いみ じ 意味。 池沼の意味と読み方とは(ネット用語の)

「いみしん」ってことばの意味はなんですか?「ある表現の示す内容が奥...

いみ じ 意味

9916• 529• 297• 148• 117• 225• 279• 142• 150• 106• 503• 100• 127• 179• 315• 864• 804• 149• 226• 184• 116• 135• 189• 121• 223• 203• 285• 1363• 121• 130•

次の

意味(いみ)とは

いみ じ 意味

Webとは、インターネット上で標準的に用いられている、文書の公開・閲覧システム。 文字や画像、動画などを一体化した文書をネット上で公開・配布したり、また、それを入手・閲覧することができる。 文書内に別の文書への参照を埋め込むことができる「」と呼ばれるシステムの一種。 Webにおける情報の基礎的な単位はページ(、ウェブページ)であり、やなどの言語で記述される。 これには文書を構成する文字情報や、見出しや段落、表などの構造、要素の大きさや配置、色などの見栄え、ページ内に埋め込んで表示する画像や音声、動画など文字以外の情報への参照、別のページなど関連する外部の情報の所在を表す参照情報(、リンク)などが記載されている。 複数の相互に関連する一連のページの集合体をサイト(、ウェブサイト)という。 Webで情報を公開しているコンピュータやソフトウェアのことを(web server)と呼び、サーバから情報を受信して利用するコンピュータやソフトウェアを(web client)という。 Webクライアントのうち、Webページの内容を整形して画面に表示し、人間がページを閲覧するために用いるものを特に(web browser)ということがある。 サーバとクライアントの間の通信には(Hypertext Transfer Protocol)と呼ばれる通信規約(プロトコル)が標準的に用いられる。 HTMLやHTTPには、な文書の公開・閲覧だけでなく、利用者からの入力を受け付け、サーバに送信する機能もある。 これを用いて利用者の入力に応じてに文書を生成したり、なソフトウェアのように振る舞うWebページやWebサイトのことを(web application)あるいは(web service)という。 Webはインターネットがまだ学術機関を中心に利用されていた頃、1989年に欧州核物理学研究所(CERN)のTim Berners-Lee(ティム・バーナーズ・リー)氏が所内の論文公開・閲覧システムとして考案したものが基礎となっている。 1990年台にインターネットが一般に開放され普及していく過程で、などと共にネットの中心的な応用システムとして広く利用されるようになった。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

