不安 を 煽る。 極端に不安を煽る人やニュースからは距離を置いたほうがいい理由

不安を煽る人の性格や心理9選!煽ってくるビジネスや人への対処法も

不安 を 煽る

[動ラ五(四)]• 1 うちわなどで風を起こす。 また、風が火の勢いを強める。 2 風が物を揺り動かす。 また、風を受けて物が動く。 3 おだてたりして、相手がある行動をするように仕向ける。 たきつける。 扇動する。 4 物事に勢いをつける。 5 (「呷る」と書く)酒などをひと息に飲む。 6 写真で、 4を上向きにして写す。 また、低い位置から上向きに写す。 7 相場の高騰をねらって、意図的に大量に買う。 8 自動車の運転で、前を走る車の後ろにぴったり付いて走行する。 9 鐙 あぶみ で障泥 あおり をけって馬を急がせる。

次の

不安を煽る毒親

不安 を 煽る

毎日、テレビをつけると、新型コロナの報道ばかり・・・ マスコミは恐怖心を私たちに植え付けているようですが、どうなんでしょう? もちろん、新型コロナは怖いウイルスのようですが、過剰に恐怖心を煽る報道は止めて頂きたいと思っています。 そして、演出がリアルですね・・・ いかにも、怖そうな女性アナウンサーがリアルな恐怖報道をしています。 そして、御用学者(御用医者)が出演して専門家の立場から新型コロナウイルスの解説・・・これも、恐怖心を煽っていますね。 そこで、なぜ、マスコミは恐怖心を煽る報道しかしないのか? ここを私なりに考えてみました。 マスコミはマスゴミと言われている理由は? 今や、マスコミではなく、マスゴミと呼ばれていますね。 つまり、ゴミ・・・・いらないものなんです。 その理由は、マスコミ側にとって、 都合の悪い報道はしないで、都合の良い報道ばかりするんですね。 考えてみれば、マスコミは営利企業なので儲かれば良いだけなのです。 もちろん、ポジティブなニュースも流しますが、それは、ネタが乏しい時など、まあ、おまけ程度の報道ですね。 なので、私はニュースはほとんど信用しないようにしています。 それで、なぜ、マスコミは恐怖心を煽るのか? これは、先程述べたように私達人間は恐怖に関心があるからです。 どこかの人が殺人を起こしたとか・・・ 警察官が未成年女子を売春したとか・・ NHKの集金人がクレジットカードの暗証番号を騙し取ったとか・・・ このような、恐怖やネガティブな報道は誰か知らない人がやっていることなので、愉快な気持ちにすり替えて満足しているように思います。 人間って人の不幸を喜ぶ気質があるからでしょう。 そこを、マスコミは盛って報道するので簡単に儲かるということです。 私がマスコミを信じられなくなったのは「KY事件」 私がマスコミを信じられない・・・その、決め手となったのはKY事件です。 この事件は、随分昔(1989年)ですが、すごくショックでした。 というのは、私の趣味はスクーバ・ダイビングをしていたからです。 事件は、沖縄の西表島にある、 世界最大級のアザミサンゴで、ギネス世界記録 にも掲載されたことがあるという巨大珊瑚 が傷つけられた事件です。 その巨大な珊瑚に「KY」というイニシャルを彫ったダイバーがいるというニュースでした。 なんで、そんなことをするのか? ダイバーなのに・・・ とショックを隠しきれなかった記憶は忘れられません。 ところが、朝日新聞のカメラマンが取材で 自ら珊瑚に「KY」というイニシャルを彫って、それを、地元のダイバーの仕業として報道されたのです。 つまり、マスコミはショッキングなニュースに仕立て上げたということです。 もちろん、朝日新聞は結果的に詫びを入れていますがマスコミは、このようなことを普通に繰り返しているようです。 テレ朝の自作自演の番組など、他局でも多々放送されているのです。 いちど、You Tubeで「やらせ番組」で検索してみてはいかがでしょう。 つまり、マスコミはマスゴミ、そのものなのです。 よって、今回の新型コロナのニュース番組もどこまで信じられるのか? 分からないと思いますよ。 このように、マスコミは、盛って盛って、恐怖心を煽る報道しかしないように思います。 最後に、Facebookでこんな画像を見つけました。 これって、郡山の避難所になっている小学校なの? ・・・・? 何を信じたらいいのか? 恐ろしく思います。 それとも、この画像、合成かも? 最後まで読んでいただきありがとうございました。 よろしければ下記ツイッターからシェアして頂ければとっても嬉しいです。 affili-brog.

