奥川恭伸 中学校。 奥川恭伸の地元や小学校と親や血液型は?夢実現・石川県民の願い実現へ|あなたとつながりたい!懸け橋ノート

星稜奥川恭伸の出身地や小中学校はどこ?身長体重は?最速158キロ!

奥川恭伸 中学校

小学校は、 かほく市立宇ノ気(うのけ)小学校に通いました。 宇ノ気小学校3年の時から 宇ノ気ブルーサンダーで野球を始めましたが、このチームで出会ったのが 山瀬慎之介選手。 小学4年生から現在までバッテリーを組み続ける、奥川投手の女房役です。 かほく市立宇ノ気中学校で軟式野球部に入った2人は、中学3年生の時に全国中学校軟式野球大会で優勝。 現在、山瀬選手は、星稜高校のキャプテンを務めています。 年齢は、53歳(2019年7月)になります。 実は父・隆さんは、 金沢市立工業高等学校時代、野球部で活躍していました。 そして、山瀬慎之助主将の父・貴幸さんも、金市工の元高校球児。 年齢が離れているため、一緒にはプレイしていませんが、父親同士も同じ野球部の先輩・後輩となるのですね。 2019年春のセンバツ大会。 その甲斐あって(?)星稜は強豪の履正社を撃破。 奥川投手の父・隆さんは、 最後が慌ただしかったからすごくひやひやしてたね。 でもとにかく勝ててよかった。 と、安どの表情を浮かべていました。 以前、選手宣誓で、 野球の素晴らしさを教えてくれた指導者の方々と両親に感謝し、最高の仲間と全力でプレーすることを誓います。 と話しているので、離別されていることはないと思います。 jimdo. 中央が奥川投手で、向かって右側がお父さんですね。 左側がお母さんでしょうか? 別の写真にも写っています。 こちらの写真にも。 周りの方は変わっていきますが、 中央の3人は変わらないので、当サイトではこの方がお母さんだと予想します。 野球を始めたきっかけも、お兄さんがやっていたからだそうです。 年齢は、奥川投手より7歳年上という噂があり、真実であればもう25歳くらい(2019年)になりますね。 しかし、奥川投手は、別の強豪校も選択肢に入っていました。 師走の夜。 奥川投手の父・隆さんは息子に結論を促します。 最後は2人で話し合いなさい… 午後9時ごろ、山瀬捕手と5分ほど電話で話した奥川投手は、父にこう告げました。 カテゴリー• 155• 141•

次の

奥川恭伸の性格が分かる7つのエピソードを紹介!意外と○○!?

