サンエー parco。 サンエーパルコ浦添西海岸(沖縄)のテナントや駐車場は?場所やオープンはいつ?│沖縄県民の島ぞうり通信

サンエーパルコのテナント・飲食店などの最新情報、オープン情報を随時更新!|オキナワノオト

サンエー parco

国産黒毛和牛や鹿児島県産黒豚など上質なお肉を満喫できる! 沖縄ならではの野菜や炊き込みご飯などサイドメニューも充実。 心弾む食べ放題プランは1,980円(税抜)~。 自慢の「しゃぶしゃぶ」やこだわり仕込みの「熟成牛タン」など、厳選お肉に舌鼓。 お肉もお酒もデザートも!90分食べ飲み放題プランは3,480円~。 旬野菜や麺類も食べ放題。 木を基調とした温もりある空間にテーブル席を豊富に完備。 沖縄浦添エリアの海に面した開放的な店内で楽しいひとときを。 夜は23:00まで元気に営業!ランチからディナーまで様々なシーンでぜひご利用ください。 112席• ソファー席あり• 夜景が見える 宴会最大人数• 112名様(着席時) 禁煙・喫煙• 店内全面禁煙(店外・屋外に喫煙スペースあり) バリアフリー• 受け入れ対象:• 乳児からOK• 設備・サービス:• お子様用椅子あり• お子様用食器あり• ベビーカー入店OK ペット同伴• 同伴不可 外国語対応• 外国語メニューあり:• 英語メニューあり• 中国語(簡体字)メニューあり• 韓国語メニューあり 携帯・Wi-Fi・電源• 携帯の電波が入る( ソフトバンク 、NTT ドコモ 、au )• Wi-Fi使えます( 無料接続可 ) その他の設備・サービス• 日曜営業あり• ワインセラーがある.

次の

サンエーパルコのテナント・飲食店などの最新情報、オープン情報を随時更新!|オキナワノオト

サンエー parco

この サンエーパルコ(浦添西海岸計画)は、観光客向けのショッピングモールとして、モノではなく コト消費にウエイトを置いた運営をしていくそうで、人気の観光スポットになるかもしれません。 浦添市の西側には米軍キャンプがだいぶ陣地を占めていますが、その裏手側にできます。 サンエーパルコへのアクセスには、ルートが限られます。 この近辺の国道58号を中心にかなり渋滞するのではないかと思っています。 この辺に住んでいる人からすると、結構アクセスしづらいんじゃないかと思いますね。 サンエーパルコの規模をライカム等と比較 サンエーパルコは、沖縄最大級のショッピングモールになりますが、現ナンバー1のライカムとどれくらい違うのか比較しました。 施設名 店舗面積 駐車場台数 サンエーパルコ 60,000㎡ 3,800台 イオンモールライカム 57,418㎡ 3,089台 御殿場プレミアム・アウトレット 44,600㎡ 5,000台 東京ドーム 46,755㎡ 670台 東京ディズニーランド 510,000㎡ 13,000台 ライカムより広いといっても同じくらいなのかなという印象ですね。 御殿場プレミアム・アウトレットより店舗面積でいうと広いのは驚きですね。 あそこはかなり広く感じますが、敷地面積が広いんですね。 店舗自体は、ライカムやサンエーパルコの方がだいぶ広くなります。 東京ドームより店舗面積だけも広いですね。 これは相当広いと思います。 ディズニーランドは比較対象を間違えました。 比較になりません。 とにかく相当広いということは分かると思います。 ライカムに行ったことがある人はあれと同じくらいですね、また、駐車場台数で言えば、ライカムよりも多いので、駐車場は割と停められるかもしれません。 サンエーパルコのテナント・飲食店、映画館などの情報 サンエーパルコ(浦添西海岸計画)には、2019年4月時点で分かっているテナント情報です。 サンエーパルコ(浦添西海岸計画)の飲食店.

次の

【サンエーパルコシティー】那覇市内・空港からの路線バス【2020年6月版】

サンエー parco

サンエーパルコシティのテナントはこちら(2019年4月16日全テナント情報250店舗更新! ) 【2017年9月14日 公開】【2017年9月28日 映画館情報 追加】 【2018年3月19日 テナント9店舗 追加】【2018年6月20日 テナント情報1店舗 追加】 【2018年7月17日 テナント情報1店舗 追加】【2018年11月25日 テナント情報5店舗 追加】 【2018年12月4日 テナント情報店舗追加・名称など】【2018年12月16日 テナント情報15店舗追加】 【2018年12月26日 テナント情報1店舗追加】【2019年1月7日 テナント情報16店舗追加】 【2019年1月17日 テナント情報2店舗追加】【2019年4月16日 開業日・全テナント情報公開】 【2019年6月19日 交通アクセス 更新】 サンエー浦添西海岸パルコシティは沖縄県内最大の商業施設 サンエー浦添西海岸PARCO CITYは沖縄県内最大の商業施設になる予定で注目が集まっています。 店舗面積 駐車台数 サンエー浦添西海岸PARCO CITY 60,000㎡ 3800台 イオンモール沖縄ライカム 57,418㎡ 3089台 サンエー那覇メインプレイス 37,110㎡ 2450台 イオン那覇店 29,000㎡ 1500台 こちらが、サンエー浦添西海岸パルコシティと沖縄県内の大型商業施設TOP3を比較してみました。 あの巨大なイオンモール沖縄ライカムを上回る店舗面積になる予定です! また、沖縄における交通手段の90%を占める車利用の来店者を意識し最大級の駐車場を配備しています。 サンエー浦添西海岸パルコシティのフロアは? サンエー浦添西海岸パルコシティのフロアはどうなるのか見ていきます! 断面図はこのようになります。 中央には専門店と飲食店、那覇側には核店舗が設けられます。 駐車場は両側と屋上に設けられますね。 各フロアのフロア構成についてみていきます。 1階 旬な暮らしを楽しむ 1階は旬な暮らしを楽しむフロアとして 「日々の暮らしをちょっと豊かにするデイリーユースの最大客数フロア」としています。 商業施設の真ん中に車道が設けられているため、店舗部分は大きく2つに分かれます。 海側には飲食店、反対側には食品や核店舗が入居。 赤い部分は全て専門店です。 2階 都市の感性を楽しむ 2階は都市の感性を楽しむフロアとして 「都会的な感性を訴求したファッションフロア」としています。 那覇側には核店舗が設けられ、専門店が広大なフロアに何十店舗と入ることが予想されます。 海側には飲食店も設けられます。 3階 ココならではを楽しむ 3階はココならではを楽しむフロアとして 「海の見える開放的なレストランとシネマコンプレックスのある集客フロア」としています。 3階は通路のいたるところに吹き抜けが設けられているのが特徴ですね。 那覇側には核店舗、海側には開放的なレストラン、また、シネマコンプレックスが設けられます。 周辺で進むリゾート計画 浦添西海岸エリアでは、「 那覇港浦添ふ頭 コースタルリゾート計画 」と題し、リゾート計画が進められております。 今回はその第1ステージとして 商業施設と2018年開通予定の 湾岸道路を考えているようです。 アクセスも那覇空港まで車で15分、大型客船バースから車で10分とのとても良い立地といえますね。 また、那覇空港では第二滑走路計画が2020年3月に利用開始予定ということで、さらに利用客が増えるのではないかと考えられます。

次の