薬剤師 の ドラマ。 【見逃し】ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』を無料で視聴できる動画サービス・見逃し配信・各話あらすじ | MOVIE SCOOP!

病院薬剤師が主役のドラマ4月スタート 日本連続ドラマ史上初

薬剤師 の ドラマ

また、ドラマで漫画の何巻まで放送されるかが分かりませんので、こちらに掲載中の登場人物が減る可能性もありますので、ご了承下さい。 お団子頭が可愛くて、ちょっと天然なところも可愛い葵! 普段は凄く明るいのですが、ちょっと暗いテーマのお話の時に 落ち込んだり悩んだりするところも人間味があって良いなぁと思います。 キャスト次第では葵みどりとの恋愛発展もあるかもかも? とか、小野塚役に清原翔…瀬野さんの存在が消されないか不安…とか思っていました。 池田さんは裏方のお仕事をされる時は「池田テツヒロ」名義になります。 今までにドラマ「子育てプレイ」舞台「バブー・オブ・ザ・ベイビー」等の演出、舞台と映画「パタリロ」舞台「夫婦漫才」の脚本などを手掛けています。 — 舞台「どれミゼラブル! 」公式 doremize2019 ドラマオリジナルキャラクターで、薬剤部副部長、治験担当です。 とても優秀な方ということで、葵みどりとどんな絡みがあるのかまだ分かりません。 DI室(薬の情報を管理する)に所属のベテラン薬剤師とのこと。 あだ名は「調剤の魔術師」。 ちょっとひょうきんな方ということで、もしかすると原作で陽気なキャラだった小児科医の先生とキャラ被りするのではと勝手に心配してます(笑) エバさん(江林隆二) この人がドラマ版で登場するかは未定です 抗がん剤の認定薬剤師で抗がん剤についてとても詳しい方 もちろん担当はガン患者です ガンの勉強をする薬剤師が少ないからと 葵みどりが教えて欲しいと言った時は物凄く嬉しそうでした(笑) 優しいけれど、シッカリした方! ガン患者さんの専門の先生なので 人の死と向き合う事が多く、とてもメンタルが強い薬剤師さんです 剣持 循環器系担当の薬剤師 狭心症の患者さんの回で原作漫画では登場しました 以上が薬剤部の主要メンバーです! 次に萬津総合病院の医師のメンバー! 葉山先生 序盤にしか登場しない、いやーな感じの雰囲気の先生 薬剤師って必要なのかと葵が悩む原因となってしまう 常に下に見ている感じの態度がイライラします 誰がキャストをやるのかな? 大津先生 整形外科の先生で、患者さんに整形外科の症状以外を相談されて それは関係ないというような態度を… それに対して葵みどりが突っかかり 整形外科担当のハクが目撃してしまっていました 登場シーンは少ないです 久保山先生 医師の中では主要キャラの1人の久保山先生 身だしなみのチェックの日にすっごく奇抜な服を着ていたのが印象的です(笑) 小児科の子供と接するので、雰囲気が柔らかくて面白い先生 奥さんが看護師さんのため、浮気の噂が流れたら終わりと慌てるところが可愛かったですよ 面白い人に演じて欲しいと思います! 六谷先生 優しそうな雰囲気の先生で、実際に優しい先生 ただ、言う時はシッカリと言う先生で… 葵が弱気な事を言った時に厳しい言葉をかけました 葵たち薬剤師の事をチーム医療の一員と思っている先生なので 原作では良く登場します ドラマ版ではどうなるでしょうか 畑中先生 結構暗い話…重い話に登場する畑中先生 登場シーンが後ろの方なので、ドラマ版で登場するかは不明 そこまで特徴的な先生ではないかなぁと思います 次に萬津総合病院の看護師メンバー! 豊中さん 看護師と言うと1番最初に思い浮かぶのはこの人(笑) 瀬野と同期で、瀬野の過去を知っているという設定ですが、原作ではそこまで多くは語られていません もしかしてドラマで葵と瀬野と豊中さんで三角関係になる可能性も?! そうはいっても、葵みどりの事を薬剤師として認めている、一目を置いているような発言もあり 病院内ではとても頼りになるお姉さん的な存在です 伊吹さん 「接遇委員会」という院内の身だしなみなどを取り締まる委員会の委員長をつとめる。 たくさん登場シーンがあるわけではなくて、話と話の間に この伊吹さんが身だしなみをチェックして回るような回がありました 葵がなぜお団子をしているのかなどが語られる回なので、残して欲しいのですが ドラマでどうなるかは未定です… 松永さん 細かいことにこだわるタイプで、「接遇委員会」にピッタリと葵が語るほど(笑) 葵の同期なので、ドラマ版では年齢が原作より高めに設定される可能性あり 伊吹さん顔負けなくらい細かい部分をチェックしてくる…(笑) 葵のお団子について指摘して譲らず、二人でケンカになってしまいます。 巻頭カラーいただきました!ちょっとアニメ塗りぽくしてみたので雑誌で見ていただけたら嬉しいです😃私周辺で人気の小野塚くん再登場です。 豊中 きっとこの人は出演するでしょう、看護師の豊中さん! ドラマ化したら吉瀬美智子が配役として合いそうやな こんな予想がありましたが、誰が演じる事になるでしょうか。 お姉さんぽい雰囲気や、出来る女の雰囲気を漂わせつつ、瀬野さんとの過去を知っているため葵にちょっと妬かれているような雰囲気も…。 いっそ三角関係になっても面白いのになと思ってます(笑) スポンサーリンク アンサングシンデレラの相関図 最後にアンサングシンデレラの相関図です! (ドラマ版の情報の他に、原作を元にして作りました) スポンサーリンク アンサングシンデレラ キャストや出演者一覧、相関図!石原さとみ主演ドラマ まとめ アンサングシンデレラのキャストや出演者一覧、相関図などまとめました。 石原さとみさん主演ドラマで、原作もとても読みごたえがあって面白いので超期待の作品、アンサングシンデレラ。