奥川恭伸 中学校

Contents• 奥川恭伸の性格が分かるエピソード ・謙虚な性格 奥川恭伸選手はドラ1候補ということでものすごい注目されていますよね。 注目されると人は有頂天になったり、調子に乗ったりして天狗になることもあると思うのですが、奥川恭伸選手の場合はそういうことはまったくなくて謙虚な性格をしているようです。 中学時代の野球部の監督である三浦隆則先生は奥川恭伸選手の性格について、 「とにかく謙虚な性格」と絶賛していたそうです。 星稜高の林和成監督も どんなに活躍しても天狗にならないということで奥川恭伸選手の謙虚さについて高く評価していました。 成果をだしても驕らずに謙虚な姿勢をもっていますね。 やっぱり謙虚さって大事ですよね。 調子に乗って天狗になると練習しなくなったり、感謝を忘れたりしてプロとして成功するのは難しくなってしまいますよね。 謙虚さをしっかりもった奥川恭伸選手ならプロでも驕らずに結果を残せそうですね。 ・真面目な性格 奥川恭伸選手はまじめで努力家の性格をしているようです。 中学時代に全国中学校軟式野球大会に出場する前に体重を5㎏増やしてくると言ったそうです。 そして、そのとおり体重を増やして体を作ってきて見事、真夏の5試合の大会を投げ切ったそうです。 自分の中で課題をしっかり見つけて、それを克服するために努力をして練習をしていくということで真面目な努力家なのでしょうね。 ・仲間思いな性格 奥川恭伸選手は甲子園でも仲間を大事にしている様子が伝わってきましたよね。 甲子園にのぞむ際にも家族には 「優勝とかよりも、みんなと1日でも長く野球をやりたいんだよね」 と話していたそうです。 野球が大好きでチームメイトも大好きということで仲間と一緒に野球をしたいという気持ちが強かったみたいですね。 甲子園の決勝で惜しくも敗退したときにも 「最高の仲間と野球ができていること実感しながら決勝を楽しむことができました」 と話していたそうですし、仲間に対する思いはかなり強いのでしょうね。 仲間からの信頼も厚くて人望もあるみたいですごい慕われているようですし、仲間からもすごい愛されているみたいですよ。 ・礼儀正しい性格 奥川恭伸選手は礼儀正しいということでも知られています。 相手に対するリスペクトを忘れない性格をしているようです。 甲子園で智弁和歌山と対戦し、校歌を歌ったあとに智弁和歌山のベンチに向かって一礼したそうです。 これが礼儀正しいということでネット上でも話題になっていました。 審判団にも礼をしっかりしてあいさつするなど気配りもできる性格をしているようです。 本当に大人顔負けの立派さですね^^ 校歌を歌い終わって、智弁和歌山ベンチに一礼する奥川選手 紙一重の試合の緊張感の後になかなか出来る事じゃない。 きっとご両親が礼儀正しい子になってほしいということで、幼少期から礼儀についてしっかりと教えて育ててきたのでしょうね。 インタビューなどにも礼儀正しく誠実に答えていますし、本当に立派ですね^^ ・シャイな性格 奥川恭伸選手は周囲からはシャイな部分があると言われているとインタビューで答えていました。 初対面の人は男女問わず話すのが苦手なんだそうです。 すぐに人と打ち解けて仲良くできるタイプなのかなと思っていたので、ちょっと意外でした。 まあでもそこがかわいらしいですね^^。 マウンド上では堂々としていますが、目立つのはそれほど好きではないらしいです。 春の選抜の開会式でも目立つのが嫌で列のはしっこで式が始まるまでひっそりと待っていたというエピソードもあるそうです(笑)。 Sponsored Link ・気が強い性格 奥川恭伸選手は昔から負けん気が強くて練習もかなり真面目に取り組んでいるようです。 負けん気の強さというのはアスリートには絶対に必要な性格ですよね。 その気の強さは甲子園の敦賀気比戦で木下元秀選手と対戦したときにも表れていました。 4回に木下元秀選手に三塁打を打たれてしまいました。 そのときに「悔しかった。 倍にして返してやろう」と思ったそうです。 そして、6回に、すべて直球勝負で木下元秀選手を空振りにして、8回にも150キロの速球を2度駆使して空振り三振に仕留めています。 一度打たれた相手に対して強気に攻めるというのはすごいですよね。 普通ならちょっと弱気になったり慎重になったりしそうですけど、こういうことをできるのはプロ向きの気の強さといえますね。 ・気配りができる性格 奥川恭伸選手は周囲をよく見ていて気配りができる性格をしているようです。 周囲の状況や人を冷静にしっかり見ていて判断力もあるので適切に対応できるみたいですね。 奥川恭伸選手の特徴といえば笑顔ですが、 笑顔でいることで仲間が安心できるということで意識して笑顔でいるようにしているそうです。 どんな状況でも前向きで周囲に気を配ることができるというのは本当にすごいことですよね。 甲子園の準々決勝の仙台育英戦では伝令としてマウンドにいき、「俺は今日は投げたくないぞ」と言って仲間の緊張をほぐして笑わせたりもしましたし、仲間思いでかなり性格は良いみたいですね。 明るくてユーモアもありますし、本当に素晴らしい性格の選手ですね。 ドラフトの評価も野球選手としての評価だけではなく、その人間性も高く評価されているみたいですよ。 奥川恭伸選手がいるとチームの雰囲気もよくなりそうですよね。 謙虚でいじられキャラっぽい愛される部分もあるようですし、すごい人格者という感じですね。 奥川恭伸選手について、いろいろ調べてみましたが、本当に魅力的な選手ですね。 誰からも愛される人柄のようですし、プロに行けばさらに人気者になりそうですね。 どこの球団にいくのか非常に楽しみですね。 わたしは巨人ファンなので、ぜひ巨人に来てほしいなと思います^^ 追記 ヤクルトに1位指名されましたね!ヤクルトは楽天から嶋基宏捕手が入団しましたし、2020年楽しみですね。 奥川選手は田中将大選手を尊敬しているそうですし、嶋選手から学べることも多いのではないでしょうか。 監督も投手出身の高津監督が就任しますし、いろいろ吸収できることも多そうですね。 ヤクルトはチームが低迷していますが、山田選手や村上選手などいい選手も多いですし、投手陣が立ち直ればいいところまでいけそうですね。 プロの世界は大変だと思いますが、奥川選手には頑張ってほしいですね^^ 奥川投手がヤクルトでどんな活躍をしてくれるのか見逃さずに見たいという方はDAZNを利用してみてはいかがでしょうか。 2020年はヤクルトの主催試合も配信してくれるそうですし、楽しめること間違いないと思いますよ。 DAZNの評価や評判について紹介した記事もありますので、興味があればこちらを参考にしてみてください。

