羅生門 感想。 『羅生門』読書感想文

羅生門/芥川龍之介【あらすじ・簡単な要約・読書感想文・解説】

羅生門 感想

クソデカについて今更なにか説明することもないだろう。 1週間ほど前に匿名でネットの海に放流されネットとして(恐らく作者が思いもしなかった勢いで)広まった『の 』のパロディである。 ネットにはこのを読みあげオモチャにした動画・音声がいくつも投稿され、 「令学のクソデカ金字塔」と称える人までいる。 この クソデカの読み上げをリピート再生して子守唄代わりに聞きながら寝るのが自分の最近のである。 そうして毎夜 クソデカを聞き続ける中で、今更ながら気づいたことがある。 「の 、めちゃくちゃ面白いな…」 多分、高校時代に熱心に国語を学んだ方々からすれば「こいつは今更何を言っているんだ?」と馬鹿にされる周回遅れの感想かもしれない。 それでも クソデカのおかげで自分のような学のない人間がようやく の話の構造をちゃんと理解できて、がなぜこんなにも有名な小説家なのかを分かったのだから感謝するほかない。 さて、ここで の について改めて説明しよう。 に載っていた話を元ネタとして原文のに があることないこと書き足して20代の時に発表した小説である。 高校の教科書で自分がその成り立ちを聞いた時に真っ先に思った感想は 「パクリじゃん…」だった。 他人からパクった話で日本に残る小説家として称賛されるなんて人生イーモードすぎるだろ。 当時はかなり反抗的な生徒だったので、と芥川に対してそういう舐めた態度を取っていたのだ。 そんな私に国語の先生が熱く「芥川はそのまま今昔物語を訳したわけじゃなくてうんぬんかんぬん」とか語っていた気がする。 国語の先生がやたら力を入れて教えていた。 その本当の面白さをよく知らないまま、休み時間になれば先生がを語るときのモノマネをしてふざけていた。 『いいですか? ニキビは若さの象徴です』 いまだにぐっと力を込めてそう言った先生の言葉が頭に残っている。 というか、それをモノマネしていたクラスの人気者が頭に残っている。 このニキビというのは の主人公である 下人 げにん のほっぺについたニキビのことだ。 面皰 にきび のある頬である。 引用: 先生が「なぜ芥川はしつこくニキビについて書いたかわかりますか?」と生徒を指名し聞いた。 誰もなかなか答えられず「不潔だって言いたかった」「不細工だと言いたかった」といった回答が出て、そのあとで先生が示した回答が 『若さの象徴』だった。 若いうちにできるニキビをたびたび描写することで主人公がまだ大人になりきっていないことを示していたのだという。 「わかるわけないじゃん…若いって言いたいなら若いって書けよ…」 さて、そんな の面白さをちゃんと説明できないまま高校を卒業してしまった自分でも クソデカは楽しく読める。 ほとんど原文の形を維持したままで、言葉をひたすら大げさにする笑いは、馬鹿な自分にも理解できる。 元の が 今昔物語をパクリつつも、原文にないことを書き足して傑作と評されたのなら、 に書き足した クソデカだって傑作と言って構わないだろう。 そうして何度も何度も クソデカの読み上げを聞き続けるうちに突然その構造がすっと頭にしみこんできた。 ・ 今昔物語 ・ ・ クソデカ この3つを比べ、それぞれに書き足された部分を読む事で芥川がいかに日本に残る小説家として評価されるのかを知ることができる。 注目したいのは主人公である 下人 (げにん) の描写である。 芥川が主人公を描いたときに今昔物語に書き足したプラスアルファの部分が クソデカ全体に見られる過剰な修飾によって、さらに大げさに書かれることで浮かび上がる。 クソデカにおいて 下人 げにん を指す言葉はその振れ幅がとても大きくなっている。 のちに剣聖と呼ばれる最強の下人 引用: などかなりヒロイックでかっこいい描写があるかと思えば、 とんでもなく赤く膿を持った巨大な面皰 にきび の大量にある頬 引用: と言ったおぞましい描写もある。 若さの象徴であるはずのニキビが化け物じみた醜悪な容姿に聞こえてくる。 芥川が作中に些細な表現として取り入れた下人 げにん が持つ二面性がクソデカ描写によって浮き彫りになっているのだ。 ここで原点である 今昔物語ではこれらの 剣聖だの 化け物だのの描写がどうなっているか該当箇所を読んでみよう。 引用?: …読んでみようも何も該当する箇所など 今昔物語にはない。 今昔物語ではこの人物に剣聖でも化け物でもない単なる盗人なのだから。 しかし芥川が書き足した において、時に強くヒロイックに、時に醜悪に描かれる主人公を、 クソデカは過剰に誇張していく。 特に注目したいのがこの部分だ。 この時、誰かがこの 最強正義の体現たる下人に、さっき門の真下でこの 性根の腐ったドブ男が考えていた、超苦しい饑死をするか世界最強の盗人王になるかと云う世紀の大問題を、改めて持出したら、恐らく 清廉潔白超高潔下人は、マジで何の未練のカケラもなく、本当に めちゃめちゃ苦しい饑死を選んだ事であろう。 