次の

「薬 or 薬剤師」のマンガ化やドラマ化

薬剤師 の ドラマ

石原さとみ フジテレビは4月9日スタート予定だった石原さとみ主演のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』の放送延期を発表した。 「4月期のドラマは撮影が困難となったことで、軒並み延期が決まっています。 薬剤師にスポットを当てた医療ドラマである『アンサング・シンデレラ』も、当初予定していた病院の使用を断られ、別の病院を探すことに。 その対応でクランクインも大幅に遅れていました。 感染拡大防止に最大限の配慮をするため、当面の間、連続ドラマの撮影を休止が決定。 実は、そんな石原には本職の看護師から猛反発された過去があったという。 「16年10月放送のトーク番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演したときのことです。 石原は30歳からの抱負を聞かれると、『看護師になりたいんです』と答え、現在も勉強中だと明かしたのです。 ところが、女優をやりながら看護師を目指している理由を『もし(芸能界を)干されたらわからないから』と答えたため、そんな気楽な職業ではないと看護師や看護学生らから猛反発を食らいました。 この頃の石原は、15年の映画『風に立つライオン』でケニアの赤十字戦傷病院に赴任した看護師役を演じ、これをきっかけにNHKのドキュメンタリーでもウガンダの病院看護師の補助を務めた。 放送が始まれば、石原の熱演が観られるはずだ。

次の

【春ドラマ一覧】2020年4月スタート! 注目の新ドラマ情報まとめ!!

