片付けられる人 特徴。 片付けられる人と片付けられない人の7つの違い。

片付けられない人の7個の特徴

片付けられる人 特徴

読みたい場所へジャンプ• 片付けに関するアンケート調査 年齢別回答者数 引用: このアンケート調査は3,621人中、30代40代の女性を中心に行われたことが分かります。 片付けに関するアンケート調査 片付けと性格の関連性 片付けられる人と片付けられない人とでは、 性格に共通した違いがあるのでしょうか。 あるとしたら、それをもとに改善に役立てることができます。 下の表をご覧ください。 オレンジ色の数字はその傾向が表れており、 濃いピンクの数字は強く表れています。 片付けられない人は、 「持ち物の管理ができない」「時間にルーズ」「物が捨てられない」傾向が、 強く表れています。 また 、「人の話をあまり聞かない」「自分の損得を考えて行動する」 「物事の決断に時間がかかる」傾向もあるようです。 片付けられる人は、 「せっかち」「人の話をよく聞く」「他人に対して厳しい事をあまり言わない」 傾向があり、決断力がありや時間も守り、持ち物の管理もできるようです。 特に強く数字の差が出ていたのは、 片付けられない人に「物が捨てられない事」と「持ち物の管理ができない」 という項目に該当が多かったという結果です。 片付けに関するアンケート調査 片付けと生活面の関連性 スポンサーリンク 次に、「片付けられる」と「片付けられない」と回答した人に、 生活面での差はあるのでしょうか。 下の表をご覧ください。 ピンク色の数字はその傾向が強く表れており、オレンジ色の数字はやや強表れています。 料理をまめにし、衝動買いも少ないことが分かります。 また、 物の行き場所が決まっているので、脱いだ服やダイレクトメールも後回しにせず、 すぐに片付ける傾向があるようです。 出かける前の準備も余裕があり、待ち合わせの時間も守ります。 片付けられない人の生活面での違いは、 寝起きが悪く満足な睡眠が確保できていないようです。 テレビを観る時間も長めで、衝動買いの傾向もあるので、 テレビショッピングで買ってしまう方も多いのではないでしょうか。 また、物の置き場が決まっていない方が多く、 脱いだ服などがとりあえずそのままで、後回しにする傾向があるので、 部屋が散らかる様子が想像できます。 運動や体を動かす事が苦手な方も多く、 フットワークも悪く片付く部屋にするには、不利な状況が伺えます。 特に 「物の置き場が決まっていない」ことと、 「脱いだ服をそのままにすることが多い」項目に、 片付けられる人と、片付けられない人の数字の差が強く表れています。 片付けに関するアンケート調査 データを利用した改善策 片付けと性格についてのアンテート調査の結果では、 「物が捨てられない」という事と「持ち物の管理ができない」という項目に、 大きな問題として浮かび上がってきました。 物が捨てられない改善策は? 今までどちらも苦手だった人に、 「この二つをやるだけでいいんです。 さあ、今からやってください!」 と言われて、出来るでしょうか。 きっと、原因は分かったけど、 「それで?何をやったらいいの?」ってなりませんか? はじめの第一歩は具体的な提案が欲しいところですね。 やりはじめは、 狭い場所から手を付ける方法がやりやすいです。 例えばテーブルの上。 ゴミを捨てるのは誰でも躊躇なく捨てられます。 封の開いたふりかけなどの食品。 何カ月も使わずにそこにあるのはゴミです。 賞味期限を過ぎた物も、少し過ぎたくらいだからと思わないで、 今、食べないのならゴミです。 最初はその基準で捨てるだけでもだいぶ違います。 こんな風に捨てる基準を作らないと、 「いつか使うかも~」 「そのうち食べようと思ってた~」と、 捨てない理由ばかり思いついてしまいます。 自分が余裕で守ることのできるルールを作って続けると、 だんだん捨てる事にも慣れてきて、 「捨てるのか」「使うのか」の判断を繰り返すので、 日常の判断力も鍛えられます。 食卓のテーブルの上に、何ものっていないだけでスッキリ見えます。 どこか一か所きれいになると、達成感や充実感が出てきて、 他の場所も気になるようになります。 まず、この達成感を味わうのがかなり重要です。 Step1: Step2: 持ち物の管理ができない改善策は? 苦手な人にはハードルを低くして、 すぐに結果を出せて達成感を味わう事からスタートできる方法で始めます。 一番最適なのが、バッグの中の管理です。 一度バッグの中身を全部出してみます。 ずーっと、持ち歩いている割に全然使わないものありませんか? 特に荷物の多い人あるあるなのが、 タダでもらえるものは必ずもらうが、使用せずそのまま持ち歩く。 それが、積もりに積もって大荷物に。 例えばポケットティッシュ。 私は花粉症なので、もらうとかなりうれしいです。 でも、もらうのは花粉症のシーズンだけです。 いくら街でもらえるからと言って、 5個も6個ももらってしまったら、バッグがパンパンになります。 それに心配性な人は、普段荷物を持ち歩く量が多くなる傾向があります。 量が多いと、探すとき時間を浪費します。 重量も多くなり、動きにくいです。 それだけでも、なんだか損していると思いませんか? いざとなればお財布があれば大丈夫です。 近場なら、お財布と携帯があれば大丈夫と思うのがコツです。 関連記事: 脱いだ服をそのままにしない改善策は? 脱いだ服をそのままにしてしまうのは、衣装持ちさんなのでしょう。 原因は、脱いだ服の置き場所がないことです。 一度袖を通した服を一時的にかけて置く場所を作ります。 ハンガーで吊るすタイプで、バッグなどもそのまま置けるといいですね。 物の置き場所がない改善策は? 最初は細かく決めないで、 ざっくりでもいいので、 物をシリーズ別に置き場を決めておきます。 今まで上手く行かなかった人は、 書いたものて視覚化できるようにしておきます。 なんか、小学生みたいでカッコ悪い? ならば英字でおしゃれにカードに書いてみてはどうですか? 文房具なら「stationery」ですね。 絵でもいいと思います。 見た瞬間、脳が「ここは文房具をしまう場所か」と分かりやすく認識できれば、 効果的です。 すでに物が多い状態で、すぐに物があふれるかも知れません。 それでも、物をシリーズ別に分けてあるだけで後々、片付けがしやすくなります。 同じ物がたくさんあれば自覚もでき、ダブって買わないようになりますしね。 まとめ 片付けに関するアンケート調査の結果、 片付けられる人は、 決断力があり時間と持ち物の管理ができる傾向があることが分かりました。 生活面でも後回しにせず、その場で済ませてしまう面もありました。 片付けられない人に多く見られたのは、 「捨てられない」「持ち物の管理が出来ない」 「脱いだ服をそのままにする」「物の置き場所が決まっていない」 という傾向が強く表れました。 今回の結果は、ひとつのアンケートの結果ということで、 それがすべての結果という訳ではありません。 しかし、かなりのヒントをもらったような気がします。 改善策も立てやすいです。 今回感じた事は、やはり片付けられないというのは、 損することが多いと言う事です。 睡眠が不満足という面でも、健康面やメンタルが心配になります。 自分ができそうなところから切り込んではいかがでしょう。 一歩一歩、今より上のレベルを目指すために精進するのが人間です。 人間、生きていれば必ず改善できます。 私たちは幸せになるために生まれてきました。 昨日より今日。 今日より明日です。

