セキセイ インコ グッズ。 セキセイインコの飼育に必要なもの、便利なグッズなど飼育環境と共にご紹介します

セキセイインコの正しい飼い方や性格・寿命・歴史を解説

セキセイ インコ グッズ

ご都合の良いお支払い方法をお選び下さい。 郵便振込と銀行振込は前払いで入金確認後の発送となります。 振込手数料はお客様にご負担いただいております。 詳しくはこちらをご覧下さい。 7000円 沖縄は12000円 以上お買い上げ頂きますと、送料と代引手数料が無料になります。 7000円 沖縄は12000円 未満のお買い物は別途送料と代引の場合は代引手数料をご負担いただいております。 15時までの 代引決済・クレジット決済のご注文は即日発送が可能です。 配達日時指定も承っております。 配達はヤマト運輸でお送りしていますが一部大型商品は佐川急便での発送となります。 返品・交換は商品到着日より 7日以内とさせていただきます。 この期限を過ぎた場合は返品をお受けできなくなりますので予めご了承下さい。 尚、オーダー品・お取り寄せ品に関しましては返品はお受けできませんので予めご了承下さい。 詳しくはこちらをご覧下さい。 お問い合せはお気軽にどうぞ!.

次の

鳥さんのオリジナルグッズ・鳥柄雑貨 BIRDSTORY

セキセイ インコ グッズ

雛のインコに必要なもの ・プラケース 雛のうちは温度管理がしやすく、雛の様子も見えやすいプラケースで育てます。 「ます箱」という専用の飼育ケースも売っています。 これだと成鳥になっても、通院などの移動時にも使えます。 ・さし餌用のスプーンと容器 まだ一人でえさを食べられない雛には、飼い主が親代わりとなって雛の口にえさを運ぶことになります。 先が細くなっている専用のスプーンを使うと与えやすいです。 ・ペット用ヒーター 本来は親や他の雛と体を寄せあい暖めあっていますが、一羽になると冷えて弱りやすいので保温は重要です。 ・温度計・湿度計 雛に最適な適温は26〜30度、湿度は60〜70%です。 ケース内に入れられるものを選びましょう。 また、さし餌の温度を測るときにも使うので棒状のものもあったほうがいいです。 ・さし餌用のえさ(粟玉、フォーミュラなど) 以前は粟玉のみをお湯でふやかしてあげていたようですが、最近は栄養面を考えてパウダーフードを与えるのが一般的です。 ショップによって異なるので、雛を買うときに必ず確認しましょう。 ・床材 プラケースの底に敷くものです。 ハムスターなどにも使う木製のチップを敷いてあげると保温効果もあるし、糞の水分を吸収するので雛が汚れません。 キッチンペーパーでも代用できます。 あると便利なもの ・体重計(キッチンスケール) さし餌から一人餌に切り替えるときに、ちゃんと食べられているか、体重が減っていないか確認するのに便利です。 1gから測れるものでもいいですが、エサを計るときにも使えるので0. 1g単位のものをお勧めします。 ・練習用の止まり木 はじめは止まり木に止まるのもおぼつかないので、落ちても大丈夫な低い止まり木で練習しましょう。 丸い棒を買ってきて自作することもできます。 ・サーモスタット ヒーターに取り付けて使うと、温度を設定することができます。 暑くなりすぎたり、冷え過ぎるのを防ぎます。 ・おもちゃ ひとつのケージに1〜2個、インコの邪魔にならないように取り付けます。 音が出るものや、かじって壊すタイプのものなど、いろいろ与えてみてインコが気にいるおもちゃを探しましょう。 あると便利なもの ・菜さし 水を入れて葉っぱを差しておくと、しおれにくく長持ちします。 個体によっては、葉っぱを引っ張って落としてしまうインコもいるので、クリップなどで挟んでおくのもいいでしょう。 ・ボレー粉入れ 毎日ひとつまみを主食の餌に混ぜて与えても大丈夫です。 ・キャリーケース ケージを洗う時や、通院などの移動時にあると便利です。 雛の時に使ったプラケースでも代用できます。 ・ナスカン インコがケージの扉を開けて自力で出ようとしたら、逃げ出さないようにナスカンで扉を固定します。 最近は、あらかじめ留め具が付いているケージもあります。 ・水浴び用の容器 ケージに取り付けるタイプや、床に置くタイプなどがあります。 インコによっては水浴びをしないものもいます。 水道の蛇口から直接浴びるインコもいれば、霧吹きで浴びるのが好きなインコや、青菜についた水滴を体につけて水浴びするインコもいます。 様子を見ながらインコにあったものを選びましょう。

次の

飼鳥専門店 BIRDMORE ( インコ・オウムと鳥グッズ・鳥用品の専門店 )