次の

奥川恭伸の『家族』~実家の父親も元球児…母親と7歳上の兄について

奥川恭伸 中学校

小学校は、 かほく市立宇ノ気(うのけ)小学校に通いました。 宇ノ気小学校3年の時から 宇ノ気ブルーサンダーで野球を始めましたが、このチームで出会ったのが 山瀬慎之介選手。 小学4年生から現在までバッテリーを組み続ける、奥川投手の女房役です。 かほく市立宇ノ気中学校で軟式野球部に入った2人は、中学3年生の時に全国中学校軟式野球大会で優勝。 現在、山瀬選手は、星稜高校のキャプテンを務めています。 年齢は、53歳(2019年7月)になります。 実は父・隆さんは、 金沢市立工業高等学校時代、野球部で活躍していました。 そして、山瀬慎之助主将の父・貴幸さんも、金市工の元高校球児。 年齢が離れているため、一緒にはプレイしていませんが、父親同士も同じ野球部の先輩・後輩となるのですね。 2019年春のセンバツ大会。 その甲斐あって(?)星稜は強豪の履正社を撃破。 奥川投手の父・隆さんは、 最後が慌ただしかったからすごくひやひやしてたね。 でもとにかく勝ててよかった。 と、安どの表情を浮かべていました。 以前、選手宣誓で、 野球の素晴らしさを教えてくれた指導者の方々と両親に感謝し、最高の仲間と全力でプレーすることを誓います。 と話しているので、離別されていることはないと思います。 jimdo. 中央が奥川投手で、向かって右側がお父さんですね。 左側がお母さんでしょうか? 別の写真にも写っています。 こちらの写真にも。 周りの方は変わっていきますが、 中央の3人は変わらないので、当サイトではこの方がお母さんだと予想します。 野球を始めたきっかけも、お兄さんがやっていたからだそうです。 年齢は、奥川投手より7歳年上という噂があり、真実であればもう25歳くらい(2019年)になりますね。 しかし、奥川投手は、別の強豪校も選択肢に入っていました。 師走の夜。 奥川投手の父・隆さんは息子に結論を促します。 最後は2人で話し合いなさい… 午後9時ごろ、山瀬捕手と5分ほど電話で話した奥川投手は、父にこう告げました。 カテゴリー• 155• 141•

次の