さくら チェッカー。 【Amazon】サクラチェッカーはあまり参考にならない。マケプレを除外した方がまし

Amazonのやらせレビューを判定!「サクラチェッカー」が優秀な件|カルテットコミュニケーションズ

さくら チェッカー

この記事の目次• アマゾンのレビューをチェックできる「サクラチェッカー」 「 サクラチェッカー」は、その名の通り、amazonのレビューが「サクラ」や「やらせ」「ステマ」などではないかを見抜くためのチェックツールです。 サクラチェッカーを作成した方は非公開のamazonレビューグループなどに潜入をして調査をして、チェックシステムの開発に活かしているとのことです。 私はサクラチェッカーを開発するため、サクラ・やらせレビューの募集をしている非公開のAmazonレビューグループ実際に潜入しています。 どのような製品が狙われているのか、レビューされる製品にどのような傾向があるのか調査活動を実施してシステム開発に活かしています。 サクラチェッカーの何が凄いの・FAQ サクラチェッカーの使い方 サクラチェッカーの使い方は、とても簡単です。 レビューのチェックをしたいAmazonの商品URLを入力して「GO」をクリックするだけです。 商品URLを入力して「GO」をクリックすると、自動で、レビューの信頼度をチェックしてくれます。 商品のレビューが信頼できる場合 商品のレビューが信頼できるかは「五つ星」と「%」で表示されます。 信頼できる場合は「合格」と表示されます。 サクラ度の詳細分析についても確認をすることができます。 詳細分析の内容は次の6つです。 価格&製品• ショップ情報&地域• ショップレビュー• レビュー分布• レビュー日付• レビューレビュア 商品のレビューが信頼できない場合 商品のレビューがしんらいできない場合は「危険」と表示されます。 詳細分析を見てみると、どれもサクラ度が高くなっています。 あくまでも購入の参考に 「サクラチェッカー」はamazonで買い物をする人にとって、とてもありがたいツールです。 ですが、チェックの結果が、どれほど正確であるかは確認をするのが難しいでしょう。 チェック結果で「合格」だったのに!と責任を取らせるのは酷だと思います。

次の

Amazonのインチキ評価を見抜くサクラチェッカーを使ってみた

さくら チェッカー

サクラチェッカーで合格もらってもクソ商品である 最近目が疲れているので電源式のホットアイマスクを探していました。 そこでちょっと気になるホットアイマスクをサクラチェッカーに通してみたのですね。 気になっていたホットアイマスクはどうもサクラが多かったようで危険だと言われました。 その画面に「こっちは合格」とオススメされている ホットアイマスクが表示されていたので試しに買ってみることに。 そして届いたホットアイマスクは• 中国語パッケージ• 商品以外いっさい書類が入っていない• 商品が獣臭い というクソでした。 サクラがいるから何? 商品の良し悪しとは関係ないよね 問題なのは「クソみたいな商品をサクラレビューで騙して買わせる」ことです。 どうしようもない中国製のゴミ商品を買ってしまわないこと、 それが重要だと思います。 サクラ自体は遥か昔からある戦略の一つ。 ゴミ商品にもサクラが居るし、めちゃくちゃ良い商品にもサクラがいます。 サクラチェッカーのアルゴリズムで 商品画像の掲載方、商品タイトル、レビューやショップ情報などで判断していると思われます。 良い商品にも関わらずサクラ商法をやっちゃった場合も サクラチェッカーに引っかかる事は大いにあるでしょう。 元に僕自身がサクラチェッカーでオススメされた商品でゴミを掴まされましたし、 【危険】と表示されている中には良質な商品が入っていたりしました。 結果の中には誤字が多い人や、 日本語が素であれな人もサクラ判断されていました。 サクラチェッカーってレビューの何を見ているんですかね? もしかしてレビュー内容は見てない? サクラチェッカーを利用したユーザーが、 検索結果にコミットできる仕組みがあると精度がモリモリ上がるきはします。 サクラチェッカーは 参考にはなるかもしれないが、結局… サクラチェッカーである程度ゴミ商品の判断ができるとは思います。 しかし本当に危険なのか良い商品なのかは 結局の所、商品ページの内容と他サイトでのリサーチが必要になります。 サクラチェッカーにかけて逆に悩むパターンも出てきそうな気がしますし 一度失敗した僕としては今後使うことはないでしょう。 Amazonでゴミ商品を回避する方法 Amazonで購入しているとだんだん良し悪しを判断できるようになります。 僕がAmazonで購入する際に判断している要素を紹介。 マケプレ(個人商店)を除外するのでかなりクリーンになる• 1枚目の商品画像が商品だけ写っている• エフェクトが付いてたりするとものすごく危険• 商品画像が使いまわし• 違う商品でも使われていたら危険。 何かテンプレがあるようだ• 合成が下手くそなのも危険• 商品名直下のメーカー名をクリックすると専用の商品一覧ページが表示される• クリックの先に整合性のない商品が表示されたら危険• 海外の販売ショップは基本NG• 商品名の頭にメーカー名が入っている• だいたい入っているので微妙。 ゲームや本は入ってないのが基本• 商品詳細の日本語が変でないか• 日本語が下手な場合が結構ある。 それは危険。 海外のパッケージが送られてくる可能性大• その商品のウェブサイトが日本語でちゃんとある• あまりにも安すぎない物• タイトルが長すぎない• primeであること• 個人ブログなんかで実際に買っている人がレビューしているもの 逆に参考にしないこと• レビューの数(多くても少なくても良い。 ニーズ次第なので)• アマゾンチョイスと表示されている物(金払えば表示できるので) サクラチェッカーを眺めるのは楽しい 「注意!高サクラ度カテゴリ」という項目があるのですが、 その中の商品を見るのがちょっと楽しいです。