次の

新型コロナ報道 マスコミは、なぜ、恐怖心を煽るのか?

不安 を 煽る

突然の凶暴化、現実逃避…… 「あの温厚な人が、テレビに向かって怒鳴るのよ。 潮干狩りが禁止になっても、柵を乗り越えていく人たちがニュースに出ていて……『なんだこいつらぁ!』って」 東京都に住むAさん(女性、60代)は、緊急事態宣言後に起きた、夫の豹変に驚きを隠せないと話す。 テレビで気に障ることが出てくると、怒鳴り散らすのだという。 在宅勤務に切り替わったことで、夫が自宅にいる時間が長くなったことも関係したようだ。 普段よりテレビを見る時間が長くなり、必然的にコロナのニュースを目にする機会が増えた。 「 やっぱり怖いです」とAさんは率直に打ち明ける。 20代の筆者も、在宅勤務が始まって1週間ほどで、身体にさまざまな症状が起こった。 体がだるくなり、疲れやすくなった。 SNSを除いては不安が募る一方で「 ニュースを見たくない」という現実逃避も始まった。 逃げ込み先は、Netflix(ネットフリックス)でたまたま見つけた『愛の不時着』という韓国ドラマ。 ハラハラドキドキする展開とその非現実さがなぜか筆者を安心させ、自分でも異常では —— と感じるほど、ハマり込んでしまった。 ズルズルと時間ばかりが過ぎ、当然だが仕事は進まない。 だから、深夜まで起きていなくてはならなくなり、さらに生産性が落ちる……そんな負のサイクルに陥ってしまった。 社会不安がデマにつながる 写真:Shutterstock こうした状況は、今世界各地で起きているようだ。 アメリカうつ・不安障害協会(ADAA)は、不安障害やパニック障害の罹患者が増えると予測している。 日本でも、日本産業カウンセラー協会をはじめとした多くの機関が、新型コロナウイルスによる不安やストレスへの対処法について呼びかけている。 過度な不安は、デマの拡散も生む。 例えば4月上旬には、日本赤十字社医療センターの医師の名を騙(かた)り、「 現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めています」などとつづったチェーンメールが出回った。 4月10日には同センター長が「問い合わせが多数寄せられており、本来業務に多大な支障をきたして」いると公式に否定している。 なぜ、病気にかかってもおらず普通に暮らしていても、人は追い詰められてデマに走ってしまうのか ——。 臨床心理学・犯罪心理学を専門とする筑波大学教授の原田隆之氏に話を聞くと、一見非合理に見えるこうした現象は、心理学的に説明できるという。 不安な時は不安な情報を集めたい 「ソーシャル・ディスタンス」を保ちながら外に出ることも必要だ。 撮影:西山里緒 原田教授によると、まず「 こうしたパンデミック(世界的大流行)の状況下で不安になったり、ストレスを抱いたりすることは正常な反応です」と語る。 不安な気持ちと「不安でいてはいけない、しっかりしなければ」という矛盾する心理状態を抱えると、人は心理的に不快に感じる(これを「認知的不協和」という)。 だからこそ、その不協和を解消するために、不安な気持ちを正当化してくれる情報を集めて納得しようとする。 不安を煽るニュースを見たり、ハラハラドキドキする映画やドラマに没頭してしまうのも、そのためだという。 「不安になること自体は悪いことでもありません。 不安は人間が進化の過程で身につけてきた、生存に必要なシグナル。 それがあるから、手を洗ったりマスクをしたりといった、自分を守るために適切な行動が取れるのです」(原田教授) 問題なのはあくまで、「行き過ぎた」不安が、周囲への差別や偏見、デマの拡散を引き起こすことだ。 原田教授はそうした事態を未然に防ぐ方法について、こう指摘する。 「まず、自分が非合理的とも思える行動を取ってしまっていることに気づくことが大事です」 その不安が「行き過ぎた」ものにならないよう、うまく付き合う方法はあるのだろうか。 「不安は伝染しやすい一方で、同時にポジティブな気持ちも拡散します。 例えば、同僚や友人に自分の心理状態を話すことで気持ちを受け入れてもらったり、相手からポジティブな話を聞いたりすることによって、お互いがポジティブになることもあるでしょう」 筆者も、教授の言葉を聞いて心が休まったように感じた。 まずは自分が不安であり、ゆえに非合理な行動を取ってしまうこともあると認めること。 そしてそうなった時は、早めに周囲にSOSを出すこと ——。 コロナという大変な状況を乗り越えるためには、他者との協力が不可欠。 その点では、感染症の拡散防止も、メンタル不安の緩和も同じなのだ。

次の