まだ 結婚 できない 男 深川 麻衣。 深川麻衣の演技力は?まだ結婚できない男で主要キャストに!監督も絶賛する理由とは?

まだ結婚できない男深川麻衣の演技は下手なのは本当?3話ドラマの評価は?

まだ 結婚 できない 男 深川 麻衣

俳優・阿部寛主演のドラマ「まだ結婚できない男」(フジテレビ系)の第3話が10月22日に放送され、平均視聴率10. 0%と初回平均視聴率11. 5%に続く二桁視聴率をマーク。 「この作品は、2006年に放送された前作から13年後を描く続編。 53歳になり偏屈さに磨きがかかった建築士・桑野(阿部)。 ある夜、よりを戻そうと迫ってきた早紀(深川)の元恋人を欺くために恋人を装ったために、その姿を写真誌に撮られ周囲からからかわれてしまう展開に。 そこで早紀の正体が明らかになり、ファンは大興奮。 『このお隣さんて、リアル深川麻衣さんなの!?』といった喜びのコメントが寄せられました」(テレビ誌記者) 深川は、2011年乃木坂46の一期生オーディションに合格。 2018年には映画「パンとバスと2度目のハツコイ」では映画初出演ながら主演。 TAMA映画賞で最優秀新進女優賞を受賞。 去年10月期に始まったNHKの朝ドラ「まんぷく」にもレギュラー出演。 さらに今年1月期の深夜ドラマ「日本ボロ宿紀行」(テレビ東京系)では主演を務めるなど、乃木坂46を卒業して以来、女優としてここまで着実にステップアップしてきた。 朝ドラ、そして深夜ドラマの主役を経験。 これに対してファンは『朝ドラにも出てるし、主演映画で賞ももらってますよ。 言い方がひどいと思います』と応戦。 中には『演技が下手なのは事実なんだからファンならその現実を受け止めて応援してあげなよ』といった声も上がっています」(エンタメ誌ライター) アイドル出身の女優なら誰でも通ってきた道。 今後、目の覚めるような演技を、ぜひ期待したい。 (窪田史朗).

次の

阿部寛「まだ結婚できない男」女優陣は吉田羊・深川麻衣・稲森いずみ!

まだ 結婚 できない 男 深川 麻衣

『まだ結婚できない男』公式サイトより 2006年に 阿部寛主演で放送され人気作となった連続テレビドラマ『結婚できない男』(フジテレビ系)の続編で、現在放送中の『 まだ結婚できない男』。 前評判は高かったものの、11月26日に放送された第8話の平均視聴率が8. 6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区 となるなど、苦戦している。 同作は偏屈で独善的な独身の建築家・桑野信介(阿部)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚と真摯に向き合うまでの日常を描いた作品で、今回13年ぶりに続篇が放送されている。 主演の阿部は続投の一方、女性キャスト陣は吉田羊、稲森いずみ、深川麻衣に一新された。 なかでも深川は乃木坂46を卒業して以来、民放での本格的なドラマ出演はほとんど初めて。 「制作陣は『思っていたより数字が取れない』と嘆いています。 前作が人気作だっただけに、肝心の女性陣の選定もかなり悩んだらしいのですが……。 吉田羊はどの作品でもバランサーになってくれるので安定的に力を発揮してくれていますが、問題なのは深川。 まだ演技の経験が少ないため、深川のシーンが苦痛だという視聴者も多いようです」(フジ関係者) インターネット上では、深川に対して「演技が下手すぎる。 すごく好きなドラマだったのに、このひとが出てるシーンはイライラしてしまう」「もともと国仲涼子が良い味出していたから、受け入れるまで時間がかかりそう」「他にもっといい女優いたと思うんだけど…」と厳しい声が目立つ。 女優業に専念するという理由で乃木坂46を卒業した深川だったが、別のフジ関係者は話す。 「深川の所属事務所には、田中麗奈や高良健吾、中条あやみなどがいますが、俳優を戦略的に売っていくことでも有名です。 深川に関してはアイドル色を消すために作品もかなり選んでおり、今作を選んだのも大きな賭けで、人気を全国区にしたいという気持ちの表れだと思います。 今回の抜擢は、事務所とフジの関係が影響していますが、制作陣の間では『演技が想像以上に下手』『次回は起用することはない』という評価となってしまっています。 NHKの朝ドラでは素人っぽい演技が映えますが、民放の人気シリーズ作では、それでは通用しませんよ」 「局内では、深川の起用が大コケの原因だという声も出るほど」(テレビ局関係者)だというが、深川の試練は続きそうだ。 (文=編集部).