次の

サクラチェッカー」とは?アマゾンのサクラの口コミを暴く!

さくら チェッカー

画期的な判別サイト「サクラチェッカー」が登場した 私はほとんどの商品を店頭よりも価格の安いAmazonや楽天市場で購入しています。 とくに、Amazonはプライム会員なら配達料が無料なうえに到着も早いので、購入を急いでいる場合にはとても重宝しています。 そのAmazonが楽天市場より圧倒的に優れているのは、購入者の商品レビュー(カスタマーレビュー)の充実ぶりです。 購入者それぞれのコメントや5段階評価、さらには全体の平均評価が分かりやすく、その商品の欠点や不安な点を事前に知ることができます。 私は評価4点以上(星4個以上)を目安に商品を選択することにしています。 しかし、最近、レビュー数が200以上、評価の星が4個以上の商品を選択して注文したところ、注文した商品と異なる商品が届いたので返品しました。 それ以来、Amazonの商品レビューには注意を払って、高評価のレビューは無視して低評価のレビューに注目することにしています。 中華製商品の商品レビューは要注意! 最近、Amazonのレビューは信用できないという指摘があります。 販売業者がサクラバイトを雇って高評価レビューを書かせている• 低評価コメントの購入者に報酬を支払う代わりに低評価を取下げるよう依頼 私が目にした疑惑は上記の2点が代表的でしたが、お金の力で評価をコントロールする業者が存在している疑いが強まっているのが実情です。 私はカメラやパソコンの周辺機器は、Amazonで低価格な中華製のガジェットを購入しています。 かつては「安かろう、悪かろう」だった中華製ガジェットですが、最近は品質が向上し「安かろう、良かろう」といった商品は少なくありません。 中華製であっても、ファーウェイやシャオミのスマホはiPhoneを技術的に上回っています。 DJIはいまやドローンの世界的なトップメーカーで、最近は史上最小の3軸ジンバルカメラも発売し、大人気となりました。 ただ、まだ中華製には信頼性に乏しい商品も混在しています。 品質の劣る商品であってもサクラレビューで商品を売ろうとする業者が少なくないのが実情なのかもしれません。 しかし、無料でサクラレビューを簡単に判別できるサイト「」が2019年7月に登場したことを知り、利用してみたら、とても便利だったのでシェアしたいと思います。 image:サクラチェッカー また、日本語が怪しいコメントも見つけてくれ、商品の選択や購入には本当に信頼できるレビューや評価なのか参考にすることができます。 また、パソコンだけでなく、スマートフォーンでも「サクラチェッカー」は利用することができます。 (参考:) サクラチェッカー開発者は自分の苦い経験から思い立った サクラチェッカーの開発者は、ユウさんというIT企業で採用担当者もしている40代の男性です。 カスタマーレビューで高評価のワイヤレス充電器を購入したら充電しなかったり、高評価のUSBディスプレーアダプタがすぐに壊れたために、Amazonレビューが信じられなくなり、自分でサクラチェッカーを開発したということです。 以下の項目からサクラ度を見抜きます。 価格・製品• ショップ情報・地域• ショップレビュー• レビュー分布• レビュー日付• レビュー&レビュアー• 怪しい日本語のサクラレビュー• ライバル社からの悪評 工作員レビュー 上記の分析を不正レビュアーグループに潜入して得た「ロジック」や「機械学習」の仕組みを複合的に使用し分析しています。 (出典:) サクラチェッカーは、同時期に多くの高評価レビューが投稿されていたり、日本語が怪しかったり、ショップの地域など複合的に分析しているということです。 サクラチェッカーは、開発者自身が欲しいと思ったことが大発明や人気サービスに発展した典型的なケースといえるのかもしれません。 ユウさんは、サクラチェッカーが今後、楽天市場やYahooショッピングなど他の通販サイトにも対応できるようにしたいそうなので、さらに「サクラ発見サイト」に磨きがかかることを期待したいと思います。

次の