薬剤師 の ドラマ

フジテレビ4月期の木曜劇場では石原さとみ主演の薬剤師ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』を放送することが決定した。 日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした新・医療ドラマがここに誕生する。 連ドラ初、病院薬剤師が主人公の新・医療ドラマが誕生! 木曜劇場ではこれまで『白い巨塔』(03~04年)、『Dr. コトー診療所』シリーズ(03,06年)、『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズ(06,07,10,14年)、『グッド・ドクター』(18年)といった医療ドラマを数多く放送してきたが、登場人物として描かれてきたのは医師や看護師であり、薬剤師がフォーカスされることは皆無だった。 薬剤師の役割は、医薬品全般における豊富な知識を生かし、医師の処方箋に基づく調剤や服薬指導、医薬品の管理・販売を行うこと。 石原さとみがお団子ヘアの病院薬剤師に! 本作の主人公、葵みどり(あおい・みどり)はキャリア8年目の病院薬剤師。 みどりは「薬は患者の今後の生活につながるからこそ、その人自身を知る必要がある。 それが、薬剤師にとって何より大切だ」という信念を持っている。 1人でも多くの患者を救いたいと思っているが、ついつい患者に深入りして時間をかけてしまい、他の薬剤師からはもっと効率的に仕事をすべきだと叱られることも。 チャームポイントのお団子ヘアを揺らしながら、患者一人一人と真摯 しんし に向き合っていく。 葵みどりを演じるのは石原さとみ。 2018年5月に連載を開始して以来、知られざる薬剤師の奮闘をリアルに描写したヒューマンストーリーとして、医療従事者に関わらず多方から絶賛の声があがっている。 また、薬科大学生の間では薬剤師の現状を知るためのバイブルとしても活用されているという。 実写化を望む声が広がる中、この度ついにドラマ化が実現する。 そして脚本を務めるのは日曜劇場『グランメゾン東京』(19年、TBS)の黒岩勉。 医療ドラマの脚本を手掛けるのは本作が初となる。 原作の魅力を生かしながら、築き上げられる世界観に注目だ。 木曜劇場『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』は4月スタート。 全国の薬剤師数は301,323 人(厚生労働省発表:平成28年12月31日時点)。 仕事内容は、調剤薬局やドラッグストアをはじめ、病院、クリニック、自治体、保健所、民間企業など職場によって異なるが、薬剤師法の第1条で定められている役割は、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする」となっている。 今作は、病院内の薬剤部で、患者に処方される薬の製剤や調剤を行う病院薬剤師の奮闘を描く。 私自身、ドラマで医師や看護師を演じた経験はありますが、薬剤師が登場人物として描かれることはほとんど無かったのではないでしょうか。 患者に寄り添う大切な存在なのに知らないことばかりでした」 Q 葵みどりを演じるうえで心がけたいことは? 「ドラマで描かれるみどりは原作よりもキャリアを積んでいる設定なので、患者さんに寄り添う温かさや優しさを持つ一方で、冷静な部分も持ち合わせていると思います。 機能的でスタイリッシュながらも、どこかかわいさもあり、自然に身にまとうことができています。 白衣だと医師や看護師と見分けがつかなくなってしまうのでデザインの違いを意識しました。 このドラマを通じて、薬剤師にもユニホームがあることが浸透してくれたらうれしいです」 Q 視聴者へメッセージをお願いします。 「薬剤師というお仕事をもっと多くの人に知っていただきたいと思います。 私自身、初めて知って驚いたことがたくさんありました。 そして、夢物語ではなく、きちんと現実を伝えていけたらと思います。 医療モノは数あれど、薬剤師はほとんど出てきません。 ドラマならではの『アンサングシンデレラ』が見られること、一人の視聴者として楽しみにしています!」 プロデュース・野田悠介(フジテレビ第一制作室) Q 企画意図について 「称賛されなくても奮闘する薬剤師の物語。 この原作を読んだ時に面白くて意義のある題材だと感動しました。 薬剤師は、医師に匹敵するほどの人数であるにも関わらず、ドラマや映画で薬剤師が主人公の作品はほとんど皆無です。 病院薬剤師は、医師からの処方箋に従って薬を提供するのが主な仕事。 1日に全国で処理される処方箋はおよそ220万枚。 そのうち6万枚を超える処方に疑義がかけられており、さらにそのうちの約70%は処方変更になっています。 縁の下で我々の身体と真剣に向き合っている薬剤師にスポットライトを当てたドラマを描きたいと思い、企画しました」 Q キャスティングについて 「今回の主人公・葵みどりは、周囲の状況や自分が置かれている立場を弁(わきま)えつつも、患者さんのためであれば、ときに医師と、ときに患者さんと闘う、信念の強さと優しさに溢(あふ)れた人物です。 そんな葵みどりを冷静さの中に強い情熱を感じさせる石原さとみさんならば、リアルに具現化していただけると思い、お願いさせていただきました」 Q 視聴者へのメッセージ 「怪我(けが)や病が治って終わりじゃない。

次の