セキセイ インコ グッズ

関連記事 セキセイインコ、必要な飼育グッズは? ケージ セキセイインコの家になるケージは、セキセイインコを飼ううえで必須の飼育グッズです。 底面積は35c㎡、高さ40cm以上のケージを用意してください。 前面が開くタイプのケージだと、掃除も行いやすいのでおすすめです。 素材はインクなどが塗装されていない、ステンレス製やアルミ製を選んでくださいね。 ヒナから育てる場合、ヒナは止まり木に止まることができないので小さな虫かごなどのプラスチックケースを用意してあげるのもオススメです。 エサ入れ・水入れ エサ入れや水入れは、ケージの付属品として一緒に購入できることがほとんどです。 もし付属されていない場合は別途購入してくださいね。 毎日使うものなので、洗いやすいものがおすすめですよ。 替えも合わせて用意しておくと安心です。 止まり木 セキセイインコは遊ぶときも休むときも、止まり木を使います。 人間にとってのイスでもありベッドでもある大切な飼育グッズなのです。 ケージを購入した際に付属品として付いてくることも多いのですが、品質の悪い止まり木であれば別途購入してあげてくださいね。 太さが均一だと足裏の一部に負担がかかってしまうことがあるので、できるだけ天然木からできており、前足と後ろ足がひっついてしまわないような太さの止まり木を選んであげてくださいね。 太さの目安は直径10~12mm程度です。 止まり木は2本用意し、エサ入れの近くとケージの奥に、高さを変えてとりつけておくのがポイントです。 ヒーター セキセインコは寒さに弱く、冬場に適切な寒さ対策を行わないと死んでしまうこともあります。 冬場から飼育を始める場合、あらかじめペットヒーターを用意しておいてくださいね。 空気をあたためて保温ができる保温球などを利用し、27~28度前後に温度を保ってください。 ますかご・ふご ヒナから飼うときは、ヒナ用にますかごやふごを用意してくださいね。 病気になってしまったヒナの保温にも使うことができます。 キャリーケース セキセイインコを移動させたり通院させたりするときに必要です。 止まり木が設置できるものがおすすめですよ。 アクリル製のものだと保温にも役立ちます。 セキセイインコは寒さに弱いので、冬の移動は保温も忘れずに。 セキセイインコをお迎えする前に「止まり木の消毒」「ケージに敷物」をしておこう グッズを用意できたら、セキセイインコが来る前に「止まり木の消毒」をおこなう必要があります。 消毒ができていないとインコが病気になってしまうこともあります。 お迎えした後も、1ヶ月に一回程度は止まり木を消毒してくださいね。 さ用意したケージやますかご・ふごには細かく裂いたティッシュペーパーやプリント用の紙などを敷いておきます。 新聞紙を使うこともありますが、インクの臭いがきついとインコが体調を崩してしまうこともあります。 セキセイインコの飼育、あると便利な飼育グッズは?おもちゃは? セキセイインコにとって楽しく快適な環境を作るために、あると便利なグッズをご紹介します。 セキセイインコの温度を管理するための「温室時計」、遮光性にすぐれた「ケージカバー」、セキセイインコが遊ぶための「鳥用おもちゃ」はぜひ用意してください。 おもちゃはケージに入れるのは原則一つとし、いろいろなおもちゃをローテーションさせるとインコも飽きません。 なお、セキセイインコを繁殖させる「巣引き」のときには「巣箱」も用意してくださいね。 セキセイインコのエサは?シード食とペレットどっちがいい? セキセイインコのエサは、「主食」「おやつ」「副食」の3つにわけることができます。 成鳥の主食として入手しやすいものはシード食(種子混合餌)です。 ヒエやアワなどの種子を混合した餌で、セキセイインコは楽しそうに殻をむいて食べてくれます。 シードを主食にする場合は、アワ、ヒエ、キビ、カナリーシードがブレンドされているものを選んでくださいね。 シードは手軽でたんぱく質なエサですが、ビタミンやミネラルがほとんど含まれていないため、不足分を副食で補う必要がありますよ。 一方、ペレット(人工飼料)を主食にする場合は、セキセイインコに必要な栄養が全体的にカバーされているので、副食の必要はありません。 ペレットは食いつきが悪いことがあるので、与え始めはシード食と混ぜて徐々に慣れさせてくださいね。 セキセイインコの最初の飼育グッズ選びは慎重に! セキセイインコは慣れ親しんだケージやエサ入れに愛着を持ってくれますので、突然グッズを変えるとストレスになったり、使ってくれなくなったりします。 例えば、ずっと使っていたケージから、形や素材が異なる新しいケージに交換しても、警戒して入ってくれないといったこともあるようです。 後になって買い替えたくても買い替えられないということがないように、最初の飼育グッズは慎重に選んでくださいね。

次の