海洋生態系の基礎となる浅海域の動植物プランクトンに影響を与えるほか、農業生産の減少も考えられる。 9紫外線が地球の表面に到達することによって、フロンガスによる、光化学スモッグの影響が出ている。 フロンガスによる地球温暖化現象 フロンガスが、オゾン層を破壊することで、地球温暖化の影響があります。 そのため、 フロンガスの中の種類でも、クロロフルオロカーボン( CFC )は、1995年末に生産を停止し、ハイドロクロロフルオロカーボン( HCFC )も1996年から生産規制を行っています。 現在、ハイドロフルオロカーボン HFC が、上記 2 つの代替フロンとして、使われているのですが、こちらも温室効果ガスとして、地球温暖化に影響があることがわかりました。 しかし、実際、代替フロンとして、環境に全く問題のないものというのは、未だにできていません。 結果的には、有害な物質が出ても、 環境に害が少ないものを利用しているのが現状です。 フロンガスは、どのようなものに使われているのでしょうか? 1995年末に、オゾン層破壊物質である、有害なフロンの生産は全廃されました。 ところが、それまでに生産され、冷蔵庫やエアコンの内部で冷媒として使用されているフロンガスが、地球上には、まだ存在しています。 2001年に 「特定製品に係るフロン類の回収および破壊の実施の確保等に関する法律」(フロン回収破壊法)というような規制があっても、なぜ回収されないのかというと、回収業者を通さず、不法投棄していることです。 不法投棄によって、廃棄された電化製品などから、フロンガスは、そのまま大気中に放出されています。 あるところでは、フロンを回収しないまま、プレスしてしまうというところも増えているようですよ。 このような冷蔵庫、エアコン等の廃棄方法をやめ、フロンガスを回収していくように対策を考えていかなければなりませんね。 オゾン層保護のため、フロンの回収を徹底する.

次の