うるか ちゃん。 横綱の刃皇さん、めんどくさいファンみたいなセリフをはくwwww : あにまんch

うるかちゃんENDになる事は最初から決まっていた事と他ヒロインの恋の意味【ぼく勉 第147話】

うるか ちゃん

成長です。 それこそが、彼らが歩んできたこの物語の意味。 【2人の物語】 『ぼくたちは勉強はできない』というラブコメディが、うるかちゃんエンドになることは確実である。 そして、やの感想でも書いたように、それは連載初期から既に決まっていたと考えられる。 成幸がうるかちゃんに惚れたのは、彼女が水泳に打ち込む姿を見たことがきっかけだった事が今週語られた。 その感情を 「憧れ」としか自覚できていなかっただけで、本当は中学1年の夏の時点で彼女に落ちていたわけだ。 そんな成幸のうるかちゃんに対する想いが、最初に描かれたのはいつのことだっただろうか? 驚くなかれ。 1巻の第4話、即ち、 うるかちゃん初登場時のエピソードでのことなのである。 中学1年生の時、まだ うるかちゃんの方は彼に恋してはいない時から、成幸は彼女に思い焦がれていた。 その根幹となる感情は、1巻の時点で既に描写されている。 お分かりだろう。 物語開始当初には既に成幸はうるかちゃんを好きだったのみならず、そうして うるかちゃんENDになる事を、筒井先生は当初から予定していたわけだ。 ぼく勉という作品は、成幸くんが自身の恋に自覚していき、うるかちゃんが想いを伝える勇気を持つための、2人の恋物語だったのである。 【レース】 上記を読んで、読者の中にはこう思われた方々もいるだろう。 「では、何故うるかちゃんをサブヒロインのように登場させた? 何故、文乃と理珠が二枚看板のように描いたのだ。 おかしいではないか」、と。 この答えはずばり、 「ヒロインレースを面白くするため」。 それだけだと考えて良いだろう。 ぼく勉がニセコイを参考にしていることはまず間違いない。 かの作品の場合、当初からメインヒロインとして登場した千棘と最終的にも結ばれて終わった。 「誰が選ばれるか分からない」というレース的な盛り上がりには欠けていたのである。 筒井先生は逆の手を打った。 メインヒロインとして想定していた うるかちゃんを敢えて第三ヒロインとして登場させ、読者のミスリードを誘ったわけだ。 これにより、作中においては最初から勝負の決まっている言わば出来レースの恋模様でも、 読者達は「誰が選ばれるか分からない」レースであるかのように錯覚した。 実際、Twitter上でアンケートを取ったところ、この期に及んでまだうるかちゃん以外のヒロインの勝利を信じている読者がかなりの割り合いで存在している。 うるかちゃんエンドになると確信したのは — ハンセイ 岩代俊明 待望論 neoamakusa うるかちゃんエンドになると確信したのは — ハンセイ 岩代俊明 待望論 neoamakusa 無論、私のように<主流>が見える者達にとっては、うるかENDとなることは最初から自明であったのだが、<うるかルート>という<主流>を見ることが出来なかった多くの凡夫は、仕掛けられた「傍流」にまんまと乗ってしまった。 筒井先生の目論見は見事に成功したと言っていいだろう。 【意味と価値】 さて、中にはこのように言う読者もいた。 「始まる前からうるかちゃんエンドで決まっていたのなら、文乃や理珠の恋は一体なんだったのか」、と。 これも答えは簡単だ。 彼女らの恋は、彼女らの成長の為にあったのだ。 「成長」。 これこそが文乃と理珠のキーワードだ。 彼女達は成幸と出会ったことで成長することができた。 学力もさることながら、父親と和解し、人との接し方を覚えて親友を持った。 失恋もまたその一つなのである。 確かに、「文乃ルート」「理珠ルート」などという流れは紛い物の「傍流」に過ぎなかった。 しかしながら、「傍流」に溺れる読者達が見ていた 彼女達の恋は間違いなく「本物」であり、 <うるかルート>という<主流>の中にあったのだ。 ぼく勉は確かに成幸とうるかの恋物語ではあったが、同時に 他のヒロイン達の成長物語でもあったわけだ。 彼女達の恋は叶わなかった。 おそらくは告白すらできずに身を引くことになるだろう。 だが、それは決して無意味などではない。 直近では五等分の花嫁も、レースを装いながら物語の最初の時点で既に勝者が決まっているラブコメだった。 <四葉ルート>という<主流>を当初から見ることができたのは、私のようなごく一部の者だけで、多くの読者は他の姉妹ルートという傍流へとその身を落とした。 だが、作品内での彼女達の歩みが無価値だったなどと誰に言えるだろう。 例え物語の最初から勝ち目は無かったとしても、成幸やフータローと過ごした日々、彼らに抱いた想い、それらから得た成長の糧は 「意味」と「価値」を持った 「本物」だったのだ。 失恋もまた「本物」なのである。 彼女達は敗北者ではあっても、失恋を糧に成長するはずだ。 何と崇高で、なんと素晴らしい。 彼女達の成長の証として、最終話では 文乃・理珠・桐須先生やあしゅみぃ先輩が夫ないし彼氏と共に登場してくれれば言う事はない。 成幸への想いを胸に、彼女達はきっと真実の相手を見つけるだろうと、私は確信している。 neoamakusa.

次の

『ぼくたちは勉強ができない』 150話 感想( 問.150 [x]=... ) 感想 : Route:1 /5 完結! 「五等分の結末」はじまる!