次の

ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

まだ 結婚 できない 男 深川 麻衣

2006年7~9月に放送された俳優の阿部寛さん主演の連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ・フジテレビ系)の続編のタイトルが、「まだ結婚できない男」となり、女優の吉田羊さん、深川麻衣さん、稲森いずみさんが出演することが8月8日、分かった。 吉田さんと深川さんは、阿部さんと初共演。 稲森さんは約21年ぶりに阿部さんと共演を果たす。 「結婚できない男」は、偏屈で独善的で皮肉屋だが、どこか憎めない独身の建築家・桑野信介(阿部さん)が、女性との出会いをきっかけに恋愛を意識し、結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常を描き、話題となった。 続編では、前作に続き尾崎将也さんが脚本を担当する。 今回発表された新キャストは、桑野信介が出会うさまざまな女性たち。 吉田さんは桑野とぶつかり合いながら関係を深めていく弁護士・吉山まどか、深川さんは桑野の部屋の隣に引っ越してくる謎の女性・戸波早紀、稲森さんはカフェの店長・岡野有希江を演じる。 また、桑野のめい・中川ゆみ役で平祐奈さんも出演する。 前作に出演していた塚本高史さん、草笛光子さん、三浦理恵子さん、尾美としのりさん、不破万作さんが、同役で続投することも発表された。 前作で、桑野のアシスタントだった村上英治(塚本さん)は、桑野と共同経営者の建築士に出世。 草笛さんは桑野の母・桑野育代、三浦さんは桑野の妹・中川圭子、尾美さんは圭子の夫・中川良雄、不破さんはいつも桑野とけんかする大工の棟りょうを演じる。 7月中旬から撮影がスタートしており、今回、今作の場面写真も初解禁された。 桑野がまどかに対して不満げな表情を見せるシーンや、早紀が隣の桑野の部屋に聞き耳を立てる場面、桑野の設計事務所の様子などが写し出されている。 「まだ結婚できない男」は、前作から13年後が舞台。 主人公の桑野信介(53)は、以前と同じマンションに一人で暮らしている。 13年の間に飛躍的に進んだIT化に合わせ、スマートスピーカーといった最新機器を取りそろえるなど、引き続き独身生活を謳歌(おうか)している。 恋愛では、自身の担当医だった早坂夏美と交際まで発展したものの、愛想を尽かされてしまい、その後に破局。 少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは、再び固く閉ざされ、独り身を謳歌する生活に逆戻り。 50歳を過ぎ、偏屈さにはより一層磨きがかかっている。 将来のことを考えると、少し不安も感じている桑野だったが、偶然出会った女性たちとの間で運命の歯車が動き始める……という展開。 ドラマは10月スタートで、毎週火曜午後9時放送。 13年前、視聴者としてこのドラマを見ていたので、オファーをいただいた最初の感想は、「まだ結婚していなかったのか!」でした。 根強いファンも多い桑野さんの間近にいる女性という大役が、私に務まるだろうかという不安もありましたが、毎週お茶の間をハッピーにしたこのドラマに携わりたいという思いと、何より阿部寛さんとぜひお芝居したいという気持ちが勝ちました。 当時と同じスタッフさんが再集結ということもありますので、阿部さん含め、皆様の胸をお借りしながら、楽しんで作っていけたらと思っております。 「結婚できないあるある」をよくぞ次々と見せてくれるなと、本当に毎週楽しみでした。 