次の

【片付け力の鍛え方】ゴミ屋敷解決に必要な片付け力とは?|便利屋アルファ日誌vol.166

片付けられる人 特徴

片付けられる人に共通する特徴 特徴その1・物を捨てれる 片付けられる人の特徴。 一番の特徴はコレかも知れませんね。 片付けれる人は物を捨てる事ができます。 物を捨てれると、物が減りますよね? 物が減る事によって、片付けやすくなるんです! 逆に言うと、片付けられない人は物を捨てれない人が多い! なので片付けられないのでしょう。 特徴その2・優先順位をスグに決めれる 片付けられる人は物事の優先順位を決めるのが上手い! 別にこれは片付けに限った話ではありません。 色んな事において言える事です。 優先順位を決めるのが上手いので、スムーズに片付ける事ができます。 結果、片付けるという行為が苦にならないんです。 良い特徴ですね~。 特徴その3・掃除を習慣にする 片付けられる人は掃除を習慣にしています。 掃除って面倒くさいですよね? いざやるとなっても、嫌な気持ちでいっぱいだと思います。 しかし、掃除を習慣にしておけば、掃除は苦になりません。 だって掃除する量が少なくなりますからね! 苦にならなくなるので、いつまでも綺麗な空間を維持できるんです! 掃除を習慣にすれば勝ちですよ! 特徴その4・先延ばししない 片付けられる人は物事を先延ばししません。 やろうと決めたらスグに行動に移すんです。 逆に言うと、片付けられない人は物事を先延ばしにする傾向がありますね。 先延ばしにしてしまい、部屋が汚くなるんです。 部屋が汚くなってしまい、掃除をするのが面倒になる。 最悪の悪循環ですね 笑 片付けれる人は先延ばしにしないので、常に綺麗な空間を維持できるのです。 特徴その5・仕舞った場所を把握している 片付けれる人は物を仕舞った場所を把握しています。 物を仕舞う場所をしっかり把握する事で、片付けも簡単になりますしね! これができるかできないかで、片付けのでき具合に大きな差が生まれます。 片付けれない人は仕舞う場所が毎回変わるか、仕舞う場所を決めない人が多い。 なので、物が乱雑してしまうんです。 特徴その6・物を買い過ぎない 物が増えれば必然的に部屋は汚くなりやすいです。 なので、片付けれる人は物を買い過ぎるという事はしません。 必要な物を必要な分だけ買うんです。 そうする事によって物で溢れかえる事はありませんからね。 それに、スグに物を捨てれるので物が少なくなりやすい! 色々買い過ぎてしまう人は、片付けが苦手な人と言えるでしょう。 特徴その7・自分に言い訳しない 片付けれる人は自分に言い訳しません。 これは掃除に限った話ではありませんよ! 色々な事において言い訳しないんです! 掃除って面倒ですからね。 ついつい言い訳してサボろうとしてしまいます。 しかし、片付けれる人は自分に言い訳しないので、片付ける事ができるんです! 自分に厳しい人とも言えますね! 特徴その8・仕事ができる 片付けができる人は仕事ができる人が多い! 片付けは仕事の基本ですからね! 物が乱雑していると、どこに物を仕舞ったか分からなくなってしまいます。 結果、物を探す時間が生まれるんです。 その時間ってめちゃくちゃ無駄な時間ですよね? 仕事ができる人はその時間を避けます。 なので、片付けられるんです! 片付けられる人=仕事できる と、言っても過言ではないでしょう。 特徴その9・物事を管理するのが上手い 片付けられる人は物を仕舞うのが上手いですからね。 そういう人は物事を管理するのが上手いんです! 管理するのが下手くそだと、物をスグになくしたりします。 管理するのが上手だからこそ、上手に片付けられるのでしょう。 これは別に掃除に限った話ではありません。 掃除できる人はどんな事においても管理するのが上手ですよ! スポンサーリンク 片付けられる人になるには? 以上が片付けられる人の特徴になります。 片付けられる人にはこのような特徴があります。 