遠藤チャンネル 停止。 遠藤チャンネル収益化停止・・( ; ; )復活なるか?

収益化停止の理由は?広告剥奪チャンネルの理由と事例を紹介 ウタエルや遠藤など

遠藤チャンネル 停止

意外に多い!垢BANにあったYouTuberたち ユーチューバーの人気動画といえば、過激な実験や大掛かりなドッキリ、おバカな行動など、今のTV番組では放送できないようなものを放送している人たちだと想像する方々も多いでしょう。 しかし、そんな動画も、もう見れなくなるかもしれません! YouTubeの規制が毎年厳しくなってきていて、登録者数や再生時間によって広告収入が入らないようになったり、最近では、危険なチャレンジやいたずら(ドッキリ)なども規制の範囲内になるとのこと。 ポルノ、暴力を扇動するコンテンツ、嫌がらせ、悪意のある表現は、形式を問わず YouTube で許可されていません。 (中略) 危険なチャレンジやいたずらについての確認事項: 身体に重大な危害や苦痛が及ぶおそれがある、または死亡につながりかねない暴力や危険な活動を助長するコンテンツは、YouTube の有害で危険なコンテンツに関するポリシーに違反します。 (中略) 重大な危険や死亡を招くおそれのあるチャレンジや、被害者が過度の身体的危険を感じたり、子どもに深刻な精神的苦痛を与えたりするおそれのあるいたずらを禁止すること明確にしました。 出典: 以前からも、暴力的表現やポルノ系なども規制対象とされていましたが、今後さらに厳しくされるでしょう。 今回は、YouTubeのガイドラインに違反したため、アカウントを凍結されてしまったユーチューバーを紹介して行きます。 さん raphaelangel8183 がシェアした投稿 — 2019年 4月月7日午前3時50分PDT 2019年1月22日にアカウントが凍結されてしまいました。 チャンネル登録者数200万人を超える大人気ユーチューバーで、案件を多くこなすユーチューバーとしても有名でしたが、露出度の多い女性を起用したエロ系の動画や過激な表現の暴力的な動画が多く、中には情報商材系の企業に視聴者を斡旋していると取られてもおかしくない内容の動画も上げていたために、アカウントの停止をされてしまったようです。 チャンネル凍結後直ぐに新チャンネルを開設していましたので、一切めげたりしていないようですね! さんは、過去にツイッターのアカウントも凍結された経験もあるので、こういうことには慣れっこなようです。 レペゼン地球さんといえば、度数の高い酒を一気飲みした直後、そのまま吐き出すなど、過激なチャレンジや内容の動画を多く出して急激に人気を得ていました。 残念ながら、そいういった動画がガイドラインに違反し、警告を受けることもしばしばあったため、アカウントを凍結されてしまったようです。 現在は、完全復活されて、「レペゼン地球 僕たちは更生しました」といってチャンネルを更新しています。 過激さは、多少抑えられてはいますが、レペゼン地球らしさは全く消えておらず、相変わらず面白おかしいチャンネルになっています。 本人曰く、「ゴキブリ虐待動画」「エロイプ親父動画」「ユーチューバーアーチェリー対決」という動画が削除対象になったからということ。 エロ系・残酷系の動画は、削除対象になるようです。 また、過去に動画を削除されていた場合は、異議申し立てをしたとしても印象が悪いため、復旧の見込みはほぼないとのこと。 チャンネル停止の決定打となったアーチェリー動画については、全く納得がいっていないようで、筆者も動画を過去拝見していましたが、危険な印象はあまり受けませんでした。 あくまで、YouTube側の判断に委ねられるので、投稿者側の意見が全面的に通ることはほぼないといえますね。 残念ながら、そういった動画の何点かがガイドライン抵触してしまったようで、アカウント凍結に至ってしまったみたいです。 本人曰く、真野さんの動画を不快に思ったYouTubeユーザーが、YouTube側に停止要請をしたため、とのこと。 確かにエロ系の動画が多かったですが、ハウツー動画のようなものがほとんどでしたので、垢BANされるほどだったとは思えません。 YouTubeユーザーから目をつけられると、アカウント停止になるかもしれないといったいい例でしょうね。 YouTubeのアカウント凍結されてしまいました。 応援して下さった皆様、すいません。 メンタル崩壊してるので、 今後の事はまた決まったら お知らせします。

次の

遠藤チャンネル収益化停止・・( ; ; )復活なるか?