うるか ちゃん

15,581• 3,708• 7,470• 2,016• 217• 1,633• 497• 598• 169• 116• 11,294• 103• 1,477• 1,568• 540• 276• 372• 544• 130• 272• 364• 196• 295• 226• 329• 446• 213• 126• 427• 237• 116• 139• 2,186• 772• 398• 114• 258• 176• 151• 129•

次の

ぼくたちは勉強ができないで『うるか』が話題に!【ぼく勉】

うるか ちゃん

『ぼく勉』問77 いやー、びっくりですね。 2回連続でうるかちゃんターンは、この海のリハクの目でも読めんかったわ。 75話 リズりん回 74話 怠慢先生回 73話 文乃さん回 72話 うるかちゃん回 71話 あしゅみん先輩回 70話 リズりん回 このように『ぼく勉』世界では 神(作者)の徹底管理によって、ヒロインを平等にもち割り制に描いてきました。 それがうるかちゃんを2連続に描く!ということは、うるかが正ヒロインでいいのかな?いいともー! 最初のページの煽り文「海外留学への挑戦を決めた」がうるかちゃんの決意表明ならば、神の決意表明はきっとこうに違いない! 「うるかちゃんを正ヒロインに決めた」である。 そ、そんな…。 告ったらそこで試合終了のゴール前で石造にされたビアンカのように固まり続けてる状態だと思ってたのに!海外留学を決意したことで、逆に距離を取ろうとしてしまいます。 完全に両想いだったのに!(当社比) 海外留学を決めたことで、ラブコメのヒロインとして大きなハンデとなってしまっています。 このうるかちゃんの物憂げで悲しそうな表情は切ないよ。 切なすぎて逆に勝利を確信してしまいます(ニヤリ)。 だってどう見ても、この流れはそういう流れじゃないですか!ジャンプラブコメを読み続けた読者なる分かるはず。 「お別れ」は勝利の鉄則!最後に幸福エンドを迎える前フリだって。 うるかちゃんと成幸のやり取りを! うるかは、距離を取ろうとしてるのに第三者から見たら、 イチャイチャラブラブしてるようにしか見えなかったというね。 成幸も言ってますが 「やっぱり好きなんじゃないか」「我慢すんなって」ですよ。 まあ、はたから見るとカップルだったラブラブっぷりは成幸のせいだけど…。 お互いが好きあってないとできないからね。 てか、『ぼく勉』は『ニセコイ』の「上手い引き」を継承しつつも反面教師にしてるのか、 主人公の想い人は不明となっています。 『ゆらぎ荘』のコガラシさんにも言えます。 イチタカにしろ、真中にしろ、リトさんにしろ、楽にしろ…最初に想い人がいるってのがジャンプラブコメ主人公の鉄板でした。 確かに誰が好きか分からないのは良手かもねん。 僕は古いオタクのタイプなので「主人公=自分の分身」として見ちゃうんですよ。 で、想い人のヒロインを好きな主人公号に搭乗したのに、いきなり 「だからきっともうどうしようもねぇんだ」なんてやられた日にゃ、シンクロ率マイナス400%だっちゅーの!お前なんか俺じゃない! <関連記事> そこいくと、成幸号の乗り心地は悪くない。 むしろ良い。 さらに大学生活でうるかちゃんとラブラブしてる姿を想像して主人公と私の瞬間シンクロ率最大になった。 てか、 同化しました。 うるかちゃん最高 うるかちゃん… それにしてもうるちゃんは最高ですね。 彼女の魅力は「日焼け後」「マスコット的可愛さ」「恋する乙女っぷり」…と、上げればキリがないんですけど個人的に刺さるのはギャップだよね。 時折見せる メス顔が心の琴線鷲掴みです。 自然と頬が緩んじゃうニヤニヤする可愛い乙女表情もグッドだけど、ここぞで見せる大人っぽいメスの顔がたまらんわい。 しかも、今回は切なさも含めてるからね。 悲しげなメス顔である。 あー、うるかちゃんはオーストラリアへ行っちゃうのか…。 アニメ化も決まってこれからなのに、物語は終局のように大きく動き始めている。 主に うるかちゃんだけが大きな変化が起きてる。 ここからが勝負のポイントでしょう。 座して滅びを待つだけだった小野寺幕府の二の舞は勘弁だぜ!いい夢見よう武本幕府である。 うるかの尻 !? いい尻してますねぇ…(しみじみと)。 今回のうるかを総括すれば尻が大変良かったということです。 うるかちゃんの魅力は「日焼け後」とか「マスコット的可愛さ」とか「恋する乙女」とか「メス顔」とか沢山あったけど、また一つうるかの魅力ウェポンが判明したね! うるかは尻も素晴らしい! てか、最近はそれぞれのヒロインの単独ターンのはずなに、なぜか うるかちゃんだけ下着ラインが浮いてる怠慢ボンビー付きだったからね。 いかに、うるかちゃんが『ぼく勉』最強のヒロインだからって、怠慢の足枷はちょっと重すぎたぜ。 食われてた感すらあった。 しかし!うるかちゃんは下着ラインがなくたって 最強の尻だったと見せつけてくれた。 「お前の尻がナンバーワンだ…うるか!」ってベジータも言ってました。 うるかちゃんは人気ナンバーワンの怠慢先生よりも 良い尻の持ち主だったのだ!もう負けないから! ほら。 言うじゃないですか!「お尻を(付き)出した子一等賞」って。 ここまで怠慢先生の専売特許でしたが…。 うるかちゃんはね、やれば出来る子だったんですよ。 いや違うな。 お尻を突き出せば出来る子だったんですよ! つまりうるかちゃんがナンバーワン!まる。

次の