また桑野さんは、真面目にやればやるほどおかしいという、新しいタイプの主人公だなと思っていました。 またそれを、二枚目の阿部さんがやるから、なおさらおかしい。 「この桑野さんを見たいからまだまだ結婚しないで」と思っていたのは、私だけではないのではないでしょうか。 加えて、嫌な役をやっても憎まれないのは阿部さんの人間力なのだろうなと思います。 インタビューを拝見しても、キャラクターの人物造形や俳優としてのあり方には共感することばかりで、今回間近で阿部さんの役作りを拝見できること、阿部さんと一緒にアイデアを出し合ってシーンを膨らますことが、とても楽しみです。 桑野さんとの丁々発止のやりとりは、今作でも毎話の見どころになるかと思いますので、頭を柔らかくして頑張ります。 時代を令和に変えても桑野節は健在。 当時見ていた大人と今回初めて見る人々が、毎週火曜に一緒にわははと笑って、あーだこーだと盛り上がってお茶の間が元気になるようなドラマを目指します! 果たして桑野さんは今度こそ結婚できるのか。 前作の大ファンだったので、その13年後のお話が描かれる今回の作品に、まさか自分も参加させていただけることになるなんて。 出演が決まった時は、本当にうれしかったです。 当時私は地元静岡の高校生でした。 個性豊かな登場人物の皆さん、そして愛らしいパグのケンちゃんに魅了されながら、ドラマの中で繰り広げられる会話ややりとりにたくさん笑わせていただいていました。 見終わった後は、また1週間頑張ろう!と思えるほど、毎週とても楽しみにしていたドラマでした。 現場で阿部さんが監督やスタッフの方々と相談しながら、1シーン1シーンを丁寧に愛情を込めて撮影されている姿を見ながら、いつも勉強させていただいています。 阿部さん演じる桑野さんから何が飛び出してくるかは本当に予想外なので、ドキドキと翻弄(ほんろう)されながらも、毎回撮影がとても楽しみです。 今回、出演者の皆さんはもちろん、前作のスタッフの方々も多く参加されています。 13年の時を経て、たくさんの方の思いや期待が詰まった作品なので、前作からのファンの方はもちろん、 初めて今作を見る方にも楽しんでいただけるように。 そして皆さんが毎週ホッとしたり、クスッとできる時間をお届けできるように。 「結婚できない男」は好きなドラマでしたので、今回お話をいただいて参加できることがうれしかったです。 そして、あれから13年、彼はどんな生き方をしているのだろうと、すごく興味が湧きました。 有希江は、とても優しい人。 すごく普通の女性なんですけど、実はその普通というのは、簡単そうで難しい役どころだなと思います。 役作りの方法は、私も知りたいくらいです(笑い)。 ただ、有希江は前作にいなかった雰囲気のキャラクターになると思いますので、桑野さんとどうなるのかも楽しみにしていただければ。 登場人物みんなを応援したくなるくらい、それぞれがいとおしいキャラクターで、日々の日常が小気味よく描かれていて、見終わった後には心が爽やかだったり、温かかったりする、そんなすてきなドラマでした。 阿部さんのセリフの間や言い回しが絶妙で、それにはまって笑いが止まらなくなってしまった思い出があります。 今回も阿部さんが演じる桑野の、あの桑野節が見られるのをとても楽しみだったんですが、実際、ご一緒してみて、独特な存在感や、現場で穏やかなたたずまいは変わっていませんでした。 阿部さんとのお芝居では、桑野さんの表情が面白すぎて……、鼻がちょっと膨らんだり、目が大きくなったり、ちょっとした表現が絶妙で、セリフを言いながら、本気で笑ってしまいそうになりました。 温かく、ポジティブなエネルギーを心に充電できる、そんなドラマにしたいと思っています。

次の