遠藤チャンネル 停止

意外に多い!垢BANにあったYouTuberたち ユーチューバーの人気動画といえば、過激な実験や大掛かりなドッキリ、おバカな行動など、今のTV番組では放送できないようなものを放送している人たちだと想像する方々も多いでしょう。 しかし、そんな動画も、もう見れなくなるかもしれません! YouTubeの規制が毎年厳しくなってきていて、登録者数や再生時間によって広告収入が入らないようになったり、最近では、危険なチャレンジやいたずら(ドッキリ)なども規制の範囲内になるとのこと。 ポルノ、暴力を扇動するコンテンツ、嫌がらせ、悪意のある表現は、形式を問わず YouTube で許可されていません。 (中略) 危険なチャレンジやいたずらについての確認事項: 身体に重大な危害や苦痛が及ぶおそれがある、または死亡につながりかねない暴力や危険な活動を助長するコンテンツは、YouTube の有害で危険なコンテンツに関するポリシーに違反します。 (中略) 重大な危険や死亡を招くおそれのあるチャレンジや、被害者が過度の身体的危険を感じたり、子どもに深刻な精神的苦痛を与えたりするおそれのあるいたずらを禁止すること明確にしました。 出典: 以前からも、暴力的表現やポルノ系なども規制対象とされていましたが、今後さらに厳しくされるでしょう。 今回は、YouTubeのガイドラインに違反したため、アカウントを凍結されてしまったユーチューバーを紹介して行きます。 さん raphaelangel8183 がシェアした投稿 — 2019年 4月月7日午前3時50分PDT 2019年1月22日にアカウントが凍結されてしまいました。 チャンネル登録者数200万人を超える大人気ユーチューバーで、案件を多くこなすユーチューバーとしても有名でしたが、露出度の多い女性を起用したエロ系の動画や過激な表現の暴力的な動画が多く、中には情報商材系の企業に視聴者を斡旋していると取られてもおかしくない内容の動画も上げていたために、アカウントの停止をされてしまったようです。 チャンネル凍結後直ぐに新チャンネルを開設していましたので、一切めげたりしていないようですね! さんは、過去にツイッターのアカウントも凍結された経験もあるので、こういうことには慣れっこなようです。 レペゼン地球さんといえば、度数の高い酒を一気飲みした直後、そのまま吐き出すなど、過激なチャレンジや内容の動画を多く出して急激に人気を得ていました。 残念ながら、そいういった動画がガイドラインに違反し、警告を受けることもしばしばあったため、アカウントを凍結されてしまったようです。 現在は、完全復活されて、「レペゼン地球 僕たちは更生しました」といってチャンネルを更新しています。 過激さは、多少抑えられてはいますが、レペゼン地球らしさは全く消えておらず、相変わらず面白おかしいチャンネルになっています。 本人曰く、「ゴキブリ虐待動画」「エロイプ親父動画」「ユーチューバーアーチェリー対決」という動画が削除対象になったからということ。 エロ系・残酷系の動画は、削除対象になるようです。 また、過去に動画を削除されていた場合は、異議申し立てをしたとしても印象が悪いため、復旧の見込みはほぼないとのこと。 チャンネル停止の決定打となったアーチェリー動画については、全く納得がいっていないようで、筆者も動画を過去拝見していましたが、危険な印象はあまり受けませんでした。 あくまで、YouTube側の判断に委ねられるので、投稿者側の意見が全面的に通ることはほぼないといえますね。 残念ながら、そういった動画の何点かがガイドライン抵触してしまったようで、アカウント凍結に至ってしまったみたいです。 本人曰く、真野さんの動画を不快に思ったYouTubeユーザーが、YouTube側に停止要請をしたため、とのこと。 確かにエロ系の動画が多かったですが、ハウツー動画のようなものがほとんどでしたので、垢BANされるほどだったとは思えません。 YouTubeユーザーから目をつけられると、アカウント停止になるかもしれないといったいい例でしょうね。 YouTubeのアカウント凍結されてしまいました。 応援して下さった皆様、すいません。 メンタル崩壊してるので、 今後の事はまた決まったら お知らせします。