引用: 「性根の腐ったドブ男」が 「最強正義の体現」へと変わる名文である。 このまま飢えて死ぬか、生きるために盗人となるかを悩み、 結論を保留しつつも、なんとなく答えは「盗人」になるほうだと思っていたドブ男が、正義の心へと目覚める。 一体何が起こったのか? 彼をかくも素晴らしい「最強正義の体現」に至らしめるきっかけとなった出来事とはなにか? 下人に何か変化があったわけではない。 ただ彼は 「死体を漁り髪を抜く老婆」という不気味な存在を目にしたのだ。 下人の巨眼は、その時、 生まれてはじめてその激臭死骸の中に蹲っている 最低 最悪醜悪人間を見た。 引用: 先ほどまで悪に傾きかけていた男が、自分よりもはるかに悪そうな老婆を見たとたん、 突然 「清廉潔白超高潔下人」として覚醒し、老婆は 「最低最悪醜悪人間」となる。 この 男の中の男の あらゆる悪を世界一憎む心は、 中略 最高級松の巨大木片のように、超勢いよく燃え上り出していたのである。 引用: しかし、この時点ではまだ老婆が本当に 「最低最悪醜悪人間」かどうかはわからない。 ただそう見えたというだけで善悪のジャッジをできるほどの情報はそこにはまだない。 大馬鹿で学のない下人には、勿論、何故糞老婆が死人の髪の毛を抜くか本当に一切わからなかった。 従って、 合理的には、それを善悪のいずれに片づけてよいかマジでまったく全然知らなかった。 しかし馬鹿下人にとっては、この豪雨の聖夜に、このクソデカの真上で、大死人のぬばたまの髪の毛を抜くと云う事が、それだけで既に絶対に許すべからざる世界最低の悪の中の悪であった。 勿論、クソアホ下人は、 さっきまで自分が、世界一の大盗人王になる気でいた事なぞは、とうの昔に忘れきっていたのである。 引用: ジャッジのできない身でありながら下人は自分のことは棚に上げ、老婆を断罪する正義に燃え上がる。 は大正4年に書かれた作品である。 しかし、このような下人の振る舞いは令和となった現代のインターネットでも頻繁に見かけるものではないか? 日本人の…いや全世界全人類の変わらぬ愚かさを描くこれらの描写を、芥川は原点の 今昔物語に書き足した。 芥川が単なるパクリ野郎ではなく高名な小説家として評価されている理由はまさにこの書き足しにこそあったのだ。 老婆が自身の行いを正当化する 「この死体も、生前は暮らしていくために悪事に手を染めていたのだから、自分だって許されるはずだ」という言い訳をきき、下人は再度豹変する。 これを聞いている中に、下人の史上空前に邪悪な心には、あるクソデカい 勇気 が生まれて来た。 それは、さっきクソデカい門の真下で、この腑抜けカス男には全く 欠けていた 勇気である。 そうして、またさっきこの馬鹿でかい門の真上へ瞬間的に上って、この老婆を人間離れした動きで 捕えた時の勇気とは、全然、完全に反対な方向に動こうとするデカ勇気である。 引用: 悪事を働く相手を前にして、一時は正義の心に燃えた男が 「悪人に対しては悪さをしてもよい」ととれる言い訳を聞いてから、心に 「クソデカい勇気」を持つ。 「超苦しい饑死をするか世界最強の盗人王になるかと云う世紀の大問題」に対して、 躊躇なく餓死を選ぶことのできる正義の勇気ではない。 それとは真逆の 「盗人王になる」ことを決断するクソデカい勇気である。 が で書き足したのは 今昔物語では単なる盗人にすぎなかった男の内面だった。 どこにでもいそうな男の心のうちで犯罪に手を染め自身を正当化する 「勇気」が湧いてくる心の移り変わりを描いたことで、芥川は日本に名を遺した。 クソデカは高校生のころに適当に受けた授業で見逃した という名著に再び向き合うきっかけとなり、あの頃はきちんと読み取ることのできなかった下人の機微をクソデカ構文で誇張することで浮き上がらせてくれた。 また際限なく誇張する一方で決して手を加えすぎなかった部分もある。 しばらく、死んだように倒れていた老婆が、死骸の中から、その裸の体を起したのは、それから間もなくの事である。 引用: において芥川は下人が盗みを罪と思わずに行う勇気を描いた一方で、老婆を決して殺しはしなかった。 これは何も下人に何か良心のようなものがあったということではなく、殺す勇気まではわかなかったことの表れだろう。 クソデカにおいても、たびたび下人の強さを描写して過剰にしておいてなお、 ここで「死んだように倒れていた老婆」を「完全に死んでしまった老婆」のようにはしなかった。 今昔物語に芥川が書き足したことで生まれた大正文学の名著。 その本質を損なうことなく書き足された クソデカもまた、クソデカい誇張抜きに 令学のクソデカ金字塔なのかもしれない。 参考サイト omamesensei.