忌(いみ)とは

いみ じ 意味

別の方から「まず検索を」という指摘があったようですが、 まだこのサイトに慣れていらっしゃらない為かと思いますので、少しご説明します。 ・このサイトは、もう一年以上過ぎていて、質問総数も 2,5000 件を超えているようです。 ・それだけの蓄積がありますから、何か知りたいときに、まず試しにトップページの上にある検索用のフィールドに キーワードを入力して(全角又は半角のスペースで区切れば、複数キーワードでもOK)調べてみると、 関連する項目が見付かることが結構多くあります。 (それで見付かれば、ご自分にとっても手っ取り早いですよね!) ・現に、今回のケースですと、「トラウマ」というキーワードでやってみると 26 件ヒットするようですね。 その中に、「トラウマの語源」という項目もありますでしょう。 A ベストアンサー 日本語で伝説的人物というと、私にはどうしても過去の人のイメージがつきまとうので、「伝説として末永く語り継がれるであろう大スター」ということになるかと思います。 英語の辞書ではこのように説明しています。 thefreedictionary. 伝説になる予感がする、あるいは伝説になるような名声を成し遂げた人物、といったところですか。 >a person whose fame or notoriety makes him a source of exaggerated or romanticized tales or exploits 名声や悪名の高さゆえに、誇張されたり美化されたりしてあれこれ語られる人物、ですね。 ということで、legend そのものにピタリと当てはまる日本語の単語はないような気がします。 A ベストアンサー 目からうろこが落ちる 普通、「目から鱗が落ちる」という場合、思いもよらなかった発想や考え方に、目が開かれるような思いになったことや、全く新しい体験を経験することによって、考え方がいっそうされたようなときに使うようです。 つまり、偏見や先入観から解放されて、自由なものの見方や考え方に至った場合に、「目から鱗が落ちる あるいは落ちた)」と言うようです。 実は、この「目から鱗が落ちる」という言葉は、「豚に真珠」と同じように聖書の中の言葉なのです。 この言葉は、使徒行伝の9章にでてくるのですが、この9章は、イエス・キリストが死んでまもなくの、キリスト教がキリスト教としての歩みを始めた極めて初期の時代のことが記されています アナニヤがサウロの上に手を置き、「イエス・キリストが、あなたのところに私をおつかわしになった」ということを告げたとたん、サウロの目が見えるようになったのです。 このとき聖書は、「サウロの目から鱗のようなものが落ちて、再び見えるようになった。 」といっています。 そしてここに、「目から鱗が落ちる。 」という言葉の語源があるのです。 サウロという人は、当時のユダヤ教の学者の中では一級の人物ガマリエルと言う人の弟子でした。 そういった意味ではエリートと呼ばれるような立場にあり、自分の力と才覚でいろんなことを考え実行できる人であったと言えるでしょう。 そのサウロが、人生の一大転機の時に視力が奪われ、人に手をひいてもらい、自分の力ではなく他人に頼らなければ何事もできないということを経験するのです。 まさしく、人間の能力や力の限界といったものを経験したのです。 それは、厳格なユダヤ教徒からキリスト教徒になるという、信じる内容の変化だけでなく、自分の力と才覚によりすがって生きていく生き方から、自分の力と才覚の限界をしって、ただ神によりすがって生きていく生き方へと目が開かれていく転換でした。 その境目に「目から鱗のようなものが落ちた」のです。 そういった意味では、「目から鱗が落ちる」ということの本当の意味は、人間が自分の力や才覚を誇り生きていくような生き方ではなく、自分の限界や無力さを知り、神に頼るということに気がつくということなのかもしれません。 nifty. html 目からうろこが落ちる 普通、「目から鱗が落ちる」という場合、思いもよらなかった発想や考え方に、目が開かれるような思いになったことや、全く新しい体験を経験することによって、考え方がいっそうされたようなときに使うようです。 つまり、偏見や先入観から解放されて、自由なものの見方や考え方に至った場合に、「目から鱗が落ちる あるいは落ちた)」と言うようです。 実は、この「目から鱗が落ちる」という言葉は、「豚に真珠」と同じように聖書の中の言葉なのです。 この言葉は、使徒行伝の9章にでてく... A ベストアンサー そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。 ・漢字の学習の底が浅く安易になった、即ち本来の意味に注意を払わない。 原意:古代に枝や縄の結節で数字を示した方法の延長が現在の字形。 九が数の窮まった値として縁起よく、重視されてきた。 【充】:満ちる、満たす、余すところなく、担当する、埋める。 【分】:実は、発音も意味も一意でないのです。 【十分】の発音はshi2fen1 【分】fen1の意味は 部分、分割したもの など。 【十分】の発音はchong1fen4 【分】fen4の意味は 成分、本分、職責 など。 さて、お尋ねのこと「私はじゅうぶん満足した」はどう書くか。 ・単純に量的に満たされたならば【十分】。 ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 としたいところです。 【充】については以下の用法で感覚をつかんで下さい。 充電・充填・充足・充実・充溢・充血・充ちる(潮が、悪意に、月が、刑期がetc) ついでに、 「十分ご説明をいただいて、充分満足いたしました」のごとき用法も。 いまや、【十分】【充分】を使い分けるか否かは個人の好みです、読む人の感性に合わなければそれまでのこと、自己満足の域を出ません。 いずれにせよ、公式文書や事務的文書では、好悪を捨てて、国語辞典を標準とするに越したことはありません。 そもそも【十分】と【充分】は別のことばです。 国語辞典では「十分」も「充分」も同じこと、を踏まえてのご質問と見うけます。 私は、事務的文書では「十分」に一本化していますが、私的文章では、両者を使い分けています。 情緒的な差という人もいますが、語の本来の意味は異なります。 ・旧かな遣いの時期は区別がし易かったが、新かな遣いになり混同を助長。

次の