次の

京アニ放火事件を馬鹿にしたYouTuber遠藤チャンネルの動画ようやくBANされる なぜYouTubeの行動はこんなに遅いのか

遠藤チャンネル 停止

スポンサーリンク 京アニ放火事件を茶化したYouTuber「遠藤チャンネル」 2019年7月18日、京都に本社を置くアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオが放火に遭った。 ガソリンによる爆発を伴う急激な火災のため逃げ切れなかった人も多く、7月24日の時点で犠牲者34名、負傷者34名という大惨事となった。 事件の内容と規模もそうだが、世界中にファンを持つアニメ制作会社「京都アニメーション(通称、京アニ)」が被害に遭ったことから、日本のみならず世界中に衝撃を与えた。 一方で、注目度の高い事件であるため、 炎上系YouTuberが再生数欲しさにネタにする可能性があった。 その不安は残念ながら現実のものとなり、最近話題の炎上系YouTuber 「遠藤チャンネル」が、こともあろうに事件のあった当日に被害者を愚弄するような動画を投稿していたのである。 なんでかっていうと~」と"いつものように"意味不明な理屈で犯人を擁護するというものだった。 犯人が「パクりやがって」と怒鳴っていたことを挙げ、それを根拠に「彼はアニメを作る仕事をしていた」「彼は命をかけてアニメをつくっていた」「いってみれば、命より大事なんですね、作品が」と勝手な推理を始め、だから今回の事件は「正当防衛」なので「悪くない」と主張するもの。 もはや意味不明だが、 実はこの「意味不明な理屈」は彼が多用する謂わば持ちネタなのである。 「~は悪くないっすね。 なんでかっていうと」が持ちネタの炎上系YouTuber 意味不明な理屈で犯人を擁護した遠藤だが、彼が意味不明な理屈で事件を茶化すのは今回だけではない。 そのとき話題になっている事件や事故、YouTuberのスキャンダルを取り上げ、"意味不明な理屈"で擁護や罵倒を繰り返している。 今回の動画の冒頭にも使われた「~は悪くないっすね。 なんでかっていうと」というのも彼の口癖であり、他の動画でも数多く使われている彼の"持ちネタ"だ。 スポンサーリンク 動画投稿から6日たって、ようやくBANされる 問題の遠藤の動画が投稿されたのは、2019年7月18日。 このあまりにも悪質な動画は、投稿当初から批判を集め、20日昼頃には低評価が7万も付いていた。 コメント欄には「YouTube運営に違反報告した」という趣旨の書き込みも目立った。 しかし、動画はなかなかBANされず、結局BANされたのは2019年7月24日。 動画が投稿されてから実に6日たった後である。 おそらく19日の時点でおびただしい数の違反報告があったはずで、SNSやネットニュースでも話題になっており、逆に一体どうすればこんなに対応が遅いのかと不思議にさえ思う。 見た目でわからないものは判断が遅い? YouTubeで迅速に削除される動画といえば、下系や暴力系の「目で見てわかる」ものが多い。 要するに「画像でわかる」ものだ。 その一方で、言葉で誰かを攻撃するような動画は比較的BANされづらくなっている。 たとえば物申す系YouTuberが投稿する動画の中には、明らかに度を超えているものもあるが、滅多なことでは動画を削除されない。 YouTubeヘルプに記載されているをチェックしてみると、いかにも該当しそうな文言が見つかるのだが、実際に動画がBANされるのは稀だ。 「日本語がわかるスタッフが見れば、おそらくアウト判定するのでは?」という動画もわりと生き残っていることも多い。 そもそも遠藤チャンネルは、今までにも事件の被害者を冒涜する動画を投稿し続けており、川崎の事件や大津市の事故でも同様の動画を投稿していた。 その時点でしっかり対応していれば、今回の問題の動画は投稿されずに済んだかもしれない。 なお、最後であるが遠藤チャンネルの登録者の推移を載せておく。 皮肉なことにかなりのプラスとなっている。 京アニ放火事件をネタにして炎上した遠藤チャンネル。 問題の動画などがBANされた数日後、すべての動画で広告が剥がされる。 現在も収益化自体は有効のままらしいが、手動で再審査を申し込むも全部蹴られているとのこと。 問題の動画がBANされ、すべての広告に動画が付かなくなったあと、不謹慎すぎる逆張りの芸風をある程度修正していたが、ついにメインチャンネルがBANになる。 — BAN世界より bansekai 削除されてしまった遠藤チャンネルを確認してみると、「暴力を禁じている YouTube ポリシーに対する度重なる違反または重大な違反のため、このアカウントを停止しました。 」と記載されていた。

次の