次の

芥川龍之介「羅生門」あらすじ・読書感想文

羅生門 感想

『羅生門』のあらすじ まずは、『羅生門』のあらすじを把握しましょう。 作品全体を3つの場面に分けてご紹介します。 下人の心情の変化を意識すると感想文を書くときの着眼点を得やすくなります。 羅生門で下人が老婆を見つける 時は、平安時代。 天変地異が続き、政治は不安定になり、京都は飢餓で疲弊していました。 そんな京都のなかでも、人が近付こうとしなくなっていたのが羅生門です。 羅生門の楼閣の上には、身寄りのない人々の遺体がゴロゴロと無造作に置かれている状態でした。 そこに、職を失い、住む場所もない下人が1人、雨の降る夕暮れ時に途方に暮れていました。 下人がこれから生きていくには、盗賊になる以外に手段がありません。 しかし、下人には盗賊に身を落とす「勇気」がありませんでした。 そんなときに、羅生門の楼閣の上に人の気配を感じます。 階段を上り恐る恐る楼の中を覗いてみると、暗闇に灯がゆらゆらと揺れています。 よく見ると、そこには老婆がいました。 老婆のしていることのワケ 老婆を見つけた下人は、六分の恐怖と四分の好奇心で老婆のしていることを見ています。 老婆は、遺体から髪の毛を1本1本抜いていました。 それを見た下人は、老婆に対する恐怖がなくなり、悪を憎む心が一気に大きくなります。 老婆がしていることの理由は分からずとも、雨の夜に羅生門の上で死人の髪の毛を抜くという行為を下人は許せませんでした。 下人は老婆の前に進み出て、力ずくで老婆がしていたことを問いただします。 老婆は、死人の毛を抜いて、かつらを作ろうと思っていたことを正直に白状します。 そして、ここにいる死人はそれくらいのことをされていい人間ばかりだと説明し、餓死しないためにしていると釈明します。 下人がとった行動 老婆の話を聞いた下人の心に変化が生じます。 羅生門の下で途方に暮れていたときにはなかった「勇気」が、盗賊になるという「勇気」が生まれます。 そうして、下人は、老婆の着物をはぎ取り、しがみつく老婆を蹴り倒します。 そして下人は夜の闇へと消えていきます。 最後の一文は、下記のとおりです。 下人の行方は、誰も知らない。 (引用元:) 羅生門での出来事を通して、人間の悪を描き出した芥川龍之介の代表作です。 ちなみに、最後の一文は何度か書き換えられており、「下人が京都の町へ強盗を働きに行った」という内容で結ばれているものもあります。