と、言う事はこの特徴を真似すれば、片付けられる人になれますよ! しかし、いきなり全ての特徴を真似するのは難しいでしょう。 なので、片付けられる人になる為にまず試して欲しい事を紹介していきます! 片付けられる人になりたい人は、以下の方法を試しましょう! 片付けられる人になる為の方法 1・毎日少しずつ片付ける 片付けられる人になるには、毎日少しずつ片付けをしましょう。 掃除を習慣化するんです。 毎日少しずつ片付けをすれば、掃除が苦になりません。 だって掃除する量が少ないですからね。 毎日掃除がするのは無理な方は、しっかり掃除する日を決めて掃除を習慣化しましょう。 習慣化してしまえばコッチのもんですよ! 2・仕舞う場所を管理する これも非常に大事です。 物を仕舞う場所を管理しましょう。 仕舞う場所を管理すれば、そこに仕舞うだけで片付けができます。 非常に簡単ですよね? 片付けができない人は、これが苦手な方が多いんです! なので、物を仕舞う場所を決めて下さい! そうすれば簡単に片付けができますよ! 3・極力物を減らす 物を減らしてしまえば、部屋は綺麗になりやすくなります。 片付けられる人は持ち物が少ないですからね。 なので、管理もしやすくなるんです。 最初は難しいかも知れませんが、極力物を減らす努力をしましょう。 物を少なくすれば、簡単に片付けができますよ! まとめ いかがでしたでしょうか? できれば片付けられる人になりたいですよね~。 片付けができれば常に部屋が綺麗になります。 今回紹介した3つの方法を実践して、特徴を真似すれば、誰でも片付けができるようになりますよ! スポンサーリンク コチラの記事もオススメ!.

次の

部屋を片付けられない人の特徴は心が美しい?心の隙間を物で埋めている?

片付けられる人 特徴

部屋を片付けられない人の特徴とは? 例えば、カウンセラー、介護関係、学校や塾の先生、サービス業など「人と直接関わり人の為に奉仕する仕事」に従事しているひとが どうしても部屋が散らかってしまう傾向が見受けられるとのことで、その理由は、 部屋を片付けるよりも人を幸福にすることに時間を費やしているからということだそうです。 従って、「片づけができない人=人間的に問題がある」とするのはあまりに短絡的とのことです。 筆者にも、極めて親しいシングルのO君が、最近急病で倒れて長期入院したため、退院に備えて、5年前からごみに溢れ返っていた 1Kの部屋を3週間かけてごみ60袋分を搬出し、大物ごみは業者に5万円支払って、漸く生活できるレベルにしたという経験があります。 「部屋を片付けられない」「部屋が汚い人の特徴」とのフレーズは常に、Twitterをにぎわしています。 ここでのコメントから、 片づけられない理由や原因や片づけられない人の特徴を探ってみましょう。 これは逆効果 他人と関わるなど、客観的に見るというのがキーワードに思えます。 出典:Twitter まとめ 先ほどの筆者の話に戻りますと、何度言っても、部屋が片づけられないのは、 病気で仕方がないものかとあきらめかけていましたが、退院したO君は現在もその片付いたレベルを維持しています。 彼の言う、仕事が忙しくて時間がなかったというのを一時的にでも解消し、 他人が介在するなどして何らかのきっかけがあれば、改めることができるという実例になったのではと思いました。 たしかに、本人は、捨てることをしないので、片付け中に重要な書類、物はほとんど見つかりました。 本人に言わせると、あの状態でもどこにあるかは把握できていたとのことです。 最初に片付けの了解をとったつもりですが、事態が落ち着くと、青春の思い出を捨てられたと恨まれました。 O君のコメントは「古物商の判断を見習うべき。 大きな箪笥などは引き取るふりをして、かさばるから、持って行かない。 捨てるときはかさばらない宝石、金塊、金貨、掛け軸、アルバムを必ず、残してください。 後で必要になります。 」とのことでした。 人により違うかとは思いますが、少しは参考になったでしょうか?.

次の