次の

映画「羅生門」は世界に通じる普遍的な物語!感想とネタバレ

羅生門 感想

『羅生門/芥川龍之介』の簡単・分かりやすい要約 『羅生門/芥川龍之介』の主な登場人物は2人です。 羅生門で雨宿りをする「男」と、死体をむさぼる「老婆」です。 ここからは『羅生門/芥川龍之介の簡単・分かりやすい要約』として概要だけ説明していきます。 京都の町が大不況になった影響で「ある一人の男」は職を失い、羅生門で途方に暮れています。 男は生き残るためには「盗人」になるほかないと考えますが、なかなかその勇気が持てません。 男が悩んでいるうちに日は暮れてしまい、その晩は羅生門で野宿することにします。 羅生門の梯子を男がのぼっていくと、ある異様な光景を目にします。 それは やせた猿のような老婆が死人の髪の毛を抜き取っている光景でした。 同時に「あらゆる悪と罪に対する憎悪」も芽生えていき、男は刀に手をかけ老婆に近寄ります。 老婆は男に気づき急いで逃げようとしますが、男に捕まってしまいます。 老婆は男に言い訳をします。 「この女は生きているときに悪行を働いた。 だから、髪の毛を抜くくらいされてもいい人間だ。 そうしなければ私は飢え死にしてしまう。 男は老婆の着衣をはぎとり、暗黒の夜に姿をくらましました。 その後の男の行方は誰も知りません。 以上が簡単な『羅生門/芥川龍之介』の要約です。 もう少し章をわけて説明した方がわかりやすいと思うので、以下に『羅生門/芥川龍之介』のあらすじも載せておきます。 スポンサーリンク 『羅生門/芥川龍之介』のあらすじ・解説 「羅生門/芥川龍之介のあらすじ1」ー 飢え死にか盗人か…一人の男の苦悩 数年間に及ぶ天災や飢饉によって京都の町は大不況に見舞われていました。 「ある一人の男」もこの大不況の影響で職を失い、行く当てもなく「羅生門」の石段で雨宿りをしていました。 この頃の羅生門は盗人や狐狸(こり:詐欺師や悪事を働くもの)が住みついていて、さらに引き取り手のない死体も捨てられていたため、 普通の人間は気持ち悪がって誰も近づこうとしない場所でした。 羅生門で雨宿りをする「一人の男」は、このまま無為に過ごしていてはいずれは飢え死にし、 羅生門に打ち捨てられた死体と同じ運命をたどってしまいます。 男が飢え死にしないためには「盗人」になるしかありませんでしたが、 男には盗人になる勇気がなかなか持てず、先ほどからずっと羅生門で悩んでいたのです。 「羅生門/芥川龍之介のあらすじ2」ー 老婆の悪行と罪への憎しみ 男が羅生門で盗人になるか悩んでいるうちに日は暮れてきました。 男は寒さをしのぐために、羅生門の前で一晩を明かそうと決めました。 男が羅生門の梯子(はしご)を上っていると、死体しかないはずの羅生門で誰かが火を灯しているのに気がつきます。 男は静かに梯子を上り、中の様子をうかがいます。 羅生門の中は噂通りに死体が多数捨てられており、死体の腐敗した臭いに男は鼻を覆いました。 しかし次の瞬間、男は臭気のことなど忘れてしまうような異様な光景を目にしました。 それは、 やせた猿のような「老婆」が火を灯して死体をのぞき込んでいる光景でした。 男は息をするのも忘れるほどの恐怖と好奇心で、老婆の行動を観察しました。 老婆は死体の首に両手をかけ、死体の長い髪の毛を抜いていました。 つい先ほどまで男は盗人になろうかと悩んでいたにもかかわらず、 男はそのことを忘れ 「あらゆる悪を憎む心」がふつふつと湧きあがります。 老婆は男の存在に気づき驚いて逃げようとしますが、男は老婆を押し倒し「何をしていたのか」と問いただします。 老婆は死体の髪の毛を抜いてカツラを作ろうとしていたといいます。 老婆の話によれば、髪を抜いていた死体の女は「蛇を干し魚だ」と偽って売っていた悪人だそうで、 このくらいの報いを受けて当然だといいます。 続けて老婆は男に「飢え死にしたくないから、死人の髪の毛を抜くのは仕方がないのだ」といいます。 このとき、老婆の言葉を聞いていた男に「ある勇気」が生まれてきます。 自分も飢え死にはしたくない…、この老婆と同じ状況である……、 ならばこの老婆も自分のこれからすることを大目に見てくれる違いない………。 老婆の話が終わると、男はあざけるような声で「そうか」と言います。 そして老婆の襟首をつかみ「では、俺がお前の着物を剥いでも恨むなよ。 俺もそうしなければ飢え死にするから」と言って、 老婆の着物を剥ぎ取ってしまいます。 足にしがみつく老婆を死体の上に蹴倒して、男は梯子をかけおりていきます。 老婆はうめき声をあげながら梯子の下をのぞき込みました。 そこには真っ暗な闇があるだけでした。 その後の男の行方は誰も知りません。 以上が『羅生門/芥川龍之介』のあらすじと要約です。 男は老婆の悪行をみて、最初は「悪への憎悪」を感じるのですが老婆の話を聞いているうちに「悪の肯定」へと突き進みます。 この作品は「男」が主人公というわけではなく、男が簡単に盗人へと早変わり姿を通して、 「人間の身勝手さ(エゴイズム)」と「人間という存在の弱さ」を具象化した作品です。 私が初めて「羅生門」を読んだときは、気味の悪さとわかりやすい構成に惹かれたものですが、 今読み返してみると「男の悪への憎悪」が簡単に「悪も罪も仕方がない」と変容する様が現実社会に通じるように感じてしまいます。 自分だけが大事なのは仕方のないことで、自分の命を犠牲にしてまで正義を貫こうとする人は誰もいないでしょう。 これはあくまで私の勝手な解釈なので、あらすじではなくぜひ一度『羅生門/芥川龍之介』を一読してどんな感想をもつか楽しんでみてください。 芥川龍之介は有名な作家なだけあって、書店でも500円以下で短編集が売られています。 一緒に収録されている「鼻」や「蜘蛛の糸」といった作品にもぜひ触れてみてください。

次の